THE HOLY BIBLE

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

自宅鑑賞

c0011327_23281219.jpg
本当であれば土曜はマリノスのトリコロールフェスタと、日曜は映画でもと思っていた週末。
どっと疲れが出るのは最近多いことですが、風邪まで引いてしまい、ほぼ自宅療養で終わってしまいました。
アバターやらいろいろ観たい映画もあったのですが、調子が悪い限りはどうにもならずで、Blu-rayで買った「This Is It」を観ていました。
もちろん劇場でも観ていますので初めてではないですが、やはり凄いですね、マイケル。
50歳であそこまでというのもそうですが、とてもポジティブな雰囲気のこの作品は、ありのままを伝えているようで、その空気がよく感じられます。
終盤の「Bille Jean」はまたしても魅せられました。
明日からまた1週間が始まり、しかももう2月というから驚きですが、早く風邪治して健康を取り戻さないとですね。
[PR]
by yo4san | 2010-01-31 23:33 | Comments(0)

GREEN DAY @ さいたまスーパーアリーナ 2010/01/23

c0011327_22153715.jpg

赤坂に行けなかった昨年春から、ようやく待ちに待ったGREEN DAYの来日公演となりました。
さいたまスーパーアリーナは遠いとはいえど、週末だと安心してスケジュールも立てられるというもので、ソールドアウトしていた23日公演のほうに行ってきました。

開演前にうさぎの着ぐるみ登場でYMCAで煽っての開始。
久しぶりな間にどんどんバンドスケールは大きくなり、全世界でのヒットを連発というのも凄い話ですが、新旧ファン両方にアピールする選曲だったのが印象的で、まさかの「2000 Light Years」があったりで、次から次へとステージに客を上げて盛り上げるのも、会場の一体感を作り、それはもう盛り上がりっぱなしのライブでした。
そういえばカバー曲も多く、リストに入っているTHE WHOをはじめ、「Hey Jude」やなぜかBLACK SABATHまでやったりと、まぁ盛りだくさんでした。
やんごとなき事情により、「American Idiot」の終わりで会場を後にすることになり、実は最後まで観れなかったのですが、次こそ完全燃焼できるような機会にしたいと思います。

c0011327_2215525.jpg
そんなこんなで悲喜こもごもの来日公演でしたが、もうこの先出すのはつらいだろうなと思った「American Idiot」の後を受けたこのアルバムも見事な完成度でした。
内容的には前作同様かなり政治的批判が中心となったメッセージ性が強いものですが、これだけ共感を生めるバンドになったのは凄いことです。
次も楽しみにしています・・・というか今回のライブアルバムもフルサイズで出してもらいたいのですが、どうですかね?

帰宅後、すっかり体調を崩しまして、ほぼ寝て終わった日曜でしたが、なんとかまた明日からがんばろうと思います。

21st Century Breakdown
Know Your Enemy
East Jesus Nowhere
Holiday
The Static Age
!Viva La Gloria!
Are We The Waiting
St.Jimmy
Boulevard Of Broken Dreams
2000 Light Years
Hitchin' A Ride
Welcome To Paradise
When I Come Around
My Generation
Brain Stew
Jaded
Longview
Basket Case
She
King For A Day / Shout!
21Guns
American Eulogy

-encore-
American Idiot
Minority
Last Night On Earth
Wake Me Up When September Ends
Time Of Your Life
[PR]
by yo4san | 2010-01-24 22:37 | Comments(0)

これこそオリジナルか

c0011327_233936.jpg
MUSEのライブが素晴らし過ぎて、移動中はMUSEがヘビーローテーションの1週間でした。
平日の疲れが出たのかどうも動ききれなかった週末になりましたが、その分音楽を聴くにはそれなりに充実した時間があったかもしれません。
最近は買う量に対して、聴ききれないだけに歯がゆい日々だったりします。
発売はずいぶん前だったのですが、届くまでにかなり時間を要し、年末からようやく聴けたKRAFTWERKの全アルバムリマスターリイシュー。
私はたまたま英語版の各アルバムしか持っていなかったので、若干値ははりましたが、ドイツ語版でボックスを購入しました。
ドイツ語になるだけで、「Computerwelt」(これもドイツ語で)あたりはずいぶん印象の変わる内容ですね。
そしてとにかく驚く音の改善。
これはTHE BEATLESが決定打だった昨年に、かなり肉薄している作品群ではないでしょうか。
いわゆるテクノと呼ばれる全ての音楽の源流がここにあって、アナログシンセにアナログ録音という環境ゆえのこの再構築がインパクト十分なリイシューです。
[PR]
by yo4san | 2010-01-17 23:14 | Comments(0)

MUSE @ 日本武道館 2010/01/12

c0011327_0192935.jpg

今日は3連休明けですが仕事は強引に脱出して雨の中武道館へ。
ニューヨークのU2で観てはいましたが、アルバムリリース時からこれはかなり期待していたMUSEです。
ここ数年ですっかりその壮大な世界観も堂に入った作品を連発し、ライブも言うまでもなくすべてスケールアップして帰ってきた印象です。

ニューアルバム中心の選曲に、サプライズとなった「Dead Star」を出したかと思えば、カバーで「Can't Take My Eyes Off You」などを挟みつつ、本当にあっという間の展開でした。
アンコールに入り、ドムがなぜかガチャピンの格好で登場してのドラムを見せたかと思えば、「Plug In Baby」でヒートアップしつつ最後は最高の閉めシメにふさわしい「Knights Of Cydonia」でした。
今日は内容、選曲とも言うこと無し。
本当に最高のライブだったと思います。

c0011327_0194566.jpg
それにしてもこのアルバムは昨年リリースの中でも大変印象に残った素晴らしい作品でしたが、ライブにおいても存在感が抜群の楽曲群です。
ここまでくるとこの先は相当大変な気がしますが、より広大な世界をぶつけてもらいたいと思います。
こうしてまた明日からがんばれるというものです。
今年のライブ初めは素晴らしい出だしになりました。






Intro
Uprising
Map Of The Problematique
Supermassive Blackhole
New Born
Hysteria
Guiding Light
Dead Star
Nishe (Drum & Bass Jam)
United States Of Eurasia
Can't Take My Eyes Off You
Drum & Bass Jam
Undisclosed Desires
Resistance
Starlight
Time Is Running Out
Unnatural Selection

-encore-
Exogenesis : Part 1
Plug In Baby
Knights Of Cydonia
[PR]
by yo4san | 2010-01-13 00:33 | Comments(0)

新人パワーいただきます

c0011327_041666.jpg
年初といえばゆったりはじまり、これから1年あれこれ考えるというタイミングかと思いますが、想像以上に全力スタートとなって多忙な1週間となりました。
東京ならではの寒さもありますが、環境変化に負けず、時間を大切にがんばっていこうかと思います。

この3連休はCDをたくさん聴こうと決めて望み、今朝早く起きて午前はセールで洋服の仕入れをし、帰ってきてからは溜まりに溜まったCDを、リイシュー、新譜、リイシューという感じで聴き進んでいます。
それだけリイシューものばかり多く多く買っている証拠でもあるのですが、昨年はそれが顕著でした。
それはそれとして、やはり勢いのある新人も欲しいなと思ってたところでの、このBOMBAY BICYCLE CLUBです。

ギターロックってやっぱりいいなと思うサウンドに、時折ブレット・アンダーソンを思わせるヴォーカルが、これからどういった作品を出していくのか、期待をさせるに十分なポテンシャルですね。
たまたまロンドンに遊びに行った職場の後輩に、ラフトレでいろいろとCDを仕入れてきてもらっているので、楽しみが続く連休になりそうです。
[PR]
by yo4san | 2010-01-10 00:55 | Comments(0)

北国での新年

c0011327_2339292.jpg
ここしばらく更新が滞り気味ですが、仕事でいろいろと環境が変わったのもあり、かなりハードな12月でして、なんとかくぐり抜けて帰省。
あっという間ではありますが、同期と会ったり、友人と会ったりの年末年始となりました。
北海道はちょうど天候が悪い日が続き、その荒天の合間に移動という行程ですが、寒かろうと遠かろうと、地元の安心感はいろいろリセットするには欠かせない気がします。

昨年の振り返りはまた別途として、年末ついに地球への復帰を果たし、WOMBでの年越しイベントとなったJEFF MILLSがニューアルバムをリリースしていますが、WIREでも披露された新曲も収録されていて、あのWIRE09のクオリティの高かったパフォーマンスを思い起こさせます。
ここ数年はすっかりこの宇宙イメージの作風で突き進んでいますが、ここまでくるともう極めつつあるのかなという印象。
やはり徹底的にやるというのはこういうことかなと、変わらずリスペクトしたい貴重な存在は健在なのでした。

さぁ2010年、どんな年になりますか。
健康そして音楽でも充実した年でありたいと思った年の初めです。
[PR]
by yo4san | 2010-01-02 23:54 | Comments(0)