THE HOLY BIBLE

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

乗り越えましょう

c0011327_23364436.jpg

俊輔がいない中、小椋まで怪我で欠場となったベガルタ仙台戦。
ボランチに金井が小椋の代わりに入り、中澤、青山のセンターバックに、左サイドがまさかの勇蔵。
この4バックはどうなんだろうと不安な入りも、あっという間にこうして右サイドバックだったパンゾーがゴール。
あまりにあっさり入ったのでこの流れでいけないかなと思ったものでした。

c0011327_23365231.jpg

それから10分で2点を奪われあっさり逆転。
とにかく全体の動きが重く、中盤は金井が散らすよう努力しているのはわかりましたが、いかんせん連携も悪いしキープしきれず、前線ともつながらずという厳しい展開が続きました。
左サイドは勇蔵だと持ち上がりは難しく、小野も自然と引いてくるしかないようなシーンばかりでした。
守備の安定性を期待しての金井ボランチだったと思いますが、青山を前に出したほうがまだ組みやすかったんじゃないかと感じました。

c0011327_2337127.jpg

後半になっても点が入る気がしない流れが続いて、交代選手も上手く入りきれないまま時間ばかりが過ぎました。
とりわけFW二人が揃って交代させられましたが、千真は存在感が全くなく、彼だけではなく中盤との位置関係の問題も大きかったとは思うのですが、こうしたストレスフルな試合ではつきもののブーイングも容赦なく千真に集まった感じがしました。
この優勝を争うタイミングで嫌な負け方になりましたが、ガンバも負けたのでまだ諦める必要はありません。
残り全試合勝利をイメージして、切り替えていくしかないでしょうね。

c0011327_2337740.jpg
その後、慌ただしくも職場関係で結婚式二次会出席のため渋谷向かいまして、さすがに疲れたか今日は自宅を出ない一日。
CD整理したり洗濯や片付けの日となりました。
アナログとデジタルの同時リリースで最後の7枚目がこれからですが日本先行でCDリリースとなったRADIOHEADのリミックスアルバム。
6枚目までコツコツ入手してきたのですが7枚目どうしましょうね、アナログは買うとしても。
まるでASHのようなコレクターズアイテムになってしまいそうですが、曲はどのリミックスも面白くて、DJやるときあれば使いたいトラックもあります。
で、アナログ聴いてるとわからない、通しで聴く感じがまた独特の流れで、外部のアーティストがリミックスしても強烈に印象づくRADIOHEADの原曲というのがまた不思議です。
ここのところエレクトロのアプローチが目立つこともあって、こうした作品にも全く違和感がなくなりましたが、もう何でもありなバンドになってきましたね。
マリノスにもこうしたチャレンジングな姿勢を忘れず、多彩なプレーで勝ち抜いてもらいたいのですが。
[PR]
by yo4san | 2011-09-25 23:57 | Comments(0)

心を整えましょう

c0011327_0254869.jpg
たった3日間しかなかった営業日を挟み、また3連休になりましたが、本当に疲れた1週間でした。
みんなが自分と同じようなわけはないと思いつつ、人の脆さにガックリきたし、自分から見ればあまりにくだらないことでも、そればかりが大事な人もいるという現実にやるせない気持ちにもなりました。
先週からの体調不良は水曜にはかなり回復したのですが、あの凄まじい台風通過によって地震のようなビルの揺れにまた疲労させられたりしたせいもあったでしょうか。
でも、いろいろな方に、いろいろな形で、励ましやサポートを感じることもできて、そのおかげで持ちこたえられたのかもなと感じます。
そして他にも良いこともありました。
その一つがこのKASABIANのニューアルバム。
まずとにかく驚いた変化は、非常にアルバムとして完成度の高い作品になったこと。
曲のバリエーションがメロディが印象的ながらとても幅広い内容に。
それがとても構成としてまとまった感じにも取れます。
このバンドらしからぬポップな曲もあり、次にどんな曲がくるか予測不能な流れですね。
12月にロンドンO2Arenaで2日間のライブを観る予定ですが、来年1月には来日もあり楽しみです。
で、あと一つ今日は12月に同じくロンドンO2ArenaでライブがあるCOLDPLAYのチケットも取れました!
瞬殺でソールドアウトになりましたのでとてもラッキーでした。
MANICSやTHE HORRORSとあわせてとても充実した行程になりそうです。
去年は本当に辛いことがたくさんあって、苦しい一年でしたが、MANICSが乗り越えるモチベーションをくれました。そして今年はとにかく充実した一年にできるよう、音楽でもサッカーでも健康面でもベストを尽くすべく、日々を過ごすようにしていますが、結果MANICSを最も多く観れる年となりつつ、ここまでもたくさんの素晴らしいライブに恵まれてきましたが、年末まで時間を大切に過ごせそうです。
辛いこともあれば、良いことも必ずあるのはきっと間違いないですね。
[PR]
by yo4san | 2011-09-24 01:03 | Comments(0)

手に汗握る

c0011327_0571130.jpg

J1首位攻防戦となったガンバ大阪との一戦。
もう9月も後半だというのにまだまだ暑かった一日でした。
俊輔不在、勇蔵もスタメンを外れる状況ではありますが、今シーズン一番の観客動員だった盛り上がり。
中盤はフラットな4-4-2でフォーメーションを続けていましたが、前半早い時間帯でリードを決めて、何度も危ないシーンはありつつも凌いだのですが、後半ガンバが外人部隊の前線にしてからすぐに失点でドローという展開。
もうちょっと後半はできることがあったように思いますが、結果的に負けなかったことで勝ち点差は変わらずはまずまずの結果だったのでしょうか。
次節はしっかり勝ちきってもらいたいですね。
札幌はさりげなく勝ちが続いていて気づけば2位。10/2の横浜FC戦で久しぶりに観れるのでそれまで好調を維持してもらいましょう。

c0011327_0572061.jpg
体調はやはりイマイチな状況が続きますが、音楽聴く時間はあるので、驚いたのがこのTHE DRUMSのニューアルバム。
前作はサーフィン行きたいなんてまさにお気楽な歌詞が印象的だったのですが、明るいメロディはそのままに歌詞が底なしに暗い内容に大変貌して、サウンドはよりソリッドになったことで、まさにJOY DIVISIONを思わせるアルバムに変身。
これは結構驚く変化ですから賛否両論あるでしょうが、私としてはかなり素晴らしいと感じたアルバムです。
ヴォーカル入るまでは前作も似てる感じですが、本当に歌詞が絶望的に暗い。
そんなに暗いのを素晴らしいと賞賛するのも何か変ですが、陽と陰を対極で見せてきた感じですね。
これだけの振れ幅があるのは今後も油断できない作品だしてきそうな予感もします。
ライブでも観たいですね、このアルバムの曲がプレイされるの。
[PR]
by yo4san | 2011-09-19 01:12 | Comments(0)

YUCK @ SHIBUYA duo MUSIC EXCHANGE 2011/09/15

c0011327_1742112.jpg

ちょっと間があいてしまいましたが、今週は慌ただしくも火曜夜の便から台北に飛びまして、水曜は終日仕事の打ち合わせで木曜の朝の便で東京に午後帰着。
そしてさらに慌ただしくもYUCKのライブに行ってきました。
CAJUN DANCE PARTYのファンが多く集まったであろうバンドですが、あのとき高校生だったダニエルは、若き日のボブ・ディランみたいな風貌に見えつつホテルの浴衣を羽織ったような出で立ちで登場。
CDPではベースだったマックスはギターとなり、ステージのセンターのベースの女の子は日本人らしいマリコ。
見た目も音楽も結構な変化となりましたが、あのエキセントリックさは薄まりつつ、よりオルタナ色の強くなったサウンドですが、メロディの独特さはそのままだったような。

c0011327_1742726.jpg
まだアルバム一枚のバンドですが、ライブではカバー曲をやると言ってプレイされたのが、はっぴいえんどの「夏なんです」をマリコがヴォーカルにて。
これは原曲を聴いたことがなかったのですが、やけにしっくりくる選曲で、いいなぁと思ってたら、どうやら国内盤にはボーナストラックがかなり追加されていてそのうちの1曲のようですね。
最近出たようですが、機会あれば入手しておこうかとも思いました。

1時間ちょっとでライブは終了し、帰宅してしばらく仕事してたところ、一気に体調変異しまして寝込んだ上に壮絶な腹痛に眠れないまま翌日を迎えましたが、なんとかそれなりに回復しまして、ようやくの週末です。
ストレスや疲れが原因だったのかもしれませんが、体調もかなりマシになってきましたので大丈夫かなと思います。

今晩は音楽を楽しみつつ、アーセナルを応援し、スターウォーズ。
明日も音楽を楽しみつつ、マリノスの首位攻防戦を応援し、スターウォーズとなりそうな週末です。
3連休といってのイベントはありませんが、体調優先で楽しみたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2011-09-17 17:58 | Comments(0)

LINKIN PARK @ 幕張メッセ 2011/09/11

c0011327_1183846.jpg

サマソニ以来の幕張に行ってきました。
思えばLINKIN PARKを最後に観たのはサマソニ09だったと思います。2日間の幕張もソールドアウトしていたようで、かなりの入り。
そしてオーディエンスの身長が高い若者がやたら多かった印象。
彼らは他のライブでは見かけない人たちかと思いますが、普段何聴いてるんですかね?
まるでまき散らすためにドリンクもって入ってるんじゃないかというほど、音が鳴った瞬間に投げまくっているやつらが目立ちましたが。
それこそ私が他のライブとは傾向の違うアーティスト観に行ったということでしょうか。
会場にはサマソニのTシャツ着ている人も多くいましたけど。

c0011327_120331.jpg
ライブのほうは「A Thousand Suns」の曲がたくさん入ったセットリストでした。
このバンドはチェスターの表現力が特に好きだったのですが、ライブではマイク・シノダが縦横無尽に大活躍の印象。
ファンそして日本への想いを語るシーンは感動的でした。
日曜ということもあってか、スタートが17:30からで終了したのが19時過ぎ。
遠いこともあって早く終わるのは助かりますが、帰り道は前回来日のサマソニの音源を聴いてました。
今回もダウンロードすべく、CDを購入してきましたがあのシステムはファンには嬉しいですね。
あと1ヶ月くらい楽しみに待ち、そして今日を振り返られるわけで。
会場のせいなのかわかりませんが、音がどうも私のいたALブロック中央あたりは良くなくて、もっと良いサウンドで聴きたかったですが、パフォーマンスは圧巻の一言でした。

時差もあってUSではまだ9.11が終わらないままですが、何事もなく過ぎ去り、そして平穏な日々と振り返られる一日になってほしいものです。


The Requiem
Wrenches And Kings
Faint
Lying From You
Given Up
What I've Done
No More Sorrow
From The Inside
Jornada Del Muerto
Waiting For The End
Burning In The Skies
Numb
The Radiance
Iridescent
Fallout
The Cataiyst
Shadow Of The Day
In The End
Bleed It Out

-encore-
Empty Spaces
When They Come For Me
Papercut
New Divide
Crawling
One Step Closer
[PR]
by yo4san | 2011-09-12 01:41 | Comments(0)

あれから、その後

c0011327_13343790.jpg
今日はこれからLINKIN PARKで幕張という9.11。
あのテロから10年、上京してもまもなく10年。
そして震災から半年といういろいろな区切りが言われる日でもあります。
NYでのテロの爪痕は2009年にグラウンドゼロを見て本当に驚いたし、あれが本当に起こったことなのかと今もまだ信じきれていないような違和感はやはり距離にもよるのかもしれません。
震災から何か良くなったことがあるわけでもないですが、どこかあまり考えたくない瞬間もあるのが事実のような。
自分の力で色々な所にも行けるようになった今でも距離があるのは同じだったとしても、気持ちは近づいたような気がします。
先日BEADY EYEのオープニングが「Across The Universe」でしたが、何か共通のひとつによってずいぶんと物事との距離も変わる気がします。

昨日、渋谷で2年ぶりくらいでしょうか、偶然声をかけられ気づいた友人と立ち話をして、その間のことやお互いの無事や健康を確認できて時間の経過を忘れる出来事もありましたが、その時に立ち返る何かというのが共通であるものですね。
そんなタイミングで2009年はとにかくTHE BEATLESのリマスターで大忙し(別に何もしてませんが)だったタイミングで、NYも行ってU2観たりといったことが蘇ったのですが、THE BEATLESの一連のリマスターもこれがコンピとしては最強であろう「1」がリリースになりました。
「Across The Universe」は未収録ですが、本当に強力な楽曲群で、そりゃ売れるわなという話です。
リマスターとはいえ要は並べ替えなんですが、結局聴いてしまう凄さ。
なんか久しぶりにPS3のゲームの「ROCK BAND」やりたくなりました。
いや・・・幕張行く準備しないとな。
日曜のライブは開始も早くて戸惑いますね・・・
[PR]
by yo4san | 2011-09-11 14:03 | Comments(0)

BEADY EYE @ ZEPP TOKYO 2011/09/05

c0011327_044446.jpg

サマソニで観たとは思いつつも、やっぱり観ておきたかったBEADY EYE。
いつもリアムは好不調の差が激しいのもあり、やっぱりピーク過ぎたのだろうかと思いつつも見逃せないバンドになってしまっています。
予想は大きく裏切られました。
リアムはOASISの全盛期を彷彿とさせるオーラがあったし、いつも出ない高音域も今日は完全に唄いきっていました。
サマソニと比較しても驚くほどレベルの高いパフォーマンスだったので、本当に圧巻という結果でした。
オープニングの日の丸をバックにしての「Across The Universe」から意表をつかれたのもありましたが、どの曲もしっかりモノにしたタイトなロックバンドですね。
アルバム1枚ですから、あっという間に1時間という流れでしたので、早く新作出してもらえるといいですね。

c0011327_044509.jpg
今のところこれだけのアルバムですが、OASIS用の曲で残ってたものであろうインターバルでしたが、アンディ、ゲムもBEADY EYEではよりキャラが活きてくる印象もあって、今後も期待できそうです。
まもなく出るノエルのアルバムは色々と比較されるでしょうけど、こうしたロックバンドって、そう無くなってもらっては困りますね、やっぱり。
残りの日本公演も観たくなりましたが、今日のクオリティを継続するのもなかなか楽じゃないでしょうね。
それくらい今日は充実していました。

Across The Universe
Four Letter Word
Beatles And Stones
Millionaire
Two Of A Kind
For Anyone
The Roller
Wind Up Dream
Bring The Light
Standing On The Edge Of The Noise
Kill For A Dream
The Beat Goes On
Three Ring Circus
Man Of Misery
The Morning Son

-encore-
Wigwam
Songs Of The Stage


「Two Of A Kind」は「The Roller」のB-sideで、「Man Of Misery」は「Millionaire」のB-sideですかね。
[PR]
by yo4san | 2011-09-06 01:13 | Comments(0)

メタモルフォーゼのはずが・・・(涙)

c0011327_235472.jpg

本当であればこの週末はメタモルフォーゼでしたが、台風12号の影響でご覧の通り中止に。
バスツアー申し込みしていたので、東京駅で職場のメンバー2名と合流したらこの結果に。
かなり楽しみだったので、がっくりきましたが、3人でドトール寄って、ラーメン食べて、ビール飲んで仕上げました。
これで今年の夏フェスは急遽終了となりました。
最後だけ残念なことになりましたが、この土日は休養にあてました。
仕事のストレスもかなりだったのか、凄まじい勢いで寝てました。
そんなタイミングだったのかもしれませんね。

c0011327_2351011.jpg
週末かなりはまってたのがHARD-FIの新作。
ここまで打ち込み使ったのは初めてのように思いますが、これは驚くほど楽しめるダンサブルかつポップなロックアルバムですね。
このバンドしばらく活動休止状態だったようですが、突然こんな凄いアルバム作れるもんなんですねぇ。
すぐにツアー予定を調べていたら、UKが9月で出遅れた感じ。
来日を待つかと冷静になり、そういえば冬にどこか行こうと思ってたので何かないかなと探してみたら・・・
なんとMANICSが12月にクリスマスGIGをやるとか!
しかもチケットがもう売り始まっていました・・・
おかげで良い席を取り損ねましたが、とりあえずチケットは確保。
ベスト盤出して当面活動休止と聞いているだけにこれは外せません。
同じく出遅れて探したKASABIANもチケットを確保。
いずれもO2アリーナという巨大会場ですが、これで決めましたよ12月のロンドン行き。
今、他の案件を調査中で、都合つけばパリも行ってこようかなとか・・・
[PR]
by yo4san | 2011-09-04 23:17 | Comments(0)

お約束の展開でしょうか

c0011327_0455987.jpg

今週ずっと気になっていた台風12号。
来るような来ないようなで雨だけはちゃんとふっていたここ数日、驚くほど強運にも今日になってほぼ晴れ。
時折降る雨に不安になりつつもはるばる埼玉スタジアム2002へ。
Jリーガー2名とチョン・テセがいる北朝鮮との試合です。
昨年南アフリカ大会が終わったかと思えばもう予選です。

c0011327_046766.jpg

毎回予選の初戦は大苦戦の印象。
アディダスがユニフォームたたき売りに入るのかゴールドの背番号バージョンです。
本田の離脱に柏木が入り、FWは李という布陣でした。

c0011327_0461637.jpg

開始後まもなく凄まじい大雨に。
実は気づくのに時間がかかったのですが、北朝鮮のサポーターが赤い様子から急に白く見えはじめ、一緒に行ってた相棒と「マスゲームはじめるのかね」とか言ってたら、どうやらレインコート着てたようです。
ただ、これまたラッキーにもギリギリ屋根がかかるバックスタンド側の席だったので、おかげさまで雨具の出番なし。
この運を試合にもと思わずにはいられませんでした。

c0011327_0462331.jpg

とにかく打っても決定機というほど攻めきらず、せっかく打ててもふかす柏木。
柏木だけで3点チャンスありました。
リーグでもホームスタジアムなんだから、ちゃんと決めろよと・・・

c0011327_0463072.jpg

やっぱり初戦は大苦戦が定番なのか、清武が入って香川と連動しはじめ、かなり攻撃的になった後半の日本。
それでも決めきれないまま、ハーフナー・マイク投入。
そうするとクロス入れるだけの攻めになり、その後もハーフナー、今野とクロスバーをたたきまくり。
もうあきらめそうになったロスタイム4分に、ショートコーナーから吉田が決めました。
あぁ疲れた・・・
いつぞやこのスタジアムではオマーンとの初戦、終了間際に久保が決めて辛勝というのを思い出しました。

c0011327_0463823.jpg

勝っただけ良し。
おそらく3点は手堅く取れたであろう展開でしたが、予選は勝つことが大事でしょうか。
清武と香川のコンビネーションは素晴らしいシーンがありましたが、香川は本田不在ならトップ下がいいかもしれませんね。

c0011327_0464620.jpg
雨も上がって長い帰り道、リリースされたばかりのRED HOT CHILI PEPPERSを聴いていました。
すっかりセンチメンタルなカラーが前面に出て、落ち着いたなぁという印象が強いですが、ソングライティングの方向性にそこまでの変化は無さそうです。
新加入のジョシュはあのメンツの中にあって非常に初々しいですが、ライブはどうなのか、サマソニは観れなかったので、単独で来てもらいたいところです。
ただ、ソニックマニアに行く前にホテルで見たMステでのパフォーマンスは、お世辞にも良かったとは言えない感じでしたけどね・・・
さて、明日は静岡でMETAMORPHOSEです。
いい歳してなんとアグレッシブな夏のライブ活動だろうかと、我ながら呆れますが、こういう夏もあって良いと信じていきましょう。
これまた台風の懸念がありますが、なんとか天候が維持されるといいのですが・・・
とにかく寝坊しないよう、さっさと寝ることにしますか。
もちろん準備はこれからするわけですけど・・・
[PR]
by yo4san | 2011-09-03 01:09 | Comments(0)