THE HOLY BIBLE

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

がんばるしかない

c0011327_21572816.jpg
先週、本当に今思い返すだけでも辛い出来事があり、自分がどれほど向き合うべきことから外れていたか、後悔と自分への憎悪に苛まれた1週間でした。
生きた心地がしないというのはこういうことかと、今こうして振り返れているだけまだましになったように思うのですが、それが改善できているかも、そして伝えきれているかも、自分ではよくわかりませんが、とにかく日々を愚直に自分らしく、精一杯過ごしていくことこそ、今自分にできることかなと思います。

そうした人生忘れられない1週間を挟んでいたので、タイミングを逸してしまいましたが、昨年夏に奇跡とも言えるリユニオンを果たしたBLURのハイドパークまでのドキュメンタリーとなっている映画「No Distance Left To Run」が早くもDVDで発売されています。
1月に一瞬だけ公開されましたが、年末時点で前売りが瞬殺でソールドアウト。
泣く泣く諦めていたのですが、こうして間をおかずについに観ることができました。
完全にリアルタイムで彼らを追ってきたファンとして、本当に時代性を捉え、たくましく成長していく過程と、そこから生まれるぶつかり合いからの離別、そしてやはり友情に支えられた復活。
どれもが音楽と完全にシンクロして、これほど心を動かされる作品も少ないと思います。
やはりクライマックスは「Tender」でしょう。
BLURでも珠玉の名曲ですが、あの「13」リリース時期は本当にこればかり聴いていたのを思い出しつつ、音楽のもつ素晴らしさ、今だから感じるいろいろなこと、その全てがよく伝わってきます。
グラストンベリーで泣いているデーモンには私も感極まりました。
そしてハイドパーク初日もフル収録されたDVD付きですが、こちらすでに音源ではリリース済みでしたが、この映像の作りは観客とこういう視点でパフォーマンスしているというバンドと、オーディエンスのつながりがとても大切にされた撮り方に感じました。
デーモンのコメントから「BLURは仕事ではなく趣味だ」と言うくらいなので、いつかまたチャンスがあればいいなぁと思わずにいられません。

今日は中村俊輔復帰に沸く横浜という日でしたが、昨夜から今朝にかけてのアーセナルとストークの試合では、ラムジーが本当に気の毒なことになってしまいました。
観てただけで辛くなるほどの大けが。
本当にドゥドゥの2年前を呼び覚ますかのような悲惨な事故でした。
その後のベンゲルの指揮官としての対応、選手の気迫のこもった勝利への執念、ラムジーへの思い全てが試合結果をたぐり寄せたように思います。
一日も早い怪我の完治と、あの素晴らしいプレーを、またアーセナルで見せてくれるよう、そしてさらに素晴らしい選手となってもらえるよう祈るばかりです。

長くなりましたが、とにかく自分らしく、明日からもがんばっていこうと決意も込めて。
[PR]
by yo4san | 2010-02-28 22:24 | Comments(0)

悔しいです

c0011327_0465469.jpg

今日は直前の中国vs香港がまさかの中国2点という結果に、もしかして優勝もあるかもと思い望んだ日韓戦。
序盤だけはまぁまぁだったのです。

c0011327_0471184.jpg

この試合で代表100試合となった中澤。
これを撮った時点では遠藤のPKで1-0とリード中。

c0011327_0472386.jpg

今回はコロコロではなく蹴り込んで決めた遠藤。
見せ場はあのときだけで、このコーナーに来ているときにはもう1-3でした。

c0011327_050864.jpg

今回は中盤のパスのつながりも悪ければFW二人の連携も本当に悪かったし、挙げ句の果てに闘莉王の退場。
韓国も退場者が出て一瞬まだいけるかもと思いましたが、中澤に当たって入った不運なゴールでもう撃沈という状態に。
そして凄まじいブーイングの結果、こんなことまで出されるわけです。
今ここまできて代えても上手くいかないと思いますけど。
これで全試合ブーイング終了となった東アジア選手権でした。

c0011327_0474370.jpg
そんな酷い試合ではありましたが、ここは気持ちを切り替えTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのベストでも聴いてかっとばしましょう。
解散してもうかなり経ちますが、そして昨年はアベフトシの逝去という悲しいニュースもありましたが、こうして残された作品は今もパワーを失いません。
日本代表、頼むからがんばってよね。
バンクーバーにいる日本選手団にも奮起を期待しましょう。
[PR]
by yo4san | 2010-02-15 00:58 | Comments(0)

かいじゅうたちのいるところ

c0011327_23333039.jpg
なかなかアバターのチケットを確保できないまま、いつの間にか終わりそうになっていたので、「かいじゅうたちのいるところ」を優先して観てきました。
いろいろ突っ込みどころはあるのですが、絵本をもとにしながらよくあれだけの尺の映画にできたなとも思いつつ、人の気持ちの部分をいろいろな形でアプローチしてくる部分がとても良くできていて、そうした内面を揺さぶる作品な気がしました。
いろいろ賛否が分かれそうな気もしますが、私はとても楽しめたと思います。
ちょうどNYC行った時は現地での公開直前でプロモーションも凄かったなぁと。
そしてその大きな要素としてのこのサントラ。
あのYEAH YEAH YEAHSのカレン・Oが作った楽曲群が素晴らしい。
これほど何度も聴きたくなるサントラも珍しいですが、この音楽は映画でも効果を発揮しまくっています。

ところでアテネオリンピックのころは「怪物」と呼ばれた平山。
再三のチャンスも残念な試合結果でした。
あと少なくとも2点は取れてないといけませんね、今日の試合内容であれば。
今週末の日韓戦こそ快勝してタイトルは確保してもらいましょう。
[PR]
by yo4san | 2010-02-11 23:40 | Comments(0)

復活への期待

c0011327_23293031.jpg
風邪が治らないまま木曜の夜に仕事都合の酒が入り、金曜は完全に倒れてしまいました。
さすがにこれで3連休となり、今日にはかなり回復してきましたので、日曜で治しきれればと思っています。
今日は音楽もたくさん聴けましたし、明日も穏やかにリフレッシュできれば。

先月リリースされていて、かなり繰り返し聴いているのがこのDELPHICという新人バンド。
昨年嬉しかったトピックスのひとつだった、R&Sレーベル復活の最初のリリースとなったのですが、アルバムはR&Sからじゃなかったんですね。
となると完全にテクノ界隈かと思いきや、WARPの最近の状況もそうですが、MAXIMO PARKとかとは違ってギターが前面に出るタイプではありませんが、かなりロックな雰囲気です。
あえてたとえるならBLOC PARTYのエレクトリック部分を抽出したような感じでしょうか。
と思えばBLOC PARTYがオープニングアクトに使ってたみたいですね。
この音はかなりはまります。
今年最初にしてとても印象に残るアーティストになりそうな予感。
そしてさっそく来日決定ということで4月がとても待たれます。
BLOC PARTYはなんとなく解散してしまうんじゃないかという時期ですが、どんなライブを見せてくれますやら。

それはそうと本日の東アジア選手権初戦となった中国戦。
かなり厳しい内容でした。
かろうじて楢崎のファインセーブで負けないで済んだというか。
韓国戦は観に行きますが、タイトル取れる状態でとなるよう次の試合こそは快勝してほしい。
[PR]
by yo4san | 2010-02-06 23:43 | Comments(0)

きましたよ、これは。

c0011327_0114487.jpg
2月に入り、風邪は治りきらないまま、ここ数日かなり寒いせいもあって、なかなかうまくいかないものだと落ち気味。
そんな中、本当に長いこと待ち続けてましたMASSIVE ATTACKのニューアルバムがようやく出ました。
先行でEPがデジタルでリリースされていましたが、こうして通して聴いても素晴らしい楽曲群です。
相変わらずの多彩なゲストヴォーカルに、なんとデーモン・アルバーンも入り、曲のほうも必殺の重さはそのまま、直球アプローチでかなりシンプルな印象の音作り。
そのせいもあってか、メロディの美しさや、音の表情がかなりキレイに浮かび上がっているように思います。
待った甲斐がありました。素晴らしい。
こうなるとライブも見たいですが、デーモンのGORILLAZとあわせて来日してもらえませんかね~
さて、明日も早いので風邪が悪くならないようちゃんと休むことにします。
ん~資料作成が全然はかどらず・・・
[PR]
by yo4san | 2010-02-04 00:19 | Comments(0)