THE HOLY BIBLE

<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

心機一転

c0011327_040639.jpg
今日はオフィスの引っ越し日。
結局年に1回は引っ越ししていて、相変わらず落ち着かない感じですが、ようやく移転完了というところです。

心機一転ということで、今日はSEX PISTOLS解散後にジョニー・ロットンが結成したバンドPublic Image Limitedの「PUBLIC IMAGE」です。
パンクその後ということで、ピストルズではまずなかったであろうアプローチをいろいろ試した作品だと思います。
P.I.Lは長く間をおきつつ作品を出していますが、最近ではジョン・ライドンのソロ名義でのリリースになっているので、もうやらないんでしょうかね?
まぁピストルズが2回も再結成したんだから、わかったものじゃありませんが・・・
ちなみにこの曲、前にもふれましたmenswearがシングルのB-SIDEでカバーしました。

環境も変わり、リフレッシュということで、明日からノリよくいければと思います。
[PR]
by yo4san | 2005-01-31 00:47 | Comments(0)

カザフスタン戦

c0011327_3254623.jpg
サッカー日本代表戦観てきました。
格下相手ということもあって快勝とはなりながらも、ちょっとどうかなと思う内容だったのではないでしょうか。
とにかく相手はディフェンスがボロボロでしたから点は入って当たり前でしたが、三都主のスタメンというのは本当にどうなんでしょうか。
切り込んではみるもののクロスもあがらず、つながりもせず。
たまたまフリーキックが入りましたが、いつも右サイドの出来とくらべて、サイドからの攻撃としては厚みのないものに感じます。
対して加地は今日かなりいい動きをしていました。
松田と中澤のマリノスDFを中心にディフェンスはうまくラインコントロールしましたが、三都主の代わりって本当にいないんですかね?
うれしかったのが玉田は動きが良かったこと、大黒が出場したこと、坪井がついに復帰したことでしょうか。
坪井の出場は残り時間わずかでもう少し観たかったですが、ケガを克服しドラマチックな感じがしました。

c0011327_323726.gif
ドラマチックといえば(これもかなり強引ですけど)、MUSEが作るロックはスケールが大きく奥行きのある世界です。
ライブではこれにワイルドなノリが加わり盛り上がりますね。
とはいえこういった大仰なサウンドは、ロックバンドには照れすらありそうなものですが、何の躊躇もなくやれてるところに自信を感じます。
自分がいいと思ったことに思いっきり集中したい。
そう思いつつMUSEで「Stockholm Syndrome」を聴いて今日は寝ようと思います。
[PR]
by yo4san | 2005-01-30 03:41 | Comments(0)

復活?

c0011327_955868.gifc0011327_9552861.gif
今まで使ってきたiPod(3G)もバッテリーが限界になり、ついに自力で交換を試みることに。
APPLE社に依頼した場合15000円くらいかかるらしく、6090円のバッテリー代だけですむならと、保証外覚悟で分解作業でかなりヒヤヒヤです。
最初開くところまでかなりかかりましたが、所要時間約30分程度で無事完了しました。
これで2時間くらいしか使えなかったiPodが復活してることを祈ります。

c0011327_10194925.gif
復活といえば(かなり強引ですが)、ASIAN DUB FOUNDATION(以下ADF)が来月ニューアルバムが出て、4月には来日公演があるらしいですね。
デビュー当時からその独特のサウンドで好きでしたが、この音を言葉で説明しようがありませんでした。
DRUM N' BASS+RAP+DUBという感じでしょうか、こう書くとクラブミュージックイメージが強いですが、ライブでは非常にパワフルなロックでパフォーマンスも素晴らしかったです。
そのヴォーカルのディーダーの脱退はかなりショックでしたが、ブランクがあってメンバーを大幅に増やし音も攻撃性を増して復活しましたね。

一昨年初めてドイツのベルリンでRADIOHEADのサポートで、現在のメンバーでのADFでライブを観ました。
かなり期待してたのですが、新メンバーでの曲は良かったのですが、ディーダー時代の曲はまるでダメで、音では盛り上がるのですが、ヴォーカルが入ったとたんにかなり興ざめの連続。
無理矢理二人で歌うのが変なのか、ディーダーの走り回るパフォーマンスがないのが寂しいのか、いろいろ組み合わさり非常にがっかりした記憶があります。
これからに向けてのADFへお願い。
もうディーダーの曲はプレイしないでほしい。ADFはそう変わったんだと。

今日はサッカー日本代表戦。カザフに負けないよう横浜に応援に行きます。生まれ変わった(?)iPodとともにADFでディーダー時代の名曲「New Way, New Life」を聴きながら行ってきます。
[PR]
by yo4san | 2005-01-29 10:17 | Comments(2)

detroit7をもっと楽しむ予備知識?

c0011327_15231.jpg
detroit7を聴いてこれほど自分にヒットするのはなぜかと帰りのタクシーで考えました。
そこでREEFジャパンツアーでサポートアクトとして出演したことから、REEFと比較してみました。

共通して感じるのがそのときのシーンとは無関係に「ロック」していること。
いずれも骨太なロックのイメージでのデビューですが、REEFも当時確かRADIOHEAD、OASIS、BLURあたりが伸び続けていた、いわゆるブリットポップ全盛期。
その中にして「NAKED」のPVはかなり個性的でぶ厚いギターリフとワイルドなヴォーカルが非常に印象に残りました。
その後しっかりセールス伸ばしつつ、ふっきれた「らしさ」が良く出た作風で楽曲をリリースしていったように思います。

ストレートなロックからの昇華というのが、これからのdetroit7にもあるのではないかと期待してしまいました。

すっかりdetroit7中心の内容ですが、教材として本日はREEFでポール・ウェラーも参加した「GOOD FEELING」。
酔っぱらったせいもあったりして・・・?
[PR]
by yo4san | 2005-01-28 02:03 | Comments(0)

ロック一本道

c0011327_0492554.jpg
「迷うことなかれ、行けばわかるさ。」そう声をかけたいパワフルなバンドがいました。REEFのサポートアクトで観てから間があきましたが、先日渋谷でライブを観て、ついにアルバムが発売されたdetroit7です。
音に向けた熱量がダイレクトに伝わるパフォーマンスですが、アルバムでも息づかいを感じられる近さを聴くことができます。
AC/DCのようなリフ道なのか、圧倒的な歌唱力で思いを伝えるのか、これからが楽しみなバンドです。
気合いを一発入れたいとき、ガツンとやられたいとき、まずは聴いてみるといいかもしれません。
今週末下北沢で初のワンマンライブあるらしいです。
景気づけに「Ordinary Madness」で。
[PR]
by yo4san | 2005-01-27 01:07 | Comments(0)

温故知新

c0011327_2343840.gif
先日menswearについて書いた中でふれた、WIREを今日通勤中聴いていました。
menswearしかり、ELASTICAも(やりすぎでしたが)、90年代初めに出てきたバンドはこの影響をわかりやすく現していました。
SEX PISTOLSのサポートアクトとして活動しており、歴史の長いバンドですが2003年に10年ぶり(くらい)に突如ニューアルバムがでて驚きました。

もともといわゆる「パンク」としてくくりきれない多彩な音楽性が独特の作品を多く生んでいますが、やはり「PINK FLAG」は歴史に残る名作でした。
しかしさらにすごいのは2003年になっても、そのセンスが死なず、独特の世界を作っていることでしょう。
それが「SEND」というアルバムですが、それまでのどのアルバムでもない世界観が素晴らしく、何度でも聴きたくなる作品です。
このバンドは歴史を追うことでさらに味があるバンドなので、一通りオススメなのですが、今日は「SEND」から先行EPでもリリースされていた疾走感溢れる「The Agfers of Kodack」で。
[PR]
by yo4san | 2005-01-25 23:41 | Comments(0)

アイデア不足

c0011327_062921.jpg
いくら考えたところで、ダメなものはダメと思いつつ、どうも仕事がうまくいかないと思いなやんでしまいます。
それゆえ私は凡人でありプレッシャーにも弱いんでしょうが、そりゃ何か作らなきゃいけないミュージシャンは大変なんでしょうね。

デビューから成功してしまうと、次へのプレッシャーが2枚目のジンクスとなるわけですが、今日通勤中に聴いていたThe Libertinesは昨年すばらしい2ndアルバムをリリースしました。しかしその後は事実上活動停止のような状況ということで、なかなかうまくいかないものかなと思ってしまいます。
同じくThe Vinesも2ndですばらしいアルバム出していますが、今はまったく活動が見えないとか。

だからといって私も仕事放棄とはいかず、凡人は凡人なりにがんばるのみですね…
明日になれば意外とうまくいったり…しないかな…?
The Libertinesで今日の流れなら「Can't Stand Me Now」でしょうか…
[PR]
by yo4san | 2005-01-25 00:30 | Comments(2)

引きこもり気味

c0011327_22101935.jpg
今日は日頃の疲れが出たのか、寒いせいもあって引きこもりの1日でした。
そんな中、仕事をやりつつ聴いていたのがMERCURY REVの新作「THE SECRET MIGRATION」です。

サイケデリック・ロックと言われますが、独特の世界観は今作も引き続き現れております。
この空気はそう誰にでも作れるものではないでしょう。

ライブでは「まんま轟音」なんですが、その世界に引き込まれる感じです。
SPIRITUALIZEDとこのMERCURY REVは私が観た「轟音」バンドのツートップですが、演奏はとてもしっかりしてるんですよね。

家でどっぷり音につかるにはこういうCDを大音量…では近所迷惑なのでヘッドフォンででしょうか。
本日はMERCURY REVのニューアルバムからオープニングを飾る「SECRET FOR A SONG」を。
[PR]
by yo4san | 2005-01-23 22:23 | Comments(0)

琉球ディスコ

c0011327_231368.jpg
今日はM-ON!TV主催の「M-ON! Rookies」に行ってきました。
お目当ては石野卓球氏のレーベルからデビューしたRYUKYUDISKOです。

短いライブでしたが、とても格好いい展開で楽しめました。
終了後、楽屋前でご本人にご挨拶させていただき、3月発売のアルバム「RYUKYUDISK O TECH」を聴かせてもらいました。
これがまたライブでもやってた曲が入ってますが、沖縄テイストがうまくディスコサウンドにのっていて、とても格好いいです。
近々かなりやばいことになりそうな予感ですね。

会場には石野卓球氏も来ていましたが、次もライブ観にいこ〜
本日はその3月発売のアルバムから「NIRAIKANAI」!
[PR]
by yo4san | 2005-01-22 23:29 | Comments(1)

白昼夢

c0011327_112595.jpg
毎日こうも忙しいと、さすがに思考回路にも異常がきたしはじめ、どうにもいいアイデアも出てこないというものです。
長〜い打ち合わせばかりで時々眠いのとは違って意識が遠のきます。

UKでブリットポップ華やかかりし頃、menswearというバンドがいました。
ファッショナブルなたたずまいと、ポップな曲でデビュー以降、シングル、ファーストアルバムはかなり売れました。
色物扱いされていた気もしますが、半ば追っかけだった当時本当によく聴いたものです。

で、そのmenswearのセカンドシングルが「DAYDREAMER」。
WIREをご存じの方には元ネタバレバレの曲ですが、(ELASTICAがこの元ネタで揉めましたね、そういえば。)とてもかっこいい曲です。

長いブランクがあってのセカンドアルバムがあまりにもひどく消えてしまった感じですが、あの時本当にかっこよかったんですよね〜って10年前ですね、この話…
[PR]
by yo4san | 2005-01-21 01:21 | Comments(0)