THE HOLY BIBLE

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ただただ真摯に

c0011327_1463846.jpg
今週は多忙に加え、どうにも思うように事が運ばないストレスにさいなまれ続けた1週間でした。
(GREEN DAYとは別な話です、念のため。)
お願いするのも、待つのも、そして平静でいるのも難しいと思ったこと何度となく。
今日は仕事理由でセミナーを受けた一日。
思いがけぬ場所で、思いがけぬ人とも会ったりしました。
これが活きてくるかはわかりませんが、それもこれも自分の気の持ちようと思って、来週に向けリフレッシュしようと思っています。

かねてから楽しみでしたdetroit7のニューアルバム。
事前に古田島さんから手応えを聴いていたのもありますが、これは聴いててじっとしてられないビートになっていました。
ビクターに移籍しての最初のアルバムとなりますが、こうしたロックがちゃんと売れてほしいものです。
なんだか今の日本は生ぬるい音しかうけないような風潮がどうもね・・・
7月のUNIT楽しみにしてますよ!
[PR]
by yo4san | 2009-05-31 01:59 | Comments(0)

空振り続き

c0011327_2339569.jpg
先日書きました通りGREEN DAYのライブは残念ながらチケット取れずじまいで諦めまして、続けてミュージックステーションの観覧も見事に外れまして、どうにも今回はGREEN DAYとは縁が無いままの状態。
諦めたライブの日となった本日は、仕事の兼ね合いでGREEN DAYも所属するワーナーミュージックさんのコンベンションに参加。
その前の予定がおしてしまい、かなり遅刻しての到着だったのですが、着いて教えられた出来事。
「つい先ほどGREEN DAYが来てライブはしませんでしたが、挨拶あったんですよ〜」
・・・どこまでも空振りな今回の来日でしょうか。
そんなこともありますよね・・・
昨今の忙しさとあいまって、疲れが一気に襲ってきました。

次は前回やんごとなき事情により諦めたTHA BLUE HERBがリキッドの5周年ライブに出演となるので、空振りしないようなんとしても行こうと思っています。
このニューシングルも非常に素晴らしく、もう何度も聴いているのですが、重ねて驚かされたゲータレードのCM。
しかもCM専用の楽曲が流れているではありませんか。
凄いことやりますねぇ。
めっちゃ楽しみにしてますよ、本当に・・・
[PR]
by yo4san | 2009-05-28 23:46 | Comments(0)

これまた力作

c0011327_2326412.jpg
これも間があいてしまいましたがGREEN DAYのニューアルバムも素晴らしい出来になりました。
前作の成功もあって、ピークという向きもありますが、大きな変化は無かったものの、さらに音のほうでの努力を感じる力作です。
ロック・オペラ的展開はより複雑にするか緩急つけるかということになりますが、曲としてよく仕上げたなというのが印象です。
全世界でかなりのヒットになると思いますが、日本でも金曜発売なのにオリコン総合1位とチャートアクションがいいですね。
そんなところにプロモーション来日で1日だけ赤坂BLIZでギグをやるという話でしたが、クリエイティブマンの先行で落選し、本日の一般発売でもあえなく撃沈しました。
クリエイティブマンの先行で買えなかったの初めての経験ですよ・・・
かなり残念だったので、午後は気分転換もかねて渋谷へ買い物に行ってきました。
すっかり暑くなって夏の陽気です。
これから大変な季節ですねぇ・・・
[PR]
by yo4san | 2009-05-23 23:41 | Comments(0)

遅ればせながら

c0011327_23355644.jpg
なんやかんやで慌ただしい日々ですが、暑さにも負けず、イライラにも耐えということで、今週もがんばっています。
間隔があいてしまいましたが、先週ついにリリースとなったMANICSのニューアルバム。
もう何度聴いたか忘れるほどのリピートを経て、追っかけリリースとなった(涙)デラックスバージョンも入手してみての感想まで。
今作のポイントはやはり失踪前に3人のメンバーにリッチーの残した詩から生まれた4人のMANICSの作品であるということ。
そしてレコーディングは一発録りということで、非常にライブ感を持たせた緊張感を持っているということになるかと思います。
名作中の名作「THE HOLY BIBLE」の続編とも言われますが、あの怒りと憎悪の弾丸のようだった「THE HOLY BIBLE」からみると、今作の歌詞については攻撃性はもちろんありますが、行き詰まりを感じさせる世界ではないということ。
失踪前にこれを残したのは意図的と語っているメンバーがようやく向き合い、当時との折り合いをつけるべく望んだのかと思いますが、何か解放に向かった世界が感じられた気がします。
デラックスバージョンにある全曲分のデモを収録したDISCからは、このアルバムを生み出す課程を共有できる気がする興味深い音です。
そしてリッチーの残したオリジナルのノートまで見ることができます。
リッチーがきっとどこかでこの作品を聴いて、楽しんでいることを祈りたい。
あれから15年ぶりで節目を迎えた記念碑となる作品です。
7月の来日ではどういったプレイを見せてくれるのか、楽しみでなりません。
さらに聴き込んで望みますよ。
[PR]
by yo4san | 2009-05-20 23:53 | Comments(0)

そりゃないよ

c0011327_242231.jpg

1週間の疲れがどっと出たのか、夕方まで何もできずで、ようやく動けるようになったということで久しぶりのマリノスを観に新横浜へ。
ここのところ、コンサドーレにしろファイターズにしろ、観れば勝っていたり、その後も好調を維持しているので、そんな気分で向かったところでスタジアムで出迎えたマリノス君はなぜかこんな不格好かつ、ヨレヨレでした。
これって出さないほういいと思いますけどね・・・

そんな不吉な予感が的中したのか、メンバー的には今シーズンで理想のメンツながら、布陣が非常に微妙。
なぜ4-3-2-1にしたのか、という意味では勇蔵と小宮山が戻ったから松田をボランチにして、4バックとすると中盤がああなってのFWが渡邉を中心に坂田と狩野という話しだったのでしょうが、とにかくさして驚異でもない相手の平山とかいう元怪物とか、パスワークとかでずるずるDFがさがり4人のDFに加え、松田も守りっぱなしという酷い前半。
とにかく中盤の人数が足りないもんだから、MFとFWで満足にキープもできず、こりゃないなと思ったわけです。
小宮山のクロスも正確性に欠けたし、田中なんて何度となくミスして。

後半になればアジャストしてくるかと思えば、なんとなくそのまま。
そりゃメンツは悪くないわけだから様子を見たい気持ちもわかりますが、あれだけ抑えられて何も変えないのは非常に問題。
相手は2トップなんだから、なぜ3-4-2-1にして中盤を形成しないのか、とても歯がゆい思い。
私ならすぐに松田をDFに戻し、中澤と勇蔵でリーグ屈指の3バック。
田中を下げて水沼入れての中盤は小宮山、狩野、兵藤、水沼として、シャドーに山瀬を上げて坂田と、渡邉のトップとしましたけどね。
そうすりゃ少しは中央でタメもできて功治の突破を増やせれば、バイタルエリアでもうちょっと動けて、チャンスも増えたと思います。
功治を後ろで使っちゃ駄目ですよ。
そして4バックのままいくにも、MFは横に4人フラットにして4-4-2のほうが今日のFWの連携の悪さからも妥当だったと思います。
本当に観てていらいらする試合となり、残念な結果となりました。
気温同様にとても寒かった。
今日はブルーノと今野の元札幌DFコンビもさぞ守りやすかったことでしょう。
それにしても今野をセンターバックで使うとはなんともったいないFC調布。
マリノスの自滅という感じがした本日の試合でした。


c0011327_2125186.jpg

そんなイライラもあり、心を落ち着けようと帰りに聴いていたのは昨日からDLで無料配信が始まったCOLDPLAYのライブアルバム。
予告通りの配信実現となったわけですが、これだけのものを配るってのが凄いファンサービスですね。
どこでの収録かがわかりませんが、あのライブを観ていただけにフルサイズで聴きたいとも思ってしまいます。
そして行った人だけがわかるこの蝶。
思い出しますねぇ〜


今週は他に注目のリリースが連発だったので書きたいこともあったのですが、それはまた別にということにします。
[PR]
by yo4san | 2009-05-17 02:42 | Comments(0)

また始まります

c0011327_2236386.jpg
帰省中はとにかく好天に恵まれていた札幌でしたが、その間雨が続いていたらしい東京も今日は凄まじい暑さになりました。
毎年夏の知らせにはぐったりしますが、明日からまた日常が始まることになります。
上京して8年になってもまだ慣れないこの気候。
こりゃずっとこのままかなとも思いますので、日々を大切に過ごそうと思います。

先日、行けなくなったTHA BLUE HERBのリキッドルームで先行発売ということで、10年前の東京初進出でのライブ映像となる「演武」がDVDでリイシューとなりました。
この前からすでにTHA BLUE HERBは札幌にて経験できていたのですが、映像はさすがに当時のものなのでというのはあるものの、その場を感じるには十分な凄まじさが、改めて観ても再確認できます。
当時札幌のシスコで普段はあまりチェックしないHIP HOPのコーナーで、新作のリリースのたびに心躍らせたのを思い出しました。
VHSのみの映像作品はこうしてDVD化されるのは大歓迎ですね。
BOSSは攻撃性が最も外部に向いていた時点なのかなと振り返ってみて感じましたが、リリックはより深化し、基本は全くブレずにやってきてるのがわかります。
ニューシングルも今月出るそうなので楽しみが続きます。
[PR]
by yo4san | 2009-05-10 23:01 | Comments(0)

LIFE STORY

c0011327_018232.jpg
本当であれば5/2はかねてからの楽しみだったTHA BLUE HERBをリキッドルームで観ているはずでした。
東京進出から10周年の記念ライブというのも、何かサプライズ的なこともあるかなと楽しみにしていました。
それが4/29の朝、祖母の訃報を受け急遽夕方北海道へ帰り、通夜、告別式と昨日まであわただしい日々となってしまいました。
いつも会うたびに「お前は性格が優しいから、周りに負けるなよ、がんばれよ」と言われていたものです。
ずっと面倒を見てもらっていたのもあって、冷たくなった祖母の手を握ったときには、本当にショックを受けました。
自分でも驚くほど、自然と涙が流れました。
その前の日まで食事も問題なく、急にということでした。
94まで生きれば大往生なのでしょうが、とても穏やかな表情だったのは、なんとなく私が救われた気持ちになりました。
何度も何度も手を合わせ、そのたびに「ありがとう」と伝えました。
久しぶりの親族との再会は、普段疎遠になりがちな私も、血縁という絆を強く感じたし、自分自身悔いの無い生き方でいようと再確認した気がします。

そんなことでTHA BLUE HERBは観れませんでしたが、昨年のツアーの模様を収めたDVDは真摯な音楽との向き合い方を伝えるとても充実した内容で、ファンにはたまらないものです。
このツアーはローソンチケットでの販売をちゃんとチェックしていなくて、気づけばソールドアウトしていたので、こうして確認できてよかったのですが、今日もきっと充実したライブを見せてくれたのではないでしょうか。

明日からは当初予定だったGW帰省にスライドということになります。
なんとなく溜まった疲れも取れてきたように思います。
明日からまた1日、1日を大切に生きていこうと思います。
[PR]
by yo4san | 2009-05-03 00:41 | Comments(0)