THE HOLY BIBLE

<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ありがとうプリンス

c0011327_16866.jpg

北海道日本ハムファイターズが一気に日本一を決めたと同時に新庄の引退が決まってしまいました。
サッカー派の私も野球を見に行くようになったのも新庄が入団したからです。
最終打席はとてもグッときたのをこれからも忘れられません。
職場で仕事しながらTV観戦だったのがただただ残念でしたが。
写真はお盆休みに帰省して見に行った時でしたが、なぜかヒゲの新庄もレアになるかもしれません。
これからいったい何をするのか楽しみです。

c0011327_16252.jpg
最近忙しいため、体調も悪化傾向ですが、楽しみにしていたコーネリアスのニューアルバムが素晴らしく、通勤もそれなりに楽しめた今週でした。
こうした音の世界を作れる日本人(に限定する必要もありませんが)はそうこれからも出てこないでしょう。
なかなか邦楽を楽しみに待つことも少ないですが、このアルバムはかなり繰り返し聞いてもそのたびに何かを発見するような感じ。
こんなに仕事ばかり何やってるのかと思ったりしますが、こうした音楽を聴く時間はとても大切です。
[PR]
by yo4san | 2006-10-29 01:14 | Comments(0)

季節がらさらにベストアルバム

c0011327_1301037.jpg
プロという意識は事なかれ主義とは絶対に結びつかないものなのが良く分かった一日でした。
ただ、みんななんでも人のせいにしたがるものです。
ところで季節のベストアルバム2つめでAEROSMITHです。
これは間違いなく契約消化でしょうが、新曲2曲出すだけならもっと工夫願いたい。
今となってはコロムビアとゲフィン混合の選曲という意味合いも薄れ、何度「Dream On」やら「Mama Kin」やら引っ張り出すのか、いくらなんでも・・・という感触。
ただ、よくよく聞くと私の買ったUS盤と国内盤ではかなり選曲と順序が違う模様。
そして国内盤はUS盤以上に・・・という気がしてしまいました。
新曲は決して悪くありませんが、ここに入れるのはどうかというところ。
昨年はかなり内容もよく、意味のあるベスト盤が多かっただけにこれまた微妙かと。
北海道日本ハムファイターズ、このまま明日日本一が決まってしまうでしょうか。
あ~札幌で一緒に祝いたかった・・・(涙)
[PR]
by yo4san | 2006-10-26 01:54 | Comments(0)

季節がらベストアルバム

c0011327_2132210.jpg
雨模様な東京は突如街中でマフラーしてたりレザーコート着だしている人が出没し始めました。
いくらなんでもそりゃ暑いだろ!と突っ込みたい気持ちはさておき、季節がわりということで風邪には気をつけなければいけないシーズンになってきました。
これから毎年恒例の冬に向けてベストアルバムのリリースラッシュです。
MANSUNというと、なぜに今?という感じですが、これが特に目新しいネタがあるわけでもなく、その他話題があるわけでもない不思議なリリース。
今思い返してもMANSUNは時期的にもポップなメロディとプログレ的が両立するアプローチは、あのタイミングでは独特なものでしたが、ラフな感じでノリ優先のライブ(2回しか観ていませんのでそういうイメージというだけです)はアルバムでの繊細さとはかけ離れているため、プレイヤビリティの欠如、もしくはアルバムではオーバープロデュースな出来過ぎ感が強く感じられ、ソングライティングのセンスが過小評価であったり、徹底してプログレなTHE MARS VOLTAのような求道精神を感じないのが、やや中途半端に観られていたバンドだったかなぁと今さら感じたり。
3枚のアルバムとしっかり出ないままになった4枚目を抽出した本作は「過去を振り返る」ためや、「とりあえず」的な用途以外は特に機能しないのも、やはりなんとなく中途半端な気がしたんですが・・・
やっぱり「SIX」じゃないんですかね、このバンドの良さが出ているところでは・・・
[PR]
by yo4san | 2006-10-24 02:30 | Comments(0)

がんばれドラゴン

c0011327_21285119.jpg

ドラゴンといっても、日ハムと戦っているドラゴンズではありません。
残念ながら初戦日ハムは敗れてしまいましたが・・・
今日は残りわずかとなったホームでのマリノスvsアントラーズの一戦。
坂田、山瀬とゴールを奪いリードはしたものの、松田が不在の中、ミスも多く守りでしのいだ後半でした。
それにしても久保は動きが芳しくなく、収まりも悪いまま、何の印象も残さずマルケスと交代となりました。
今シーズン、どうしてもフィジカル面の不安が影響しているのか、キレがなくなっています。
そして交代の瞬間、こうして写真を撮ってみましたが、どうにも寂しげといいますか、力なく退くのが残念でした。

c0011327_2129999.jpg
先日、仕事のからみもあり来月発売のTHE BEATLESのニューアルバムを聴くことができました。
78分のダイジェスト45分版でしたが、サイケテイストを強くし、トラック単位に分解して行ったマッシュアップが面白く、今までTHE BEATLESとは縁が無かった人も、ものは試しに一度聴いてみて欲しい作品です。
こういうバンドだけに、どうせアナログ、モノラルの音が最高とか、余計なことするなとかそういった批判もあるとは思いますけど。
ノンストップアルバムということですが、早く全部聴いてみたいですね。
こうなるとシルクドソレイユがやっているらしいショウも観てみたいですけど。
仕事にやられ気味なせいもあって、ペースを取り戻すべく、今週末は本来あるべきライフスタイルに戻すべく、音楽にどっぷり浸かってみたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2006-10-21 21:42 | Comments(0)

予感

c0011327_021396.jpg
今日は週明け早々忙しく動きまわった一日になりました。
思うとおり行かないことが多く、これからかなりストレスフルな日々が続きそうですが、そういう時期と割り切ってやっていこうかと。
ただ、今日はそんな中でもすばらしい音楽を快適なリスニング環境で聴くことができ、そりゃもう嬉しかったわけですが、「うちでもあれだけの音で聴ければなぁ」とうらやましくもありました。
そこで聴いた音楽については、またタイミングを見て書きたいと思います。
最近買ったCDで「おっ!」と思ったのがこのTHE FRATELLISです。
どうやらグラスゴー出身らしいですが、本当に新人なのでしょうか。
やたらと完成度が高い感じがするのが、いまいち新人らしくないといいますか、一発屋の恐れを感じるといいますか。
私ごときに心配されなくても、いいものは売れて、そうじゃなければ売れないという話ですけど。
[PR]
by yo4san | 2006-10-17 00:12 | Comments(0)

間隔があいてきていますが・・・

c0011327_1444882.jpg
急激に多忙になりつつある入り口に立ったような気がした一週間。
せっかく過ごしやすい季節になり、出かけようと思えばいい気候なのに、グイグイと忙しくなってまして・・・
更新がかなり滞っておりますが、ちゃんと生きてますのでご心配なく。
そんな間に北海道日本ハムファイターズはリーグ優勝してしまい、なんと日本シリーズです。
あ〜観に行きたい。
帰省したい。
どうも冴えない試合の続くサッカー日本代表とは違います。
そんな最近も音楽は聴いておりまして、JETのニューアルバムが素晴らしいですよ。
ファーストのような勢いというより、すっかり風格の出てきた余裕すら感じる内容ですが、ちゃんと工夫が凝らされた成長というかスケールを感じる作品。
あのiPodのCMをパロディにしたCMが笑える2枚目ですが、あのCMはよく考えつきましたね。
そしてよく怒られないというか。
[PR]
by yo4san | 2006-10-14 01:55 | Comments(0)

鍋の季節

c0011327_20303573.jpg
昨日は引越し祝いを兼ねた友人宅訪問で鍋。
今シーズン初ですが、もうそんな季節です。
時間が経つのは本当に早いですね。
ミハエル・シューマッハーもデビューはつい先日かと思いきや、皇帝と呼ばれそして今年で引退。
日本グランプリは残念な結果でしたが、これも世代交代の時期なのかもしれません。
そしてMERCURY REVも15年ということで、ベストアルバムが出ました。
これだけの期間を網羅していながら、通して聴いて流れるような展開に、最初からぶれないイメージがあって、つねにそれを形にしているのかもしれないなぁと。
3連休にもかかわらず、何があるわけでもなく今日はこれから仕事な感じで微妙ですが、明日はバーベキューが予定されていて、天気が良くなればいいです。
[PR]
by yo4san | 2006-10-08 20:36 | Comments(0)

ボランチ三昧、ダメですよ、それじゃ。

c0011327_135766.jpg

c0011327_141539.jpg
今週は社内の式典やら、一気に忙しくなるやらでバタバタの中、今日はガーナ戦で勢いよく飛び出し新横浜へ。
それにしても何なんでしょうか、あのDFラインは。
やはり、どれほどユーティリティープレイヤーが欲しいといっても、普段DFやってない選手ばかり集めて、ラインコントロールできないからマンマークでは、DF不在でFWとは間もあき、全員MF状態での試合展開。
間延びしたフォーメーションでバイタルエリアがあくので、いいように入り込まれましたが、よく川口が再三のセービングで持ちこたえたものです。
なぜ青山も使わなければ、本職DFを呼ばないのでしょうか。
松田、栗原、田中、いっぱいいるじゃないですか、代わりにセンターで守れるDFが・・・
瞬間、瞬間で前に出るときだけインターセプトで輝く阿部もセンターに沈み、羽生が入ってちょっとスペースができたものの、我那覇と播戸のコンビになりボランチ集団が次々攻撃的MFに変わってようやくキープできるようになったところで時すでに遅しでした。
ただでさえコロコロ選手代えるんだから、無理にコンバートさせずにJの選手をかたっぱしから適正ポジションで使うことをオススメします。
練習時間が無いというなら、当たり前に考える方法のはず。
遠藤も存在感なく、三都主も相変わらず微妙で、阿部はマークを見失い失点になり、ことごとくクロスは精度に欠け、播戸のポジショニングの良さと中村憲剛のやや一本調子ながら果敢なパスワーク以外は何の良さも感じられなかったストレスフルな試合でした。
これでヨーロッパ勢を視察にいくという話ですが、いまどうしたいのかがよくわからないこの選手起用。
ポテンシャルだけではどうにもなりませんね、残念ながら。

話は全く変わって、HOOBASTANKが来日するとか。
サマソニの素晴らしいパフォーマンスを観てしまったので、かなり行きたくなっているのですが、忙しいのとお金も厳しいのと・・・あぁ悩ましい。
[PR]
by yo4san | 2006-10-05 01:22 | Comments(0)

10月に入り

c0011327_2219844.jpg
10月はめずらしくライブの予定が今のところなく、スポーツの秋となりそうな感じ。
メタル勢の来日ラッシュがあるようですが、やはりライブとなるとちょっと怖い。
それはライブがじゃなくて観客が・・・
ところで、BECKのニューアルバムが突如発売。
しかも「MUTATIONS」「SEA CHANGE」と同じNIGEL GODRICHがプロデュースということは、あのゆらゆらした作風のいわゆる「間にリラックス」な感じかと思いきや、これがとてつもなく拡散路線でHIP HOPやROCK色がバリエーション豊かに詰まっています。
「GUERO」のあとに十分楽しめた「GUEROLITO」があったので、かなり間隔の短いアルバムリリースですが、これは楽しめるアルバムです。
通常版でもDVDがつくのか、まだ観ていませんが、クリップらしいです。
そしてこのジャケット、どうやら中に入っているシールはって、カスタマイズということらしいですが、この手のものはどうしても触れないのは貧乏性なのか、失敗への恐れなのか・・・
さて、今月から忙しさが加速すると予想していますが、体調には気をつけてがんばっていきますか。
[PR]
by yo4san | 2006-10-01 22:32 | Comments(0)