THE HOLY BIBLE

<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

復調かな

c0011327_16311214.jpg

ここ1ヶ月くらいかなり悩まされていた体調不良からようやく脱しつつあります。
こんなことなら病院行けよというほど、この2週はかなりきつかったのですが、多くはストレスが原因というのがあらかじめわかっているだけに、なら休めよという話だったかもしれません。
昨日からかなり改善を感じてまして、ここ1週間は食事もかなり注意したので、それも効果があったのでしょう。
ようやく週末も動く気になれたので、この土日でレコード屋まわりしたり、映画観たりと渋谷を徘徊していたのですが、それにしても暑いです。
夏を前にして、この湿度でもうグッタリ。
また辛いシーズンに入るなぁと。
でもこの2日で購入したレコード聴いてると、なにやら急激に久しぶりにDJやってみたくなってきました。
先日リキッドで卓球さんがまわしていたのもあって、刺激されたんでしょうかね。
ここ数日iPadの楽器系アプリばかり試してみていたせいでしょうか。
何にせよ、そうしたモチベーションを感じるようになっただけ、体調回復の傾向ということですね。
日本代表の活躍にも励まされたかもしれません。

画像の豪華BOXは購入はずいぶん前になってしまいますが、THE ROLLING STONESの「Exile On Main Street」のリマスターリイシューものです。
もともと作品として十分素晴らしいこのアルバムに、当時の未発表曲で構成されたオマケDISCがついてきます。
ただ、最近レコーディングされたものもあるようなので、曲として当時のものということなのかもしれませんが、どれだけストックあるんでしょうね、このバンド。
オマケにせずとも新しいアルバムとして出そうともできたはずですが、当時は当時、今は今ということなのかもしれません。
ということなら新作も期待できるということでしょう。
しかし最近はこうしてリイシューものも、どんどん豪華、そして高価になっているような。
それにまんまとのっているわけですが・・・

さて、今晩はドイツvsイングランドという大一番もありますので、それまでゆったり音楽聴いて過ごしたいと思います。
テリーの素晴らしく気持ちのこもったプレーに触発され、イングランドも調子を上げてくるとふんでいます。
明日からまたがんばらないと。
[PR]
by yo4san | 2010-06-27 17:03 | Comments(0)

感動の勝利

c0011327_5282127.jpg
やりました、日本代表。
セットプレーをきっちりものにして、想像以上の出来でした。
これでついに決勝トーナメント進出ということで来週も楽しみが続きました。
それにしてもよくがんばりました。
俊輔が誕生日に出れなかったというのが残念ではありましたが。
パラグアイにも勝ってもらいたい。

仕事都合で寝ないで観戦、そしてこれから資料準備で寝れずという話ですが、気持ちも高まり週末ということで金曜乗りきろうと思います。
そんなところにTHE FLAMING LIPSが11月に来日決定。
単独では99年以来ということだそうです。
楽しみです。
しかもサポートアクトにMEWも来日とか。
まだまだ先ですけど、「The Yeah Yeah Yeah Song」でこの感動に浸りつつ資料作成がんばります・・・
[PR]
by yo4san | 2010-06-25 05:33 | Comments(0)

攻撃的にいきましょう

c0011327_23203259.jpg
日本代表はある意味予想できたことではありましたが、後半に入って差し込まれました。
どうせなら最初からアグレッシブにやってみて欲しかった試合の進め方でした。
デンマーク戦に望みをもって、次は攻撃的であってほしいです。
そういう私自身、ここ最近毎週末は疲れと体調不良ということで、お誘いいただいてたパブリックビューイングも行けず、自宅にてという感じだったのが影響したとは思いたくないですが。。
残念でしたね、とにかく。

毎年この時期になると夏フェス影響もあってライブが少なめになるのですが、相変わらず行く決心ができていないFUJI ROCKに出演が決まっているONE DAY AS A LIONが、サマソニ直前に単独が決まり、さっそくおさえました。
どうせならあとMASSIVE ATTACKとATOMS FOR PEACEも単独で・・・とそんなに決まるわけもないとは思いますが。
それにしてもこのONE DAY AS A LIONですが、まだEPのみのリリースで5曲しかありません。
ライブっていったいどういった曲をプレイするのでしょうか。
やっぱりRAGEの曲もやるんですかね?
日本代表もザックのようにパワフルかつアグレッシブにいきたいものです。
[PR]
by yo4san | 2010-06-19 23:32 | Comments(0)

日本最後を遅ればせながら

c0011327_22554971.jpg
今日は仕事の役得でOASISの日本最後の公演となった、昨年のFUJI ROCK FESTIVALのフルライブ映像を有楽町ピカデリーに観にいってきました。
FUJI ROCKはもう長いこと行っていませんが、OASISはその手前の単独ツアーに札幌、幕張と観に行ってましたので、時期はほぼ同じ内容となりますが、最後といわれるとありがたみも出てきますから不思議です。
先日リリースのシングルコレクションには本当に最後のライブ収録となっていますが、映画館という大スクリーンで観れることは今後も無いと思うので貴重な機会となりました。
当たり前ながらリアムは高い声はかなり厳しそうなのも変わりませんが、ライブパフォーマンスとしてはとても楽しめました。
雨の会場にいたら、そうのんきなことも言えない状況だったかもしれませんが、セットリストでは「My Big Mouth」が入っていたのが印象的。
今となっては最も売れたが最も評価が分かれたアルバムというイメージの「Be Here Now」ですが、思えばこのアルバムの発売日はロンドンにいたのでした。
あのときは本当に大騒ぎでしたからね、UK全体が。
そしていつかは解散はくると思ってはいましたが、こうした終焉になるとはとしみじみ映像をみながら、当時を思い起こしました。

今週もあと明日一日。
相変わらず体調が悪く、梅雨入りで余計に調子が悪いと、コンディションはいいことなしですが、がんばってのりきりたいと思います。


Fuckin’ In The Bushes
Rock ‘n’ Roll Star
Lyla
The Shock Of The Lightning
Cigarettes & Alcohol
Roll With It
Waiting For The Rapture
The Masterplan
Songbird
Slide Away
Morning Glory
My Big Mouth
Half The World Away
I‘m Outta Time
Wonderwall
Supersonic
Live Forever
Don’t Look Back In Anger
Champagne Supernova
I Am The Walrus
[PR]
by yo4san | 2010-06-17 23:08 | Comments(0)

日本代表やりました!

c0011327_2254856.jpg

本当に良かった。
今日は仕事つながりもありまして、恵比寿のリキッドルームで石野卓球さんと田中フミヤさんのDJも絡んだパブリックビューイングに行ってきました。
ピエール瀧さんのMCでかなり会場も盛り上がり、そしてあの試合内容です。
ここ数試合、まともに勝ったと感じた試合を観ていないこともあって、感動の勝利となりました。
なんだかあまりのうれしさに色々な人(もちろん面識無しですが)とハイタッチしてしまいました。
瀧さんはオランダ戦を観に自費で南アに向かうらしいですが、週末までこれでがんばれそうな気がしてきました。

c0011327_226321.jpg
KAGAMIさんのショックもありましたが、卓球さんのDJはバッチリDISCOでした。
今年もWIREに向けて楽しみを積み重ねて行きたいところです。
こうしてライブも一段落のタイミングなのでテクノへ向かう時期でもあったりしますが、CHEMICAL BROTHERSが久しぶりのアルバムをリリースしました。
かなり直球の内容にシンプルに共感しましたが、アナログも欲しくなりますね、この音なら。

いや〜本当に今日は良かった。
オランダもしっかり勝ちましたが、このアウェイ開催でのカメルーンに勝利は歴史的な一戦となりました。
なんとしてもグループリーグを突破してもらいたいですね。
さて、明日に備えて休みますね・・・
[PR]
by yo4san | 2010-06-15 02:33 | Comments(0)

届きました

c0011327_17443936.jpg

楽しみにしていたU2のローズ・ボウル公演のBlu-ray版が届きました。
さすがSuper Deluxe Editionというだけあって、内容もかなり豪華です。
これであの感動をさらに手軽に自宅で何度も楽しめるのですから、本当に素晴らしい。
ただ、発売前から言われていたことですが、なぜこの作品に限って、本来の1曲目である「Breathe」が入ってないのでしょう。
(ボーナストラックって微妙な形では収録されてはいますけど)
編集的には自然にしていますが、どうもオープニングが欠けている感覚が拭えません。
これだけがかなり残念な点ですが、それ以外は文句のつけようがない、会場の雰囲気もよく捉えていて、素晴らしいものです。

c0011327_17451111.jpg

オマケ的に7インチアナログが入っていまして、これがDAVID BOWIEの「SAPCE ODDITY」の後に、時計が表示されてかかっていた曲です。
これから「Breathe」に入るので・・・やっぱり本編が惜しいですね。
この「Soon」はどうもSuper Deluxe Editionにしかついてこないようなので、貴重なものになりそうですが。

それにしてもやはりU2のライブは想像を常に超えています。
あの場にいなければこれは感じきれません。
ボノが回復したら、是非日本にも来てもらいたいですね。
おそらく日産スタジアムくらいしかできるところが無い気がしますが・・・

今日は自宅でのんびりしたのですが、体調がまだイマイチなので、休養を心がけます。
[PR]
by yo4san | 2010-06-13 18:05 | Comments(0)

奇跡は続くはず

c0011327_21253888.jpg

半年前は今日6/12の天気ばかりを気にしていました。
当時からは考えも及ばない状態変化を受け、なんてことなく今日になって終わります。
まかさかと思う、むなしいまでの晴天も、ここ最近の仕事の忙しさとストレスのせいか、かなり体調が悪く、ワールドカップで気分を変えようと意識した週末になります。
南アフリカの試合を観て、日本代表にもあれくらいのふんばりが出ることを祈りました。
奇跡でもなんでもいいので健闘を期待しています。
韓国がかなり頑張ってますからね・・・

グラストンベリーに出る予定だったU2はボノの手術からリハビリによって、キャンセルとなり、ツアーも大幅にスケジュール変更があったようですが、あの設営だけでも4日間かかるというステージなど、規模が大きいだけに大変な事になっているのでしょう。
すでにYouTube中継されたローズ・ボウルでの公演がリリースされまして、次なる奇跡の体験までこの作品で待つことになりますが、ボノの一日も早い回復を祈りつつ、来年2月と噂される来日も楽しみにしつつ。
明日Blu-rayも入ったSuper Deluxe Editionが届くと思うので、中身についてはまた別途・・・
[PR]
by yo4san | 2010-06-12 21:40 | Comments(0)

ロックの日

c0011327_23412551.jpg
6/9として特に制定されているわけでもないようですが、なんとなく日本語だけはそういう語感の日です。
本日発売だったOASISのベストと呼ぶのかシングルコレクションと呼ぶのが良いか、という作品がリリースされました。
全て既発曲なので、初回限定盤のロンドンでのライブ収録が気になるところでした。
事実上、ラストライブとなっている音源でもあり、こうした形態でのリリースということもあり、パフォーマンスは日本でのツアーでも観ていた通りですが、本当に終わったことを確認させられる作品でもあります。
リアムはやはり「Slide Away」はちょっときついなとか、ノエルは終始安定しているなとか、曲は新旧問わずクオリティを感じさせるとか、改めて思い返しても感想も変わらないのも不思議です。
かなりのボリュームなのでDVDはまだ観ていませんが、いつか来るとはわかっていても、こういう終わり方になったかという感覚と、そのバンドの偉大さを確認するに十分な内容です。
やはり復活を期待したくなるものですが、この楽曲群でいかにその存在感が大きかったか思い知らされますね。
たまたま今日は職場で懐かしい面々とのコミュニケーションもあり、時間が過ぎるのはあっという間だなぁという話をしたところですが、このタイトルともリンクしました。
[PR]
by yo4san | 2010-06-09 23:53 | Comments(0)

ちょっと気が早いですが

c0011327_21532423.jpg

あっという間に6月に入り、W杯も来週開幕という時期になりました。
日本代表には落胆の日々が続きますが、仕事もハードな時期というのもあったり、自分のこれからに思い悩むこともあって、何かを自分から変えないといけないなと思い始めた週末でした。
DQMJ2やってたり、テレビ観てたりもしましたが、できるだけ身体を動かすことを意識して、外に出るようにもしてみました。
やはり誰がこの状況を変えてくれるわけでもありませんからね。

週の前半、思いがけないニュースがあって、早くも9月にMANICSのニューアルバムが出るというではありませんか。
ニッキーのコメントからはかなり期待させてくれますが、これで何か9月に向けて何かをと、気持ちを前向きにさせられるから不思議です。
そして併せて発表されたUKツアーの日程。
決めました。
行きますよロンドン。
時期的に約4年ぶりくらいになりますか。
聞いている話ではいろいろ変化しているようですが、自分の変化も感じるいいタイミングのような気がしています。
MANICSとU2はこうして動こうと決意させてくれる貴重な存在ですね。
MANICS目当てでの渡英はこれで4回目になるでしょうか。



c0011327_2255899.jpg

そうして思い返すと、やはり残念でならなかった前回来日のキャンセル。
この特別なアルバムに伴うツアーでは単独が組まれなかったので、UKで行われたようなアルバム全曲を順番通りプレイし、第二部でヒットナンバーセレクションという構成だったツアーも観れずじまい。
MANICSにとって、この重要な節目を見届けられなかったのは今でも悔しい思い出ですが、次のツアーではどういうセットリストになるのでしょうか。
まずはニューアルバムを楽しみに待ちつつ、日々真摯に過ごすようにしたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2010-06-06 22:22 | Comments(0)