THE HOLY BIBLE

<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

感動の勝利

c0011327_22452090.jpg
マリノスに山瀬がついに帰ってきました。
ヘルニアの手術からの長いリハビリをついに終えて、今シーズン初スタメンで大活躍かつ1ゴール。
札幌時代からこれだけ評価が高いにもかかわらず、怪我に泣かされている選手もないと思いますが、前節の途中出場からこれで今シーズン2戦目とは思えない仕上がりで、プレイスキックもドリブルも要所要所で非常に良い動きを見せました。
目の前で勝ったのも久々な気がしますがヒーローインタビューまで観てしまいました。
写真は最近買ったばかりのデジタル一眼レフで撮ったものを加工しましたが、カメラも楽しめた本日の試合でした。


c0011327_22453470.jpg
今日は他には掃除、洗濯、片づけとがんばりましたが、なでしこJAPAN残念な試合で移動中も含め聞いていたのがSUPER FURRY ANIMALS。
いつもフェスティバルで観ていた印象のバンドですが、最近すっかりイギリスの夏フェスにいかなくなり数年となりました。
今年も仕事都合で見送りな感じですが、来年くらいは・・・と思っています。
FUJI ROCKはどうだったんですかね?
東京は梅雨もあけ、ついに夏本番ということらしいです。
暑いのはきついですが・・・
[PR]
by yo4san | 2006-07-30 22:53 | Comments(0)

カーズ

c0011327_23504852.jpg
今日は六本木ヒルズでPIXERの「カーズ」観てきました。
PIXER作品に外れはないですが、「カーズ」もシューマッハー出るわ、トイ・ストーリーやバグズ・ライフやモンスターズインクといろいろパロディも得意のエンドロールも、なかなか楽しめました。
相変わらず驚異的なグラフィックです。「ワン・マン・バンド」も楽しめますので。
ディズニーと最後になりそうだったPIXER作品でもありましたが、次はどんなのがでるでしょうか。
帰りにKASABIANのシングルを買いました。
サウンドの幅を広げた印象ですが、正常進化路線とみますがアルバムはどうでしょうかね。
FUJI ROCKは行きませんが、家でゆっくり音楽、映画といきます。
あ〜まだ肩痛いな・・・
[PR]
by yo4san | 2006-07-29 23:56 | Comments(0)

肩の痛みが実は

c0011327_23321485.jpg
昨日から急に右肩が痛くなり、整形外科、内科と病院ハシゴしたら、どうやらもともとひどい肩こりが、6月末からずっと抜けない咳のせいで炎症として悪化しているらしいことが判明。
月に2度も病院行くは、咳止めと湿布をどっさり受け取り、早めの帰宅です。
風邪は万病のモトとはよく言ったものです。
家にいるとそこまで喉もつらくないのは、オフィスの空調が悪いのか、単に会社に行きたくないという身体の抵抗なのか・・・

いつの間にか、SEX PISTOLSの「SPANK」がCDでリイシューされていました。
マルコム・マクラーレンが話題づくりにアンオフィシャルのルートで流したウワサもあるブートレッグですが、アナログ盤も持ってたのですがこのCDにはボーナストラックが。
今から10年も前になりますが再結成記念で東芝EMIからでたボックス「スパンク・ボックス」もこの音源にいろいろくっつけたディスクがありましたが、3曲中1曲、「Anarchy In The UK」はその中のと被っているようですが、あと2曲はおそらく初めてかと思われます。
#ブートは数多くあるので自信ありませんが・・・
そんなあやふやなコレクターものではありますが、あきらかに音質は向上しています。
好きな人にはおさえることをオススメしますが、いまだにこういうのが出るんですね。
[PR]
by yo4san | 2006-07-25 23:47 | Comments(0)

J再開

c0011327_0114528.jpg
予想通りワールドカップは一時的なもので、テレビに流れないものはこうも忘れられるかというほど、普通に再開したJリーグで、今日は久々日産スタジアムでホームゲーム。
そうは言ってもあまりに不甲斐ない試合内容で、これじゃ優勝争いはまだ見えないチーム状態かと。
この週末、ようやく見たWHITESNAKEのライブDVD。
もともとHR全盛期にこのバンドに在籍したジョン・サイクスとエイドリアン・ヴァンデンバーグが好きで聴き始めたものの、デヴィッド・カヴァーデイルのブルースの実力は当時誰もが認めたものです。
いつの間にかジミー・ペイジとのユニットでその限界が見えるや、かなりご無沙汰で来日するも気が乗りませんでしたが、このライブではあの昔の声が蘇っているような気がします。
修正されてるのかもしれませんが、これなら観に行ってもよかったかと。
とにかくあの昔のロンゲ、あの音の感覚が懐かしかったのと、おまけCDもなかなか良かったので、とりあえず。
もう何か生まれそうな気は全くしませんが、クラシックということで。
[PR]
by yo4san | 2006-07-24 00:21 | Comments(0)

COLDPLAY @ 日本武道館 7/19

c0011327_053630.jpg

c0011327_055989.jpg
本当に不幸なことに仕事で大遅刻。
ついたときに、ちょうど「Yellow」が始まってしまいました・・・
その前はいったい何をプレイしたのでしょうか。
とかくロックという危うさとは無縁の完成された音楽のバンドだけあり、その叙情感や世界は最初から音に入っていかなければ、遅刻してあわて、悔やんでいる私には最後まで冷めた感じでしか観れませんでした。
「Yellow」「Talk」といった押さえたい曲は聴けたものの、とにかく運がないとしかいいようがありません。
思えばJAMIROQUAIの武道館でも遅刻して完全に失意の中帰宅した嫌な記憶がありますが、本当に運がないといいますか・・・
音楽を聴くために仕事しているのに、その仕事で何より大事な時間をつぶしてしまい、悔やんでも悔やみきれません。
そんなつらい途中参加で傍観モードではありましたが、やはりファルセットを多用するヴォーカルは、調子の善し悪しがライブで曲単位に波があり、フェイクを多用しきつい曲ならやめりゃいいのにと思ったりしたことも多くありましたが、「Yellow」「Talk」をはじめ、唄えている曲はさすがと思わせるところでした。
今日はいろいろとさんざんな一日でしたが、明日はそんなことにならないよう祈ります。
[PR]
by yo4san | 2006-07-20 00:15 | Comments(0)

連休

c0011327_23204760.jpg
特に予定があるでもなかったこの連休。
部屋の掃除したり、「M:i:3」観に行ったり寝たり、寝たり。
体調はある程度回復してきました。
そうでないと困るわけですが。
映画の帰りに寄った本やで衝撃が。
アクセル、やっぱり太っていました。
写真のやつはずいぶん前で腰回りが・・・と思った時期ですが、最近NYでライブをやったらしい写真を見ると顔が○になっているではありませんか・・・
しかし、しかし、立ち読みしたらイジーが参加したらしいじゃないですか。
いっそのこと「USE YOUR ILLUSION」時のメンバー復活とか・・・ないでしょうけど。


c0011327_2323512.jpg
今年こそリリースあるんでしょうか、本当に。
ま、予定なんて意味がないというのがこのバンドですし、「USE YOUR ILLUSION」出るまでこの「GN'R LIES」からずいぶん待ったわけです。
「LIES!」というようなオチがないといいですが・・・
明日からまた暑いでしょうが、がんばっていきましょう。
[PR]
by yo4san | 2006-07-17 23:40 | Comments(0)

変化少なく

c0011327_1565225.jpg
喉の調子は快方とは思いますが、それほど良くもならず。
仕事のほうはメンタル面であまり変わらず、まだ楽にはならず。
そしてMANICSからソロで出てきたジェームスのシングルも当たり前にMANICSとそう変わらず。
そりゃ歌詞以外は今までもジェームスなんだから、そりゃそうだという話ですが、MANICSファンは安心して購入すべき作品。
(もちろん良い意味でです)
この日本でいう演歌的な唄い回しは職人芸の域で、尖った楽曲ではないので、その路線はニッキーのソロということでしょうか?
昨年クリスマス期間にMANICSのHPで期間限定で無料配信された「I Killed The Zeitgeist」のような感じになるんでしょうかね。
今日も変わらず蒸し暑い一日でした。
これは思いっきり変化して、カラッとなってもらいたいというのは儚い希望です。
[PR]
by yo4san | 2006-07-14 02:05 | Comments(0)

一言

c0011327_22474182.jpg
今日も咳は治まらないまま、なんとかしのいだ週明けになりましたが、誰もが今日気になっていたであろうことが、イタリアのマテラッツィはジダンに何を言ったのか。
ウワサなので正しい情報かはわかりませんが、「お前はどうしてフランス人じゃないのに、そこまで必死なんだ?」というような内容だったとか。
アルジェリア系移民のジダンへの人種差別発言ということなのですが、これが本当なら大問題ですよね。
そうした厳しい通勤中に聴いてみました、RAZORLIGHTのニューシングル。
アルバムがもうすぐでますが、かなり期待できるシングルです。
いつの間にか成長していたなぁと思われる作品になる予感。
一昨年、ロンドンでMANICSのオープニングアクトで観たときは「若いなぁ」という印象でしたが、さてどうなっているでしょうか。
「Arctic Monkeysのアルバムなんかより最高だ」と公言しているらしいですが・・・?
さて、自宅仕事はほどほどに病人らしく早く寝ます。
[PR]
by yo4san | 2006-07-10 22:58 | Comments(0)

青田買いかもしれませんが

c0011327_23165734.jpg
金曜は不覚にも風邪が回復せず、仕事も休み意図せず3連休となりましたが、体調は快方なものの、咳はぜんぜん治まりません。
金曜は上京して5年で初の病院。歯医者以外は実は行ったことありませんでした。
あっさり診察も終わり薬を買ったものの・・・すぐ治してくれよと身勝手なことを考えたりしました。
薬が効いてるうちはいいのですが、明日からの1週間にはかなり不安が残ります。
そんなときは新人パワーというのでもないのですが、このTHE ON OFFSというバンド。
情報がぜんぜん無いのでよく知りませんが、このニューシングルは新人の良さもでつつ、なかなか良い曲を書くバンドではないでしょうか。
一発屋にならないよう成長してくれることを期待します。
今日は寝たきりだったのもあり、決勝戦みてから明日に備えて休むということで・・・
[PR]
by yo4san | 2006-07-09 23:22 | Comments(0)

ソロ、ソロ+ソロ

c0011327_2159551.jpg
不覚にも風邪を引いてしまいました。
原因は鎌倉の晴天+冷房の温度差にほぼ間違いないのですが、この時期決まって風邪を引くのも気候がそもそも合わないという根本的な原因もあり、体調管理云々言われようものなら、かなりカチンときそうな今週です。
かといって休めるわけでもないので、喉がやられているので声が出なくなっても打ち合わせでしゃべるしかないのがつらい、つらい・・・

突如(とはいえ5月にはアナウンスがありましたが)出てきたTHOM YORKEのソロアルバム。
これがRADIOHEAD好きなら言われるまでもなく買うのでしょうが、どれほどまでにトムがRADIOHEADへのアプローチ、クリエイティビティで影響を持っているか、非常によく伝わる作品です。
バンドフォーマットをとっていないので、打ち込み主体のエレクトロニカがサウンドのベースになっていますが、「KID A」を出した後では、サウンドで驚くアプローチではなく、つくりたい曲を作ったという感じでしょうか。
ライブではRADIOHEADで動きだしているので、ソロではツアーは無いでしょうが、RADIOHEADのライブでプレイされてもそう違和感のない楽曲多数ということで、好きな人はぜひどうぞというところです。
ところで同じくソロを発表しているMANICSのジェームスとニッキーそれぞれが、一緒にソロとしてライブのため来日とか。
しかもマドンナ、PRIMAL SCREAMの前日という自分にとっては超過密スケジュール。
作品を待たずとも中身は想像のつくソロコンビではありますが、9月は1週間のうちにジェームス&ニッキー、ジェームス&ニッキー、マドンナ、PRIMAL SCREAMと連日か?
さて、風邪でもありますし、ドイツvsイタリア戦もあるので、早寝早起きということにします・・・
中田引退・・・オシム就任騒動・・・みなさん忘れてはいけません。
ジーコの結果はどうだったかということと、責任としては普通ありえない失言(かどうかは本人しかわかりませんが)で矛先がそれているどこかのキャプテンはどうなんだという結果について。
マスコミにいいように情報操作されているようで、いかにも日本な反応ともいえますけど。
[PR]
by yo4san | 2006-07-04 22:21 | Comments(1)