THE HOLY BIBLE

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ある意味予定通り

c0011327_1835271.jpg
火曜からロンドン、そして戻って数日で手術という強行スケジュールを組んだことから、まぁ毎日過密なスケジュールになってしまいまして、忙殺されていた先週。
18日に赤盤・青盤がリリースされたものの、結局週末まで聴けずじまいでした。
今回くらいは出発前準備をしっかりやろうと思っていたのですが、土曜は歯医者に、手術関連で保険の手続き、仕事とこれまた慌ただしくなってしまいまして、なかなか思う通りにいかないものです。
まぁ、ロンドンなのでそんなに慌てずとも、何とでもなるだろうという余裕がいけないですかね。
事前に手配していたもろもろの情報は揃っているはず・・・と思いきや、DELPHICのライブチケットが金曜夜に発送したとの知らせ。
絶対出発に間に合わないことが確定したので、クレームのひとつも入れておくかという感じですが、なんとかなるでしょうね。
もう一人でこうしてフラフラ旅行なんて一生しないと思ってたのですが、何がどうしたか4年ぶりのロンドンも相変わらずな結果となってきました。
手術を控えていることもあり、寒いはずのロンドン、体調管理だけはしっかりと思っていますが、一人だとたいした食事もしなくなるので、気をつけなければいけませんね。
で、赤盤・青盤なんですが、すでに昨年ステレオ、モノの両ボックスを購入していれば、全ての音源はリリース済みの商品になりますが、結局思い入れが勝ってか、改めてちゃんと聴いたくらいにして。
輸入盤ですとこのような組み合わせケースに入って、激安というかなりオススメな商品なのですが、赤はリバプールFC、青はエバートンの両チームを表すらしいです。
リバプールはボルトンで観てきますので、結果今年もThe Beatlesの旅要素は抑えつつ、MANICSを楽しみにしつつで、最終的にはマイペースを心がけて行ってこようと思います。
で・・・準備は・・・やっぱり明日やるか・・・
[PR]
by yo4san | 2010-10-24 18:52 | Comments(1)

とりあえず

c0011327_20562796.jpg

勝ったことには価値があったというべき試合内容でした。
俊輔が発熱によりベンチを外れ、いくら降格圏内のチームとはいえ、久しぶりの日産スタジアムでどういう試合を見せるかと思いましたが・・・
小野と端戸というチーム史上最も若い組み合わせであろう2トップはパス回しには効果的なシーンもありましたが、なかなかシュートまではたどり着かず、前半は歯がゆい試合展開でした。
神戸の退場があって攻めに入ったところで、小野がなかなか良いゴールを見せました。
リーグ初ゴールということで、今日良かったのはここだけだったか。

c0011327_20563378.jpg

気づけば大久保まで退場になり相手より2人も多い状態だったにも関わらず、下げるパス回しにブーイングの連発。
あまりに消極的かつミスの目立った後半途中出場の狩野はロスタイム終了直前にまさかの交代。
和司監督にベンチ前で頭を叩かれ、そのままユニフォームを脱いで消えていきました。
和司監督も彼には期待しているからこそ厳しいとは思いますが、このせいもあって勝っても非常に後味が悪く、トリコ傘もまともに開かずのなんとも微妙な勝利でした。
小野だけは今後の好材料かもしれませんが・・・

狩野には本当に正念場だと思いますが、これですねずに、悔しさをバネになんとか乗り越えてもらいたいですね。
健太よ、本当にがんばってくれよ。

c0011327_20564094.jpg
アーセナルもやや微妙ながら連敗を止めた今週末でしたが、今日は結局行けなかったSMAのイベントに出演しているはずのdetroit7。
非常にガレージ色の強い、ワイルドな作品になりました。
頭からぶちかます感じが今のバンドの勢いを感じていいです。
海外だとかなりいけそうなんですよね、この音は。
来月のワンマンはどうしたって行きたいと思います。

明日からまたがんばろう。
[PR]
by yo4san | 2010-10-17 21:19 | Comments(0)

もうちょっと

c0011327_11202746.jpg
相変わらずといえばそうなんですが、仕事でバタバタし続けてようやくの週末です。
チリの落盤事故からの救出作業には本当に感動を覚えました。
33名それぞれの人たちが生きていることへ、本当に喜びを表していたのが印象的でした。
最近は本当に人生を考えることが多くなりましたよ。
昨日は通院日でいろいろ検査を受けました。
身長・体重測定から採血、採尿、胸部レントゲン、心電図、血液の凝固確認(耳たぶを切りました)、肺活量(これが一番大変だったかも)とこれだけ年に何回もチェックしてれば、そりゃ何か見つかってもおかしくないかなと思う勢いですが、入院に向けた段取りなどいろいろ聞きまして、いよいよ現実味を帯びてきました。
不安だらけですが、その前にしっかりUKを楽しんでくること、ちゃんとリフレッシュすることが重要かなと思っています。
これはずいぶん前に入手していましたが、MANICSの2枚組限定盤です。
前作の内容と同様にデモトラックが順番に入ったボーナスディスクがポイントですが、こうして作る課程を楽しめるというのはファンならではの聴き方なのかもしれません。
イアン・マッカロックが歌う曲はニッキーが入れてたりというのも新鮮です。
いよいよ月末ロンドンで久々のライブです。
全部歌えるくらい頭に染みこませて行ってきたいと思います。
アーセナルにもベントナーとギブスは復帰の見込みだし、観に行く頃にはウォルコットとセスクも復帰しているはず。
辛いことが続きますが、良いことを毎日大切にですね。
[PR]
by yo4san | 2010-10-16 11:39 | Comments(0)

ようやく受領

c0011327_23455219.jpg
今日はジョン・レノンの誕生日ということで、Googleのデザインも変わっていたりしましたが、タイミングを合わせた全アルバムリマスターに未発表音源込みのBOXセットがリリースとなりました。
去年行ってきたニューヨークでもジョンの歴史に触れてきたわけですが、ようやくこうしてBOXセットを受け取れました。
昨年のTHE BEATLESに続き、こうした歴史的作品というのは重みが違って感じるから不思議です。
今日はずっと雨だったのもなんだか雰囲気があるというか、思えばニューヨークでもそうだったような。
今月末にはUK行ってきますが、これでリバプール行ければ完璧だったかもしれませんね、今さらながら。
リバプールの試合は観るのですが、場所はボルトンだったりしますからね・・・
ゆっくり休んだのも良くて、体調が若干回復したようです。
これからゆっくりジョン・レノンのアルバム聴こうかと思います。
何かといえば人生や健康について考える最近、とても琴線にふれる作品ですね。
[PR]
by yo4san | 2010-10-09 23:39 | Comments(0)

UNDERWORLD @ ZEPP TOKYO 2010/10/08

c0011327_10265167.jpg

ようやくの週末、体調が変わらず優れないままでしたが、楽しみだったUNDERWORLDを観にZEPPへ行ってきました。
本当であれば東京公演全部に行きたかったのですが、仕事的に厳しいということもあり、8日のみです。
全公演ソールアウトの期待は会場を包んでいて、20時過ぎたくらいに開始となりました。

やはり彼らにしか作れない、そして盛り上げられない音、唯一無二とはこういう世界ですね。
エレクトロニックサウンドというのは、一定レベルの制約がある気がして、オリジナリティをはっきり打ち出すにはやはりセンスが決め手だと思いますが、本当にこの世界は明らかに違います。

終始素晴らしいパフォーマンスでしたが、やはり「Cowgirl」から「Rez」の流れは何度経験してもぶっ飛びますね。
今回のツアーでは「Rez」がしっかり長くプレイされているので至福の時間も長く楽しめます。
会場ではあらゆる角度でビデオシューティングされていましたので、DVDでも出してくれるのでしょうか。
ちょうど2時間のパフォーマンス。
あぁ観たい・・・
あえて言うなら前日やっていた「Pearl's Girl」も聴きたかったなぁ。

c0011327_10265958.jpg
この新作も今回のセットリストではしっかり入っていまして、どれだけ素晴らしいアルバム出したかを再確認できます。
そして先日オフィシャルストア限定ですでに完売のBOXセットが届きまして、アートプリントに二人のサインが入っていたりするのも嬉しいですが、DISC2を聴けるのはこのセットのみ。
アレンジ違いで全曲収録なんですが、これも違った音色でありながら、まさにUNDERWORLDでして、いつかDJやるとき使いたいなという感じになっています。

こうして非常に素晴らしいライブでしたが、昨日はワーナーミュージックの吉田社長の訃報というショックな出来事もあったりで、その後向かった職場関係の送別会でも体調不良から、どうもダメな感じになってしまいました。
今日は当初仕事の予定でしたが、急遽無くなったのでゆっくり休んで、気持ちも穏やかにしていたいと思います。


Downpipe
Always Loved A Film
Nu Train
Two Months Off
Scribble
Bird 1
Rez/Cowgirl
Between Stars
Diamond Jigsaw
King of Snake
Born Slippy Nuxx

-encore-
Dirty Epic
Moaner
[PR]
by yo4san | 2010-10-09 10:40 | Comments(0)

BRETT ANDERSON @ duo MUSIC EXCHANGE 2010/10/6

c0011327_2228692.jpg

本当に自分でもどうしたものかという忙しさからくる大変さと、体調不良が重なり、先週も今週もまぁ凄いことになってます。
どうにか今日は仕事を打ち切り、SUEDE再結成ライブが話題の中、なぜかソロ来日となったブレット・アンダーソンを観てきました。
前回来日はアコースティックな展開でしたが、今回はバンドセット。
会場はAXからかなりスケールダウンとなりますがduo MUSIC EXCHANGEでした。
バンド構成だったので、今回は時期的にもSUEDEの曲がかなり入るのではと期待してしまっていたのが良くありませんでした。
SUEDEどころかソロの新曲もかなり挟まれて完全にブレット個人の作品世界。
で、それはそれで悪くなくて、あの声もあのスタイルも健在で、かなりパワフルなパフォーマンスでした。

c0011327_22281544.jpg
新曲以外はこのアルバムからが多かったと思いますが、SUEDEもやっていて、こうしたソロも手抜きなく続くということですね。
どうしてもSUEDEほどキャッチーな曲構成にはなりませんが、今日プレイされた新曲も悪くなかったです。
でもなぁ・・・やっぱりSUEDE観たいよなぁ、久しぶりに・・・
ロンドンまで最後のツアーを観に行って、はや何年が経過したでしょうか。
来月にはベスト盤がリマスターで出るという話もありますので、そっちもやっぱり楽しみなんですよね。
12月のロンドンでのSUEDE観たいなぁ・・・とはいえ、今月末はMANICSを観に行くわけですから、次のチャンスを待つことにしますか。

リマスターといえば昨年はTHE BEATLESで大騒ぎの音楽業界でしたが、今年は赤・青盤もそうですが、ジョン・レノンのソロが全作リマスター再発。
昨日宅配で届いたようなのですが、不在で受け取れず週末までお預けとなりそうですが、楽しみに今週なんとか乗り切りたいと思います。
今はそれしかできませんからね。

がんばろう。


セットリスト追記します。
Hymn
Wheatfields
The Hunted
Unsung
Brittle Heart
Unstoppable
Ashes Of Us
Empress/Clowns
Chinese Whispers
Different Place
Back To You
This Must Be Where It Ends
Julians Eyes
Actors
Swans

-encore-
Funeral Mantra
[PR]
by yo4san | 2010-10-06 22:42 | Comments(0)