THE HOLY BIBLE

<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

北の国から(今年を振り返り2007年冬)

c0011327_12325992.jpg
前回更新から本当にいろいろとありました・・・
まずはどうにも動きの悪くなったiMacの改善ということで、外付けで500GBのHDDを導入。
これでiTunesのデータを全部移しまして、かなり動作改善も見られ、よしよしと・・・思いきや、HDDを外しているときにiPodをつないでおかしくなったか、すべての曲に「!」マークが出現し、全然再生できなくなりまして。
なんと1曲づつライブラリとの紐付けを行うはめにあいなりました。
そして驚くかなその楽曲数、約11,000・・・・・
それこそ気が遠くなったせいなのは関係ないと思いますが、一気に体調が悪くなりまして、25日以降はそれはもう風邪との闘いに突入したわけです。
今年何度目かという病院も行きまして、抗生物質を含む5種類の薬とともに、身体に鞭打ちつつの年末も仕事三昧と、一向にiTunesどころではありません。
そして29日夜にこうして北海道に帰省しまして、昨日は元部署の古いメンバーでの恒例飲みにやや参加させてもらい、あとは体調回復に努める年末年始となりました。

移動中いろいろと雑誌を見ていますと、やはりこの2007年、最大の事件はRADIOHEADだった音楽業界。
その手法ばかりがフォーカスされてしまい、どうにもその中身の話になりにくかったのが、ようやくこうしてCDのフォーマットでパッケージリリースがされ評価されはじめたのではないでしょうか。
やはりこのアルバム凄かったわけです。
それは最初にDLで聞いたときからそうでしたが、このクオリティは誰でも作れる音楽では無かったわけです。
そしてその中毒性もかなりなものです。
何度聴いてもあきません。
そうしてiTunesを凍結状態にしている私も何の不満もなく音楽を楽しみ続けられる作品があり、年末年始も充実した音楽に満たされてる感じで。
来年もこれほどまでの作品が多くでるといいのですが。
そう思いつつ、持ってきたDVDを見るようにしようかと。

今年もたくさんのすばらしい音楽がリリースされました。
MANICSも出たし、THE VIEWやBABY SHAMBLESや、FOO FIGHTERSや、ベテランから新人まで満遍なく楽しめました。
NIRVANAのアンプラグドDVDには本当に圧倒されました。
G N' R、のまさかの来日や、NINの壮絶ライブ、MUSEやBECKの密度の高いライブやMANICSやPET SHOP BOYSも良かったサマソニ、解散直前の咆哮になったTHE COOPER TEMPLE CLAUSEなど、ライブアクトも楽しみました。
思えばBLOC PARTYをロンドンで観たのも今年の出来事でしたが、結局かなわなかったPISTOLOS、THE VERVEが残念で悔やまれますが、来年ももっと多くの音楽に触れられるといいなぁと思います。

そしてそして、コンサドーレに沸いた2007年、2008年は残留をモノにして、J1定着に向けてがんばってもらいたいなぁ。
[PR]
by yo4san | 2007-12-31 12:59 | Comments(0)

あの感動を再び

c0011327_23285581.jpg
やはり年末なんでしょうか、忘年会とか無理矢理やられると、なんとなく区切りも無い状態でも、その区切りを作られて強引に年の瀬を感じさせられます。
それでも古いメンツで、気心も知れていれば、まぁそれもいいかなと思うこともありました。
この年末はのきなみ忘年会は断り気味でしたが、そんな年もあるかなぁと。
明日は年賀状でも考えないといけないですね、さすがに。

先月観てきたUNDERWORLDのライブ盤が予告通り発売に。
もちろんその場にいましたし、観ていましたのでそのまんまなんですが、こうしたメモリアルな要素を抜いても、ちょうど今の状態をまるまるパッケージ化するからには、それ相当の自信もあってのことですし、それに応じた内容だと思います。
どうしても「Cowgirl/Rez」では、冷静ではいられないあの興奮を思い出しますが、こうした音を出せるアーティストは不思議と次がいません。
DVDでライブを映像でも見たいなぁと感じました。
[PR]
by yo4san | 2007-12-23 23:41 | Comments(0)

THA BLUE HERB "BETWEEN YOU AND ME" @ LIQUIDROOM 2007/12/17

c0011327_016024.jpg
今年のライブ納めとなりましたTHA BLUE HERB。
これだけ好きなんですが、なぜか周囲に好きと言ってくれることのないアーティストだったりします。
DJ QUIETSTORMのDJのあと、THA BLUE HERBが出てきたのは21:30頃から。
過去観たどのライブよりも飛ばした前半でしたが、EGO-WRAPPIN'の中納良恵をゲストに迎えての「Such A Good Feeling」でアクセントをつけつつ、「時代は変わる」「未来は俺等の手の中」など、どんどん出てくる楽曲に飲み込まれそうになりながらの2時間でした。
本当に迫力があって、共感できて、力をもらえるそんな存在である限り、まだまだ聴いていたいと感じました。
今年も残りあとわずか。
だからといって何も変わりませんが、やってやるぞと気持ちを入れ直してがんばりましょう。
[PR]
by yo4san | 2007-12-18 00:29 | Comments(1)

これも待ってました

c0011327_23432357.jpg
今日は浦和の勝利、ミランの勝利と続けてクラブワールドカップをTV観戦となりましたが、見応えある試合が続きましたね。
のんびりペースでの週末になり明日からまたがんばっていこうかと。

先週リリースとなったU2の「The Joshua Tree」の20周年ということでのスーパーデラックスエディションはリマスター、ボーナス音源に加えてパリの当時のライブDVDを含む映像盛りだくさんとかなり豪華な内容です。
もちろんながらアナログからCDへの過渡期的タイミングでの作品なので、リマスター効果は当たり前にあり、その技術の進化に感謝するとともに、このアルバムの偉大さを改めて感じるいい機会となるリリースです。
あぁ、もっとでかい音で聴ける環境が欲しい・・・
この後、デジタル技術のフル活用となる3部作へ突入する前として、一つの完成型といえるロックの名作です。
パリのライブ映像はカバー曲以外はすべて収録となっていますが、催涙ガスのハプニングを確認できたりと資料的価値もありますが、おや?この日って「Where The Streets Have No Name」をやってないのです。
今やライブでこの曲が外されることはありえないとすら思えますが、こうしたツアーだったというのも興味深いですね。

さ〜て、年末ジャンボは買ったし、年賀ハガキも買ったし・・・でも何も書いてないけど。
と、年末らしくなってきてはいますが、マイペースといきたいものです。
[PR]
by yo4san | 2007-12-16 23:52 | Comments(0)

待ちに待って

c0011327_21564185.jpg

今週、FIFAクラブワールドカップでの浦和vsミラン戦を観てきました。
すでに報じられていますように、浦和は集中力高いディフェンスでかなりがんばりましたが、圧倒的なボール廻しで高いキープ力を見せつけたミランに敗れ、3位決定戦へということに。
試合はかなり好ゲームでしたし、だからこそのミランの底力もよくわかった面白い内容でした。
写真はゴール決めたセードルフとアシストのカカですが、やっぱりさすがでしたねぇ。
今年は過去の教訓を生かしつつ、一度帰宅し寒さ対策も万全にカイロも使い、安心してみることができましたが、これもすっかり年中行事となってきました。

c0011327_21565786.jpg
ハラハラしつつ待っていたRADIOHEADの「In Rainbows」のDISCBOXがついに到着しました。
思いの外早かった気がして拍子抜けしましたが、中身は想像以上に豪華で驚きます。
アートワークもキレイで、このサイズもアナログならではですが、とにもかくにもCDを聴くところから。
DISC1はすでにダウンロード提供されていたもので、これは何度も聴いていますが、過去の作品の流れからのまとめ要素的なメロディがはっきりした唄が特徴(こう書かれるのはバンド的には不本意でしょうけど)で、サウンド的にもいわゆるロック的なものと、そうでないものというバランスが非常に取られていて、すんなりと入れる作品になっています。

そしてさらにDISC2ですが、トーンはそれほど変わりませんが、ピアノが印象的な楽曲群が続きます。
そしてトムのヴォーカルがかなり近くで感じられ、メロディの印象がとても残る気がしました。
これはファンなら買ったほうがいいですね、やはり。
ある意味驚く内容ということでは一切ありませんが、とにかく楽曲のクオリティが高く、何度聴いても飽きません。
日本国内販売はいまのところDISC1のみのようですし、思い切っての£40もやむなしではないでしょうか?
期待した甲斐がありましたよ!
[PR]
by yo4san | 2007-12-15 22:19 | Comments(0)

マボロシ Special X'mas Live 2007/12/9

c0011327_0212679.jpg
今日は仕事でのライブでした。
しかも呼ばれるでなく、スタッフとして。
まさか準備だけでなく、「本日はご来場いただきありがとうございます。」と、影ナレやることになるとはね・・・
そんな話はさておき、通常仕事となりますと微妙なだけでとなりそうなものですが、マボロシは楽しかったですよ。
1時間ほどのライブでしたが、「饒舌エクスプレス」なんかも、フルメンバーでプレイしまして。
自分も好きな音楽を、聴かせる楽しさというのもあるものですね。
いつもとはやや違う客層とのことで、成果もあったかなと思いますが。
終了後のナレは真っ暗だったせいでカンペも見えず、挙げ句の果てに短い文章を噛んでしまい、かなりからかわれましたが、終わって一安心です。
今日はサンタの帽子かぶったりしましたが、もうそんな時期です。
まだピンときませんが・・・
さて、明日からまた大変な一週間になりそうです。
がんばっていきましょう。

01 Christmasイントロ
02 超ジェラス
03 マボロシのほし
04 マボロシのLAW
05 Hey Yo! Honey
06 キッチンくん
07 HARDCORE HIP HOP STAR part.1 −アコースティックVer.ー
08 ペニー・レイン
09 廻シ蹴リ feat. TARO SOUL,KEN THE 390
10 饒舌エクスプレス feat. TARO SOUL,KEN THE 390
11 SLOW DOWN!
[PR]
by yo4san | 2007-12-10 00:38 | Comments(0)

DAFT PUNK "dafunkfest" @ 幕張メッセ 2007/12/8

c0011327_0211720.jpg

c0011327_0214521.jpg
行ってまいりました、幕張へ。
そして観てきました、ピラミッドを。
明日だったらRYUKYUDISKOや、BOOM BOOM SATELLITESが観れたんですが、今日は・・・ということもあって、sebastiAn / KAVINSKYのDJからDAFT PUNKのみ狙いで。
先日UNDERWORLDで来たばかりながら、きっと同じ人ばかりの集まりだろうと思いましたが、やはりいました、「OBLIVION BALL」と書いたキャップかぶってる人。
sebastiAn / KAVINSKYは何でもアリな盛り上げ方で最後にRAGE AGAINST THE MACHINEの「Killing In The Name」のミックスで上がりきってDAFT PUNKへ。
内容は・・・驚くほど同じですALIVE2007と。
CDを高音質で爆音にしたかのように。。
そんなわけですべて把握したまま観るというなんとも不思議な気分でしたが、あのピラミッドがあるだけでもこれが楽しく身体を動かされるわけです。
あの映像・照明の演出は本当によくできてますねぇ。
ふと、あのヘルメット被ってりゃ誰が来てるかもわからない・・・とは思いつつ、しっかり楽しんできました。
一昨年のサマソニは規制で観れなかった悔しさも見事にふっ飛ばした気がします。
やっぱりいいですねぇ、音楽にどっぷりって。
[PR]
by yo4san | 2007-12-09 00:34 | Comments(0)

今週を振り返りつつ幕張前に

c0011327_14495653.jpg
本当に年末と関係なく一気に忙しくなりまして、精神的にかなりタフだった今週。
どうも心の病にかかる人も多いらしいですが、自分がそういう意味では健康であれるには感謝したいですが、そう簡単に折れるなよと思ったりもします。
必要以上に気を遣うこともあってか、それで疲れるんでしょうね。

先週末から違和感のあった左目が、生まれて初めて眼科に行ったところ、自分のまつ毛が目にささって充血とはひどい不運です。
おまけに気づかないうちに両目とも結膜炎が進行していたらしく、しばらく目薬治療の生活となっております。

ようやくの週末なので習慣化しつつありますがDVDを観ておりました。
PRIMAL SCREAMの単独では初めてのライブ作品。
昨年のツアーになりますが、新曲中心のセットリストと、PVがたっぷり13曲とファンにはなかなか良い内容だと思います。
おそらく前回ツアーを観てない人には、なぜベースがここまで音が小さいのか不思議か、もしくはやたらと音が大きいと思いこんでいるかと思います。
このDVD作品のミックスがたまたまこうだったのではなくて、今のバンドのサウンドはこういうことです。
これはライブでも感じましたし、おそらくどこでもこういったミキシングになっているのかと。
ただ音がでかけりゃいいわけでもなく、今のPRIMAL SCREAMの音を反映した内容なので、その時代ごとにサウンドもシフトするバンドでもありますので、どこに期待しているかで意見の分かれる部分もあるとは思いますが・・・

とかく時間の流れが早く感じる最近にしては、PRIMAL SCREAMは昨年アルバムリリースのライブでも来日と、そこまであいてないんですよね。
それなのにず〜っと観てない気がするのは、どれだけ頻度高く観てたんだという話かもしれませんが、早く新作、そしてツアーを楽しみにというところです。

今日はめでたくBJORKとASHの来日公演のチケットも取れましたので、これから幕張に向かってDAFT PUNKですよ〜
やっぱり遠いけど・・・
[PR]
by yo4san | 2007-12-08 15:05 | Comments(0)

BLUE MAN GROUP IN TOKYO @インボイス劇場 2007/12/2

c0011327_232658100.jpg

サマーソニックで2日連続で観ましたBLUE MAN GROUPの来日公演ということで、六本木インボイス劇場に行ってきました。
専用劇場というのがよく意味がわからなかったのですが、終わってみてなるほどの内容。
あまり書きますと、行く予定の人にはネタばれになってしまうので避けておきますが。

c0011327_23271564.jpg
サマソニではこのDVDでの内容にかなり近く、音楽重視の内容に感じましたが、ブルーマン以外はバックバンドも日本人のミュージシャンを使っていて、内容も日本向け、そしてサマソニでのネタも使っていましたが、見せる視点がかなり重視されていたように思います。
約90分くらいでしょうか、かなり楽しめました。
ライブとはまた違った面白さですね。
途中オーディエンスを使っていろいろネタをやりますので、もし幸運にも指名された方がいればどんな感じか教えていただきたく。
あの食べ物は「東京ばなな」らしいものの他には何なのか、パイプからは何が落ちてきてたのか、楽屋裏でどんなこと言われるのか等。
あと、遅刻した場合はわかりやすくいじられますよ。
あんな演出があるとは、よく考えるものですよ。
よくよく考えれば事前のアナウンスにかなりヒントがあるのですが、事が起こってみないとさっぱりわかりませんが。

c0011327_23273280.jpg


終了後外で見送りに出てきたブルーマン。
バックバンドのみなさんもそのまま挨拶していまして、とてもアットホームな感じでしたが、この写真なぜボケてるかといいますと、認識しないんですよ、顔として。
青いからなんでしょうが、とっさに設定を変えれるほどカメラが使えず、結局こんな感じになってしまいました・・・
[PR]
by yo4san | 2007-12-02 23:39 | Comments(0)

祝 コンサドーレ札幌 優勝!!

やりました!
本当にやりましたよ。
コンサドーレ札幌がJ2優勝です。
苦しかったここ3週を良く耐え抜きました。
時系列的には、前半早々にあっさり京都が1点先取し草津をリード。
札幌は逆に水戸に先制され1点ビハインドでした。
前半終了間際に追いつき、そして逆転。
気づけば京都はさておき、ヴェルディも引き分けてるではありませんか!
まさかのまさかで、感動の優勝&J1昇格となりました。
今シーズンは本当にコンサドーレとともにいた1年だったので、感慨ひとしおです。

c0011327_230173.jpg

で、その優勝が決まった直後、突如後輩からもらったチケットで浦和戦を観に日産スタジアムへ。
日頃マリノス観るためだけなので、マリノスと関係ない試合で新横浜というのが不思議でしたが、ホーム横浜FCがかすむまでの大サポーター軍団。
これは札幌でもありませんし、埼玉スタジアムでもありません。
そしてここでもまさかの横浜先制から、やけに安定感のあったディフェンスを崩しきれず、まさかの浦和敗退。
先に試合を終えていた鹿島は3点とって勝ち、逆転優勝となったわけです。
今日ばかりはあの大応援団も最後に静かになってしまいまして、そのショックの大きさを物語っておりました。

c0011327_2301627.jpg
そんなわずか数時間での一喜一憂のサッカーデイでしたが、今週のつらさも吹き飛ぶ最高の結果を札幌は迎えたわけです。
単純に良かったということで、来期はぜひJ1で奮起してもらいたい。
今日の移動中に聴いていたのがSOULWAXのリミックスワークから生まれたこのアルバム。
基本は人の曲なわけですが、ここまで好き勝手やれば、それは作るのも楽しいのではと思うものですし、このDISC2のノンストップリミックスは、DJの楽しみとはなんぞやという根本に肉薄する、理屈抜きでの作品になっています。
ジャンルとかルールとかさておき、こうしてやれれば楽しいだろうなぁとうらやましくなる内容です。
最近すっかりDJ練習はご無沙汰なので、これをきっかけにまた音楽の楽しさを再確認したいなと思った次第です。

とにかくコンサドーレ札幌はよくがんばった。
三浦監督最高です。
来年もぜひとも指揮をお願いしたく。
対して2位通過のヴェルディは監督交代の噂もあり、柱谷哲二氏が次期候補とか。
札幌を暗黒に落とした彼で本当に大丈夫なんでしょうか・・・?
[PR]
by yo4san | 2007-12-01 23:12 | Comments(1)