THE HOLY BIBLE

レコードストアデイ

c0011327_01152649.jpg
THE STONE ROSES祭りだった先週末の金〜土ですが、その土曜はレコードストアデイと重なっていました。
すでに金曜いい気になって飲んで、そのあと勢いついて帰宅後さらに飲んで、いつもの週末のようにしていたので、土曜は早起きするのも楽じゃなかったのですが、昨今はオンライン販売は一週間後ということで、それまでに貴重なものはすぐなくなるということから、一点攻めということで新宿ディスクユニオンに行こうと開店10分前に到着してすでにこの行列。
整理券を10時配布というのを到着してから知った作戦ミスで、最初にタワレコ開店待ちしておけば良かったと後悔しつつ、ここがきっと一番あると信じ70番台の整理券で待つこと1時間でようやく入店。

c0011327_01153559.jpg
あらかじめ渡された在庫リストでカウンターでその場で注文といういくらなんでもな仕組み。
ジャケットすら確認できないまま選択しないといけません。
しかもそのリストには見たところMANICSやPRIMAL SCREAMは書いてないしで、店員に聞いても戸惑ってるしで後続は気にせず落ち着こうとオーダー確認し、それでもTHE SMITHSを忘れてしまい、FLAMING LIPSは売り切れ、そしてBOWIEのデモBOXもライブ盤も手前で完売とのこと。
とはいえPISTOLSのBOXやMANICS、PRIMAL SCREAMやBEATLESの国内盤、BEN FOLDSのライブ盤、ALICE IN CHAINS、BLOSSOMSのシングルなど抑えられて一時帰宅。
この日はローゼズ前にJリーグをDAZN観戦もあって、時間がとにかくなかった日でした。

c0011327_01154191.jpg
武道館でライブ盛り上がり、帰宅前に帰り道ということで渋谷タワレコに。
そこで案外タイミングがよく、ディスクユニオンで売り切れと言われたU2や、BLOSSOMSのライブ、BOWIEのライブがあり、他にもKASABIAN、PEARL JAM、PET SHOP BOYS、PRINCEのBATMAN、午前に忘れていたポール・マッカートニーのカセットを確保。
かなり網羅がここでできてかなりホッとした成果でした。
でも今回はかなり難易度が高く結果BOWIEのBOXはないし、THE SMITHSのシングルもないのでもうちょっと探そうと思っていますが、海外でもUKだとMANICSを3時間待ってようやくとか、売り切れて買えなかったとかいう情報も入ってきているので、それでも東京は恵まれた環境かもしれません。
例年以上に気になる商品が多かったのもこの盛り上がりなんでしょうかね。
翌日日曜にヘッドスパ帰りに渋谷を再度周り、SFAの1stCDは見つけられまして、次はオンライン勝負ですね。

我ながらよくやるわとも思う買い込みですが、それもこれもすべて音楽への興味につきますね。


[PR]
# by yo4san | 2017-04-25 01:43 | Comments(0)

THE STONE ROSES @ 日本武道館 2017/04/22

c0011327_20520187.jpg
THE STONE ROSES武道館2日目です。
前日の大興奮から22年前の武道館のブートまで聴いての翌日ですが、もともと売り切れてなかった状況ではありましたが、着いてみれば2階席もほぼ埋まって見えまして、きっと前日良かったからおかわりという人が増えたと勝手に想像しています。
前日ダフ屋だらけだった入り口付近も、開演ギリギリに到着したのでまるで見当たらず閑散として感じたくらいでしたが、この日はアリーナのA5ブロックでつまりセンター前ブロックになり、その真ん中くらいで日の丸の下という素晴らしいポジションで観れました。

c0011327_20523265.jpg
前日同様の出で立ちのイアン&レニでセットリストは前日から「Bye Bye Badman」と「(Song for My) Sugar Spun Sister」が入れ替わったくらいだと思いますが、距離も近く観れて大興奮でした。前のほうにやたらセンスやらメッセージボードを持った女性がいて目障りでしたが。。
前日もそうですが、イアンの序盤に発する「カタガイタイ」は何を伝えたいのか、まさか五十肩とかになってるのか?みたいな話ですが、一応肩はステージ見てる限り上がってましたから、年齢というより疲労か故障を抱えているのでしょうか。。
c0011327_20533804.jpg
思えば22年前はライティングはほぼ後ろからのみで、近くじゃないと顔すら見えずだったように記憶しています。
札幌は一番前でもみくちゃになってたものの、柵に食らいついていってましたねぇ。。苦笑
その時もこのイアンの立ち姿には神々しさを感じたものです。

c0011327_20542666.jpg
この日、ジョンは音の安定感が前日よりなく、プレイとしては全体的に前日でしたが、この日も会場一体感はあって、それはもう盛り上がり続けました。
「Bye Bye Badman」に入るときのギターリフが音がザラザラしているせいか、一瞬なんの曲?と思う不思議さが前日ありましたが、慣れてくれば自然なものでしょうか。
「Begging You」の入り方もそうなんですが、別にCD通りやってくれということはないのですが、今のジョンの音の感覚がよく見える部分だろうと感じます。

c0011327_20545602.jpg
観たかたはわかると思いますが、「Don't Stop」のアウトロあたりで、イアンがステップを踏み始めまして、このポーズに行き着きます。
楽しんでやっているのかすら判断できませんが、この曲のここではこうという感覚があってのダンスでしょうね。
あまりに真顔なので、笑って良いのか戸惑う瞬間です。
c0011327_20554923.jpg
この日も素晴らしかった「This is the One」
「She Bangs the Drums」は前日以上に外しまくってたので、さらに大きな声で歌うことでサポートしたつもりになりました。
イヤーモニターしてて、毎日のように歌っててなぜこれほど不安定な危うさがあるのか、永遠の謎ですが、それでもなぜか好かれる。
いや、むしろ完璧なパフォーマンスされると、「口パクか?」と不安になるのでしょうか、何が起こるかわからないからロックという意味において、絶対的存在だからこそ成立する話じゃないかと思います。

c0011327_20564329.jpg
「I Am the Resurrection」も最後のジャムパートまで一瞬もダレることなく盛り上がり続けるのは、このバンドのバランスのなせる技です。
イアンはこのタンバリンを終始客席に配りまくってましたが、もうちょっと軽く投げてくれれば取れる距離だったのに。。

c0011327_20593186.jpg
結局このバンドは行き着くところはここ、みたいな認識もあるかもしれませんが、実態アルバム2枚しか出してないわけで、その作風差も大きいので、こちらの印象が強いのもわかりますが、2ndも好きな自分としてはもうちょっと混在させたセットリストにもトライしてもらいたいと思いつつ、2日間同じ曲しかやってないのにこれほど満足度の高いライブをやれるバンドもそういないでしょうから、ぜひニューアルバムを期待したいと思います。
6月ウェンブリーまでには何も起こらないと思いますが、ロンドンでの今のTHE STONE ROSESがどういう位置か、それを体感してきたいと思います。


I Wanna Be Adored
Elephant Stone
Sally Cinnamon
Mersey Paradise
(Song for My) Sugar Spun Sister
Bye Bye Badman
Shoot You Down
Begging You
Waterfall
Don't Stop
Elizabeth My Dear
Fools Gold
All for One
Love Spreads
Made of Stone
She Bangs the Drums
Breaking into Heaven
This Is the One
I Am the Resurrection

[PR]
# by yo4san | 2017-04-23 21:24 | Comments(0)

THE STONE ROSES @ 日本武道館 2017/04/21

c0011327_20181808.jpg
COLDPLAYがあまりしっくりこなかったあと、週末はこれも6月にロンドン、ウェンブリーで観ることを決めているTHE STONE ROSESです。
ここ2回の来日はフジロック、ソニックマニアということでしたから、武道館は当時レニではなくロビーがドラムでしたが、なんと22年ぶりということだそうです。
あの年は札幌もあり当日にジョンが自転車事故で骨折により延期と発表され、その延期公演、武道館も2日間あってという、バンドそのものは人間関係の変化もあり苦しい時期だったと思いますが、技術的には大きく進化した時の来日で記憶も鮮明かつインパクトも凄かったので、再結成後は割と1st寄せになるのはわかるとしても、出る出ると噂された新曲も結局ソニックマニアの後でしたから、復活の喜びも徐々に薄れるもので(苦笑)、今度こそ新曲こみでという思いでした。

c0011327_20193936.jpg
凄まじいチケット争奪だったはずで3Aでもアリーナが取れず、まさかの南スタンドからでしたが、東京ドームとはサイズも違いますので近くみえます。
何か装飾があるわけでもなく両サイドにスクリーンがあってあとは照明というシンプルさもこのバンドですから音楽に集中できて良いですね。
もう決して知らない状況のバンドではないので、最初から聴けるだけで感無量という気持ちではありましたが、それはもう音が不安定です。笑
レニは度々はしってズレるし、ジョンは1stの曲も2nd的な音のギターでやりますから、やや印象も変わって聴こえるのですが、サポートも入れませんから音の数はどうしても少なくなります。でもなぜかそれで不満を感じません。
COLDPLAYはスキがなく派手にやってもイマイチに感じたのがウソみたいな同じ週での体験です。

c0011327_20202080.jpg
ジョンは髪のかかりかたでほぼ顔が見えないですが、イアンがあまり動かなくなってきていて、こうした絡みのようなシーンが少なかったなと。
でもイアンは貫禄十分、音を外す時も何事もなかったかのようなドヤ顔です。
本当にあの存在感は稀有ですし、なぜこれでここまで引き付けられるのか、それはやっぱり曲の良さもさることながら、このメンバーの空気感でしょうかね。

c0011327_20205131.jpg
途中観客から渡された日の丸を掲げたイアン。
上手のスピーカーにかけて「This Is The One」を人差し指を高く掲げて歌うシーンは神々しいの一言でした。

c0011327_20222985.jpg
この日リズムという意味ではかなり不安定だったレニ。
フジロックもソニックマニアももうちょっと安定感あったと思うのですが、手数が多いドラマーだけにそういうものなのか。
でも彼も非常に満足げにやってましたね。笑

c0011327_20225931.jpg
予定通りアンコールなしで全員抱き合ったりこうして応えたり。
マニはPRIMAL SCREAM所属の終盤からステージでも動き回らずじっとプレイするようになってきていましたが、かなりステージ上は控えめになりましたが、このメンバーじゃないとこの空間はできないことが間違いないからこその一体感。
「Made Of Stone」「This Is The One」の武道館が一つになっているシンガロングな感じも、本当に素晴らしい時間を過ごせました。
ただ。。。「She Bangs The Drums」のイアンの外しっぷりは壮絶で、一緒に歌って補強してやらないと、初めて聴くファンが誤解するとばかりの対応も一体感のなせる技でしょう。

c0011327_20230703.jpg
ついにライブでプレイされた新曲。
もう一つ「Beautiful Thing」はお預けでしたが、リリースペースはもともと期待できないバンドだけに、この先ぜひアルバム作ってもらい、また見たいと思わせるクリエイティビティは十分感じられる新曲だし、現役感をしっかり証明してみせたと思います。
22年前もそうですが、公演ごとに音の面でも差が大きいこのバンド、あの日はあの曲が良かった、そんな話だけでも十分飲み会ができるので、この日の打ち上げとなった九段下の居酒屋はROSES楽曲を便乗してかけっぱなしでして、そのあたりの話に花を咲かせ大満足で終えました。
後輩二人は連投ではありませんでしたが、自分だけ翌日も続く。。。ということで。

I Wanna Be Adored
Elephant Stone
Sally Cinnamon
Mersey Paradise
Bye Bye Badman
(Song for My) Sugar Spun Sister
Shoot You Down
Begging You
Waterfall
Don't Stop
Elizabeth My Dear
Fools Gold
All for One
Love Spreads
Made of Stone
She Bangs the Drums
Breaking into Heaven
This Is the One
I Am the Resurrection



[PR]
# by yo4san | 2017-04-23 20:44 | Comments(0)

COLDPLAY @ 東京ドーム 2017/04/19

c0011327_19372876.jpg
今月は4本のライブが東京ドームと武道館のみという大物月間です。
まず6月にウィーンでも観る予定の東京ドームでのCOLDPLAY。
前回は作風に大きく変化のあったアルバムに、その世界観を反映したライブも演出を抑えたドームシティホールでしたが、その隣の最大級のサイズになっての来日。
平日だというのに前座のRADWIMPSが18時スタートという早い時間からだったにもかかわらず、本当に混んでいました。
仕事の切れが良かったので早めに向かって17時着でしたが、物販には長蛇の列。
周囲の会話から中国人でもなくアジア系でもそれ以外の地域の外国人がとても多かったように思います。
ソウルとシンガポールをすでに回ってアジア最後だったと思うのですが、日本だけだと正直そこまで売れていないと思うので、きっとそういうことだろうと思っています。

c0011327_19374968.jpg
プログラムを買い入場したときに配布されたリストバンド。
完全に真っ白でしたが、すぐに気づいたのが、Mylo Xylotoのツアーの時ロンドンでも同じものを渡されたので光るやつだなということです。
ただ、ロンドンの時はもっと何種類かにデザインされていて、持ち帰り前提で渡されたのですが、この日は3塁側スタンドでしたが、場内入るとスクリーンにリサイクルのために返却するようにとのこと。
確かに持ち帰ってももう光らないのですが、Mylo Xylotoのツアーでどんなものか知ってるだけに、サイズも上げてチケット代もはるかに高くなってるのに、ケチな話だなと思ったりしました。

c0011327_19373923.jpg
ライブ始まる時からというのは想定していましたが、なんと自分のリストバンドだけ光らないではありませんか!
結局最後まで光らず最後スタッフに、一度も光らなかったんだけどと言っても無反応で終えられて、正直イラつきましたが、手元が光るかどうかも関係なく観ることにしました。
だいたいのライブ、好きなアーティストだから行くので好意的な印象になりがちなんですが、今回は派手にやるのはMylo Xylotoでも経験済みかつ、演出も限りなく酷似。
楽曲は正直ニューアルバムにはそこまでチャレンジングなものを感じてなかったので、驚きも少なめということで、このサイズでやるライブにもかかわらず、すでに観たことあるなという感覚が強かった日となりました。
以前よりクリスはヴォーカルを丁寧にやるようになったとも思うのですが、前作での変化も好きだったし、トーンを落とした演出にも感心していたのですが、ここにきて過去のスタイルに戻した印象が強くて、没頭しきれなかったという感じです。
序盤からコマーシャルな曲が続き、聴けば口ずさみたくなるんですが、ステージとの距離やいつもの音の悪い会場ハンデと関係ない部分だったような。
ライブで初めてプレイされたらしい「All I Can Think About Is You 」は出だしをクリスが間違えやり直しというシーンがありましたが、ライブネイションがやるアーティストという意味ではもうちょっと工夫が欲しかったなと。
U2もストーンズも何回見てもいろいろ驚きは提供しますが、ただマンネリという感じでしたね。

ライブの演出というよりそもそもこのアルバム「A Head Full of Dreams」がすでにそうした感覚だからなのか、前作「Ghost Stories」からの次を提示してほしかったのが、全ての理由と捉えていますが、終了後、職場の後輩と飲んでもそうした過去の良かった話が中心になったことからも、自分だけじゃないと思うのですが、ウィーンの前に内容は知ってしまいましたので、次は曲にもっとフォーカスする見方でいこうと思っています。
改めて振り返っても「Clocks」などイントロだけでもぐっときますし、あまりステージを気にしなければ良いかなとも思いますので。
もっと急がずゆっくり曲作ってデカいツアーやればいいのにねという会話でその日を締めくくりました。

A Head Full of Dreams
Yellow
Every Teardrop Is a Waterfall
The Scientist
Birds
Paradise
Always in My Head
Magic
Everglow
Clocks
Midnight
Charlie Brown
Hymn for the Weekend
Fix You
Viva la Vida
Adventure of a Lifetime
Kaleidoscope
In My Place
Don't Panic
Til Kingdom Come
All I Can Think About Is You
Something Just Like This (The Chainsmokers & Coldplay cover)
A Sky Full of Stars
Up&Up




[PR]
# by yo4san | 2017-04-23 20:15 | Comments(0)

20年を実感する待望の続編

c0011327_23103992.jpg
このところ更新も少なめになっているせいで映画関連に触れることが少ない状況ですが、実は仕事が楽になった分、本当に映画をたくさん観に行けるようになっていて、かつ話題作が多いこの数ヶ月、週末映画をカバーするのも結構忙しくなるのですが、ざっとこの数ヶ月振り返っても、まさに今日見てきた「グレートウォール」「LA LA LAND」「ムーンライト」「ゴースト・イン・ザ・シェル」「キングコング」「パッセンジャー」「アサシンクリード」あたりを劇場で観ているのですが、他にも自宅でBlu-rayで見返すのも含めかなりの量観ているはずです。
そしてどれもその作品を楽しめているのですが、いろいろ思入れ深かったのがやはりこの「T2トレインスポッティング」になります。
20年前の一作目は原作も読めばサントラも聴いて、当時札幌に住んでましたので、日本一小さなシアターと言われていたシアターキノに並んで観にいったのを今もよく覚えています。
音楽もさることながら、ユアン・マクレガーをはじめとするキャストも素晴らしい作品で、とにかくUK音楽にハマりまくっていた時期だけに、すべてが新鮮で、どうしようもないドラッグ中毒ばかりなのに、その要素すべてがスタイリッシュで、サブカル系になる映画のはずが個人的大ヒットだったものです。
それが20年経ち、キャストも監督ほか製作陣も引き続きの続編で、原作はU18を考慮してか「ポルノ」そのままは使わず、オリジナルに近い脚本となってのものでしたが、実際の年数と同じ経過のキャスティングに、結局今も何も救われていないその後と、それぞれの関係性変化を絶妙な描き方をしている作品だと思いました。
一作目を見ていないと何のことかさっぱりわからないであろう展開ではありますが、本当に一作目が日本で大ヒットしていたのか、自分としてはシアターキノでしかやってなかったので怪しいとずっと思っていて、この作品もどれほどの人が観るのだとうかと、正直疑っていたという部分は今でもあります。
しかし、当時本当に音楽シーンが華やかでしたが、こうして20年たっても、前作も含めやっぱり好きだなというファン心理。
この変わったところもあれば、ほとんど変わらないことがベースにあり、そこでもがく人間模様というのを、自分のこの20年と重ね合わせるだけで意味のある時間を過ごしたように思います。
パンフも繰り返し見ては、もう一度劇場で観ようか、どうせBlu-ray買うなら我慢しようか、他の作品も多くあるのでとりあえず先送りしていますが、リアルタイムだけに感じられることってこういうことなのかもなと、改めて感じた次第です。
自宅環境改善と思ってFireTV Stickを導入してみたりのこの週末、より映画の世界に浸ってみようと思います。


[PR]
# by yo4san | 2017-04-15 23:32 | Comments(0)

25周年記念試合

c0011327_00564345.jpg
横浜F・マリノス25周年記念試合となった磐田戦。
もうかれこれ1ヶ月勝っていない状況でしたが、こうして桜満開の中、天気が怪しかったのですが、今回はSS最前列での観戦でした。

c0011327_00564996.jpg
西ゲート側のレジェンド、松田直樹がセンターでした。

c0011327_00565669.jpg
開始前のセレモニーでのTUBEギターがJリーグアンセムをプレイ。

c0011327_00570752.jpg
民衆の歌ではレミゼラブルの皆さんが登場し乃木坂の子が注目されて大混雑でした。

c0011327_00575736.jpg
スタメンは今シーズンの標準になるであろうラインナップで喜田も怪我から復帰。
当たり前ですが、磐田には俊輔がサックスブルーの10番。
ニュースによっては「中村俊輔ダービー」と意味不明な名称にされたようですが、どうも名波がそういうコメント出したとか。。
c0011327_00580390.jpg
基本的にサイドからの展開が効果的で、チャンスは作れていたマリノス。
学が俊輔と同じサイドでマッチアップになるシーンが多かったですが、ドリブルだけでなくパスも冴えてまして、先制のマルティノスのヘッドに効果的なクロスでした。
俊輔はボールが回るたびに大ブーイングが。

c0011327_00581091.jpg
リードのまま前半終えるかと思いきや、俊輔がCKから大井が決め同点に。
複雑な気持ちですが、やっぱり彼のプレイスキックは何かが起こってしまいます。
さすがです。

c0011327_00581910.jpg
後半、攻めながらも決定機を結構外していたマリノス。
学の攻め上がりは終始効果的でパスも出るかもしれないとドリブルの間合いで守りきれず、攻撃の起点となっていました。
そして決勝点となった金井へはかなり後方からのロビングでピンポイントすぎる配給。
金井も落ち着いて決めこの珍しい感情を全面に出したパフォーマンス。
c0011327_00582752.jpg
そしてベンチ横でこの通り。

c0011327_00583495.jpg
その後もなんども繰り返されるマッチアップでは、学が俊輔を削るシーンもありましたが、この新旧10番、学の昨今の快調ぶりは素晴らしく、記念試合を勝利で飾り、首位との勝ち点差もまだ5として今節を終えました。

c0011327_00584725.jpg
試合終了後なぜかベンチ前で円陣。
重要な試合をものにしたということもあったと思いますが、いろいろあったオフシーズンだけにこの一体感は大切に勝ってもらいたいところです。
俊輔はボールを持つたびに大ブーイングでしたが、選手紹介では拍手でしたから、リスペクトはありつつ、怖い選手ということでのサポーターの反応と感じています。
本人の試合後の談話ではそのオフシーズンのいろいろに含みをもたせたコメントもあったようですが、俊輔はいつまでもマリノスにはレジェンドなので、この違和感もいつか良い形で解消されると良いのですが。

c0011327_00585555.jpg
雨も試合中降られず、ちょっと俊輔にはまだ気持ちが整理できていないものの、良い勝ち方だったし、札幌も勝利ということで良い週末になりました。
今週は長い付き合いの人たちとも、あれこれ飲み話ができたし、映画も「ゴースト・イン・ザ・シェル」と「T2 トレインスポッティング」を観まして充実していたのですが、最近更新間隔があることで触れてませんでしたが、日本発売から大きく遅れて届いたTHE JESUS AND MARY CHAINの新作が届き、再結成時のライブも記憶に新しいですが、想像以上にらしい作品がこのタイミングで出たことに驚きます。
ファンはみんな喜びそうな内容でしたが、また兄弟喧嘩でというどこぞのバンドのようなことにならないことを祈ります。
そしてまた観たいバンドですね。

夏フェスのラインナップが固まってきて、夏も楽しみになっていますが、その前の6月のヨーロッパもちゃんと準備しないといけなくなってきました。
仕事はさておき、こういう楽しみがあっての最近です。
さて、明日からまた頑張りますか。。

[PR]
# by yo4san | 2017-04-10 01:18 | Comments(0)

ロシアW杯最終予選 タイ戦振り返り

c0011327_01590571.jpg
遅くなりましたがタイ戦振り返りです。
この日は仕事を休んでギャラリー観に行ったり、海外帰りの元メンバーと中目黒で花見ランチしたりと、予定が多かった流れで、雨が降るかもしれない寒い夜でした。
埼玉開催しかない今回予選のホーム戦、日産スタジアムでもやってくれないものでしょうか。。
UAE戦の健闘から明るいムードだったとはいえ、大迫、今野の活躍組の負傷離脱もあって、ボランチは誰が入るのかというあたり注目されていましたが、酒井高徳がインサイドハーフということになりましての4-3-3でした。

c0011327_01591818.jpg
今回2次先行でようやく取れたチケットでしたが、タイのエリア横のメインスタンドだったので、振り返ると長谷部がいました。
その隣にはやべっちFCのご一行という並びで後ろも気になるし、横のタイは大騒ぎだしで。

c0011327_01592525.jpg
試合展開は序盤早い時間帯に香川が久保の見事な突破からクロスに合わせ先制。

c0011327_01593354.jpg
岡崎も利き脚ヘッドで追加点と、スコアだけなら非常に順当でしたが、内容的にはボールロストが中盤に多く、これまで好調が続いていた原口がほぼ消えていた状況。
久保のサイドが非常に活発だったので対照的でしたが、マッチアップ的によくなかったというより、高徳からの供給が前にあまりに届かないというのが本質だったと思います。
山口とのポジション連携が悪いのもあり、中途半端に前線との距離があり、サイドから回せない限りはセンターがまるでダメだったように思います。その影響が原口サイドにあって、久保サイドだけが突破口となっていました。

c0011327_01594141.jpg
スコアはワンサイドになっていた試合も、サポーターが終始熱くて、この様子のタイ側スタンド。
日本に住んでる人たちなのかわかりませんが、これだけ応援されれば選手も頑張るしかなくなりますが、おかげでまるでウルトラスの応援が聞こえず、タイの太鼓ばかり耳に残りました。。。

c0011327_01595853.jpg
久保はまたこの試合も後半にゴールを決め、最後はコーナーキックからの吉田麻也。
久しぶりにセットプレーからのゴールだったように思うのですが、これでそのまま終わるかなと思ったところ。。。

c0011327_02000669.jpg
最後にひと盛り上がりありました、PK。
しかもUAE戦に続いてというくらいの川島の鬼神のごときセーブにより無失点。
この試合もクリーンシートとなりましたが、本当に川島はここ一番強いですよね。
いつも一緒に行ってる相棒となぜ川島を思い出したように使ったのかという議論をしていて、「なんだかんだ言って歴代日本GKはPKとかここ一番止めるから印象残るんだよな」と言ってたところこれです。
なんと盛り上げてくれるGKなんでしょうか。
これでフランスでも出れるようになるんじゃないでしょうか。
出れてないでいえば本田。
途中出場も体のキレがなく、ボールロストも多くで、少なくともコンディションは良くなさそうには見えました。
これが出れてないからなのか、別の理由なのかはわかりませんが、本人が一番苦しい状況なんだと思いますが、もうすぐヨーロッパはシーズン終わりますから、同行が気になるところです。

c0011327_02001381.jpg
ついにグループ首位となりようやく光明が見えてきた日本代表ですが、結果要所でベテランの活躍という状況になっています。
年齢だけじゃないでしょうね、もとからヨーロッパ偏重、若手偏重だったわけですが、この2試合でもっと柔軟な選択肢に切り替わると良いのですが。
どうして出てもほとんど守備しかできない宇佐美は呼んで、絶好調の学は呼ばれないんでしょうかね。

そんなこんなで、大ベテランのニューアルバムリリースということでDEPECHE MODEです。
今作からプロデューサーを変えてということなんですが、それはもうファンは喜びそうな、どーーーんと重い、暗い、独特のメロディとこのバンドの要素がはっきり分かりやすく組み上げられた力作だと思いました。
最近のライブ映像も観ましたが、これだけのベテランなのに、勢いすら感じます。
どうしたって日本で売れてるとは思えないのですが、だからの来日が無いんでしょうか。
フェスもヘッドライナークラスじゃないと来ないんでしょうけど、どうにか観る機会がほしいバンドです。。



[PR]
# by yo4san | 2017-04-02 02:23 | Comments(0)

PUNKSPRING 2017 FINAL @ 幕張メッセ 2017/03/26

c0011327_21393967.jpg
今年はパンクについては大事にいこうと思っていたところ、PUNKSPRINGがファイナルということに。
おおよそブッキング対象が限られるイベントなのに、毎年開催ということではバンドの新陳代謝も少ないカテゴリだけに毎年苦労したであろうことが伺えますが、ファイナルらしくそれまでのヘッドライナークラスがかなり集まった充実ぶりで有終の美ということになりました。
昼にホワイトデー対応ですでに飲んでいての幕張入りということになりましたが、小雨の降る寒い一日でした。

c0011327_21394658.jpg
例年このイベントは優先順位を下げていたのも、まずUKパンクは活動がないので入ることがそうないというのと、そのバンドによっては客層がただ暴れたいだけにも思える人間が多くいるイメージで、いつもヘッドライナーが単独であるならなという選択肢になっていたのは事実です。
そうして観てきたバンドもあれば、どうにも縁がなかったバンドもあるのですが、シーンがUS中心になるとGREEN DAYのような覚醒したバンドは別として、エピタフ系以外はどうも「小僧が馬鹿騒ぎするだけ」くらいの印象だったのもあってこの上3つの出演が今回足を運んだ理由ですね。

c0011327_21395330.jpg
予定より早く着いたことで観たLESS THAN JAKE。
この日NOFXのエリックが子供の出産立会いで来日せずということから、このバンドのロジャーが代役という話でもあったのでちょうど良かったでしょうか。
そこそこのベテランということでパフォーマンスは余裕があるレベルなんですが、MCとか含めると緩い感じが強くて、ここがUKパンクから入った人間には、国民性の差もあるでしょうけど、GREEN DAYとその他の大きな差に感じてしまうところかなと。。苦笑
音楽との向き合い方が反映されるところで、バカっぽさがあまり前に出てくるといかに演出でも自分には響かないのかなと思ったところです。
c0011327_21400000.jpg
続いてBRAHMAN。
こちらについてはアティテュードとしてはむしろ恐ろしいほどストイックなTOSHI-LOWですから、激しくもあり、客席に降りてのもみくちゃな環境でのパフォーマンス、細美武士を呼び込んでのコラボとらしいライブで迫力もありました。
震災でキャンセルになった2010に出る予定だったのが最後にこうして出演というのも彼らならではとも思えます。

c0011327_21400730.jpg
ここからお目当のUSカルフォルニア3連発の先鋒、NOFXです。
LESS THAN JAKEのロジャーもよくこんなすぐに出てくるなと思いますが、もともと歴史の長いバンドですが、古いほど良く聴いているだけに最近の曲が多めになると時間は流れるものだと感慨深かったり、ファット・マイクの衣装はこんなですが、相変わらず健在でした。
予想通りでしたが、ずいぶんとトランプ批判のMCをぶつけてましたね。
c0011327_21401418.jpg
そして一番の古株になるでしょうか、BAD RELIGION。
大学のころエピタフ系にハマってましたから、この大御所の登場は嬉しかったし、やはり技術が伴っているし、仕上がりが違うステージでした。
この日予習はTHE OFFSPRINGに寄せてしまっていたので、もっと丁寧に振り返っておくべきでした。
単独も行きたかったもののW杯予選がかぶってましたのでどうにもならずでしたが、このイベントなくても来日してほしいと思ったしだいです。

American Jesus
1000 More Fools
Supersonic
Fuck You
The Streets of America
Atomic Garden
Stranger Than Fiction
Recipe for Hate
You
Suffer
Do What You Want
I Want to Conquer the World
21st Century (Digital Boy)
Los Angeles Is Burning
Generator
Sorrow
Infected
Fuck Armageddon... This Is Hell

c0011327_21402310.jpg
そして大トリのTHE OFFSPRING。
もうパンクというくくりすら今のレベル感にフィットしているのかという王道ロックに驀進中と感じていますが、あれほど空気を変えるキャッチーな楽曲ラインナップは驚くばかりです。
ヒット曲を網羅したセットリストに大満足でした。
今回追加で地方の単独もあって回るようですが、もっと観たかった。。。。

You're Gonna Go Far, Kid
All I Want
Cool to Hate
Come Out and Play
Hammerhead
Hit That
Staring at the Sun
Mota
One Fine Day
What Happened to You?
Walla Walla
(Can't Get My) Head Around You
Why Don't You Get a Job?
Americana
Want You Bad
Pretty Fly (For a White Guy)
The Kids Aren't Alright

終演後、雨の中1000円も払ったクローク引き取りにひどい動線で無駄に外を歩かされ、濡れるは冷えるはで体調悪化させられながら、長い道のりの帰りでしたが、ファイナルとなったPUNKSPRING、観たかったバンドは全て抑えられました。


[PR]
# by yo4san | 2017-03-29 22:09 | Comments(0)

電気グルーヴ @ ZEPP TOKYO 2017/03/24〜25

c0011327_10430584.jpg
更新遅れましたが、電気グルーヴ2連投だったのでまとめてということで。
新作「TROPICAL LOVE」が自身が最高傑作というだけあって、発売から聴き込んでのZEPP二日間でした。
基本的にはセットリストは同じで新作を多めにしつつも、古い曲も組み込んで60分のセットにMCを挟み残り30分くらいと、アンコール2曲で夏木マリのVo曲「ヴィーナスの丘」と、サプライズ的に人生の楽曲「恐怖カメレオン人間」をという2時間です。
卓球さんが「涙のtake a chance」や「ギンギラギンにさりげなく」から「そいつがオーレのやりかた〜」を挟み込んでたりしましたが、あれわかる客層というのがまたいいですね。
c0011327_10431531.jpg
2日間ともそこそこの好ポジションをキープできたので、レーザーライトも映像演出も楽しめましたし、半透明のようなスクリーンを使っての2重の投影での組み合わせた演出も凝った内容だったと思います。
初日は卓球さんがツアー中ずっと現金を客にあげるというイベントやってたようで、24日はなんと1万5千円!
もらった人はチケット代より儲けて帰るという不思議な企画になってましたが、最終日はやらない宣言をしたとおり無し。
それで文句を言う客という、これも不思議な絵でしたが、そんな非日常的なライブで今回も楽しめました。
最終日の25日は収録もあったので、きっとパッケージ化してくれることを願っています。

c0011327_10431920.jpg
そうして、今回は力作となった新作は仕様違いが悩ましく、結果全て買うことにしてしまいまして、別でアナログリリースだった「Fallin' Down」のリミックスと合わせてこういうことになりました。
決め手は映画公開後のライブ作品がDVDで入る仕様と期間限定ダウンロードという仕様で、自分もいたライブで90分ノンストップだったあの日なのでどうしてもDVDは欲しかったし、ダウンロードのほうも他のコンテンツが出そうということと、アートワーク差も多いことで、今回は特別感もあったのでこれはこれで満足です。
このアルバム、ほとんどGarageBandだけで作ってしまったというから驚きます。
アイデアと技術でソフトは誰でもMacに入ってるソフトで作れるということなんですから。
それにしても電気の充実ぶりは目を見張ります。
アルバム通して聴きたくなる作りで、ゲストが多彩なのもさりげないながら、個性は発揮されているし、絶妙なバランスになっていますね。
夏はソニックマニア出演もアナウンスされていますが、楽しみが増えました。



[PR]
# by yo4san | 2017-03-28 10:56 | Comments(0)

あまりにも意味深いベスト盤

c0011327_23374314.jpg
今月に入っての愛犬の旅立ちが想像以上に堪えて、どうにも埋まらない何かがあったしばらくでした。
時間が解決してくれると信じ、日々淡々ととは思っていましたが、3連休は適度に外には出て、家の掃除もやってと、なかなか平日できないことはやれたと思いますし、音楽も映画も家でゆっくりできたことで時間を使えました。
季節も春に近づき、そうして日々も過ぎて行けば、同じような繰り返しに感じる事にも少しずつ変化することもあるだろうと思っています。
コンテンツ量が多くてじっくり消化してからと思っていたBOOM BOOM SATELLITESのベスト盤。
音もオリジナル版からリマスターもあり、2008以降についても曲順、音についてもこのベスト盤用とも思える馴染みの良さに仕上がっていて、ただのコンパイル作品とはレベルの違う内容となっていて驚きました。
そして映像のほうについてもバンドの足跡を辿る流れですが、これ観たなというステージもあれば、2015年のフジロックはASHが被ってて、観れなかったシーンがこんなだったのかと思ったり、そして死に直面していたはずの川島さんの最後のレコーディングシーンがあまりにもリアルだったり。
ただ、川島さんの他界という事実も、バンドもこれで終わりという事実もありながら、悲しさを感じるよりも、卒業アルバムを見返すような感覚でいれたのは、ひとえに音楽の持つパワーであり、そのメッセージであり、今後も残り続ける偉業を讃えるものだからだろうと思います。
どういう内容になるのかわかりませんが、ライブがあるというBOOM BOOM SATELLITES。
ちょうどヨーロッパに行ってる時期で、本当に残念ながら観ることは叶いませんが、またチャンスがあれば良いなと願わずにいられませんね。

[PR]
# by yo4san | 2017-03-20 23:55 | Comments(0)