THE HOLY BIBLE

苦境を乗り越えよう

c0011327_22524356.jpg
日本代表が冴えない試合を見せたあとの週末になり、Jリーグ再開です。
久しぶりの昼間の試合という感覚でしたが、今週二度目の日産スタジアム。
学の負傷離脱から最初のホームゲームとなります。
急に寒さがやってきた上に雨という天候でしたが、この試合直前にコンサドーレが3位の柏を圧倒し、マリノスはこの試合大宮に勝てば3位、コンサドーレも大宮が負けることで残留に大きく前進という2チームにまたがり大切な試合でした。

c0011327_22525971.jpg
前半どうもポゼッションはすれど崩しきれずフィニッシュに迫力がないマリノス。
ウーゴも序盤チャンスがあったのですが、早い時間帯に負傷交代。
やれやれと思った直後に失点を許し、降格圏の大宮相手にリードされる展開となりました。

c0011327_22530609.jpg
マルティノスもベンチだったので、イッペイ・シノヅカが初スタメンでバブンスキーはベンチという状態でしたが、イッペイは体のキレもよく今後期待できる選手だと思います。
足元も強いし、これで連携があがってくると学がいない今、マルティノスにまず突破させてというワンパターンからも変化がつきそうです。
とはいえ、まるで点が入る気がしない時間帯が長く続くことになりました。

c0011327_22531579.jpg
後半に入って中町がミドルを決めようやく追いついて、一気に逆転をと期待したところで、マルティノスが交代で出場。
そこから縦への突破も増え山中からクロスも入ってくるようになるも、アタッキングサードでの迫力には欠けたまま終盤へ。
バブンスキーが入ったあたりで大宮も交代枠を使いきり負傷で一人減った状態で優位に立ち始めました。
アディショナルタイムが6分となり、押し込みまくったのは大宮に退場が出て実質二人差がついたところ。
何度と無くゴールに襲いかかりましたが、こういうときは運がなかなか味方してくれません。
降格圏チームに対しまさかのこのままドローという残念な決着でした。

c0011327_22532142.jpg
柏が負けてくれているので勝ち点差は縮まりましたが、ACL出場にはこれで苦戦しているようではダメで次節は首位鹿島とのホームゲームです。
けが人続出で苦しいところではありますが、なんとか光明を見出してもらいたい終盤戦です。
ハイチ戦の日に我が家に届いていたBECKのニューアルバム。
昨年フジロックにも出たので、いよいよという時期が来ているのはわかっていましたが、こうしてリリースされてみると想像以上にポップなアプローチの強い、ノリノリなベックという印象の作品になっていました。
今月は急遽決まったようなツアーでの来日もありまして、まだ残ってるらしい武道館はWOLF ALICEが被ってしまいいけませんが、ソールドアウトの新木場はかなり楽しみにしています。
おそらく客層は私と同じ被り問題を抱えていると思うので、それがさらにデカい武道館だったというのがスケジュールの苦しさだと思いますが、この秋は本当に良い作品リリースが多くて嬉しいですね。
今週も仕事はあまりにもアホらしいことの連発で何も考えないようにしようとすら思っていましたが、金曜は1日研修で久しぶりの人に励まされたりということもあり、やり過ごすと決めている今年ではありますが明日からまた一週間始まります。
週末は他に映画「猿の惑星 聖戦記」を観たりで、アーセナルのしょっぱい敗戦にも凹まないよう気分転換を意識してみましたから、なんとか乗り切りたいと思います。




[PR]
by yo4san | 2017-10-15 23:20 | Comments(0)
<< シーズン終盤 ハイチ戦振り返り >>