THE HOLY BIBLE

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

何があるかわかりません

c0011327_0563917.jpg
急に秋らしい気温になった今日は渋谷には顔を出しましたが、比較的大人しくすごした日曜に。
コンサドーレ札幌は残念な結果になりましたが、F-1もフェラーリは厳しい結果に。
最後の最後まで何があるかわかりませんが、私はとにかく仕事を乗り越えてという月替わりの1週間となりそうです。

突如リリースされたTRAVISのアルバムが想像していたのと大きく違う驚きが。
とにかく印象に残る過去の作品にはない、ラウドなギターサウンドとライブ感あふれるバンドサウンド。
もちろんながらのメロディもあるんですが、このライブサウンドはかなり意表をつかれます。
過去のどれと近いかといえば「Good Feeling」と1stに近いのかもしれませんが、録音技術の進化なのか、バンドのアプローチの変化なのか、とても生々しく、かつ力強い感じです。
あの繊細な雰囲気はかなり後退しているので、かなり想像を裏切られますので参考まで。
かといって良くないのかというとそういうわけではない、ライブで聴いてみたい、これからどうなるか注目してしまう内容です。
もうちょっと聴き込んでみる必要があるかもしれません。
やっぱりFUJI ROCK行っときゃ良かったかな・・・?
[PR]
by yo4san | 2008-09-29 01:05 | Comments(0)

勝利の余韻

c0011327_0134219.jpg

仕事により寝不足なまま、そして観戦自体が不安なまま、本日は首位大分との試合で日産スタジアムへ。
しばらく一進一退が続いた前半。
どうしてもFWの二人にはボールが収まらず、ディフェンスができていただけで、そこまで危ない場面はないものの、決定機もなくイライラし始めた後半に、ゴール前でフリーキックのチャンスが。
山瀬がケガで出れないところバックアップの狩野のフリーキックは見事に連続無敗14試合中の大分ゴールへ。
流れではイマイチな前半でしたが、後半は決定機も作れ、狩野の出来だけで決まったような試合となりました。
それにしても勇蔵、めちゃくちゃな歓迎ですねぇ・・・
いい写真が撮れた気もするんですが。

c0011327_014297.jpg

観に行ってちゃんと勝った試合になったのは何試合ぶりでしょうか。
やっぱり勝つって気分良いですね、最高です。
この感覚をもう忘れそうでしたよ。
トリコ傘も満開なスタンドも久しぶり。
大分を首位から引きずり降ろしたし、山瀬抜きの苦境でもなんとかなったし、嬉しい限りです。
札幌の状況はついにダヴィも抜けることになり、いよいよ厳しくなっていますが、シーズンも終盤に入りました。

c0011327_0141865.jpg
札幌で買ってきたTHE CORALのシングルベスト盤。
なぜにこの時期?という中途半端感のあるタイミングですが、新曲もありで気分良く聴けるものです。
2枚組のレアトラック集もついてますが、これはこれから聴こうかと思います。
それにしても今年は大物なり実力のあるバンドが次々リリースしてくれますね。
聴くペースが全く追いつきません。
嬉しい話ですけどね、そういうのは。

さ〜て、今晩はアーセナルの試合観てからゆっくり寝ますか〜
[PR]
by yo4san | 2008-09-28 00:29 | Comments(0)

箱根~東京~札幌~岩内

c0011327_16564951.jpg

火曜~水曜と仕事で毎年恒例の合宿ということで、場所が都合により鎌倉から箱根へと変更になり、温泉つきの集中検討となりました。
10月を控えてそわそわした雰囲気をよそに、まぁちゃんとできたんじゃないかと思いますが、帰って翌日木曜は夜に北海道へ移動。
思ったより気温差がありませんでしたが、やはり夜は完全に秋も深まった印象。
グルメ三昧と映画の金曜をうけ、土曜はコンサドーレvsジェフ千葉と降格圏どうしの争いとなりました。
前半15分で箕輪が退場の不運から2度も追いつきこのまませめて引き分けをと思った終盤。
まさかの2枚目イエローからダヴィが退場となり、あ?と思ったところまさかの逆転負け。
正直呆然とするほどまさかの展開でした。
千葉に勝てないようじゃかなり厳しいですが、10人でよく戦ったなと思うことにします。

c0011327_16571916.jpg
先週買ったMETALLICAのニューアルバムは、久々の初期スラッシュメタル路線を取り戻しての新作。
ただ、まるっきりスラッシュというより過去の作風の集大成的な感じでしょうか。
そこまでキャッチーなリフがあるわけでもないのですが、このスピード感はうれしいファンが多いのではないでしょうか。
それにしてもまだこうしたアルバム作れるんですねぇ、これだけのキャリアでありながら。
最近にわかにあのころのメタルバンド復調の兆しですが、このパッケージのロゴになるシールの部分ってどうつけたらいいんでしょうか。
特殊ジャケはこういうのが悩みます。
はさんで管理するにもサイズがはみ出しますので、何かうまくできる方法ないものかと・・・

本日は岩内にて温泉を楽しんでいますが、火曜に戻るまでもうちょいのんびりすることにします。
札幌で購入したiPod用の外部スピーカーが値段のわりに使えて、音楽もゆっくり聴けています。
どうせ来月は怒涛の忙しさになると思うので、充電、充電で・・・
先月も帰っただろうという話ですが、最近このサイクルがとても重要だったりします。
[PR]
by yo4san | 2008-09-21 17:10 | Comments(0)

WEEZER FESTIVAL @ 代々木体育館 2008/9/15

c0011327_038185.jpg

本日はなぜか複数バンド出演のフェスティバルともちょっと違った「WEEZER FESTIVAL」で久しぶりの代々木へ。
ついてまもなく始まったGOING UNDER GROUNDはすべて初めて聴いた曲でしたが、可もなく不可もなくという感じで、続くASIAN KUNG-FU GENERATIONへ。

シングル曲をあまりプレイしなかったので、知らない曲がほとんどでしたが、これはそこそこ楽しめました。
そしててっきりWEEZERを観に来ているのかと思った大観衆は結構お約束を把握しているようで、ファン層って一致してるんでしょうかね?
都度MCで繰り返されるWEEZERへの想いもちょっとうっとうしかったのですが、好きなんだから仕方ないでしょうか。

そしてセットチェンジなのでここから30分くらいかと思い座って、ものの数分でどこからか聞き覚えのある声で変な日本語の歌が。
気づけばすぐ横のPAにリヴァースが来ていて、あの「メリクリ」を歌い出したではありませんか。
その後も「ポニョ」を唄わせたり、グダグダな雰囲気のまま適当に日本語でしゃべりながらややしばらく経過。
そしてあれ?と思ったらその後ろに楽器を持った素人たちが集合。
どうやら「WEEZERと一緒に演奏しよう」的な企画の当選者たちらしく、客電も消えないままPA前のステージへ。
3曲ほどやったでしょうか、「Beverly Hills」を素人バンドに任せながらステージへ移動してようやく客電が落ちて本編開始。

先ほどまでのバンドと比較して、ドラムとベースの音の抜けが非常に悪く、サウンド面ではかなりがっかりしましたが、次々曲がプレイされていくテンポの良さは楽しめました。
でも前にサマソニで観た印象と大きく違って、次々ヴォーカルパートを代えつつ、ドラムをリヴァースが何度かプレイするなど、曲の展開よりバリエーションばかりが目立った感じで、ややとっちらかった印象。

c0011327_0381490.jpg
ただ、最新のこのREDアルバムを聴いていれば、やはりそういう展開の時期なのかなと思う内容でもあったと思います。
ひとつひとつは良い曲なんですが、こうもヴォーカル代えるバンドじゃなかったですからね、もともとは。
唄えるだけいいですけど、なぜにRADIOHEADの「Creep」?と思ったり。

とにかくファンの暖かさと、バンドのキャラクターと、曲の良さというのに大きく助けられた感じでショウを観たというより、ファンとの集いという趣の内容でした。
それはそれで楽しめたので、まぁいいんですけど〜
[PR]
by yo4san | 2008-09-16 00:54 | Comments(0)

音楽ダウンロードと新iPod

c0011327_22391642.gif
この1週間はかなり仕事がハードだったので、その分しっかりリフレッシュと思い、昨日はかなりアクティブに過ごしました。
HMVがポイント3倍だったのもあり、CDもかなりアクティブに購入したのですが、そちらはこれから聴こうと思っています。

今週かなり聴いていたのが、突如発表されたBLOC PARTYのニューアルバム。
CD到着まではということでRADIOHEADやNINと同じ先行ダウンロード方式。
今回はその値段も安い感じがしましたが、最近すっかり増えてきた手法に感じますが、作ったらすぐ出して聴かせたいというのは、アーティストが共通して目指す目標なのかなと思いました。

で、せっかくなのですぐ聴きましたが、序盤には相当驚かされる曲のバリエーション。
かねてからリズムセクションは打ち込みかと思うほどの正確なタイミングと、複雑さを増してきていた展開の流れは大きく変わらないものの、ホーンセクションが印象的だったり、ビッグビートかと思わせるビートまで登場。
さらに曲の構成力をつけてきた感じです。
アルバムごとに着々と進化しているこのバンドはまだまだ行きそうな感じです。

忙しかったせいで、なかなか家でゆっくり音楽も聴けなかった1週間でしたが、ついに出ました新iPod120GBを発表当日に購入し、ハードディスク容量に悩むことのない快適さを手に入れたことで、iPodも大活躍となりました。
かれこれ数ヶ月、60GBを使い果たして1枚入れるために1枚分プレイリストから外すという面倒さにイライラしてたこともあって、これは期待通りの商品でした。
あまりそういうニーズは無いかもしれませんが、これからも大容量のClassicのラインは継続してもらいたいです。

さて、プレミアリーグもテレビ観戦が忙しい週末ですが、前戦でまさかの終盤となったライコネンはどうなるかと、今日もF-1観ないとですね〜
[PR]
by yo4san | 2008-09-14 22:58 | Comments(0)

がんばろ

c0011327_0404526.jpg
急激に忙しくなってきた仕事のピークだったりしまして、帰っても微妙に仕事、明日も早朝・・・というのを繰り返しそうな週となります。
こんな時はノリ良くと思い、CHEMICAL BROTHERSのベストを。
あれ?もうベストか?と思ったのも正しく、以前のベスト盤からのインターバルはアルバム2枚なので、曲も結構被ります。
新曲が2曲入っていまして、これも注目なのですが、またもや「It Began In Afrika」が入っていません。
前回ベストになぜ日本盤ボーナストラックだったのか不思議で仕方なかった大好きな曲でして、今回はと思いきや・・・あれ?
DISC2の「Electronic Battle Weapons」が1〜10まで完全収録という5に入っていました。
・・・って、てっきりシングルで出てたものと思いましたが(アナログ持ってますので)、この曲が「Electronic Battle Weapons」だとは知りませんでした。
それでアルバムにも入ってないんですかね?
とりあえずこのDISC2のおかげで、久しぶりにCDJで練習してみないとと思い出しました。

それにしても本日放送だった「SMAP×SMAP」に出たCOLDPLAY。
あの名曲も中途半端にカラオケ合唱にされて、余計なことを・・・と思ったりしましたが、そりゃSMAPの番組だから仕方ないですかね。
せめてもうちょっと練習しても良かったんじゃないですかね、SMAPは。
そしてサマソニの「世界で一つだけの花」はテレビ用だったわけでもないようです。
いったいいつ覚えたんでしょうね・・・
[PR]
by yo4san | 2008-09-09 01:00 | Comments(0)

意表をつかれた

c0011327_22345580.jpg
土曜は久しぶりに同期宅訪問で千葉まで(千葉市ね)行ってきました。
千葉に行くのは幕張以外にないので新鮮です。
昔話や近況やらと長居してしまいました。
今日は先送りになっていた映画「STAR WARS -THE CLONE WARS-」を観てきました。
やはりCGアニメだけに、ライトセーバーでの戦闘シーンは実写ほどのエレガントさはないですが、声優も本人かと思うソックリさ(C-3POやドゥークー、メイス・ウィンドゥは本人らしいですね)かつ、演出はまさにスター・ウォーズなので、しっかり楽しんできました。
やっぱりエピソード6以降も作って欲しいですね。
日本代表の試合には本当にヒヤヒヤしましたが、買うまではある意味ヒヤヒヤしたSLIPKNOTの新作。
いくらメロディアスとはいえどうもあの咆哮ヴォーカルが苦手だったので1st以降あまり聴いてませんでしたが、意を決して聴いたら、なんかすごいじゃないですか。
曲のバリエーションも豊富で、すっかり楽しんでしまいました。
きっとオールドファンは批判の多かろう内容でしょうが、私はこれで初めて聴きたいバンドになりました。
ただ、私の普段聴く音楽とは随分違う感じですから、そのあたりご承知おきください。
さて、F-1はフェラーリ勝てますかね〜?
と、まだ日曜の終わりを感じたくない夜です・・・
[PR]
by yo4san | 2008-09-07 22:49 | Comments(0)

『20世紀少年』観てきました

c0011327_053156.jpg
WIRE疲れをよそに、原作が好きだったのでどうしても観ておきたかった『20世紀少年』を観てきました。
もともと3部作なので、これだけで評価するのが妥当かはわかりませんが・・・
これから観る方のためにも、アドバイス的に。
原作を観ていないと、あまりに省略されているので、きっとなんだかわからないうちに終わります。
もともと映画化が不可能と言われていたのがその複雑なストーリー構造で、時代の激しい行き来ととてつもなく多い登場人物。
キャラを少しづつ定着させながら、曖昧さを残して進む展開は切りどころも難しいし、2時間半×3回でカバーできるボリュームではなので、大胆に省略は必要なものの、キャラそれぞれの背景が説明されないまま、どんどん進みますので、原作を知らないとついて行くのも容易ではありません。
ただ、信じられないほど原作のイメージを持つキャスティングと、少年時代の子役陣がこれまた異常に似ているメンバーなので、原作をかいつまんだ展開でストーリーが頭に入っていると、違った楽しみはあると思います。
でも、突然これ観てわかるんですかね?
あと2作もちゃんと観てから振り返るのがいいかもしれません。

それにしても本日の「ガキの使い」に唐沢寿明登場。
ここまでやると三谷幸喜のようで宣伝も度が過ぎているような。
60億という制作費がこうして反映されるわけですか・・・
劇中では当たり前ながらT-REXの「20th Century Boy」がバッチリ使われます。
もともと好きな曲なんですが、いくらなんでもCMやら何やらかかりすぎで、それもなぁ・・・と感じていたところですが。
映画ではケンヂが唄う「Bob Lennon」もかなり印象的でしたが、こうしたロック・クラシックは年月が経とうともグッとくるものですね。

さて、土日がWIREであっという間で、週明けが思いやられますが、がんばっていきたい9月です。
[PR]
by yo4san | 2008-09-01 01:08 | Comments(0)