THE HOLY BIBLE

<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

みなとみらい

c0011327_029387.jpg

本日は快晴の中、みなとみらいにマリノスのファン感謝イベント「トリコロールフェスタ」に行ってきました。
元々はナイキに変わった新ユニホーム申し込みに行ったのですが、せっかくなのでということで、かなりの盛況のなか、いろいろ選手を間近に見て楽しんできました。
日本代表の中澤、山瀬は不参加なものの、他全員が登場。
アーリアにサインもらったり握手したり、マリノスケと写真撮ったりとこういったイベントならではのものです。
開幕戦がいきなり浦和ですが、新体制でいいスタートを期待して。
c0011327_0292055.jpg

やはり人気のある松田。髪型も相変わらずです。
c0011327_0293480.jpg

やけに眩しそうな河合。
c0011327_0294740.jpg

昨年活躍した小宮山。

c0011327_030085.jpg
それにしてもTHE MARS VOLTAのはじけっぷりに驚いているのですが、その前身だったAT THE DRIVE-IN。
その激しさは後につながりますが、本当に凄い形への変化を遂げたなぁとしみじみ感じる、これはこれで名作というところです。
また明日から1週間、ハードになりますががんばっていきます。
明日は久々にスーツ出勤か〜
[PR]
by yo4san | 2008-01-28 00:39 | Comments(0)

怒りと混乱の一日

c0011327_1371353.jpg
この1週間タフな状況だったのもあって、週末くらいは仕事はありつつものんびり、そして穏和にと思ったのに、光ファイバー工事でさんざんなめにあいました。
事前調整からトラブルだらけで、もううんざりしていたところ、当日までトラブル発生。
あまりの不手際と今までの累積で怒りまくってしまいました。
ありえない対応、たらい回しな態度に、爆発しまくりこれほど頭にきたこともそうはない。
すぐ移れるならさっさと解約してやるぞという勢いです。
まだおさまりつかないので、納得いくまで誠意ある対応を要求することにしました。

そんな混乱の中、THE MARS VOLTAのアルバムはとんでもないことになっています。
前作からも想像つきましたが、完全に異次元ですね、これは。
プログレとかいう枠をも完全に超越した、オリジナルワールド。
ライブもこれだと凄いことになりそうな予感。
あまりの刺激の強さに混乱しそうな勢いです。

岡田ジャパンはディフェンスはまぁまぁでしたが、攻撃はまだまだですね。
3次予選まで仕上げていってもらいたい。
[PR]
by yo4san | 2008-01-27 01:45 | Comments(0)

同じカバーでも

c0011327_111537.jpg
この週末かなりの寒さでしたが、玉川高島屋でセールに行ったくらいでほぼ引きこもりになってしまいました。
ほぼ毎週似たような繰り返しになりつつありますが、体調も考慮せねばと思う年の初め。
取引先の新年会で金曜かなりの深酒だったこともあり、酒を抜くつもりで。
2月はライブに日本代表戦にと、かなり埋まっているので、仕事の具合も心配ですが、今から万全の体調に整えておかなければというところです。
KULA SHAKERで「あれ・・・?」と感じたMC5の「Kick Out The Jams」は同じカバーなら断然こちらがオススメのRAGE AGAINST THE MACHINE。
2月の来日が楽しみでありながら不安というこれまたKULA SHAKERと似た状況ではありますが、アメリカ大統領選のこの時期だからこそということにして、あまり考えずに楽しんでおきたいと思っています。
それにしてもウイイレで終わったしまったな、この週末。
アーセナルも勝ったことですから、元気に1週間がんばりたいものです。
[PR]
by yo4san | 2008-01-21 01:09 | Comments(0)

KULA SHAKER @ SHIBUYA-AX 2008/1/17

c0011327_23552357.jpg
今日はKULA SHAKERの日でしたが、仕事が爆発的に忙しかったこともあり、とにかくヒヤヒヤの一日でした。
打ち合わせが延びて延びて、会場についたのは前座もとっくに終わった20時ちょっと前。
せっかくの整理番号23番もなんの意味もなさず、最後方からの参加となりました・・・
毎度毎度、平日のライブは本当にハラハラです。
なんとかならないでしょうか。。

で、心配した内容ですが、結論から言うとかなり楽しめました。
そして想像以上にKULA SHAKERでした。
本人なので当たり前ですが、このニューアルバムはどうしても復活というにはほど遠い楽曲のクオリティで、それなりに限界すら感じた内容ですが、ライブとなると、「Sound Of Drums」「Hey Dude」からはじまった序盤に古い曲が多く固まり一気に引き込まれたという感じです。

やはりこの古い楽曲群はKULA SHAKERならではですし、彼らでなくは成り立たないオリジナリティを放ちます。
でも・・・やはりニューアルバムの曲が増える後半、都度「・・・・」という感じになりそうになるも、それでもKULA SHAKER色の強い楽曲がチョイスされていることと、「Kick Out The Jams」のカバーで「?」と感じるも、要所要所で「Tattva」〜「Hush」という流れや、とにかくニューアルバムでも浮きまくりの「Great Dictator」で凹むも「Govinda」で締めて完全に忘れさせてもらい、古い曲に助けられつつ、久しぶりに観れたことに感謝できたわけです。
それにしても「Great Dictator」ってかなり微妙な曲ですけど、若い子には大盛り上がり。
あんな曲はKULA SHAKERじゃなくても十分なものですけどね・・・

以上、散々文句を書いているわりに、楽しめたのは間違いありません。
ただし過去のクオリティで今後ソングライティングできるかには、まだまだ疑問を感じているのも事実ですが・・・
明日もがんばっていきましょう。
[PR]
by yo4san | 2008-01-18 00:08 | Comments(0)

後悔先に立たず

c0011327_03487.jpg
この3連休、東京もそれなりに寒かったせいもあって、なんとなく家にいることが多かったのですが、仕事での取引先からの電話やらで急に今日は現実に戻された感じです。
今週は1日少ないとはいえ、明日からまたがんばっていきたいところです。

MY CHEMICAL ROMANCEの日本企画盤ということでライブ音源いくつかと未発表曲。
メンバー急病でサポート呼び寄せの大遅刻来日公演が記憶に残っていますが、それでもなんとかやりとげた後にすぐ武道館があって、さすがに間隔短いしなと見送ったら、なんとBlack Paradeと通常セットの特殊構成でかなり盛り上がったとか。
その話を聞いて「やっぱり行くべきだったか・・・」と悔しい思いをしたものです。
この企画盤にそれでどうとかいった特殊な要素は無いようですが、帯をみると今年CD/DVDでライブ盤がでるようですね。
ぜひその特殊構成を観てみたいものです。

そんなわけで、やっぱり気になったら観ておくべきと思い、重い腰をあげてKULA SHAKERをやはり観にいくことにしました。
どうにもアルバムも・・・という感触でしたが、昔の曲でそれはもう盛り上がりそうな気もしていまして。
あ〜アーセナルがまた2位になってしまいました。
良い感じできているだけに引き分けが痛い。
[PR]
by yo4san | 2008-01-15 00:47 | Comments(0)

久々のOASIS

c0011327_23304291.jpg
ちょっとネタが遅れましたが、12月にリリースされたOASISのツアードキュメンタリーとマンチェスターでのライブを収録したDVD。
ドキュメンタリーのほうはといいますと、すっかり大人になった(バカにしているわけではありません)、ギャラガー兄弟のコメントが歴史を感じさせますが、驚くべきがライブのほう。
現在のメンバー構成になってプレイヤビリティは、バンド史上最強の状態というのは明らかですが、最近の定番化したイメージのせいかできあがった感じかと思いきや、地元マンチェスターというのもあいまって、オーディエンスの盛り上がりが絶頂、かつかなり充実したバンドのパフォーマンスで東京で観た最後の状態を遙かに上回っている感じです。
もうOASISでは驚くことはないかなぁと、ここしばらくOASISには変に批判的になってしまっていましたが、このライブにはまだまだいけると感じた次第です。
そしてとにかく圧倒的なリアムの存在感。
「声はリアムだけど、唄は俺のほうが上手い」というノエルも名曲を唄うものの、やはりこのバンドにはど真ん中にリアムがいてこの破壊力が生まれるのは紛れもない事実と再確認できます。



c0011327_23305649.jpg
そのドキュメンタリーの序盤に、メンバーがインタビューを受けている中でデビュー前のデモテープの下りがありますが、その「Rock 'N' Roll Starも入っている」というデモがジャケットもそのままにCD化されていつの間にかリリースされています。
「Strange Thing」という未発表曲もありますが、マニアにはブートで出回っていたと思いますが、そりゃこんなデモを聴けばアラン・マッギーも飛びつくというものです。
新人離れした異次元の領域です。
そりゃ1stアルバムを先に聴いていますから、レコーディング状態は悪いので、音の良さは期待できませんが、ここから始まったかとしみじみ感じる内容でしょう。



c0011327_23311432.jpg
ドキュメンタリーDVDの売りのひとつが、このタイトルトラックにもなっている「Lord Don't Slow Me Down」で、日本ではパッケージ発売無しの配信のみということだったのですが、このNMEコンピレーションではあっさり1曲目に収録されCDとして入手できたりします。
ノエルがボーカルの曲でシングルリリースはされていないので、話題もそこそこかもしれませんが、楽曲もそこそこという感じです。(いろいろな意味で)
ただこのコンピレーション、今旬のアーティストを幅広く網羅しているので、昨年活躍したバンドがかなり聴けます。
私はもちろんながら、それぞれすでに聴いていたりするので、実際OASIS目当ての購入でしたが、いろいろ聴きたい人にはかなり便利なコンピレーションなのではないでしょうか。

今日は思い出したようにOASISづくめで書いてみましたが、仕事始めからフルパワーできているので、ペースをつかむためにもと早めに帰宅し、あれこれ音楽聴いて、気分転換できました。
毎日こうして時間を作れたらなぁと空想してしまいますね。
[PR]
by yo4san | 2008-01-10 00:00 | Comments(0)

レアなお土産とiTunesその後

c0011327_0184667.jpg
北海道から戻るにあたりまして、お土産での今回のターゲットは白い恋人だったわけですが、宮の沢の白い恋人パークにすら無いんですから、そりゃ空港も・・・と思いつつ、やはりありませんでした。
ただ、写真の通り、札幌の街中で買えました、じゃがポックル。
なにせパッケージすら見たこと無かったので、最初は本物かすら疑いましたが、こういうやつらしいですね。
これも相当のレアものということなので、今回はこれで良しということで。
宮の沢の状況も当時とは全く違って、まだ白い恋人以外は再開していないみたいですね。











c0011327_019281.jpg
帰宅しましてようやくiTunesも以前の状態まで復旧しまして、すでにライブラリは60GBを突破していたこが判明。
とうとういちいち選びながら転送から外す作業が必要になってしまいました。
あぁ面倒だ・・・
やっぱり買ってしまうかな、iPod Classic・・・
私にはどうしても大容量モデルが必要でして。
そうして最近買った中で気になったのがこの、Johnny Foreignerというどうやら新人のバンド。
最初「あれ?BLOC PARTYの新作か?」と勘違いしたくらいのサウンドなのですが、BLOC PARTYとは完全に別バンド(当たり前か)で、もっとパンキッシュと言いますか。
こうした元気な感じはとても初々しくもあっていいですね。
明日から日常に戻りますが、健康には気をつけて頑張っていきましょうか。
[PR]
by yo4san | 2008-01-07 00:29 | Comments(0)

あけおめ

c0011327_2001566.jpg
2008年の正月休みも明日東京に帰るところとなってしまいました。
体調不良もあって、ほぼ静養の1週間ですが、年始からしたことといえば、映画観てお土産(白い恋人売ってません)探し程度でして、あとはテレビ観たり、なぜか相変わらず札幌で買ったCD聴いたりと。

以前は初売り、福袋といえば、CISCOのレコード福袋だったのですが、いまや札幌CISCOの跡地は、先日THA BLUE HERBのBOSSもMCで話していたように、イタリアンレストランと化しておりまして、もう買いに行くこともできないわけです。
やはりクラブ・ミュージックにああしたレコード屋は必要不可欠で、閉店以降は札幌のクラブシーンも冷え込んでいないか心配です。
いい音楽が生まれる場所に、いいレコード屋はとても重要だと思うんですけどねぇ・・・
体調悪くて行ってないうちに渋谷も全店閉店とか。
あぁ残念です。

昨年終盤に発売となりましたがMANICSのキューバでのライブDVDがようやくリリース。
西側のロックバンドが初めて踏み込んだ土地ということですが、そうした政治的側面が全体としても色濃い歴史的記録価値も高いものです。
アメリカではその後にAUDIOSLAVEということになるんですかね、解散してしまいましたが。
ドキュメンタリーには随所にカストロ議長との対談シーンも入り、やたらとテンションの高いニッキーが印象に残ります。
ところでこの作品、なぜ全曲通しではなく、ボーナストラックになっているんでしょうか。
ノーカットで観たかったです。
映像が荒れ荒れなのはやむなしとして臨場感はありますが、リリースされただけでも良しとしますか・・・
ぜひとも昨年のツアーもDVD化してもらいたく、年始はやっぱりのMANICSからでした。
[PR]
by yo4san | 2008-01-04 20:16 | Comments(2)