THE HOLY BIBLE

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

MO'SOME TONEBENDER @ LIQUIDROOM 2008/6/25

c0011327_0331179.jpg
今日は仕事の関係で招待いただいたMO'SOME TONEBENDERを観てきました。
仕事とはいえ、もともと好きでしたので、せっかくなのでこれは楽しもうということで。
おかげさまで仕事はその分ハードになりましたが、それも仕方なく。
邦楽となりますと、なかなかチェックが行き届かず、こうしたアナウンスでもいただかないとかなり見過ごしがちなので。
ライブのほうはといいますと、冒頭ブラス隊をバックに従えた百々が「僕らの音楽」よろしくシャンデリアのもとスーツきて唄った3曲で落ち着いてスタート。
「ロッキンルーラ」以降はいつものはっちゃけた感じでMC少なめの合計20曲をたたみかけました。
新曲もちょこちょこ入り、まだ情報解禁前にもかかわらずアルバムの話まで出てしまっていましたが、勢いたっぷりな感じでした。
会場限定販売900枚のシングルで木村カエラがコーラス参加の「君とどこまでも」もプレイしましたが、こうしたファン泣かせの販売っていいですねぇ。
終盤、トランペットでブランキー・ジェット・シティーの中村達也が参加というサプライズもあり。
(でも髪の毛で顔が見えず、終了後教えてもらってわかったのですが・・・)

さぁ、明日もまたがんばりましょうか〜

奇跡の歌
GREEN & GOLD
ニッケ
ロッキンルーラ
RED GUITAR C'mon
idiot
MUSIC MASTER
Fool Goes On
シンクロニシティ
マカロニ
アイドンノウ
君とどこまでも
ルルル
黒になれ
DAWN ROCK
STOP THE MUSIC
DUM DUM PARTY
HigH

-encore-
echo
流星群
[PR]
by yo4san | 2008-06-26 00:45 | Comments(0)

ひどい試合でした

c0011327_0365967.jpg

水曜夜から帰省していまして、今朝札幌から戻り、埼玉スタジアムへ。
いくら両チーム消化試合ムードとはいえ、今日の日本代表は冴えませんでした。
幾度と無くものにできない決定機、特に前半序盤での俊輔のPK失敗があとの歯切れ悪さにつながったか、玉田もここというところでは不発。
内田のクロスはどこ見て蹴ってるんだ?という雑なありさま。
遠藤もずいぶんと緩慢なミスを続けていたように思います。
これじゃ最終予選は勝ち抜けません。
今一度気合いを入れ直してもらいたいところです。

c0011327_0371410.jpg
帰省中は同期との飲み以外は実家にて愛犬の相手をする数日でした。
なんとなく時間の流れもゆったり感じ、同期とも「あの時どうしてた」的な話だったりをしたおしてきましたが、こうして支えを感じられるというのは素晴らしいことですね。
懐かしいこといろいろで、あと2〜3日欲しかった感じです。

WEEZERのニューアルバムはファンであれば大絶賛しているであろう傑作になりました。
このメロディセンスはこのバンドならではのものなのは間違いなく、初めて聴いた時からなんとなく懐かしさを感じる不思議な感覚です。
9月の来日も盛り上がりそうですね、この内容であれば。
それにしてもなぜにこのバンドは、こうしてバンド名のセルフタイトルのアルバムがこうして何作も出るんでしょうね・・・
[PR]
by yo4san | 2008-06-23 00:46 | Comments(0)

スケールアップ

c0011327_23345725.jpg

c0011327_2335910.jpg
週末は映画「インディ・ジョーンズ」と「ザ・マジック・アワー」を観まして、インディ・ジョーンズはついに異次元まで及ぶ大げささが笑えましたが、「ザ・マジック・アワー」は独特のコメディとしてこれまたかなり笑えました。
映画はその時間しっかり集中できるからいいですねぇ。
そしてニューアルバムがとにかく話題になるタイミングだったCOLDPLAY。
驚くことにアップルのCMタイアップとなり、そのスケールの大きさを表現されている感じです。
本人出演はU2、EMINEMくらいだったと思うので、そうした大物ということでしょうか。
そしてアルバムのほうも、そのスケールがいかに大きくなったか感じさせる充実ぶり。
そうでありながら、嫌らしさはあまりないから不思議ですねぇ。
小難しい感じもないし、嫌みがありません。
ものすごく王道な進化というところでしょうか。
期待に応える内容だと感じます。
また1週間始まりますが、今週は後半お休みいただきまして帰省してきます。
日本代表戦は観るべく日曜に帰ってきますが、とりあえず最終予選が決まって一安心ですね。
[PR]
by yo4san | 2008-06-15 23:43 | Comments(0)

THE MARS VOLTA @ STUDIO COAST 2008/6/13

c0011327_012569.jpg


c0011327_0122144.jpg
怪しい咳が抜けないまま迎えた13日の金曜日で、しめくくりとしてTHE MARS VOLTAのライブに行ってきました。
ほぼ2時間そして当然のノンストップ、そしていったい何曲プレイしたかもよくわからない凄まじくアップダウンする展開と、毎回のことながら圧巻の内容でした。
それにしても相変わらずの壮絶さです。
セドリックはロバート・プラントに間違うくらいの風貌になり、その声は時折オマーのギターと区別がつかないハイトーンになり、ヴォーカルパートは完全に音の要素としての楽曲展開です。
あれだけ複雑なプレイをあれだけのパワーでやってのけるのは、やはりマネしようのない、次元を超越したバンドなわけです。
恐れ入りました・・・
[PR]
by yo4san | 2008-06-14 00:23 | Comments(0)

暑い季節を前に

c0011327_2336426.jpg
人間一度良いものに慣れると、なかなかグレードを落とせなくなるものですが、いよいよ暑くなってきましたので、さすがにBOSEのQuietComfort3はつらいシーズンになりました。
そこでインイヤー型のヘッドフォンをと思い、いろいろとビックカメラで悩んだ結果、いくら良い音が鳴るとはいえ移動中に利用するので、やはり騒音対策かと思い、ソニーのノイズキャンセリングヘッドフォンを買いました。
そりゃ音の面では善し悪しや好みもありますが、何年も前に買ったもソニーのものより格段に技術改善がされたのか、ノイズキャンセリングのレベルは飛躍的に向上していたようです。
ただBOSEと比較して、人の声までほぼ聞こえなくなるのはかなり不便なのですが、そこまでの値段でも無いというメリットもあり、この夏は重宝しそうです。

そしてここ最近のリリースラッシュでも光るTHE MUSICのニューアルバム。
「やっぱりグルーヴでしょう」という追求ができたような、もう名人芸クラスのサウンドになっているように思います。
これはライブが盛り上がる予感をさせるものです。
サマソニ出てくれれば良かったのに・・・
新ヘッドフォンで通勤中も聴いて行った気になるよう努力します。

今週は喉の痛みに苦しむ日々が続きます。
やっぱオフィスの空調だと思うんですけど、そんなことないんですかね・・・
[PR]
by yo4san | 2008-06-10 23:47 | Comments(0)

TAKE ACTION

c0011327_2311367.jpg

土曜は好天にも恵まれTAKE ACTIONということで中田英寿提唱のフットボールマッチ。
いくら値段が安いとはいえ日本代表戦をはるかに上回る集客に微妙な思いでしたが、なんとなんとダービッツ、セードルフ、エムボマにスキラッチとかなりの豪華メンバーで、意外なまでに楽しんできました。
写真の通りPKは外しても、さすが現役で大人げなく攻め上がるダービッツは最高でした。
それにしても日本代表はしょっぱい試合してますね・・・

c0011327_23115486.jpg
バンドが関与しないことを早くからアナウンスされたため、必要以上にそのあり方的な議論を煽られたRADIOHEADのベスト盤ですが、不買を促す一部の論者には「それぞれのアルバムがベストで再編集の必要なし」とか「バンドが関わっていないなら不要」とさもバンドの一員であるかのような立ち位置での評価に笑わされるわけですが、それなら「ライブはアルバムの順通りじゃないけど最高だと聴いてるんだろ?」「ボーナストラックのKiller Carsは邪魔者なんだろうな?」とか「世の中のベスト盤の多くは契約消化だったり解散後に出るけどそれも聴くなよ?」といった批判をしてみたくなるわけです。

そんな私がどうだったかというと、かなり楽しめましたよ。
未発表曲ひとつ無いわけですが、この不規則な曲順もかなり興味深くきけましたし、自分だったらどの曲と順にしたかなぁとか想起させるに十分なものです。
ジャパンツアーのセットリストも、その時を想いながら見返したりと、資料的価値にも恵まれた、曲のポテンシャルを再確認できた面白い内容だったなと。
聴いてもいないくせに不買を煽るような馬鹿げたことは慎むべきですね。
買いたくなければ、人に言わずに勝手にやめればいいだけ。
そしてブートも正論かざして一生買うな、聴くなと感じるわけです。
EMIとの関係性はさておき、秋のライブを楽しみに待つのみです。
明日からまた梅雨の天気に戻るようですが、がんばっていきたいですねぇ。
[PR]
by yo4san | 2008-06-08 23:43 | Comments(0)

梅雨入りのせいでしょうか

c0011327_21152924.jpg

先日の日本代表戦は席番号的にはメインスタンド4列目、前2列は潰していたので実質2列目の好ポジションで観戦できたのですが、後半5分くらい過ぎたところからあいにくの雨。
それでも内容的には、当たり前ながらも危なげなく、すでに報道されている通り快勝ということで楽しんできました。
ただ、試合展開についてはいいタイミングで、しかるべき決め方ができ、流れでも2点取ったというのは大きいものの、サイドをえぐるパターンに終始した感じで、早いパスワークによる攻撃はあまり感じられませんでした。
やはり高いディフェンスで引いた相手と当たったりすると、バリエーションが重要だと思いますので、そのあたりは課題だったんじゃないでしょうか。
あと交代メンバーはどれも機能しなかったし、変化に乏しい投入だったので、アウェイ2連戦はそうした面でもクリアされることを期待しています。

c0011327_21154629.jpg
そうして季節の変わり目のせいなのか、今日は朝から急に喉に異変を感じ、風邪の予兆を感じたので、こうして早く帰宅し、さっさと寝て治してしまおうと思います。
ここ最近、素晴らしい作品が多いのにあまり更新できていないのですが、このTHE FUTUREHEADSの3rdアルバムが抜群にいい。
過去2作もいつまでそんなカテゴリがあるんだという「ポスト・パンク」というくくりで扱われていますが、この作品は問答無用に「このバンドならでは」のパンクです。
ここまでコンパクトにたたみかける作品は爽快そのもので。
間違いなくバンドにとって歴史に残る名作と言えるオススメです。

c0011327_2116018.jpg
そしてシングルで書いてから、うっかり忘れてたGREEN DAYの変名バンド、FOXBORO HOT TUBSのアルバムもなかなか楽しめます。
こうしたガレージっぽい曲もやれる懐の広さが余裕を感じさせますが、楽しくやれてるからなんでしょうね。
やはり何事も自分がやりたいことでなければ、まともなものにはならないよなと、ちょっと仕事と重ね合わせて考えてしまったり。

さぁ、明日には回復できるといいのですが・・・まずは寝ることですよね。
栄養ドリンク飲んで、今週もあと1日がんばります。
[PR]
by yo4san | 2008-06-05 21:34 | Comments(0)

ASIAN DUB FOUNDATION & THA BLUE HERB @ STUDIO COAST 2008/6/1

c0011327_23421349.jpg

この週末はノーガード作戦とでもいいますか、あるがまま、素直に、ありのままという考えで過ごしまして、いろいろあった土日となりました。
雨が降っていたこともあって、ナビスコカップ観戦はあきらめ、昨日は映画「アフタースクール」を観にいきました。
洋ちゃん主演の映画ですが、侮る事なかれこれは面白い作品です。
最後の最後でいろいろわかりますよ。
ネタばれになるので書きませんが、オススメの映画です。

そして今日はASIAN DUB FOUNDATIONとTHA BLUE HERBのライブ。
あまり考えず行って気づいた整理番号がかなり若い番号であること。
せっかくなのでかなり前に陣取りました。
19時を7分ほどまわって開始したTHA BLUE HERBは、いつも通り、そして一切油断なく緊張感の高いライブとなりました。
一言一言が突き刺さる、迫力満点のパフォーマンスは期待通りで、約50分くらいでしたか、圧巻の内容です。
本当に札幌から出てきた世界でただ一つのヒップホップアプローチはどこまでもロックなわけですが、こうして出会いリアルタイムに瞬間を享受できるのは幸せです。

c0011327_23422550.jpg
THA BLUE HERBからセットチェンジは10分ほどでADFの登場となりました。
結論から言いますと、悪くはないのですが、いろいろと気になった点が。
まずプログラミングパートの音が終始小さく、いた場所のせいかイマイチ聞こえにくかったので、音の厚みにやや欠ける聞こえ方でした。
そしてモッシュがえらいことになっており、体中ぶつかりながら観ていたのですが、前作「TANK」の楽曲はいかにゲットー・プリーストの存在感があるかを痛感するヴォーカルパート。
それはいないんだから仕方ないのですが、やや物足りない感じがしてしまいました。
そしてアンコールで最後になった「No Fun」については、プログラミング音が小さいせいもあって、イギー・ポップの声がほとんど聞こえません。
最初何の曲か一瞬わからなかったくらいでしょうか。
全体的にはパフォーマンスは良く、現在のメンバー構成になって長くなったので、曲もこなれているのですが、上記の通りゲストヴォーカルが存在感を放つほど、ライブパフォーマンスには向かないことを露呈してはいました。
ディーダーに戻ってこいとはもう言わないにしても、色の違うMCをもう一人いれてもいいんじゃないですかね?
作品的には今がピークと感じるバンドだけに、そうした変化を期待したりしました。
そういえばチャンドラソニックは残念なことに、かなり頭部が進行していました。
そして下腹部も・・・ロックミュージシャンはやはりスリムであるべきですね。

さて、充実した週末となりましたが、明日からまたがんばっていきましょう。

ASIAN DUB FOUNDATION

Rise To The Challenge
Take Back The Power
Living Under The Radar
Target Practice
Riddim I Like
Ease Up Caesar
Burning Fence
S.O.C.A.
Flyover
Superpower
Awake & Asleep
Ta Deem
Free Satpal Ram
Oil

-encore-
Buzzin'
Fortress Europe

-encore2-
No Fun
[PR]
by yo4san | 2008-06-02 00:00 | Comments(0)