THE HOLY BIBLE

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コントロール

c0011327_063090.jpg
すっかり春らしい気候になった週末ですが、土曜は久しぶりに映画を観にいきました。
JOY DIVISIONのヴォーカル、イアン・カーティスを描いた「CONTROL」です。
主演のサム・ライリーが驚くほどイアンの雰囲気を持っていておどろきましたが、その短い人生をうまく演じきっていたように思います。
「24 Hour Party People」では同時期を描いた映画でもFACTORYレーベルであったり、トニー・ウィルソンがメインの視点なので、JOY DIVISIONからHAPPY MONDAYSの流れの中での大騒ぎっぷりが印象的ですが、このイアンの内面を中心にバンドの楽曲も効果的に使われていました。
そしてJOY DIVISIONのライブシーンはすべて俳優陣によるプレイですが、これまたリアル感たっぷりなシーンです。
好きなバンドのヒストリーものということで、うっかり作られるとかなり微妙になりそうなものですが、これは素晴らしい。
DVD出たらまた観たい作品です。
NEW ORDERのメンバーが音楽面でサポートということで、サントラもとても聞き応えありますのでオススメです。
さてさて、明日からまた忙しくなりますが、がんばっていきますか。
[PR]
by yo4san | 2008-03-24 00:28 | Comments(0)

直接対決じゃ応援も難しい

c0011327_032223.jpg

週末、コンサドーレのホーム開幕戦ということで札幌に帰っていました。
対戦相手がマリノスという両チーム応援という複雑な立場でありつつ、J1での久しぶりの対戦ということで楽しみにしつつで。
前半終了間際にクライトンがまさかのPK失敗でがっかりムードのまま後半へ。
前半からほぼマリノスペースだったこともあって、藤田からダヴィで驚くばかりの札幌先制。
これでかなり会場沸いたわけですが、まさか残り5分で2点取られるとは。
マリノスの中盤、ディフェンスの充実は開幕戦の通り健在で、山瀬とロペスでうまく攻撃の起点もばらせることで、バリエーションが増えた感じです。
前半はマリノスFW二人は元気ありませんでしたが、後半は2点とも山瀬〜大島ということで。
内容的にチャンスをしっかりものにできなかったのと、1点取られて守備が崩壊していた札幌には、実力通りになってしまったかもしれません。
マリノスが勝っても喜びきれないこのカード。
もう一度日産スタジアムで経験するわけですね・・・
試合開始前に山瀬が紹介されたとき、ブーイングもありつつ、暖かい拍手が印象的だったこの対戦。
札幌が本当にJ1でがんばれるかはケガ人復帰にかかっているのかも。
西谷、曽田、早く戻ってよね。

c0011327_0323472.jpg
短いながらこの帰省中はやけにNIRVANAが聴きたくて、移動中はこればっかりだったような感じです。
何度聴いてもそのすごさを再確認できるバンドですが、地元で聴いてこそいろいろ思い出すことも多々。
友人との飲みでおいしいもの食べれたのも良かったし、マイルで帰ったリーズナブルな週末を楽しんできました。
ちょうど、なんとなくリセットしたかった時期なのでタイミングも良かったような。
気温差がこたえないか心配ですが、また1週間がんばっていきましょう。
[PR]
by yo4san | 2008-03-17 00:46 | Comments(0)

さぁ開幕!

c0011327_23395049.jpg

今年もJリーグがついに開幕です。
開幕戦、しかも浦和相手ということで満を持して日産スタジアムへ。
スタメンは外国人補強もされ、なんと松田がボランチで先発。
アーリアもベンチに入って何よりというところで、6万を超える観客のなかキックオフ。
前半、マリノスは想像以上にDF、中盤とも安定したボールまわしでかなり良い状態にあるのを感じました。
ボランチの松田がディフェンス面で機能しつつ、ロペスへのボールの収まりが良いため、山瀬がかなり動けて、躍動感を感じる流れでした。
そしてそして、60分頃。
小宮山がうまくこぼれ球を決めてなんと先制。
これには大興奮でした。
しかし・・・
その9分後、ロニーが2回目のイエローで退場。
そこから数的不利で一気に差し込まれてしまいます。
それでも今日のマリノスは持ちこたえました。
ディフェンスもがんばり、途中出場で「え?」と思った坂田も精力的にかき回し、うまく時間を使い切り、なんと2003年9月以来のリーグでの浦和への勝利。
次節札幌は応援に悩ましいですが、今年のマリノスは強そうです。
しかし、その後コンサドーレ札幌は鹿島に・・・仕方ないですね・・・
早く曽田、西谷が戻ることを祈ります。

c0011327_23402180.jpg
先日いつものようにHMVに行ったところ、またもやNIRVANAの蔵出し音源が売られていました。
もちろんながら音も悪いので、そう思って聴いたわけですが、こうして何度と無く出るまさに掘り出しモノも、最近はうまく向き合って聴けるようになってきた気がします。
そしてやはりリアルタイムに聴けた幸運は、大事に受け止めたいと感じるわけです。
またDVDでも観てしまおうかなと思う週末です。
[PR]
by yo4san | 2008-03-08 23:59 | Comments(0)

IAN BROWN @ SHIBUYA O-EAST 2008/3/6

c0011327_034263.jpg
二日続けて同じ会場に足を運ぶのも不思議でしたが、本日はいろいろありました。

まずオープニングアクトで久々にRYUKYUDISKOということで、楽しみにしていったところ、やはりあまりにも客層が違うのか、超アウェイな雰囲気で会場が盛り上がらない盛り上がらない。
RYUKYUDISKOのパフォーマンスは相変わらず素晴らしく、これがWIREであれば大爆発間違い無しの内容なのですが、いかんせん相手が悪いといいますか、終始微妙な雰囲気かつ踊りすらしないオーディエンスでやや自分が居心地悪く感じた開始。
いよいよのイアン登場で、やせたのか非常に精悍な顔つきになってるなぁと思った瞬間、奇跡(?)が起こりました。

なんとオープニングソングはTHE STONE ROSESの「I Wanna Be Adored」!!
あまりに下手くそなギターに完全にROSESカラオケ状態。
しかしやはりイアンなのです。
バック以外は完全にローゼズ。
突然の出来事に呆然とするも、「ローゼズは好きかい?何が聴きたい?」的な話から、「She Bangs The Drums」を要求する男のぶっとい声も気にせず「Made Of Stone」へ。
本当に出足からローゼズ連発でこのまま行くのか?と思いきや、そこからはソロの曲に展開。
あまりに皮肉なことにあのローゼズの曲は下手くそなギターも、ソロの曲はそれなりに弾けてしまうのに、なぜかあの出だしのインパクトにふられて呆然としたまま進行したくらいです。
「Golden Gaze」で本編が終了するもその余韻があり、まさかローゼズの曲が・・・と動揺するばかり。

アンコールに出てきてそこでまた奇跡が起きました。
最初に音が鳴った瞬間に紛れもなく「Waterfall」。
そして続く決定打に「I Am The Resurrection」。
このままローゼズの曲の連発で終わるかと思いきや、最後は「F.E.A.R.」とソロで締め。
正直帰宅した今も何が起こったのかよく理解できていないライブとなりましたが、間違いなく言えるのは、ローゼズの曲がかかった瞬間、まさかと思いつつ全身の血液温度は絶対に上がった感じがしたことと、どれほどギターがローゼズの曲は下手くそであろうとも、最後にローゼズを観たあの時とイアンのボーカルは変わっていないこと。
むしろ終始動き回り飛び回る彼の様子が当時より元気にみえたくらいです。

もうローゼズは聴けないと覚悟し、二度も当時リアルタイムに観ていたその経験との狭間で非常に複雑な思いではありましたが、やはりあの声は圧倒的にTHE STONE ROSESであり、ソロではそれを超えていないことも確認させられたというところです。
いつもはライブ後はそのアーティストの曲を聴きながら帰りますが、今日はソロのイアンではなく、THE STONE ROSESを聴いて帰った次第です。
やっぱり楽しかったんだよな、きっと・・・

I Wanna Be Adored
Made Of Stone
Dolphins Were Monkeys
Time Is My Everything
The Sweet Fantastic
Lovebug
My Star
On Track
Street Children
Goodbye To The Broken
Keep What Ya Got
Longsight M13
Sister Rose
Golden Gaze

-encore-
Waterfall
I Am The Resurrection
F.E.A.R.
[PR]
by yo4san | 2008-03-07 00:25 | Comments(0)

ASH @ SHIBUYA O-EAST 2008/3/5

c0011327_1122574.jpg
今週はライブ2日連続のまずはASHでした。
会場がO-EASTだったのでかなり近くで観れていいポジションでした。
相変わらずティムは決して唄が上手いとは思いませんが、あのメロディセンスは抜群で3人に戻ってシンプルに、タイトなパフォーマンスでまとめあげて、音でも物足りなさは感じさせない安定感を持っていました。
終盤「Oh Yeah」が始まり、これで本編終了?と思ったものの、「Girl From Mars」と続き「Twilight Of The Innocents」でしめくくり、楽曲もキャリアとともに充実したなぁとしみじみ。
アンコールもキャッチーな楽曲を続け最後は「Burn Baby Burn」とあっという間に感じる楽しさでした。
すっかり自分同様歳を重ねた感じがします(特にリック)が、今も昔も変わらずいい曲作ってますね。
更新間隔が開いているのでネタもたまっているのですが、明日はIAN BROWNですよ〜ということで仕事もありますのでさっさと寝ることにします・・・

Lose Control
Orpheus
A Life Less Ordinary
Wild Surf
Ritual
Shining Light
Kung Fu
Renegade Cavalcade
Vampire Love
Polaris
You Can't Have It All
Petrol
Walking Barefoot
Evil Eye
Blacklisted
Oh Yeah
Girl From Mars
Twilight Of The Innocents

-encore-
Meltdown
End Of The World
Angel Interceptor
Burn Baby Burn
[PR]
by yo4san | 2008-03-06 01:25 | Comments(0)