THE HOLY BIBLE

FUJI ROCK FESTIVAL 2017 DAY2 2017/07/29

c0011327_20411366.jpg
2日目は終日雨という一日に。
ある程度覚悟していたとはいえ、そこそこ降る時間帯が体力を奪い取るので晴れたら晴れたで暑いというしで自分には毎年ながらの難易度。笑

c0011327_20331558.jpg
最初に観たのがUK新人バンド注目のTHE AMAZONS。
アルバムを結構聴いてはいましたが、ライブの印象はFOO FIGHTERSっぽい音だなという感覚で、ロックとしては骨太かつ王道なサウンドだと思います。
Tシャツのインを結構やってるのが見た目アレなんですが、ファンもかなりついていて、レッドマーキーの盛り上がりは想像以上でした。
終了後も「Junk Food Forever 」の流れで歓声が止まず、マットが再度ステージに顔を出すような状況になりました。
ちょっと比較は違いますが、MANICS並みに本国の反響以上に手応えを感じてたりするんじゃないでしょうか。
セットリストは下記。

Stay With Me
Ultraviolet
Burn My Eyes
Black Magic
Nightdriving
Little Something
In My Mind
Junk Food Forever

c0011327_20341273.jpg
その直後ですが、雨が止まない中、GAN-BANでアコースティックセットでのMTV公開収録。
写真にも雨が写り込むくらいですから本降りでした。
それでも手前から流れたファンも多く同様に盛り上がるというインパクト。
これはすぐ単独来日もありそうですね。

c0011327_20342430.jpg
MTVのインタビューもあってのサイン会に参加し、こうしてサインもゲットした上に、マネージャーがいいよと言ってくれたので写真も撮ってもらいました。
こうしてデビュー時から印象が強いとさらにフォローしたくなりますよね。

c0011327_20344356.jpg
グリーンに移動してのTHE AVALANCHES。
もう足元はぬかるみまくりの状態でしたが、さすが最初に売り切れた日だけあって大混雑でした。
前回来日予定はキャンセルになったのも期待を引っ張ったでしょうか。

c0011327_20345470.jpg
一度ホテルに戻って体勢を整えてからのグリーンに戻ってコーネリアス。
リキッドで観たばかりでしたが、大きなステージになってもその完成度の高さは素晴らしくて、リキッドは下手はじでしたからあまり見えなかった映像も合わせその世界観を満喫しました。
雨は降ってましたけど。。
ただ、この後のスケジュールからGUMあたりで出る必要がありまして、次の単独ツアーを待つことになりました。

c0011327_20364850.jpg
この日は究極の選択的だったオザケンかこのTEMPLES。
オザケンがピラミッドで別にあることを踏まえ、どうしても外せなかったレッドマーキーのTEMPLESヘ。
2ndアルバムリリース後の初来日でもありますので楽しみでした。

c0011327_20360190.jpg
毎回その進化が楽しみなライブパフォーマンスで、よりタイトにバンドとしてのまとまりを感じる内容でした。
「Mesmerise」のグルーヴもより強くなって聴こえましたし、2ndの楽曲も色鮮やかな展開を産んで前に行って準備しただけの価値がありました。
11月にまた単独来日がありますので、楽しみに待ちたいと思います。

c0011327_20373760.jpg
雨は続きまして、グリーンに移動してのAPHEX TWIN。
ヘッドライナーというのが驚きましたが、とにかくアシッドなテクノと映像のコラボ。
自分はもともと好きなアーティストですが、これほどコアな音楽だとどうなんだろうと思いましたが、映像でかなり話題になったほど客は捕まえていたようです。
アイコラ映像の時間帯は画面が切り替わるたびに歓声が出てましたね。
あれは誰が映像出してるのか気になりましたが、タモリ、松居一代、SMAP、豊臣秀吉、もっともっとありましたが、絶対に放送できませんよね。。。苦笑

c0011327_20391743.jpg
昔は変な家みたいなセットの中でいたのかわからなかったとかいうことがありましたが、今回は顔が確認できないまでもそこに確実にいることがわかったリチャード・D・ジェイムス。
この日、会場限定で45曲入りのテープが販売され、もちろん購入しましたが、今も再生環境がないのでそこから準備が必要ですね。。

c0011327_20400268.jpg
そして雨に打たれ続けてそのままピラミッドで待っての小沢健二。
アコースティックでドラムマシーンだけを基本に曲によってゲストをスカパラから入れてというライブでしたが、ホワイトでは最初からブギーバックやったらしいのですが、新旧織り交ぜてということで最後はニューシングル「流動体について」でした。
途中モノローグなる朗読を挟みながらというのがらしい演出でしたが、声は年を重ねてアーティストになったなという印象でした。

この後も卓球さんまで朝まで観たいアクトはありましたが、さすがに雨も大変でしたし、これだけ外出てますと腰も痛くなってきますので、年齢を感じながらも断念してホテルに戻りました。
卓球さんには瀧さんも飛び入りしたようで観たかったなとは後の祭りです。。


[PR]
by yo4san | 2017-08-06 21:26 | Comments(0)
<< FUJI ROCK FESTI... FUJI ROCK FESTI... >>