THE HOLY BIBLE

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

SUPER FURRY ANIMALS @ SHIBUYA-AX 2009/11/26

c0011327_0432990.jpg
仕事を強引に区切りつけて飛び出してAXに向かいました。
こうして定期的にアルバム出してはツアーで来日というサイクルが、これほどありがたいバンドも少なくなりつつあります。
このバンドはいつもピュアに音楽を楽しむことの素晴らしさを再確認させてくれます。
どこまでもマイペース。
演出というよりはアイデアとして出てくるネタがいつもツボをつく。
「Slow Life」から始まったショウは、今回グリフはヘルメットを被りませんでしたが、次々出てくるボードによるメッセージ。
「ありがとう!」「拍手」「最高」それくらいしゃべればすぐなのにと思いつつ、いちいち出すのがそのたびに笑えるし、愛されている空間に変わるから不思議なバンドです。
「Inaugural Trams」でFranzのニックが唄う部分ではその写真にマイクを近づけて唄ってる風に見せたり、「The Man Who Don't Give A Fuck」で締めくくるかと思いきや、またしてもボードで「Resist Phoney Encores」と出して笑いを取りつつ1曲やって終わるのが、このバンドらしさを自然体で表していた気がします。
ステージから去るときも、グリフは「The End」というボードの他に、「DANKE」や「Obrigado」といったボードを一つ一つ見えるようにおいていくのも、なんだかいいんですよね。
セットリスト的には驚くほど新曲が少なく、ベスト盤的内容で、終盤にいかにもな曲をまとめたわかりやすい展開でした。
せっかくなのでもっと新しい曲聴きたかったなとは思いましたが、とにかく楽しく過ごせたことに満足しました。
毎回このバンドについては同じ事書いているような気になりますが、貴重なバンドですねやはり。

Slow Life
(Drawing) Rings Around The World
Golden Retriever
Hometown Unicorn
Mt.
Moped Eyes
Demons
If You Don't Want Me To Destroy You
Inaugram Trams
The Very Best Of Neil Diamond
White Sox/Flip Flops
ICE HOCKEY HAIR
Zoom!
Hello Sunshine
Juxtapozed With U
The International Language Of Screaming
God! Show Me Magic
Neo Consumer
Crazy Naked Girls
The Man Don't Give A Fuck
Keep The Cosmic Trigger Happy
[PR]
by yo4san | 2009-11-27 00:57 | Comments(0)

まだまだ出そう

c0011327_23581825.jpg
今日は職場のメンバーでちゃんこ鍋を食べに行きました。
これが3連休で最も遠出した用事ですが、それも最寄り駅よりちょっと歩いたというレベルの引きこもりっぷり。
まぁそんな週末もありですね。
リイシュー連発の昨今、これも出ました、DAVID BOWIEの「Space Oddity」。
リマスターにボーナスディスク込みの仕様はなかなか努力のあとが伺えますが、まだあるんですね、こういった音源が。
この作品はどうも評価が低めになる気がしているものですが、記憶に新しいのがU2のツアーでオープニングトラックとして使われているタイトル曲。
U2と抱き合わせにした話題にはしていますが、この作品はなかなかだと思うのですが、どうですかね、ボウイ好きのみなさん?
ちなみにジャケットはこの画像のものとは違いまして、アナログ盤復刻なのか、下に「Space Oddity」とは記載されていないものです〜
[PR]
by yo4san | 2009-11-24 00:07 | Comments(0)

グランジと呼ばれてその後

c0011327_10463964.jpg
この3連休は本当に出かけることもせず、たまりにたまったCDを聴くのにあてています。
仕事が忙しいと週末はこうなるという傾向がここのところのお約束にもなっていますが、音楽なくは明日も無いということでしょうか。
もう街中ではクリスマスムードに切り替わり、年末に向けてベスト盤シーズンも到来という時期ではありますが、最近はベストだけでなく、本当にリマスターなり、デラックスエディション化したリイシューだらけの世の中です。

NIRVANAが続いた今月において、とても奇遇な(狙ってたのかもしれませんが)FOO FIGHTERSのベストもリリース。
もうこのバンドのキャリアは説明するまでもなく、そしてもうNIRVANAと重ね合わせる必要も無いクラスになったわけですが、長期休養となって初めてのベストはやはりヒットコレクションになるのは当たり前。
で、新曲も2曲入っていますが、何が驚いたって「I'll Stick Around」が入ってない!
それだけ曲が揃ってたということなのか、DVDには入ってるということなのか、もうこの曲はいいだろうということなのかわかりませんが、確かにもうライブセットにも入らないことが多いので、これに縛られないということなのかもしれませんね。
何なら2枚組にしてもっと曲増やしてくれても・・・とはまぁいいですか。

次のアルバムまでどれくらいあくのかわかりませんが、気長に楽しみに待ってますよ〜
さて、今日も音楽三昧といきますね・・・
[PR]
by yo4san | 2009-11-23 11:00 | Comments(0)

今度こそは

c0011327_012404.jpg

とにかく思い出すだけでも腹が立つナビスコカップ準決勝での川崎への敗戦を払拭すべく、天皇杯4回戦ということで日産スタジアムにホームとはいえ、そういった雰囲気の無かった今日の試合。
山瀬のゴールで同点となった瞬間、今度は勝てると確信してたのですが、後半も残り少なくなってのまさかのサブメンバーに失点を許し、そのまま終了となってしまいました。
退場こそ無かっただけで、まさかのナビスコのフラッシュバックです。
今年はどうしても勝ちきれませんね。
山瀬と松田は非常に良かったと思いますが、終盤失速してしまいました・・・
本当に川崎が鬼門となっていますが、来年こそがんばってもらいたいところです。

c0011327_0125453.jpg
こちら5月の来日を一部収録したGREEN DAYのライブ。
あの当時どうしたってすれ違いとなったこのバンドで、並々ならぬ意気込みをもって、今度こそと来年のライブには臨むつもりです。
当時を振り返りつつという時期にも感じるこの年末に向かう時期。
ニューアルバムからの楽曲もこれは楽しみなパフォーマンスです。
明日からまたがんばっていきましょう〜
[PR]
by yo4san | 2009-11-16 00:20 | Comments(0)

誕生日に

c0011327_23525336.jpg
今日は誕生日でして、また一つ歳を重ねました。
今週は忙しかったのもあって、疲れも出た週末ですが、HMVのポイント10倍デーということもあって、渋谷にCDを買いに行ったところ、輸入盤で早くも出ていました、これが誕生とも言えるNIRVANAのデビューアルバムとなる「Bleach」がリマスター、ライブトラック付きでリイシューです。
今月はレディングといい、NIRVANA三昧となる月となっていてより印象深くなりました。
音は期待通り素晴らしくキレイになり、ライブトラックも生々しさが溢れています。
こうして今もその場にいたかのような体験ができることに感謝しました。
昨今のリイシューブームは決して健全な理由では無いという側面もありますが、こうした名盤はいくら出ようとも大歓迎です。
他にもいろいろ仕入れたので、この週末でしっかり楽しみたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2009-11-14 23:59 | Comments(0)

いろいろな節目

c0011327_23405441.jpg
金曜は職場のメンバーで昇格祝いをやってもらい、久しぶりに大人数でワイワイやりました。
こうした節目の多い一年になっていますが、日頃の環境に感謝した一日でもありました。
プレゼント的にデジタルフォトフレームをいただいたのですが、なかなかよくできてるものですね。
さすがに家電量販のカメラコーナーに多く展示されているのがわかります。
そして土曜はファイターズが最後の最後に決めると信じていましたが、あと一歩及ばず。
ヤンキースの勢いを持っていけると信じてたのですが、残念でした。
それにしても松井は凄い活躍でしたね。
来年どうなることでしょうか。

ここ最近は驚くほどリイシュー祭りではあるものの、THE FLAMING LIPSのニューアルバムは、一度聴いただけではこのバンドの音とは思えないほどの変貌ぶり。
あのキャッチーさやポップな感じはあまりなく、かなりチャレンジングな内容になってきました。
毎回恒例のサマソニでのあのステージは次も同じ路線か想像できない、注目すべき作品になっているのではないでしょうか。
来週は本当であればBLOC PARTYの延期となっていた来日があるはずでしたが、嫌な予感が的中してキャンセルに。
ケリーがソロになるという話しも出てきているので、やはりこのまま解散してしまうのではという気がしてしまいます。
せっかくいい作品連発してるのにね・・・
[PR]
by yo4san | 2009-11-08 23:50 | Comments(0)

ついに発売

c0011327_13351796.jpg
本当に長いこと待ちました。
何度となく発売アナウンスがあっては取り消され、今回もまた流れるのではないかと思っていましたが、ついに出ました。
クリス曰く最高のパフォーマンスというレディングが、DVDではノーカットで収録。
どのシーンもブートなどで観ていたとはいえ、こうしてこのクオリティで出てきたことには感謝したいくらいです。
これこそまさにライブというロックのエッセンスが凝縮されたような作品です。
CDのほうはMCがカットされていたり、完全なものとは違いますが、これはこれで音に集中したくなるNIRVANAのライブとしては決定打ではないでしょうか。
「Tourette's」は既発音源と同じようですが、そう考えると、「FROM THE MUDDY BANKS OF THE WISHKAH」に入った各音源は同様にフルでレコーディングされているわけですから、他の公演もすべてフルでリリースしてもらいたいとも思いますねぇ。
とにかく私に言われなくてもという話ですが全NIRVANAファン必聴。
今後何度も何度も楽しみたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2009-11-03 13:46 | Comments(0)

This Is It

c0011327_071888.jpg

ついに公開の映画「This Is It」を観てきました。
ファーストデイということで1000円というのもあってか凄い混み具合。
2週間限定公開というのも影響しているでしょうね・・・と思いきや、2週の延長決定とか。
そりゃ入るでしょう。

中身のほうは、没後の墓堀的な悪い印象は全くなく、本当にリハを取ってましたというのが、ここまでの作品にできるのだから、そのリハの完成度も高かったと思えますし、何しろ50歳直前のマイケルの動きは、本当に全盛期を彷彿とさせるキレもあり、そして驚いたのがちゃんと唄っているという事実。
(バカにしているわけでは全くありません)
「Billie Jean」なんてそれはもう鳥肌ものですね、パフォーマーが目の前で観ていたのがうらやましい。

さすがに曲はつなぎ合わせていることから、ショウ全編を通してこれだけのパフォーマンスができたのかはわかりませんが、伝わってくるのは本当にやるという気持ち、そしてまだできるという確信、音楽に対する愛情、そういったポジティブな雰囲気ばかりです。
本当にまた近日どこかでライブのアナウンスがされるのではと思わんばかりです。

土曜にサントラ(というよりイメージアルバムですね)を買って予習、帰って復習という感じですが、このアルバムについては、ポール・アンカとなんだかんだの例の「This Is It」以外は、Disc1については既発音源ではありますが、結局良くできた曲というのは流れれば聴いてしまうということです。
映画のほうはDVDもBlu-rayも出るようなので、そちらも楽しみに待ちたいと思います。

そして今日はヤンキースも松井の活躍で勝ち、ファイターズもダルビッシュ登板から激戦をものにし、充実の一日でした。
札幌ドームは新庄くるわ、清原も解説いるわで、さぞかし盛り上がっただろうなと・・・
やっぱり自宅で新庄のユニフォーム着て応援してたのが良かったんですかね?
[PR]
by yo4san | 2009-11-02 00:21 | Comments(0)

話題がつきません

c0011327_0103194.jpg

日本では月曜でしたが、U2のパサディナ公演がYouTubeでライブ中継されるとあって、もちろん仕事でしたが昼休みにこそこそと観ていました。
DVD用のシューティングをそのまま配信してしまうのも凄いですが、どこの公演もさすがのパフォーマンスを見せていることがよくわかります。
現在はアーカイブとして観れるようですが、どこまでも規模が拡大するU2。
すでに伝説の状態と言えるのではないでしょうか。

そして今度ベルリンの壁崩壊から20周年というベルリンのブランデンブルク門でフリーのライブイベントを行うとか。
そういえばRADIOHEADの「Hail To The Thief」のツアーを観るために、ベルリン行った時にそのブランデンブルク門近くのスターバックスでマグカップ買ったりしたよなと思い起こしました。

c0011327_0192114.jpg

そしてそのベルリンでU2といえばこのアルバムです。
空前のヒットになった「Joshua Tree」からサウンドが大胆に変化して、とにかく驚いたのもよく思い出せますが、ZOO TVツアーでは旧東ドイツの車だったと思いますが、トラバントがステージにぶら下がってました。
あれからいくつかツアーを経て、現在のU2がベルリンでどういった音を鳴らすのか。
2010年もツアー継続で北米〜ヨーロッパがすでにアナウンスされていますが、日本にも本当に来てほしいです。
そしてこのアルバムのリマスターリイシューもぜひ実現してもらいたい。

本日は日本シリーズ開幕でした。
最終回の最後まで釘付けの展開でしたが残念でしたね、ファイターズ・・・
[PR]
by yo4san | 2009-11-01 00:26 | Comments(0)