THE HOLY BIBLE

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

梅雨時期ですが

c0011327_102324.jpg

昨日の話になってしまいますが、コンサドーレはヴェルディとの一戦を、今季の目指す形での勝利を収め、相変わらず首位独走です。
あまりに定型の勝利パターンにはまり、快勝というのはこういうことかなと。
見る人によっては、守備的でつまらないという話でしょうが、しっかり勝てるこれが今季の強さの表れです。
これは夏さえ乗りきれば行けますよ、J2優勝。

c0011327_103994.jpg
梅雨らしく雨が続き始めた数日ですが、夏といえばテクノでもRYUKYUDISKO。
今年のWIREはきっとこのゲスト出演が期待できるであろう、ビークルとのコラボ。
ややネタに頼っている感はありますが、きっとプレイされれば盛り上がるのかなぁという出来だと思います。
このうっとうしい湿気もこうしたサウンドで吹き飛ばせるといいのですが、さすがにそれはかないませんね。
アンリの移籍についても、覚悟はしていたものの、思うことの多いこの週初めです。
明日からもがんばっていきましょう。
[PR]
by yo4san | 2007-06-26 01:06 | Comments(0)

夏っぽくなり

c0011327_895371.jpg
梅雨に入ったと思いきや連日の好天で暑さが堪えた週末でした。
つらい時期に入ってきました。
そして日常の話題にフェスが多く登場する時期。
例年通りサマソニには行くのですが、どうにもFUJI ROCKには相変わらず予算、時間都合で行けそうにありません。
CUREやMUSEと今年もなかなかなラインナップですが、KULA SHAKER復活もその一つかと。
で、この2作続いたEPですが、まだどうも盛り上がってきません。
まだKULAが復活というのとはカラーが違うといいますか。
アルバムを聴くまでわからないかとは思いますが。
週末、あえて予備情報を減らして向かった「大日本人」。
観てない方もいると思いますので、多くは書きませんが、いわゆる「松本人志」の笑いのセンスが好きで、「トカゲのおっさん」とかが好きな私のような人間にはかなりはまると思います。
そしてそうでない人にはよくわからない、そんな映画かと。
わかりやすいネタで笑わされるという種類とはやや違いますねぇ、きっと。
さて、今週もがんばっていきましょうか。
[PR]
by yo4san | 2007-06-18 08:17 | Comments(1)

レッチリその後

c0011327_1465927.jpg
前回更新から皆さんからの「で、結局どうだったんだよ!」的な問い合わせが多かったので、一呼吸おいた今、改めて思い返しての話を再度。
悪くはありませんでした、まったくもって。
単純に、「Blood Sugar Sex Magik 」の曲が無かっただけです。
ラストで「The Power Of Equality」はやったんですけど。
最近のファンにはおそらく申し分無いであろう内容でしたよ、それは間違いなく。
アリーナにいたので規制退場時に近くで「今日聴きたかったの全部やったよね!」という若者の会話も聞こえましたので。
そういう意味で「あると思いこんでいたもの」が無かっただけで、それもまたロックかと。
翌日ワーナーミュージックの方とお話したところ「2日連続くるファンのためだと思うんですけど、それだけ変えるなら初めから言っておいてくれれば、2日とも観るって話ですよね。」と、やはり僕と同じように感じた人は少なくないはず。
こんなでわかりますかね?

今日はトラブル対応やら、慌ただしい一日でしたが、久々にお世話になった方にお会いできたり、改めて自分のことを考えたりと、めまぐるしく動いた感じです。
なかなか思い通りに時間も使えず、思ったように物事も動きませんが、こつこつやるしかないと思う今日この頃。
RANCIDのティムが出したソロアルバムは想像以上にスカ(ハズレという意味ではありません)& レゲエな内容ですが、ややこの弛緩した感じが心地よいというか、緊張の合間にある安心というか、台風の目というか、今の状態にやけにはまります。
さっさと寝ろという話なんですが、そんな夜もありますわな。
[PR]
by yo4san | 2007-06-13 02:00 | Comments(0)

RED HOT CHILI PEPPERS @ TOKYO DOME 2007/6/6

c0011327_0245736.jpg
いくら売れてるとはいえの東京ドーム。
音は期待していませんでしたが、ちゃんと埋まるから凄いバンドになったものです。
音は想像以上に良くありませんでしたが、パフォーマンスはかなり良かったんじゃないでしょうか。
そして終わってみて気づいたこと。
「Blood Sugar Sex Magik 」の曲が全然プレイされていないではありませんか!!
比較的最近の曲が連発されていて「やっぱりこういう感じね〜」なんて観てたら終わってしまいました。
そりゃ「By The Way」とかも好きですが、「Give It Away」もやらなければ「Under The Bridge」もやりませんでしたし、「Suck My Kiss」も無く・・・と、思った以上にこのアルバムが好きだった自分に気づきましたよ。。。
で、こう書いてると良くなかったんじゃねぇか?という感じになってしまいますが、そんなことは無かったんですが、肩すかしくらったといいますか。
久々のレッチリ、当たり前にやると思いこんでいた曲が出なかったこともあり、あっという間に終わった感じでした。
はぁ・・・残念。
こういうリアクションがただ年齢から来るモノとは思いたくない・・・


Can't Stop
Dani California
Otherside
21st century
Fortune Faded
Warlocks
Parallel Universe
john's solo~sos
Snow(Hey Oh)
Higher Ground
Strip My Mind
Around The World
Hey
Right On Time
Hump De Bump
flea's solo
By The Way

-encore-
chad'sdrum solo~flea's trumpet solo
I Could Have Lied
The Power Of Equality
[PR]
by yo4san | 2007-06-07 00:32 | Comments(2)

代表戦っていつ以来だ?

c0011327_1182256.jpg

いつ以来でしょうか。
久々の日本代表戦を観に、仕事もそこそこに脱出し、5列目という好ポジションで観てきました。
欧州組も合流とはいえ、決め手に欠ける内容で終わってみれば全員交代。
やはりジーコ時代と同じように中盤の配置がどうもしっくりきていないと思われます。
稲本はボランチでこそ生きるし、羽生より山瀬を選出するべきと常に感じます。
そして巻を終盤投入することの微妙さといい、まだまだアジアカップ制覇までは長い道のりになるのでは?
写真はその交代前の後頭部を踏みつけられた直後の高原とW中村です。

c0011327_1183774.jpg
ニューアルバムと併せて発売になった、MANICSの「Everything Must Go」の10周年記念盤は「The Holy Bible」と同様のDVDもありの3枚組構成。
3人リスタートとなったREADING 1997の映像込みというのが感慨深いです。
思えば当時リスタート見たさにレディング行ったわけで。
現在UKツアー中ですが、さすがに今回ばかりは仕事都合もあり、向こうではみれませんでしたが、サマソニではやはりこれ目当てとなりますね。

明日は東京ドームでRED HOT CHILI PEPPERSですよ。
[PR]
by yo4san | 2007-06-06 01:27 | Comments(0)

あっという間の週末

c0011327_23273597.jpg
金曜夜に同期の結婚式のために帰省。
土曜は結婚式→3次会までと明け方まで飲んで、今日は夕方東京戻りとかなり慌ただしい往復となりました。
でも、結婚式も良かったのですが、同期との交流は毎回ながら励まされる、とても大切な時間を過ごすことができました。
こちらの生活がすっかり長くなったことも都度感じますが、実際の自分のサイズからはやや大きすぎる周囲の期待が重いと思うことも多々。
もうちょっとすると収まる場所が見えてくるのかもしれません。
節目節目にこうした人とのつながりから、いろいろと考えさせられます。
その帰省中にせっかくあたったのに行けなかったTHA BLUE HERBのHMVインストアイベント。
残念なすれ違いでしたが、このアルバム未収録のシングルも、新たな始まりや区切りを感じさせる作品。
コンサドーレも勝ちまして6連勝、ファイターズもなんと11連勝とか。
そんな好調を受け明日以降がんばっていかなきゃいけませんね。
[PR]
by yo4san | 2007-06-03 23:35 | Comments(0)