THE HOLY BIBLE

<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

おや?

c0011327_082379.gif
ふとみるとiPodのCMがGORILLAZからDAFT PUNKの「Technologic」になってます。
もう変わってしまったんでしょうか?
APPLEのサイトにはどちらもありますが、さすがにU2が出てきた時とは違って、そろそろ違うCMみたいような・・・
[PR]
by yo4san | 2005-05-30 00:12 | Comments(0)

今週もまとめ聴き

c0011327_21543260.jpg
週末は疲れが出るせいか、ほぼ寝て終わりの最近ですが、今週もそう変わらず特にできたこともなくとにかくCDを聴いていた週末。
肩こりの悪化もひどいので、マッサージでも行ってみようかという発案も案で終了してしまいました。
買ってしばらく経ちますが、ようやく聴いたWEEZERのニューアルバム。
得意のパワーポップ全開で、なかなかいい作品ではないでしょうか。
1曲目にはやや驚きますが、作り込まれた音もそう違和感なく、「This Is Such A Pity」などメロディを聴かせます。
明日からの通勤にも結構聴きそうで、SUNNERSONICも期待できるかもしれません。
[PR]
by yo4san | 2005-05-29 22:00 | Comments(0)

FUJI ROCK

c0011327_1103472.jpg
FUJI ROCKのラインナップが発表されるにつれ、やはり心が動きつつあるのを感じますが、どうにもこうにも交通費、宿泊費の厳しさがあります。
イギリスのフェスティバル経験のほうが多いため、あの清潔なフェスティバルも確かに居心地が良いだろうなと思い、また悩みます。
初日のトリはFOO FIGHTERS。
まもなく2枚組のニューアルバムが出るようですが、このファーストアルバムが出たときは驚きました。
どうしてもNIRVANAのドラムというイメージが吹っ飛ぶくらいの完成度でありながら、どこかNIRVANAを見てしまう微妙な位置関係。
あれから何度もライブを観て、たくさんのアルバムが出て、FOO FIGHTERSとしてすっかり定着した頃かもしれません。
あの当時驚きを呼び今ではすっかり定番曲「I'll Stick Around」。
聴いてるとやっぱり行きたくなりますね、FUJI ROCK。
[PR]
by yo4san | 2005-05-27 01:28 | Comments(0)

こりゃ驚いた

c0011327_248449.jpg
AUDIOSLAVEの前作は以前も書いたとおり、どうもピンときませんでしたが、今作は驚くほどまとまりのあるサウンドに変貌。
トムのギターは時折RAGE AGAINST THE MACHINEを彷彿とさせるフレーズが出てきますが、今回はしっかり曲が馴染んでいます。
そして音もライブ感が伝わるものでバンドとしての成熟がもたらした成果でしょうか。
クリスのヴォーカルも余裕たっぷりでこういうことならいいなぁと驚きました。
今月は注目作品のリリースラッシュ。
お金がいくらあっても足りませんが、こうしていい作品ばかりなら文句もありません。
冒頭の「Your Time Has Come」からその変化は十分に感じられます。
さ、明日もがんばりますか。
[PR]
by yo4san | 2005-05-26 03:01 | Comments(0)

良かった

c0011327_9195548.jpg
仕事は溜まる一方で寝てるどころじゃないものの、このままでは死んでしまうということで熟睡。
きっとそのしわ寄せがあるものの、結果良かったと思いたいです。
日増しに肩こりが悪化しますが、また寝不足との戦いでしょうか。
OASISのニューアルバム、思いの外アコースティックギターが印象的、そして何の心配もないメロディと「過去ありそうで意外となかった」アプローチの作品です。
リードシングルを聴くだけではわかりませんでしたが、もう「Definitely Maybe 」「(What's The Story) Morning Glory?」と比較してどうかという話は無意味な次元で捉えるべきところにきたと感じました。
別にOASISで聴く1枚は決めなきゃいけないものではないですし。
「Let There Be Love」は必聴の名曲です。
今後の定番化間違いなしかつ次のシングルはこれでいくべき素晴らしい曲です。
さ、今日もがんばっていきましょう。
[PR]
by yo4san | 2005-05-25 09:25 | Comments(0)

かなり名盤

c0011327_116553.jpg
最近GORILLAZを評価しまくっているせいもあって、周りで話題にのぼることも多いのですが、説明に「BLURのデーモンが・・・」と当たり前に言っても、実は若い子にはBLURが意外と通じない。
BLURは今も優れた作品を出していて、世代が・・・という話はしたくないのですが、もうそれくらいの年月が経っているということなんでしょうか。
BLURはさておき、GORILLAZの活動とはまた別のソロ名義でデーモンは隠れた(?)名盤を出していて、それがDAMON ALBARNの「Demo Crazy」です。
本当かどうかわかりませんが5000枚限定プレスのアナログ盤というレアモノらしいですが、そんなことはさておき、今のGORILLAZのアプローチとはさらに別のデーモンのセンスを感じられる楽しい作品です。
一人で音楽やってたら、この方向がメインのアーティストになってたかもと思わせます。
リリースは去年の春とかだったと思いますが、たまたま入手できてラッキーでした。
さ、これ聴きながら、今日も果てしない自宅仕事に入りますか・・・
[PR]
by yo4san | 2005-05-24 01:32 | Comments(0)

慌ただしく

c0011327_10483982.jpg
今月二度目の帰省で2泊3日の札幌ながら、友人との語らいや愛犬と過ごす時間は格別なものです。
そして時間は流れても変わらないものがあり、そして帰る場所があるという実感があります。
ずいぶん春らしくなった札幌から戻ると雨の東京でしたが、明日からまたがんばらなければなりません。


c0011327_10493137.jpg
帰省中はといえば、実家で古いレコードを聴くのも楽しみのひとつ。
スペースの都合で実家に置きっぱなしのレコードやCDを時間があれば聴いています。
今回の帰省ではLED ZEPPELINの「Presence 」を。
LED ZEPPELINの作品中もっともハードでソリッドな作品だと思いますが、このグルーヴはやはり驚異的で革新的なものでしょう。
その中でもとりわけハードな「Achilles Last Stand」。
10分を越える超大作ながら、最後まで一切だれることなく突き進むテンションはす凄まじいものがあります。
ボンゾのドラムで、その当時ライブで見てみたかったバンドです。
[PR]
by yo4san | 2005-05-23 00:31 | Comments(0)

GORILLAZ+iPod

c0011327_2353468.jpg
ここ最近のあまりの忙しさで、もともとひどい肩こりがかなり悪化。
気分がかなり悪い一日になってしまいましたが、外は夏かと思う気候でした。
アウトドアとはそう縁の無い人間なので、おとなしくじっくり音楽鑑賞が何よりの薬なのですが、TVでふとアップルの新CMが目に入ったと思ったら、なんとGORILLAZがかかっています。
ここ最近の選曲ではU2は例外として、出てまもないアーティストの傾向があると思いきや、意表をつかれました。
ニューアルバムは先日取り上げたので、今日は1stアルバム。
この当時はチボ・マットあたりの参加もあって、完全に企画モノと思っていましたが、BLURでは出せないバリエーションの豊かなサウンドに驚きました。
その中でもとりわけキャッチーな「Clint Eastwood」聴いて気分転換と。
[PR]
by yo4san | 2005-05-20 00:08 | Comments(2)

予告通り

c0011327_059232.jpg
昨夜の予告通りBELLE & SEBASTIANです。
Jeepster時代のシングルコレクション「Push Barman to Open Old Wounds 」が出ました。
もともとすべて持っていますが、シングルはアルバムに入れないバンドですし、リマスタリングされていたり、実は別バージョンの曲もありで、ファンは絶対買う必要のある作品です。
ただ、邦題の「フルキズ・ソングス」。
ベルセバの曲にはそこまでノスタルジックな要素はなく、すべての音が今目の前で鳴るストーリー性が強い曲ばかりです。
「アコースティックだから懐かしさ」という要素はあまり感じないんですが、曲がよければすべて良しでしょうか。
「This Is Just A Modern Rock Song」がそれを象徴すると思いますけどね。
さ、今夜も仕事にがんばりますか・・・
[PR]
by yo4san | 2005-05-19 01:11 | Comments(0)

変身願望

c0011327_126273.jpg
こうも忙しいとパーマンのコピーロボットで手伝ってもらうか、違う誰かにでもなってみたいと思うもので、わかってはいてもイライラしているときの口癖で「無駄無駄無駄」とジョジョの奇妙な冒険ばりに連発してしまいます。
もうちょっとあれこれ、ちゃんと考えながら何でもやりたいなぁと。
ついにリリースしたGORILLAZのニューアルバム、デーモンはとてもお遊びと思えない本気モードいっぱいで2Dへ変身。
そしてBLURとはまったく違うサウンドで見事な表現。
そしてなんと「Dare」ではショーン・ライダーがでてくるではありませんか!
ベルセバとどっち書こうか迷いましたが、まだ続く仕事の気合いを入れるということで、GORILLAZで。
さ、もうひとがんばりやるか。
[PR]
by yo4san | 2005-05-18 01:37 | Comments(1)