THE HOLY BIBLE

いつまでも大人しくしていると思うなよ

c0011327_22321529.jpg
10月に入り暑さも感じなくなったことでヘッドフォンを暑さ対策のインイヤーから戻せる時期になり、ようやく移動中の音楽もよく聴こえる環境が戻り、そうした外出中のストレスも感じにくくなる自分には嬉しい季節なのですが、とにかく仕事環境が自分に合うものが何一つなく、理不尽なことにも文句を言わず、楽して給料出るならくらいの割り切りできていたこの一年半ですが、やはりコミュニケーションがまともではない人間との関わりが多く、体力的もしくはプレッシャーでのハードさとは関係ないストレスがこうもあるんだなというのを再実感した週明けでした。
以前はどれほどすごいことをやろうともお礼ひとつ言われないというのが標準でしたが、いま思うとそれはまだマシで、良かれと思って最大限気を遣い言っていることすら、むしろ迷惑のような態度を見せる相手ばかりが関わる必要がある人間たちとなると、そこまで受け入れてまでこの給料もらいたいかという疑問になってきました。。
幸いそれは異常な連中と理解してもらえる人間もいるので、まだこうして考えることができますが、自分がおかしくなったのではないだろうかとすら思う可能性すら出てきているなと。。
それもこれも春までに見切りつければ良いかという気持ちでいた今年ですが、なかなかどうしてということもあるものです。
そんな仕事の不満はさておき、本来は全てテレビ観戦でしたがサッカーも国内外見て、映画「ドリーム」も楽しみ、音楽も最近のリリースラッシュで追いつかないくらいで、週末だけは充実するので人生におけるバランスというのは本当に自分だけではコントロールできませんし、難しいものだと痛感しているところです。
少なくとも、これから自分がそうされたら嫌なことはしないという、当たり前のことだけは忘れるまいとは思っていますが、歳を重ねても、体力以外の面でもむしろ大変になることは人間関係だなということでしょうか。
どうせ自分の特技を封印される環境なら、もういっそのことそういうのがゼロな環境を自分で作るのが良いでしょうか。
色々まだ選択肢はあると信じて、冷静に考えていこうと思います。

そんな苦しみはうまく対処するために音楽が必須ということで、THE HORRORSが変わらずヘビロテではありますが、WOLF ALICEの2ndが想像以上のスケールアップに見事はまった感じになりました。
色々このバンドは・・・的というイメージがあったと思いますが、自由度の高い表現力に振り切ったことで、ポテンシャルが引き出された感じがあり、アルバムとしてはとっ散らかった感じにもなりそうな楽曲群ですが、ひとつひとつうまくハマっている楽曲になっているのではないでしょうか。
ヴォーカルが女性のロックバンドは・・・みたいなこともあるかもしれませんが、そのヴォーカルがとても表現力を増していることが、この幅広さに貢献しているのは間違いないですね。
今月BECKの武道館と被っている来日がありまして、BECKは新木場の翌日が取れたことで、安心して楽しみにできる状況となりました。
とても盛り上がりながらの来日になるのではないでしょうか。

先月から注目作品のリリースラッシュで嬉しい悲鳴。
そして今月から注目アーティストの来日ラッシュでこれまた嬉しい悲鳴。
財布だけが本当に悲鳴をあげていますが、こうして楽しみを持てる喜びを大切にしたい秋です。


[PR]
by yo4san | 2017-10-03 22:52 | Comments(0)
<< BELLE AND SEBAS... ついにここまできました >>