THE HOLY BIBLE

<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

こだわり

今日は仕事で、某オーディオ機器メーカーさんにお邪魔し、ヘッドホンの新製品のチェックをさせてもらいました。
最初はどのくらい商品によって違うもんだろうかと不安な部分もありましたが、これが驚くほどモノによっても違いますし、これだけ長いこと売られている商品も、着実に進化しているのを感じさせられました。
もともとそこまで音にうるさいほうではありませんが、圧縮音源の音質チェックとかを最近繰り返しやっていることもあって、かなり新鮮な驚きをいただいてきました。
そして担当の方から丁寧な商品説明をいただき、これまた作り手の想いみたいなものを感じ取れて面白かった。

c0011327_2136255.jpg
そんなところ、U2の初期3作品がすべてリマスターされ、オマケいっぱいでリリースされていまして、「Under A Blood Red Sky」について先日書いたとおり、音が私もしっかりわかる改善がされているのはこの商品も同じ。
どの楽器もしっかり輪郭がわかる音になっているから驚きます。
そしてオマケ。
この「Boy」ではとにかく重要なのがアルバムには収録されなかったシングル「11 O'Clock Tick Tock」「Another Day」などと、そのカップリング曲がおそらく初CD化だと思いますがバッチリ入っています。
そして「Boy」のアウトテイクもいろいろと。



c0011327_22251530.jpg
最近ではライブでのプレイ率を考えても一際地味な印象の「October」ですが、80年代のライブではよくプレイされていた「Gloria」などはやっぱりいいよなと思ったりしつつ、こちらのオマケは充実したライブテイク。
これだけの音源がいろいろあるのも、ここまでの長いキャリアの賜でしょうか。



c0011327_2137933.jpg
そしてリマスターによって、ドラムサウンドの輪郭がハッキリして、とりわけパワフルに感じる「Sunday Bloody Sunday」から始まる「War」は、その名盤たる充実した楽曲群が何度聴いてもすばらしいわけですが、このオマケはU2で唯一アダムのソロボーカルとしてレコーディングされた「Endless Deep」から始まり「New Year's Day」「Two Hearts Beat As One」のミックス違いを数パターンとこれまたよく何パターンも作ってたんだなと思いつつ、掘り出せるアイテム数の多さに驚かされるものです。




正直、オマケCDはやはりマニアックな内容なのですが、こういったリマスター&レアテイクという方法は、ファンには楽しめるし、THE EDGEの解説もかなり興味深いものです。
せっかくここまで出ましたから、いっそのこと「The Unforgettable Fire」も出してもらえないですかね?
「Pride (In The Name Of Love)」なんか音が良くなって聞けたら最高だろうなと・・・
[PR]
by yo4san | 2008-10-29 22:35 | Comments(0)

アートなんですが

c0011327_2383928.jpg

本日はず〜っと気になっていた、BJORKがサントラやりつつ、マシュー・バーニー監督との共演で話題になったものの、国内では金沢でしかやっていなかった「拘束のドローイング9」を観てきました。
渋谷で昨日から1週間の上映となり、すかさずということで今朝行ってきました。
内容はやはりかなりアバンギャルドなアート要素満載でしたが、ほぼ終盤までセリフ無しの音楽中心の展開だったので、そのまま?と思いきや、お茶のシーンからどこかぎこちない茶道家から日本語が出始め、双方ナイフでお互いを切り出すシーンでほぼ観てられなくなり、ようやくと思ったところ「は?」という不思議なシーンへ。
途中もかなり怪しいシーンが連続しますが、こういったアート主体の作品は久しぶりでした。
日本の伝統的な物にいろいろと関心があるんだろうなとは思いましたが、なんだか夢に出てきそうなシーンの数々でした。


c0011327_16405037.jpg
ところでそのサントラですが、リリースされたのは随分前でしたが、本当に映画そのままでして、BJROKのヴォーカルがある曲にこそ注意がいってしまいますが、この映画の独特な雰囲気に一役買っています。
「Holographic Entrypoint」では、それこそどんな使われ方する曲なのかと思いましたが、そういうことでしたか・・・
で、最後に気になるこのジャケットの人。
いったい何の役で、どういう意味がある登場だったのか、イマイチわからなかったのですが・・・
DVDで出るんでしょうか、この映画。
でも・・・またあの茶会のシーン以降観れるかな・・・
[PR]
by yo4san | 2008-10-26 16:56 | Comments(0)

ちょっとした変化

c0011327_23245556.jpg
今月はかなりいいペースで更新を続けていましたが、今週は一気に忙しさが訪れ、気づけば週末という勢いでした。
毎年このシーズンは忙しくなるものの、こればっかりはかわすことができないものです。
そんな割に今朝意外と早く起きたので、午前中にサラッと渋谷でCDを買い出してきました。
HMVの新ポイントシステム移行は来年のようですが、微妙に還元率が悪くなりますね。
これでほぼタワレコと一緒なので、またどっちをメインにするか悩ましい問題です。

早くも3作目となる、KAISER CHIEFSのニューアルバムは、それまで2作をイメージしてると大きく違う、驚きの作品になりました。
かなりビートがダンサブルかつ、ものすごくオシャレな出来になっています。
これだけしっかり作り上げられた完成度とは思いも寄りませんでした。
来日も決まったようで楽しみになる作品ですよ、これは!
[PR]
by yo4san | 2008-10-25 23:34 | Comments(0)

また来年がんばりましょう

c0011327_239298.jpg
今日はマリノスを観に行くつもりでしたが、その直前にコンサドーレのJ2降格が決定し、気持ちが萎えてしまい、自宅にてファイターズを観戦してしまいました。
あっという間のJ1シーズンでした。
来年はまたJ2ですが、がんばってもらいたい。

この土日はCDの整理にがんばっていましたが、結果見た目はそこまで変わらなくても、自分的には劇的改善となったと思っています。
片づけしていると、久しぶりにこれ聴こうとかいうことで、懐かしいのが中心になってしまいますが、ブリットポップと一緒にされていたDODGYが出直しというのではありませんが、再結成していまツアーをUKでやっているそうですね。
このメロディ、平和な感じが心を癒してくれますが、今も健在なのでしょうか。
来日してくれませんかね、せっかくなので。

さて、今夜もF-1はフェラーリの健闘を祈りつつ、明日からの1週間がんばっていきましょう。
[PR]
by yo4san | 2008-10-19 23:29 | Comments(0)

FIGHTERS FROM MARS

c0011327_21214256.jpg
今日は西武ドームに行こうかとも思いましたが、CDを片づけしつつ自宅にてクライマックスシリーズを観戦。
昨日はボロ負けでしたが、さすがダルビッシュで完勝でしたね。
この調子で日本シリーズまでがんばってもらいたいです。

買ってからしばらく聴けずにいたDAVID BOWIEの72年のライブアルバムをようやく。
今頃発売というのも不思議ですが、もともとはブートで出回っていたようで、音の方も決して良くはないのですが、なにせ当時といえば、「Ziggy Stardust」のツアーで、ギターはミック・ロンソンです。
これだけのライブ今まで出てなかったのがもったいないですよ。
もう一声音が良ければさらに良かったのですが、これだけ経ってからも楽しめるのですから文句を言ってはいけませんね。
ライブならではの迫力がちゃんと感じられ、名曲のオンパレードなので、これはかなりいいですねぇ〜
[PR]
by yo4san | 2008-10-18 21:33 | Comments(0)

ミス、その後・・・

c0011327_23195015.jpg

昨日の代表戦は報道の通りしょっぱい内容でして、4人ぴったり並びながら高いラインコントロールを続けたウズベキスタンを中盤がなかなか崩せず、雑なプレイで嫌な予感がした闘莉王のミスから先制される最悪パターン。
だからDFなんだから守れよといつもイライラするんですよね、あの内容だと。
反省したのか下がったらディフェンスは安定しキープできるようになって、写真のようなチャンスも増えたわけです。
これは決まりませんでしたが、そのあと1点返したあとは、お約束の決定力不足。
どうせロングボール使う展開なら巻入れておけばよかったのにね〜
でも昨日は闘莉王がやらかさなければ勝っていました。
まだまだ油断できませんね、最終予選。

c0011327_2320423.jpg
同じミスでも広島でステージから落ちて額の流血騒ぎになったBEN FOLDSはニューアルバムでこの自虐ネタがオープニングトラックになっています。
ただでは起きませんね。
いつも以上に弾けた感じのピアノも期待通りに、ポップにメロディアスに楽しめる作品になっています。
私はDVD付き限定盤を買ったので、このジャケじゃないのですが、ユーモアセンスもあり、変わらないなぁという印象です。
ミスもこうして笑い飛ばせるタフさと、はじき返せる勝負強さを身につけなければいけませんね、日本代表。
[PR]
by yo4san | 2008-10-16 23:43 | Comments(0)

続々出ますねぇ。

c0011327_017885.jpg
本日仕事の合間にHMVに寄りまして、期待していたKEANEのニューアルバムを購入。

夏に期間限定でダウンロード提供されていた「Spiralling」で激変ぶりは感じていましたが、想像以上にエレクトロ、ポップな楽曲が序盤集中的にあるため、かなり驚く内容だと思います。
キーボードのサウンドバリエーションも広がり、ギターも多用され、リズムもかなり工夫された挑戦を感じますし、ボーカルがかなりパワフルな印象です。
タイトル曲「Perfect Symmetry」までくると、おなじみKEANEのイメージでようやくホッとする感じでしょうか。

ライブとなると今までの楽曲とどう組み合わさってくるのかとても興味深いですね。
KEANEはライブDVDをふたつため込んでいるのですが、まだ観れていないので、それはまたの機会に。




c0011327_0172741.jpg
もうひとつこれはすでにサンプルで聴いていたのですが、電気グルーヴのニューアルバムは明日発売。
メンバーお二人が非常にリラックスした感じで、楽しんで作っていたとお話をうかがいましたが、今年2作も出してしまうこの働きっぷりで、その勢いのままビートが自然と身体を動かす直球な楽曲群ではないでしょうか。
TDKのCMで気になっていた曲はなんとそのまま30秒で終わり次のトラックに入る意表をつかれるものでしたが、ループさせてDJで使ってみたい感じです。
なんとなくジャケットがあのピ○チュウに見えなくもないのが面白いですね。

いや〜本当に連日まったく時間が足りません。
こんなに良い作品がいっぱい出ているので、ゆっくり何度も聴きたいですねぇ・・・
[PR]
by yo4san | 2008-10-15 00:37 | Comments(0)

リイシューを侮るなかれ

c0011327_03125.jpg
今日は映画観に行ったりDVD観たりと、これもまた秋らしい時間の使い方となりました。
最近更新頻度が上がっているのも、大物のリリースも多ければ、少しでも多くと思っていろいろ聴いているせいなのですが、U2のリイシューものが最近かなり活発です。

一番最近リリースされているこの「Under A Blood Red Sky」もリマスターに加え初DVD化となる同ライブ映像を収録。
CDのほうも十分リマスター効果が確認できる音質改善。
こうした技術進化は本当に素晴らしいですね。
旧作もとても生々しい音で楽しむことができるわけです。
SHM-CDという物理的な改善による物も盛んに売られていますが、こうしたリマスター効果にはかなわないと思います。

そしてDVDにも驚きます。
映像はビデオクオリティをそのままなのでしょうが、音が劇的に良くなっています。
当時の若々しさと、前のめり感も、こうした形で観ることができると、嬉しいですね。
来年早いうちにニューアルバムと言われているU2ですが、歴史を振り返るにもいいアイテムです。
従来のCDを持っている方、十分改善がわかりますので、好きなアルバムならオススメですよ。
その他のアルバムはまた今度ということで・・・
[PR]
by yo4san | 2008-10-14 00:44 | Comments(0)

Flash Ah Ah〜〜♪

c0011327_23323271.jpg
今日は早めに起きて日用品の買い物をしてからF-1と思っていましたが、普通にのんびりサンジャポしてしまい、F-1をそのまま観ることに。
とにかくフェラーリの健闘を期待しましたが、続くハプニングでマッサも1ポイントでは、チャンピオンシップも苦しい展開変わらずとなりましたね。
思えばまだ一度もF-1を観に行ったことが無いのですが、来年はと思ったりしました。

F-1の番組テーマに「Flash」を使われているQUEENが、ポール・ロジャースとアルバムまで出してしまいました。
ここに参加のQUEENは2/4ということで、音はあのブライアン・メイのギターなので随所にらしさがありますが、QUEENといえばのコーラスは控えめで、あくまでポール・ロジャースとの別ユニットによるアルバムというテイストです。
これが意外にしっかり王道のロックになっていまして、驚くということではないのですが、安心して聴ける、よくできているアルバムです。
輸入盤でDVD付属の限定版を買いましたが、収録されているのが以前来日したときのさいたまのライブ。
横浜アリーナを観に行ったのですが、基本的には同じ感じだったなと当時の記憶をフラッシュバックではありませんが、呼び起こされました。
国内版だとCDみたいですが、こういったものはDVDのほうが良かったりするかもと思う内容でした。
[PR]
by yo4san | 2008-10-12 23:43 | Comments(0)

SOULをDIG OUTしています

c0011327_21374692.jpg

昨日は10/10ということで10周年だったWIREの打ち上げでして、家に帰ったのは4時過ぎというどっぷりな感じとなりました。
さすがに酒も残り、ゆっくり寝て・・・と思いきや、電話で起こされ届きました、ようやく。
OASIS「Dig Out Your Soul」のBOX SETです。
発送通知があったわけでもなく突如届きましたが、やはり豪華のボックスとなっております。
ただ、梱包があまりよろしくなかったせいか、やや箱のところどころがぶつかって凹んでいまして、やや残念な気にもなったのですが、とにもかくにも到着です。

もう何度もアルバムのほうは聴いているのですが、お楽しみがアルバム未収録曲でして、リミックス曲が多く収録されていますが、やはり目玉は国内盤にも未収録の「Boy With The Blues」ではないでしょうか。
そしてとても良い曲なんです。なぜアルバムに入れなかったのかというくらい。
あと「Lord Don't Slow Me Down」ですが、過去リリースされていたコンピ収録のものと音がやや変わっています。
ベースの音がはっきりくっきりといいますか、各パートの音がそれぞれキレイになった印象です。
どこにも何も書いていませんが、おそらくミックスが違いますよね?

そしてこのセットには全曲アナログ盤も入っていて、リミックスなんかはDJで使うのにもいいかなぁと思っています。
やはり7thアルバムはラッキー7になったか、いい作品になっていますね。
何度も聴きたくなる感じです。
3連休の今週末、音楽も映画もたくさん楽しめそうな気がしています。
[PR]
by yo4san | 2008-10-11 22:18 | Comments(0)