THE HOLY BIBLE

HOSTESS CLUB WEEKENDER @ STUDIO COAST 2015/02/21

c0011327_0353387.jpg

かれこれ一週間が経過してしまいましたが、先週行ってきたHOSTESS CLUB WEEKENDER。
いつもこうしたイベントは全部見るようにすると体力的にも大変なので、後半中心の見方をするわけですが、ヘッドライナーがBELLE AND SEBASTIANで他のメンツを見ると・・・最初のアクトがEAST INDIA YOUTH。
昨年春にロンドンにいったとき、BRITISH SEA POWERのオープニングアクトで見たあのアーティストということで、一週間の疲れは残ったままでしたが、なんとか起きてギリギリの現地到着。
晴れてたのが助かりましたが、新木場は座ってのんびりできる場所もないということで、こうしたイベントは過酷になります。。
チケットを売りすぎだと思うんですが。。
で、ニューアルバムを控えているらしいEAST INDIA YOUTHですが、ロンドンで見た印象そのままに、ちょっと曲のアレンジを変えてたように思いましたが、新作を楽しみにしたいと思いました。
HOW TO DRESSはR&B的なサウンドで、マイケル・ジャクソン的な曲もあったりで幅の広さが売りだと思います。
あまり普段聞かないこういうアーティストも最後までいるからにはせっかくなので全部見てと。笑
TUNE-YARDSが初めてながら印象に残りまして、よく歌いながら右手でキーボード、左手でパーカッションと、あそこまで同時にこなすものですね。
盛り上げ方がうまいライブパフォーマンスでした。
CARIBOUが予想外に盛り上がるライブでして、見た目はちょっとアレなんですが、スモークをガンガン焚いて前方にいたのでかなり視界は良くなかったのがむしろ良かったような。笑

c0011327_0354387.jpg

そのまま前方に残ってのBELLE AND SEBASTIANはニューアルバムもかなりハマっていて、単独公演もなしということでこの日これ目当てがかなりの割合だったと思う盛り上がり。
いつからこんなノリになったかなと思うところはあるのですが、こうしてスチュアートはダイブを見せたり、オーディエンスとの距離も近いライブでした。

c0011327_0355019.jpg

ほぼここ最近のお約束かステージに客を上げて騒いだかと思えば、TUNE-YARDSのメンバーもダイブしたりと大騒ぎのパーティーモードでして、最新作でのダンサブルなアプローチとうまくあってきたような気がします。
また夏どちらかのフェスで来てもらえませんかね、もっとたくさん聴きたかったので。。
そうして初日は終了となりまして、翌日へ続きます。。


BELLE AND SEBASTIANのセットリストです。

Nobody's Empire
I'm a Cuckoo
The Party Line
Another Sunny Day
Le Pastie De La Bourgeoisie
If She Wants Me
Perfect Couples
Piazza, New York Catcher
The Power of Three
Women's Realm
We Are the Sleepyheads
A Summer Wasting
The Boy with the Arab Strap
Legal Man
Get Me Away From Here, I'm Dying

-encore-
Me and the Major
[PR]
by yo4san | 2015-03-01 00:51 | Comments(0)
<< HOSTESS CLUB WE... FAITH NO MORE /... >>