THE HOLY BIBLE

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

久しぶりに正座で

c0011327_0462261.jpg

仕事が何かとうまくいっていない最近、時間も無いままどうにもシャキッとしないこともあって、早めに(とはいえ22時帰宅が早いかは微妙ですが)帰宅し、買ってばかりでためてしまっていた、なかなか時間がなくてみれないDVDをみようと。
そしてやや緊張しましたが、これは決定打ということで選んだNIRVANAのMTVアンプラグド。

c0011327_0463956.jpg
さすがのオフィシャルリリースで、当時の放送でカットされた部分をというより、ノーカット完全収録盤。
思い起こせばこれが放送された時、大学に通っていてバイト代をためては東京に出て行ってCD、レコードを買いあさるという時期でしたが、もちろんながら自宅でMTVなど観れたわけもなく、どうしても観たくてブートのビデオを買ったものでした。
ブートなんで当たり前にクオリティも悪いですし、音なんてという代物でしたが、さすがに現代のテクノロジーは素晴らしく、なんとキレイな映像と音で観れるものでしょうか。

とにかく突き刺さるカートの声はまったくもって当時受けたショックを生々しく伝え、これまた部分的にカットされていたカートの死後にリリースされたCDアルバムは音こそ楽しめましたが、こうして映像で観れることに本当に感謝してしまいます。
当時はよく待ちに待ったリリースは、家で正座して聴いたものですが、本当に久しぶりに今夜は正座して観てしまいました。
まばたきを忘れるほどの集中だったように思います。

そしてあまりにも若いデイヴも、今と変わらないたたずまいで、前回FOO FIGHTERSでの来日時のアコースティックライブを思い起こされました。
やはりあの感動はもちろんでしたが、これだけの伝説となりながら、今もまだ現役で彼らしい活動をしているデイヴにも頼もしさも改めて感じた次第です。

このDVDは本当に素晴らしいです。
NIRVANAが好きなら買って当たり前ですが、是非とも観てもらいたい。
明日もがんばろう。
[PR]
by yo4san | 2007-11-29 01:06 | Comments(0)

リベンジ

c0011327_0472338.jpg
ライブ活動を再開したものの、次の予定は本来であればVELVET REVOLVER。
そんなこともあろうなというキャンセルによって、今日はうっかり忘れてた払い戻し手続きをするべく、久々に郵便局へ。
そんなことでもないと、ほとんど行かなくなりました、気がつけば。
ということで、ちょっとあいて次はDAFT PUNKとなりました。
そこで最近出たライブアルバムも、もちろんながら聴きましたが、これがかなり楽しめます。
一昨年のサマソニではまさかの規制で入れず残念な思いをしましたが、これを聴いて気持ちを高める通勤中となっています。
いろいろと仕事が上手くいかない最近ですが、うまく気分転換でも図らないとと感じています。
それにしてもコンサドーレ・・・最終節はたのむよ・・・
[PR]
by yo4san | 2007-11-27 00:55 | Comments(0)

OBLIVION BALL@幕張メッセ 2007/11/24

c0011327_12524328.jpg

ギリギリまで行くの悩みましたUNDERWORLDがプロデュースする「OBLIVION BALL」。
そりゃこの年齢でオールナイトイベントはWIREでも毎年相当な覚悟で臨んでますから、幕張という場所がら、必ず朝までの拘束に果たして持ちこたえられるかと。
でも結果からいくと結構大丈夫でしたよ。
さすがに全部というには時間的に厳しかったので、SIMIAN MOBILE DISCOからにしましたが、その手前のANDREW WEATHERALLのDJセットではPRIMAL SCREAMかかりまくりでいかにもと思いつつ、まずはゆっくり鑑賞。
想像以上にバッキバキのテクノでして、これで飛ばすときつそうだなとそのままで。
タイプ的にはかなりハードだったのでUNDERWORLDとTHE ORB目当ての私にはやや刺激の強い音でした。

c0011327_12491181.jpg
開場が相当おしたらしいことから20分程度おしていたとの情報も関係なく、SIMIAN MOBILE DISCOが24:00ちょうどに終了。
ANDREW WEATHERALLのDJはダブのセットでゆる〜く終わり予定通り25:00にUNDERWORLD開始。
予想以上に音がやはり素晴らしく、ニューアルバムの曲が続いた後、ついに来ました序盤のピークとなる「Cowgirl 」へ。
大興奮のまま聞こえてきたのが「Rez」じゃありませんか!
このつなぎはとても感動的かつ最高でしたが、「Rez」があまりに短くあっさり終了。
一緒に参加してた同僚曰く「大トロを炙りで出す」のが贅沢であり、残念であり。
もっと長く「Rez」を楽しみたかったですよ。

来月そのままライブ収録盤がリリース予定のせいなのか、ほぼ前後半で分けて山を作ったような展開で、後半はかなりイケイケな曲のオンパレード。
これはこれで、ある意味お約束かつ盛り上がるのですが、どうしてもピンとこないのが「Two Months Off」でしょうか。
あれほど盛り上がるすごい曲とは思えませんが、やはりCM等で耳にした回数がその浸透度となるのでしょうか。
それは会場全体沸いておりましたが、私はあまり好きな曲ではないので、「ふ〜ん」という感じか。
ニューアルバムの楽曲群はかなりリズムトラックで工夫が見られて、こうした音はこのバンド以外はなかなか作れないなと感じていたので、後半の楽曲群とはかなり対照的でした。
当初予定の27:00終了もなんのその、アンコールもやりましてたっぷり140分くらいの内容でした。

01. Dark Train
02. Crocodile
03. Boy
04. Cowgirl / Rez
05. Beautiful Burnout
06. Glam Bucket
07. Two Months Off
08. Rowla
09. Born Slippy Nuxx
10. Shudder / King Of Snake
11. Pearls Girl
12. Moaner
---Encore---
13. Jumbo

で、もうひとつかなり楽しみにしておりましたTHE ORBなんですが・・・
どうしたんでしょうか、あのヴォーカル。
「From A Distance」がかかって「お!!」という感じでしたが、どうもあのヴォーカルに邪魔された感じがして、もっと音だけで楽しませてもらいたかった。
EMINEMの「Without Me」はなかなか面白かったですが、どうもパッとしないまま終了。
UNDERWORLDしか印象に残らず終わってしまったかなぁ。

最後のANDREW WEATHERALLはさすがに体力的にきつくて、THE ORB終了で29:15(つまり朝5時)となりまして、帰途についたわけです。
でもいつもの渋滞のようなこともなく電車に淡々と乗っても家には7:00すぎ。
正直この移動は堪えます。
やっぱり近くでやってもらいたいですね、あの音が出るでかいハコがあればの話ですけど。

さ〜て、今日はこれからコンサドーレの昇格を祈ってますよ。
[PR]
by yo4san | 2007-11-25 13:14 | Comments(0)

J1昇格へ半歩前進

c0011327_0354239.jpg

そう、この瞬間は勝ちと昇格を確信したわけです。
後半33分頃だったでしょうか、PKを石井が決めて、逆転となり大興奮の札幌ドームでした。
そりゃJ2記録となる32599人もの観客ですからね。
そうこの時はまだ・・・

c0011327_036855.jpg

昇格決定がかかった大一番の京都戦ということで、気合い入れてわざわざ札幌帰っての観戦。
次節が休みで最終節まであと2試合ということで、それはもう凄い盛り上がりでしたよ。

c0011327_0362172.jpg

写真では角度的にわかりにくいですが、「ONE HEART」と書いているんですよ。
これだけサポーターにも気合いの入った試合でした。

c0011327_0363532.jpg

パッとみは「浦和の試合か?」とすら言われそうなスタンドを埋めたサポーターです。
やはりこうして地元の支持が熱いチームは、是非とも奮起してもらわなければいけないのです。



で、結果ですが、ご存じの通り後半ロスタイムに入る直前にPK取られまして、残念なことに引き分けになりました。
前半にダヴィがPK外さなければとか、決定機は圧倒的に多かったとか、そういう言葉もありますが、とにかく引き分けになったという事実です。
これによりまたもや昇格はお預けとなり、次節休みのコンサドーレはただ京都の結果を待つことになります。
京都が引き分けか負けで昇格は決まりますが、なんとも残念な結果でした。
まぁ依然トップにはいますし、3位は確定しているのですが。
そんなことでタイトルは本日の北海道新聞の見出しからにしてみました。

今日は最高気温が-1℃だった札幌。
半端じゃなく寒かったです。
甘くみていたのも悪かったですが、やはり日々慣れていかないとこの温度差は堪えますね。
でも東京の乾燥もひどすぎですよ・・・


c0011327_0371178.jpg
本題と関係ありませんが、色的になんとなくフィットしたこのLED ZEPPELINのベスト盤。
最近出たものですが、過去のボックスよりも無難かつコンパクトな選曲で、サラッと聴くには重宝しそうな作品。
もちろんながらすべて聴いている曲なので、とりたてて・・・というところですが、ジミー・ペイジの骨折で延期となった再結成は、どうやらチケットが額面で3万近い値段らしいじゃないですか。
なんと凄まじい・・・動くのかね、指は・・・

今日は気分的に乗れなくなったところではありましたが、せっかく休みを取ったのでということで、地元で散髪し、映画「ボーン・アルティメイタム」を観てきました。
リフレッシュ・・・できたのだろうか・・・
頼むよ、コンサドーレよ・・・
[PR]
by yo4san | 2007-11-20 00:49 | Comments(0)

誕生日でした

c0011327_055342.jpg
もう日付が変わってしまいましたが、14日は誕生日でした。
昨年の今頃は仕事で本当に忘れてしまうほどの勢いでしたが、今年は周囲からの心遣いが嬉しいもので、何度となく祝ってもらっている年となっています。
さいたま県民の日だった14日(私は関係ありませんが)、浦和レッズのACL優勝には本当に記念すべき日となったように思います。
日頃レッズには興味ない(というより敵としてしか見えません)ですが、今回の勝利は本当に価値ある歴史を開いたものだったと思います。

なぜか突如でたQUEENのライブアルバム。
同DVDも出ているようですが、バンドの歴史においてもライブとしては、かなりピーク時期ということもあって、充実したパフォーマンスが楽しめます。
最近自宅で音楽を聴く時間を増やしていますが、このパワーをもらっていければと。
[PR]
by yo4san | 2007-11-15 01:03 | Comments(0)

足踏み・・・というか地団駄踏み

c0011327_0133189.jpg
こんなこともあるよなと思いつつ、負けてしまいましたコンサドーレ。
ヴェルディが引き分けたのでこれは!と思いましたが、世の中そんなに甘くありませんでしたよ。
しかも京都はしっかり勝ちまして・・・
来週こそホームで勝って昇格を決め、最終節で優勝を決め・・・となるといいのですが。

時期的な話でもありますが、やはりベストアルバムが。
しかもアルバム2枚しか出してないTHE LIBERTINESです。
バンドの今の状況考えると明らかにレーベルが出したがったものだと思いますが、買ってから気づいたのが全部持っている曲ということ。
そりゃベストだから当たり前だろうという話ですが、最近のは商売っ気もありますから、2枚しかアルバム出してないわけですから、そこに入らなかった過去未収録とか、何か初めてのものがありそうなものですが、これはそうでもありません。
まぁシングルのBサイドとかはあるのですが。
で、じゃぁ聴かなきゃいいだろと思うのですが、聴いてみると「選ぶならこういう選曲だろうな」と結局全部聴いていたくらいにして。
最終的には好きなものは好きだから、これもまた良しか・・・と何のことやらよくわからない結論に。
そして今さら気づいたのですが、日本盤はボーナスがファン投票とか。
対訳つくだろうと思うと、そっちがどうなるのかも気になってしまう商品です。
[PR]
by yo4san | 2007-11-12 00:37 | Comments(0)

SUPER FURRY ANIMALS @ LIQUIDROOM 2007/11/9

c0011327_2393839.jpg

ライブはいつ以来ぶりかと思えば、仕事を除いて、WIREをカウントしなければ、なんとサマソニ以来となるわけです。
9月〜10月と仕事があまりに厳しすぎましたが、今月からライブ活動再開しました。
そんなことでSUPER FURRY ANIMALSです。
何度も観ていながら、最後に観たのは・・・とこれまたずいぶん昔になってしまっていたようです。
グリフ曰くの「フットボールゲームのような前後半に分けて」ということで、90分程度のライブを「ハーフタイム5分休憩」とボードを見せて区切ってまでやる意表をついた展開です。
長いアンコールと捉えるか、まさにロスタイムなしの後半には、何のキャラか知りませんが赤い戦隊系のヘルメットをグリフが被ったり、どことなくキャラがよくでていて、なんとなく暖かい感じの雰囲気が相変わらずです。

c0011327_2395543.jpg
「ありがとう!東京!LOVEスーファリ」「正直に生きろ!」とボードに掲げられ終わった最後、その手前にこれこそはお約束と思って待ちに待ってた「The Man Don't Give A Fuck」ですが、これが意外と盛り上がらないオーディエンス。
イギリスじゃ大爆発な曲ですが、大人しかったですね、今日は全体的に。
でも、ライブはとても楽しめましたし良かったですよ。
この「Hey Venus!」からプレイされた曲も良かったです。
やはり生を感じられるライブは、この1週間のうっとうしさを忘れられる爽快感です。
好きな音楽にどっぷりというのは本当に贅沢で最高な時間ですね。

-1st Harf-
The Gateway Song
Runaway
She's Got Spies
Golden Retriever
Do or Die
Northern Lites
Into The Night
Battersea Odyssey
Down A Different River
Zoom!
The Gift That Keeps Giving
Juxtapozed With U
Show Your Hand
Receptacle For The Respectable

-2nd Harf-
Slow Life
(Drawing) Rings Around the World
Baby Ate My Eight Ball
Neo Consumer
God! Show Me Magic
If You Don't Want Me to Destroy You
Hello Sunshine
The Man Don't Give a Fuck
Keep The Cosmic Trigger Happy
[PR]
by yo4san | 2007-11-09 23:26 | Comments(0)

チャリティとは

c0011327_233627.jpg
昨日、今日と仕事の経過が思わしくなく、ストレスフルな週明けになってしまいました。
とはいえ、これも乗り越える壁と思えればいいのですけど〜
それなりに寒くなってきたとはいえ、いくらなんでも東京でレザージャケットにマフラーはやりすぎじゃねぇか?という、電車に乗るだけで突っ込みどころ満載な、中途半端な時期ですが、11月にもなるとやはり年末に向けての話が日常多くなるものです。
そしてこの時期、ベスト盤と同じくチャリティシーズンでもあるのか、久々な感じのしたWAR CHILDでのチャリティシングルをKEANEがリリース。
これがとてもキレイな曲ですねぇ。
驚きの2曲目はQUEEN & DAVID BOWIEの名曲「UNDER PRESSURE」は笑えるほど完コピ。
こうした嬉しいチャリティは、とかく寄付とかにはどうも及べない私のような人間も、結果協力できているわけで、音楽のもつ力の大きさを感じます。
そういえば去年の今頃、DJ仕事でKEANEの曲使って評判良かったのを思い出します。
そう思って急にアナログを中心に音楽を聴く夜長です・・・
[PR]
by yo4san | 2007-11-06 23:50 | Comments(0)

ぶらり・・・

c0011327_0493518.jpg
今日は渋谷での買い物デーでしたが、そうはいってもいつものルートを通ってしまい、相変わらず「ぶらり」的な行動が苦手なのを再確認してしまいました。
海外だとそうでもないんですけどね・・・
当初表参道のつもりでしたが、結局洋服は見送りまして、レコードと、収納用品をと思いいつも通りでMUJIということで。
どうにかCDも少しは収納ができたような気がしますが、この先どうしていこうか悩みどころです。

シーズン的にはこれからベスト盤のリリースが多くなる時期ですが、最近流行りともいえるボーナスつけて、リマスターのデラックス・エディション。
PAUL WELLERもこれでソロで2つめになりますか、「Wild Wood」の再発です。
ボーナストラックが充実していますので、ボックスセットを買っているようなファンが必須だと思います。
何度も聴いているのでなんですが、THE JAM時代とも、THE STYLE COUCILとも違って、これはまた自然体で味わいのあるいい楽曲です。
こうしたキャリアの積み重ね、変遷もあこがれるところであります・・・って、私はミュージシャンじゃないですけど。
[PR]
by yo4san | 2007-11-05 01:06 | Comments(0)

若干早めですが

c0011327_23285061.jpg
昨日は職場の同僚に一足早い誕生日祝いをしてもらいました。
もう正直喜んでられる年齢ではなくなってきましたが、こうして祝ってもらえるというのは幸せなことです。
今週は痛いまでに勘違いをしている人から、相当残念な思いをさせられたこともあって、イライラしたことばかりが思い起こされましたが、感謝の気持ちを忘れないようにしよう、そう強く感じた1週間でした。
気づけばIDLEWILDもデビューから10周年でのベストアルバムをドロップ。
デビュー直後だったか、まだ初々しいライブをレディングで観て、もうすっかりベテランというわけです。
選曲では「おや?あれはないのか。」という感じがしたんですが、不満ではなく不思議な感覚だったりしました。
それだけ良い曲を多く作ったということでしょうか。
ここ最近ライブ活動から遠のいていたのもあって、どっぷり音楽に浸かりたい気持ちです。
[PR]
by yo4san | 2007-11-03 23:55 | Comments(0)