THE HOLY BIBLE

ロシアW杯最終予選 イラク戦振り返り

c0011327_01024854.jpg
ちょっと間が開いてしまいましたが、イラク戦振り返りです。
仕事をさっさと切り上げ、さいたまスタジアムへ向かいまして今回はヨーロッパ組のコンディション問題が取り上げられつつですが、ようやく招集となった斎藤学がベンチに。
11番はA代表では初めてでしょうね。

c0011327_01025779.jpg
今回はやはり香川がスタメン落ちというのが最初のトピックではありますが、香川はその本人のコンディションというより、代表では彼を生かす戦術があって初めての選手だと思っているので、周囲との連携に時間を使えない代表にはフィットしにくいという根本的なものだと思います。
彼のやりやすい選手選考にしない限り、窮屈な感じになると思いますが、アディダスの手前外すこともできないでしょうし、彼を中心に決める覚悟も監督にはないでしょうから、しばらくこうした状況は続くでしょうね。

c0011327_01030307.jpg
イラクは今回まったく引いてこないことによって、日本はある意味助かったということかと思います。
そもそも強いと思われていないということにもなりますが、しっかりとした攻撃さえできればサイドは崩せたはずだし、裏も取れたはずでした。
この試合、清武と原口は非常に良いパフォーマンスを見せ、この原口のヒールでの先制も原口のインターセプトに始まり清武のスプリント、本田から受けた清武のラストパスからでした。

c0011327_01031475.jpg
山口螢はリードしている時間帯にすでに投入が決まっていたということなので、ディフェンスを安定させるためということと言われていますが、結果同点にされてからの投入にかなり疑問を感じたのは事実です。そして浅野もシュートチャンスは多くあってもモノにできず、小林も短い時間ではという程度に見えたのですが、とにかくチーム全体コンディションは良く見えません。
やはり海外クラブにいるから凄いのではなく、勝つためにどうするかを考えるべきかと思います。

c0011327_01032540.jpg
結果的に山口のミドルが入ったのでこういう騒ぎにはなりましたが、もとよりこれほど苦戦するのがそもそもの問題で、明らかにイラクには舐められるほど互角の戦いに持ち込まれ、このレベルではオーストラリアには勝てませんし、サウジはそのオーストラリアともドローです。
選手選考、戦術とも大きく見直すもしくは監督交代が必要なのではないでしょうか。
ただ前に早くというのは戦術ではありませんので。
最後パワープレイに入るために吉田を上げたというのが戦い方なら、なぜもっと高さ要員を入れておかないのか、それは浅野や小林では無理なのはわかっていたはずなので。
そして最終予選で感動とかドラマとかはいらないので、突破しなければいけませんから、最低限の勝利は確保しましたが、これで監督の問題を取り上げにくくされてしまったのではないかと思います。
本当に先が思いやられる試合内容でした。

c0011327_01033736.jpg
斎藤学は出番なしでしたが、オーストラリアに向かった日本代表ですが、酒井宏樹は出場停止に加え長友が怪我で離脱、岡崎も負傷というニュースがあり、攻撃の形は作れないまま続いていくのかと思うと、本当に心配な状況ですが、そのオーストラリア戦は仕事の都合でライブでは見れない可能性が高いという、これまた厳しい状況。
よりによって大一番の日に。。。とは思いますが、仕方ないですね。。。



[PR]
by yo4san | 2016-10-10 01:21 | Comments(0)
<< RICHARD ASHCROF... ポール・スミスに大緊張 >>