THE HOLY BIBLE

LIAM GALLAGHER @ ZEPP TOKYO 2017/08/18

c0011327_01363476.jpg
連日だったこともありもうサマソニも終わってしまいましたが、振り返りということでその前にLIAM GALLAGHERのソロ単独から。
サマソニというかSONICMANIAでの出演が予定されている前日ということで2日連続の前提で、ニューアルバムも1ヶ月先という状況ですが、Twitterなどでとかく話題に事欠かないリアム。
BEADY EYEがなんとなく残念な解散となっていただけに、ソロとしてリリース済み3曲はリアムらしさも実感させられるクオリティでしたから、しっかりこのソロでのスタートを見届けようという気持ちでした。
東京駅からだとこの会場に向かうには、ゆりかもめでチンタラ向かう印象が強く、そこそこ良い整理番号だったのにギリギリ到着かと思ってたら、職場仲間と向かうことになりタクシー使うとかなり早くて、東京って距離だけは結構近いよねと改めて感じながらの会場入りでした。
c0011327_01365585.jpg
もうOASIS時代から何度ライブを観ているかもわからなくなりつつある状況ですが、まず見た目から今回PRETTY GREENの服を着ていなかったというのが先に目がいきまして、ご覧の通りアディダスのパーカーでした。よくこんな暑い中、いつもこういう気温無視の格好でステージ出てこれるなと驚愕するのですが、今回も汗だくだったと思いますが、何食わぬ顔でやるあたり男を感じます。苦笑
なにせど頭からOASIS連発のスタートでリリース済みの新曲「Wall of Glass」までですでに大盛り上がりの会場。そこからソロ曲で続くものの、認知度もないせいかひっそり見守るというOASIS曲とのメリハリがはっきりする反応でしたが、発売前なのでやむなしでしょうか。

c0011327_01372936.jpg
OASISは初期の曲ばかりチョイスされ「Slide Away」なんかはやはり高いところは限界を感じつつも、リアムじゃないとなという迫力十分でしたし、ノエルへのあてつけとしか思えませんが、Be Here Nowの楽曲がプレイされるところも違いをアピールという意図が感じられましたが、同時にOASISへの想いの強さも感じてしまう、寂しさが同居している感じと言いますか。
なぜか終盤こうしてフードをかぶりまして、何のためかもわからない雰囲気をもろともしないマイペースぶりです。

c0011327_01373725.jpg
そのままこうして最後歌ってしまうのですが、未発表のソロ作からの新曲は総じて今のリアムが無理なく歌える佳曲と感じる作りでしたし、音の感触は明らかにOASISを意識したものですし、まずファンとしての失敗はないのはそうなんですが、やはりアルバム通して聞いてみてそのポテンシャルを感じてみたいなと思いました。
どうしても馴染みのありすぎる楽曲と同居すると認知度パワー負けしてしまうので、そういうキャリアだからこそ、この追加公演で9000円というライブができるのですが、アーティストとして応援したい気持ちとともに、見守りたいところです。
この日、セットリストには「Live Forever」があったようですが、結局プレイされずでした。
喉のコンディションについて不満を抱えつつの状況がロラパルーザから続いていたようですが、とはいえ、リアムの声はOASISの曲を最大化するに必要な要素を再確認したものです。


Fuckin' in the Bushes (Oasis song)
Rock 'n' Roll Star (Oasis song)
Morning Glory (Oasis song)
Wall of Glass
Greedy Soul
Bold
For What It's Worth
D'You Know What I Mean? (Oasis song)
Slide Away (Oasis song)
Eh La
Chinatown
I Get By
You Better Run
Universal Gleam
Be Here Now (Oasis song)

-encore-
Wonderwall (Oasis song)


[PR]
by yo4san | 2017-08-23 01:54 | Comments(0)
<< SONICMANIA 2017... 3連勝で3位浮上 >>