THE HOLY BIBLE

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

めぐり、めぐり、めぐりめぐって

c0011327_23275269.jpg
今日は映画「さや侍」を観てきました。
松本人志監督3作目ということで、素人主演というのが話題になりましたが、野見さんで素人と呼べるのかはさておき、いかにもな作品だったと思います。
過去同様に賛否両論だと思いますので、観たとおりに感じればそれで良しと思ったり。
こうして映画観に行って、音楽を楽しんで、なんにせよ充実した週末になったと思います。
マリノスも俊輔が怪我で離脱するも勝って、2位まで浮上してきましたし、この調子で次節川崎戦は2-3位対決となるので、がんばってもらいましょう。

ところで、来日中ということもあってニュースに出ない日がないLADY GAGAですが、こちらもちょっと前ではありますが、3作品目。
それまでより、かなり四つ打ち中心の楽曲ラインナップで、フロア色の強い仕上がりになっていますが、ひとつひとつのクオリティはさすがという内容です。
ビジュアルイメージがアヴァンギャルドなので、どうもそっちよりの話が多くなりますが、これはそうした話と完全に切り離して評価されるべきものではないかと思いました。
[PR]
by yo4san | 2011-06-26 23:46 | Comments(0)

Life goes on.

c0011327_2321699.jpg
暑さもかなりなものになってきた今週でしたが、お世話になっている人中心に飲みのリフレッシュができた感じがします。
周囲からはいろいろ言われても、変わらず素晴らしいこともあるし、きっとこれからもっと素晴らしいこともあるし、と勇気づけられた1週間でした。
今日は疲れもあってか、のんびり目に過ごしまして、二子玉で買い物した以外は、自宅で音楽を楽しむ贅沢さに満足です。
これは買って結構経っていますが、新人として期待が大きく、2枚目が待たれていたCAJUN DANCE PARTYがいつのまにか解散してしまい、本当に残念でしたが、ダニエルとマックスでこうしてYUCKとしてカムバックとなりました。
方向性としてはバラエティに拡散するより、UKギターロック真ん中できた感じが、とてもまとまりがあっていい作品になっているように思いました。
CAJUN DANCE PARTYをAXで観たのは2008年12月のことでしたか。
今までどれだけたくさんライブ観ようとも、印象に残るものはたくさんあって、あのときのダニエルも鮮烈な印象を受けました。
今年はYUCKでの来日が決まりましたので、ぜひ観ておきたいと思っています。
[PR]
by yo4san | 2011-06-25 23:43 | Comments(0)

地味に悩み続けていた件

c0011327_23173310.jpg

今週は体調不良に悩まされ、最初は喉の痛みからスタートし、熱、寒気と悪化し、週末にかけて治まってきた1週間でした。
梅雨独特の湿度と、節電で暑いオフィスと、普通に涼しい外の気温で、変化にフィットできなかったんでしょうか。
かなり楽になりましたが、喉の痛みが残っているので、来週も気をつけたいと思います。

この夏の大きな懸案事項だったサマソニでsuedeとPiLが被りそうな件、どうしたものかと悩む日々でしたが(レッチリも未解決事項になりますけど)、ついにPiLが単独公演が発表され、ずいぶん気が楽になりました。
suedeは直前のアジアツアーがあるので台北あたりで観るか、9月にベルリン行くかすら悩みましたが、これで選択肢が増えました。
フェスというのはどれだけ事前に良いラインナップでアナウンスされても、結局時間帯が被れば全部観れないという宿命だけに、単独があるというのは嬉しい話です。
さっそくチケットも確保しましたので、夏は忙しくも楽しみになっています。
ただ、もうひとつ懸案事項がまだ残っていますが、これはもうちょっと手を尽くしてからということで・・・

そのPiLですが、おそらくドイツだから可能であろう、テレビ番組収録のDVD発売は、日本でみればブート並のクオリティですが、いわゆるハーフオフィシャルになる 83年の映像作品。
なぜか「Anarchy In The U.K.」もプレイしていたりしますが、PiLはとにかくこうした作品が無いので、貴重と思って楽しめます。
最新のライブは2009年のツアーがCDでもリリースされていますので、気持ち高めるのはCDでと思ったほうが良さそうですね、見た目の変貌は今さら言うまでもないので・・・

本日のオリンピック予選となる日本代表vsクェート代表ですが、失点は残念でしたが、次も勝てばいい話なので、調子を上げていってもらいたいですね。
次はアウェイなので体調管理は楽じゃないと思いますが・・・自分の状況から厳しいことは言えませんということで。
マリノスは・・・次節がんばってもらいましょう。
[PR]
by yo4san | 2011-06-19 23:39 | Comments(0)

梅雨らしく

c0011327_212939.jpg

忙しさもあってややネタが古くなりましたが、まずは火曜にあった日本代表vsチェコ代表。
報道ではバカの一つ覚えのように3-4-3についてばかりが話題になっていましたが、その3-4-3の中盤にはスタメンから内田と長友がサイドに入った布陣でディフェンスはそこそこやれた印象。
ただ、とにかくFWと中盤の距離が遠く、センターに張って特に動きも良くなかった李は孤立しっぱなしで、ポストプレーもできるわけでもなく、本田と岡崎がサイドを変えることでしかアクセントがつかないというのが、俊輔、松井と違って長友と内田では同じサイドしか使えないポジション難。
とにかく攻撃してなんぼのフォーメーションなので、あれじゃオプションにもなりません。
FWは守備的(というのがもう崩壊気味ですが)なメンバーでも良かったのではと。
渡辺美里の国歌独唱が良かったことばかりが印象的でしたか。

c0011327_21291950.jpg

さすがに梅雨だけあって、湿度の高い日々ですが雨が強かった午前中から、出発前には止みつつあって、スリッピーなピッチだけが課題だった本日のマリノスvs柏戦。
首位相手だけにそれはもう気合い入ってたんですが、とにかくダメダメだった前半。
完全に柏ディフェンスにフタされていました。
気づけば2点ビハインドの後半は前半より改善されましたが、とにかくゴールが遠かった。
柏の今シーズンの好調さがよくわかる強さになっていました。
次節にはもうちょっと攻撃なりキープなりにもアクセントつける意識が必要でしょうね。

c0011327_21292692.jpg
とにかく梅雨のジメジメした雰囲気がはれることなかった今週、サッカーもどれもジメジメした内容でしたが、慌ただしくも人とのコミュニケーションに一喜一憂した日々でした。
悩みを受け止めたり、励ましたり、勇気づけられたり、不安になったり、落ち込んだり、一緒に過ごす喜びを感じたり、浮き沈みだらけでしたが、トータルでは良い一週間になったように思います。
梅雨が明けようとも夏も湿度は落ちないだろうと思うと、本当に節電が不安なのですが、なんとか乗り切るしかないですから、音楽で爽快感をということで、ここ数週本当によく聴いているFRIENDLY FIRESの2nd。
前作よりずいぶんポップ寄り、そしてエレクトリックサウンド寄りにシフトはしていつつも、このバンドらしさももった素晴らしいダンサブルな世界。
ついにヘッドフォンもインイヤーにしないと暑くて厳しいシーズンになりましたが、移動中もこれで盛り上がれます。
明日はのんびり音楽を楽しみつつ、心穏やかに過ごしたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2011-06-11 21:55 | Comments(0)

detroit7 @ CHELSEA HOTEL 2011/06/05

c0011327_21475221.jpg

この週末は基本的に家で音楽聴きつつ、仕事しつつの流れでした。
天気は良かった土曜から、ちょっと怪しかった今日の状況から、最初三ツ沢行ってから渋谷のつもりでしたが、仕事の進み方も悪かったのでナビスコカップは諦めて、detroit7をとりました。
思い起こせば手術前最後のライブでした。
そして10周年ライブの企画が続いているのですが、どうもタイミングが合わずようやくこれが最初となりました。
渋谷CHELSEAでのELECTRIC EEL SHOCKとのDETROIT BATTLE CITYという構成でした。
まさかBLACK SABBATHとか聴くことになるとは予想もしませんでしたが、detroit7はERECTRIC EEL CITYも加わっての「Cum on feel the noise」もプレイしたりの冒頭。
SLADEの曲ですが、OASISもカバーしていましたね、そういえば。
そこからは轟音炸裂よろしく、いつもながらパワフルなステージでした。
「Kiss The Moon」なんかは見せ場もそれぞれ作ってましたね。

c0011327_21475922.jpg
最近はリリースが無いのでこれといって理由は無いのですが、こうしてベスト盤での時期の変化も感じるのもそうですが、新しい曲ほどパワフル、そしてダンサブルなサウンドにシフトしているこのバンド。
ライブこそその体感をできる場所でもありますが、10周年というのも長く頑張ってるなと思いつつ、これからも楽しませてもらいたいですね。
思えば初めて観たのは何年前か忘れるほどですが、今日行った渋谷CHELSEA HOTELでした。
しっかり成長、前進してるのを感じて、自分もそうありたいと思いました。
最近、行く先々で「生きてるだけで十分幸せ」というのが自然と口をついて出てくるのが、自分でも不思議な感覚なんですが、そんな日々でも音楽は潤いを与え、より生活が豊かになりますね。
こうした時間を大切にしたいと思います。

急に雨が強く降ってきましたが、明日から梅雨らしい天気に戻るんでしょうか。

セットリスト追記します。

Sad Summer
cum on feel the noise(SLIDE)
microphone drives
VIVID SANDI
Turn up Fader
FATMAN BLUES
B.R.P.
IN THE SUNSHINE
月を超えろ
Cry for the moon
太陽を溶かした海
Baby in Galaxy
Adam
Watering!
KISS THE MOON
JOY

-encore-
COLD HEAT
[PR]
by yo4san | 2011-06-05 22:01 | Comments(0)