THE HOLY BIBLE

2017年 06月 14日 ( 2 )

THE STRYPES @ Dingwalls, London, England 2017/06/13

c0011327_08210642.jpg
ロンドンに入って2本目のライブとなりましたTHE STRYPES。
ハコはカムデンにあるクラブでキャパは500くらいとかなり小さいので、もちろんソールドアウトでしたが、チケットが送られずBOX OFFICE受け取りとなったのですが、この場所を見つけるまでかなりうろうろしました。
それもそのはずで開場予定の19時にまだ窓口も開かないという。。。
似たような人が前方にさらに数名いましたのでようやくわかりましたが、入場してここがまた柵なしかつステージが低い。。
さすがに真ん中に頑張って立てる気がしなかったので上手の柱で待機していました。
盛り上がってくると絶対真ん中が突き倒されて大変だろうなと思い。
オープニングアクトの一つ目は随分残念ないでたちのバンドで興味なしでしたが、二つ目のMAN & THE ECHOはそこそこ知られているのか盛り上げがうまかった印象です。
c0011327_08285896.jpg
そうして始まったTHE STRYPESですが、ステージも彼らには狭ければ、全速力で行くような勢いでスタート。
ニューアルバムがまだ発売になってないので、新曲もかなり入りながら馴染みがないため、客の反応もこれからという感じでしたが、ライブそのもののスピード感がさらに上がりました。
全員まだまだ若いわけですが、どんどんステージパフォーマンスのレベルが上がってますね。
おそるべき若手です。

c0011327_08315120.jpg
終盤予想通りセンター付近のモッシュが過熱しステージに突き倒される(というのが不思議ですが)人が多数発生。
真ん中を避けて正解でしたが、基本かなり若い女子が観客に多いのですが、自分も含めたオッさんもそこそこいるのが特徴的。
若い子の親という年齢層で一緒にミートするのでしょうか。
11月には来日公演も決まっていまして、そこまでアルバム発売から徐々に馴染みもましてくるんだろうなと。
最後ベースのピートがダイブしていました。
決してやりやすいハコじゃなかったと思うのですが、おそるべき盛り上がりでした。。

c0011327_08411188.jpg
実はライブ前にローディーの兄ちゃんが良い人感があって、話の流れから終了後セットリスト欲しいといったら、任せてよという感じだったので、なんなくエヴァンの足元にあったこれをくれましてラッキー続きと。
会場でオッさんがその成り行きを知りませんから「すごいラッキーだな」というのですが、あんた来る前からの約束だからねと思いつつ会場を後に。。
そこからが意外で、地下鉄に乗ってから、何度も車内で写真撮らせてくれと多くの人に頼まれ、もちろん対応していたのですが、知らない人が見たらどこかの有名人か、どれだけすごいモノを持ってるのかと不思議がっていたのではと。。

Behind Closed Doors
Easy Riding
I Don't Wanna Know
Holidays
Black Shades Over Red Eyes
Cruel Brunette
Grin & Bear It
Tension
Angel Eyes
Garden of Eden
Get Into It
Great Expectations
Cruel World
Mystery Man
What a Shame
Still Gonna Drive You Home/Psycho Killer
Scumbag City

-encore-
Heart of the City (Nick Lowe cover)
Blue Collar Jane



[PR]
by yo4san | 2017-06-14 23:38 | Comments(0)

RIDE @ Village Underground, London, England 2017/06/12

c0011327_01135383.jpg
ロンドン最初のライブになりましたRIDEです。
ウィーンから移動しホテルで休憩してすぐに向かうようなスケジュールでしたので、パリ〜ウィーンの不慣れからくる疲れの蓄積もあったし、やたらと好天に恵まれ日焼けしてのロンドン入りは曇りである意味期待通りでしたが、会場は最近の再開発が印象的なショーディッジで、もとは倉庫だったところを改装しての場所となります。
キャパが680と書いてましたのでRIDEにはあまりに狭すぎるのは当然として、週末のアルバム発売に伴うツアー初日という重要な日だったと思います。
開場30分前には並んですでに前には6人いたような状態で小さいステージなので中央は取れず上手に陣取りました。
オープニングアクトのNOVELLAが思いがけず気になりましたがそちらはまたということで。
c0011327_01192506.jpg
RIDEの再結成は2015年のFIELD DAYでロンドンで見ることができていましたし、その直後にフジロックでも体験できていましたから、ターゲットはやはり新曲という状況でしたが、これが想像よりも多く投入されているセットリスト。
周辺の先輩たちはRIDEのみ世界中追うような筋金入りの人たちだったようで、新曲となるとすぐにスマホで録画が始まるのでわかりやすいという話はありましたが、RIDEがRIDEとして期待されるであろう楽曲の方向性だと思いますし、アルバム発売直前の期待感というのも強くファンに反映されていた気がします。

c0011327_05384696.jpg
あまりに目の前なのでという話ですが、マークはどうしていつもこうして爪先立ちで歌うのでしょうか。
落ち着かない気がするのは私だけですかね。
こうしないと歌いにくいというのであれば、リアムの応援団スタイルみたいな感じかもしれませんが。。
それは良いとして今回アンコールが3曲ありまして、1曲目は言わずもがなの曲ですが、新曲がそこまで頭に入っていない私はそのあと戸惑いまして、新曲なのかどうか判断が特につかなかったのが3曲目。
アンディがリードヴォーカルでなんか聴いたことあるような気がするけど、RIDEのような音かもしれないし・・・という状態だったのが、セットリストを入手したことで判明しました。
c0011327_07303830.jpg
セットリストはスティーブのところのをもらえたのですが、今回も散々くれくれアピールしたら、周囲からもこいつにやれよ的な応援をいただき入手。
準備中にすでに見えていたのもありアンコールが書かれていないのもわかっていたのですが、お約束で写真撮らせてということで、何人かに見せていたところ、気の良さそうな兄ちゃんが写真とったあとに「これでアンコールは新曲あと最後のはSpacemen 3のRevolutionだよね?」と言われてなるほどそうかと。笑
通りで聴いた気もしてたわけだし、RIDEの音にもなる楽曲を選んでいるなと。

そんなこんなでセットリストは、
Lannoy Point
Charm Assault
Seagull
Like a Daydream
Weather Diaries
Cali
Twisterella
Home is a Feeling
All I Want
OX4
Taste
Vapour Trail
Drive Blind

-encore-
Leave Them All Behind
Lateral Alice
Revolution (Spacemen 3 cover)

となりまして、この「Cali」と「Lateral Alice」はライブ初だそうです。
サマソニでの来日も控えていますので、本当に良いタイミングで観れてラッキーでした。
で、いつもならこれでというところですが、続きがありまして、終演後にローレンスが写真撮るというので、ちょっと見切れるかなと思いつつもたまたまフレームに入ってましたのがこの写真。

c0011327_07334588.jpg
ローレンスのTwitterで提供されましたがこれは記念の一枚になりました。
今年はTHA BLUE HERBにも入りましたし、ラッキーが続きますね。
海外でこういうのにうつる時は後ろ姿で目立つばかりでしたが、今回は正面ですよ。

ということで汗だくでロンドン初日を終えまして、後半戦がスタートしました。



[PR]
by yo4san | 2017-06-14 08:01 | Comments(0)