THE HOLY BIBLE

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

苗場をイメージ

c0011327_220879.jpg
この週末はFUJI ROCKが苗場では行われていますが、私は仕事にはまった週末です。
つい先ほど帰宅しまして、明日はオフィスに8時って・・・つらい土曜になりそうです。
まぁこんな日もありますわなと思ってがんばります。
FUJIではMUSEがやっぱりな凄さをみせたという情報が多いですが、本当にスケールアップしましたね。
本当に月でライブやったくらいにして。
そんなMUSEの新曲がこのサントラに収録されていまして、なかなかの楽曲です。
他にも「おっ!」と思う楽曲がいくつもあるのですが、最近ではこうしたサントラ少なくなったかな。
まずは明日に備えてさっさと寝ることにします。
[PR]
by yo4san | 2010-07-31 02:25 | Comments(0)

THEM CROOKED VULTUERS + MGMT @SHIBUYA-AX 2010/07/28

c0011327_125898.jpg

当初海外出張に行きそうだった今日から今週末。
先週それも流れまして、結局行けることになり楽しみだったTHEM CROOKED VULTUERSです。
デイヴ・グロールがドラムというだけでもそわそわしますが、ジョン・ポール・ジョーンズまでいるわけです。
最近いろいろうまくいきませんが、体調も回復傾向でようやくという安心感とともに楽しみました。

なんとオープニングアクトにMGMT。
フジロック前ということでしかありえない組み合わせですが、ソールドアウトしただけありラッキーでした。
MGMTは着々と上手くなっている印象ですが、やっぱりカラオケ的な時間帯があるんですね。
まぁあの緩さというのも必要なものかもしれませんけど。

c0011327_13881.jpg
30分くらいMGMTがあって、セットチェンジに約40分。
ついに登場しましたTHEM CROOKED VULTUERSは、デイヴが先頭で登場し、前回来日より上半身がかなり大きくなった印象。
決してデブになったということではありません・・・

最初の1音からとにかく超迫力。
圧倒的な音をぶつけられました。
CD聴くのとずいぶん印象が違って、そしてとにかく凄まじいデイヴのドラムと、様々な楽器を使いこなすジョン・ポール・ジョーンズ。
とても器用なんですねぇ。
LED ZEPPELINのサウンドプロダクションでも相当重要な役割を果たしていたような感じがする職人芸です。
それに比べて、やはりジョシュ・オムは地味目な印象でしたが、あれだけパワフルなパフォーマンスを1時間40分ということはフジロックではここまでやらないであろう大盤振る舞いでした。
まさかこれほどとはと驚きとともに、息抜きでやるレベルを遙かに超えて、本気のプレイを確認できました。
FOO FIGHTERSでは最近こうしてドラムやらないですから、貴重なライブ、そしてもう観るチャンスないかもというこのメンツでしたね。


No One Loves Me & Neither Do I
Gunman
Scumbag Blues
Dead End Friends
Elephants
Highway 1
New Fang
Bandoliers
Interlude With Ludes
Mind Eraser, No Chaser
Caligulove
Can't Possibly
Spinning In Daffodils
Reptiles
[PR]
by yo4san | 2010-07-29 01:21 | Comments(0)

でかした!

c0011327_23133725.jpg

リーグ再開後の前節は広島で不甲斐ない試合で敗れましたが、前節コンディションの悪く見えたメンバーがのきなみスタメンを外れたガンバ戦。
39000人を超える入りでかなりホームの気合いが感じられました。

c0011327_23134583.jpg

山瀬が外れて心配はあるものの、松田もベンチに入っている後半戦。
ずるずるいかないためにも勝ちが期待されました。

c0011327_23135374.jpg

W杯で活躍した遠藤は序盤こそチャンスを作りましたが、マリノスディフェンス陣ががんばり、一本クロスバーという危ないシーンはありましたが、決定機は最低限にさせたと思います。

c0011327_2314013.jpg

俊輔はかなり調子があがってきたのか、アグレッシブに前にボールをフィードしていたと思います。
まだ周囲の動きが彼のイメージに合わせきれませんが、やはり存在感は抜群です。

c0011327_2314994.jpg

膠着状態が続くもポゼッションはマリノスが優位に進めていましたが、後半に入りPKのチャンスを千真がまさかの失敗。
これが決まっていれば楽に進められたゲームでした。

c0011327_23142946.jpg

初先発となった小野。
こうして怪我しながらも非常に動きが良かった印象です。
小柄な選手ではありますが、連携ができてくるとあの攻撃センスは光ると感じます。

c0011327_23144077.jpg

もうスコアレスドローかとのムードだった終盤ロスタイム4分。
またしても天野がやってくれました。
何かもってますね、彼は今年ホームに強い。

c0011327_2314479.jpg

暑い中、フル出場で足がとまらなかった小野。
今後に期待できますよ。

c0011327_23145878.jpg

なんといっても最後に魅せた天野。
おかげで気分良く締めくくりました。

c0011327_23151780.jpg
終わり良ければ全て良し的な展開でもありましたが、猛暑の関東でも行った甲斐がありました。
この2週で観た2試合とも勝利とは、何か運も出てきたかもしれませんが。
次節アウェイ大宮戦をはさんでホームで名古屋戦ですね。
大宮戦はライブが被りましたので残念ながら行けません・・・
体調が若干回復してきましたが、本当に連日暑い。
ライジングサンに行くため帰省することにしましたが、その前にサマソニとか外に居続けられるか自信がないくらいです。
その一昨年のサマソニがラストとなったNINのトレント・レズナーの新プロジェクトHow to Destroy AngelsのEPがリリースされました。
声以外はまさにNINなんですが、こうして女性が歌うと本当に雰囲気が変わるので不思議です。
繊細な曲がより際だつ作りですね。
NINが終了というのは、とても寂しいわけですが、こうして形を変えて作品は出続けるのであれば、また今後も楽しませてくれそうですね。
[PR]
by yo4san | 2010-07-24 23:31 | Comments(0)

勝利はやはり素晴らしい

c0011327_235462.jpg

梅雨明けとなり一気に暑くなりましたが、今日は遠路はるばる千葉のフクダ電子アリーナまでコンサドーレを応援に行きました。
いろいろあって帰省しにくい事情もあるので、今シーズンこれが初観戦ということで、買って一度も着ていない中山のユニフォームもこれがデビュー戦となりました。

c0011327_23541293.jpg

ビジター用のシートはほぼ完売でアウェイなのにこのフラッグです。
中断明けの気合い十分なスタンド。

c0011327_23543737.jpg

古田がこうして序盤は駆け上がるシーンが多く、かなりいい立ち上がりだと思ったら・・・

c0011327_23544044.jpg

いきなり古田が決めましてあっさり先制。

c0011327_23544114.jpg

前半は30分あたりから差し込まれるシーンが続き防戦になりながらリードして折り返し。

c0011327_2354439.jpg

後半10分くらいだったでしょうか。
清水からレンタルで加入した高木(たかき)が交代出場。
連携はまだ合流直後なのでまだまだですが、キレのあるプレーが垣間見えました。

c0011327_23544664.jpg

後半も厚い攻撃が続くジェフに防戦の展開でしたが、終盤ドラマが。

c0011327_23544884.jpg

44分くらいでしょうか、カウンターからまた古田が決めました。
今日は前半は攻撃するシーンが多かったですが、後半はこうしてカウンターのワンチャンスという感じに。

c0011327_23545013.jpg

ロスタイムに入った直後に今度は交代出場の岡本までカウンターからゴール。
終盤盛り上げてくれました。

c0011327_23545368.jpg

そしてこんな最後まで引っ張るなよと思いつつ、ゴンが投入。
あなたを見に来たと言っても過言ではありません。
キリノは動きは悪くありませんでしたが、前半のような動きには後半できず。

c0011327_23545735.jpg

そのまま終了しまして3-0で完封快勝という結果に。
ゴンのプレーがもうちょっと観たかったけど、アウェイで3位のジェフ相手ですから、贅沢は言えませんか。

c0011327_2355041.jpg

沸きに沸いたスタンド。
こうして勝つというのは、何にも代え難い喜びです。
Jリーグ再開を心待ちにしていました。
次節はホームで横浜でゴンvsカズの戦いです。
頑張ってほしいです。

c0011327_2355273.jpg
やはりあまりに遠い帰り道で、京葉線にはジェフサポーターに囲まれ微妙な帰路でしたが、「We Are Sapporo!」コールが頭に残りつつ、地元に思いを馳せTHA BLUE HERBを聴きながら帰りました。
最近はこのクラムボンのようなコラボもの続きで、いろいろな可能性を探る活動ですが、ライジングサンでやっぱり観たいなと思い始めました。




体調も悪く、良いことも無くで、本当に鬱々とした日々が続いていましたが、やはり自分の気の持ちようということもあるだろうし、何か変えていかないといけませんね。
今日はそうしたきっかけのひとつになるといいなと思いつつ、明日はゆっくり休むようにします。

それにしてもマリノス・・・
かなり試合内容が悪かったようですが、次節のホームは頼みますよ・・・
[PR]
by yo4san | 2010-07-19 00:10 | Comments(0)

おもちゃは屋根裏に行かず

c0011327_21314729.jpg
参議院選挙の日でテレビは開票速報ばかりですが、本日は映画「トイ・ストーリー3」を観てきました。
このシリーズはもうピクサーの作品でもずっと見続けている名作中の名作シリーズでもあり、ディズニーとの契約切れからディズニーがオリジナルで作るという話も出て、かなり不安にもなってましたが、こうしてピクサー作品として観れたことがやはり素晴らしい。
過去のキャラはそれぞれ生き生きと活躍するし、おもちゃの視点を生かした社会風刺も本質を突いているし、今作は何よりラストの展開が驚きを持っています。
おそらくこれで最後だろうなという気にもなりましたが、なぜか最後にトトロも出てきていますね・・・
あえて気になったことをあげるならば、3Dで観たのですが2Dで十分素晴らしいのではないかということ。
もともとアニメーションは素晴らしく、そこまで立体感なくても臨場感のある作品なので、鮮やかな色彩がどうしても薄れる3Dは若干この世界の華やかさを失わせている感じがしました。
今度2Dでもう一度観るか、Blu-rayまで待つかというところでしょうかね。

今回映画で各キャラはウッディを除いて屋根裏に送られそうになりますが、それで思い出したこのAEROSMITHのアルバム。
タイトルは「Toys In The Attic」とまさにこのストーリーそのものなんですが、邦題が素晴らしく「闇夜のヘヴィ・ロック」。
これにはあの名曲「Walk This Way(お説教)」もあったり、楽曲の素晴らしさから名作でもありますが、この邦題でも特徴的な歴史的1枚なのではないでしょうか。
ライブではいつもタイトル曲が私にはかなりツボで盛り上がるのですが、最近はスティーヴンとジョーがいろいろもめたりと、なにやら落ち着かないバンド状況のようですが、またライブみたいなぁと思った次第です。

さて、W杯決勝戦前にF-1もありますので、上手く睡眠も取りつつコンディション調整といきますか。
[PR]
by yo4san | 2010-07-11 21:44 | Comments(0)

別れと出会い

7月というのは微妙に中途半端な気はしますが、職場では異動が多かったり、新人配属があったりで変化の多い今週でした。
出会いと別れのシーズンというのは、環境だけでなく自分の意識にも変化がありそうなものですが、何せ続いている体調不良との戦いで、厳しい日々が続いています。
なんとなく期待よりも不安、賑やかより寂しさを感じるのは間違いありませんが。
暑さが増したのもあって、これから2ヶ月くらい、つらい季節になりますが、がんばらないといけませんね。
やっぱり北海道帰ったほうがいいだろうかとか、仕事どうしようとか、そんな悩みにも苛まれつつですが。

c0011327_20543441.jpg
BLOC PARTYが来日を目前にキャンセルそして中断(なのか解散なのか今も不明ですが)して、ややしばらく経ちましたが、奇しくもそのキーパーソン2人が揃って別な活動を開始。
その一人、ケリーはソロで、想像以上に打ち込み主体のサウンドでカムバック。
声はまさにあのケリーですが、BLOC PARTYでも垣間見えたところはありますが、サウンド面では大きく変化を感じます。



c0011327_20544880.jpg
先日ASHのメンバーと来日していたラッセルは、女性ヴォーカルを入れてPIN ME DOWNとバンド的にアルバムをリリース。
これは明らかにBLOC PARTYを思わせるサウンドで、さらにポップにした感じでしょうか。
間違いなく過去のBLOC PARTYの音の方向性はラッセルがリードしていたのがよくわかります。




それぞれ良い作品だと思うのですが、やっぱりBLOC PARTYが気になってしまいますね。
明らかに円満な状態でのソロ活動とはなっていないだけに、このまま離れていくのか、どうなるのでしょうか。
一度状態が変わってしまうと、人間関係というのは難しいとも思いますが、BLURのように時間が解決する場合もありそうです。
どんな形にせよ、良い音楽を作ってもらいたいところです。

W杯、いよいよ大詰めですね。
そして決勝が終わればJリーグも再開。
ちゃんと体調回復させないとな・・・
[PR]
by yo4san | 2010-07-10 21:47 | Comments(0)

復調せず

c0011327_20535744.jpg
先週末は幾分体調が良くなったと思ったのもつかの間、月曜以降また悪化してしまいました。
一番はストレスですが、酒が続いたのも良くなかったようです。
日々この不調に苦しんだ1週間でしたが、どうにか終えてホッとしました。
こうした自分との付き合いも長いので、ちゃんとケアしないといけませんね。
今週末はおとなしく過ごすつもりです。
やれやれですね。
日本代表も残念な結果となり、勝利には得点が必要で、それには攻撃が必要と再確認しました。
岡田監督も選手も今できる最大限の力を発揮したと思いますが、とにかくJFAの強化試合というマッチメイクはほとんど意味が無かったことがわかりますね。
本気と本気のぶつかり合いがあって初めて壁の高さがわかるように思いました。

前作の続編として作り始められたところから、突如改名とともに、ニューアルバムとしてリリースされたEMINEMの「Recovery」が驚きの作品でした。
正直前作がイマイチで過去作品で最も聴かなかったアルバムでしたが、このラップは凄まじいパワーが直球できます。
タイトルそのまま、今のEMINEM本人を「回復」と表現しているということでしょうか。
アグレッシブなラップに気合いを入れられた感じがします。
私も「回復」しないとですね。
[PR]
by yo4san | 2010-07-03 21:14 | Comments(0)