THE HOLY BIBLE

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

中国に行ってきました

c0011327_1291584.jpg

木曜から土曜まで出張で中国の杭州に行ってきました。
アジアにはあまり行くことが無かったので、台北には行ったことがあっても、今回初のメインランド上陸でした。
三国志で言うと呉だねなんて、一緒だった人たちと話をしていましたが、北京や上海とも違ういわゆる大都会ではない中国の都市を、観光をする時間は全くありませんでしたが、スケールだけは感じてこれました。
写真はホテルの部屋からの眺めで、西湖が見えていたのですが、結局行けずじまい。
これでも晴れということでしたので、大気の状況は北京ほどではないものの、良くないんでしょうね。

c0011327_1292495.jpg

こうした出張は移動時間も長く、音楽もダウンロード提供されているものを聴くのにちょうど良いので、先日突如公開されたBJORKのNY公演を楽しみました。
驚くほど臨場感ある録音ですが、セットリストからも徹底的に「Biophilia」の世界をベースに、最近の曲ばかりで展開される流れは、現在のBJORKのスタイルの到達にも感じますし、もうジャンルをも超越したアーティストになっている迫力がよく伝わります。

そういえば以前BJORKが上海公演で「Declare Independence」においてチベットを連呼して、中国ファンの反感や中国政府からの非難声明があったようなことがありましたが、この曲も最後は変わらず外れないのも、いかにも彼女らしいライブです。

ダウンロードはこちらから。
[PR]
by yo4san | 2012-02-26 12:23 | Comments(0)

ようやく少しずつ

c0011327_23503532.jpg
この土日は我ながら見事な引きこもりぶりを見せ、基本的にどこも行かずに音楽聴いたり、だらだらと寝ていたりの2日間でした。
疲れを感じていたのでそれも致し方無しと思って、割り切って休みました。
なかなか最近は音楽を聴く時間も限られるので、ようやく年末までに買ってたCDを聴き始めたりで・・・
まずこれはかなり以前にアナログのみでリリースされていたJOY DIVISIONのシングルボックスセットですが、結局CDもリリースされて、すでに出ていたオリジナルアルバムと合わせCDでもリマスター音源にて聴けるようになりました。
ポストパンクのリバイバルが感じられる最近のシーンにおいて、やはりこのバンドの存在感は大きく、果てしなく暗いのですが、ビートとの相性や世界観にはハマるわけです。

c0011327_23504425.jpg

そしてこれも年末ロンドンで買っていてそのままにしていましたが、TOM THE LIONというバンド(?)で、ラフトレでかなり推してたので、この前の1〜2章となるアナログ版と合わせて買ったのですが、なかなか雰囲気のある良い音楽を作ってます。
なぜかネットでもあまり情報がなく、どういうアーティストなのか詳しくはわからないのですが、これはかなりハマりそうです。
まだライブCDと、前作になるアナログは聴いてませんが、来週末にでもまたゆっくり聴きますかね。

最近はフリーダウンロードでも色々リリースがあって、ただダウンロードだけして放置になってるものもあって、とにかく時間が欲しい日々です。
それにしてもアーセナルは本当に・・・という感じの週末になってしまいました。
CLも絶望的、FAも敗退とはね・・・
[PR]
by yo4san | 2012-02-20 00:09 | Comments(0)

THE PAINS OF BEING PURE AT HEART @ 渋谷CLUB QUATTRO 2012/02/17

c0011327_13353221.jpg

ライブ連投の締めくくりがTHE PAINS OF BEING PURE AT HEART。
相変わらず長いバンド名がようやく覚えられたくらいなんですが、1stリリース当初はシューゲイザーと言われるのがネオアコに感じた私にはどうもピンとこなかったのですが、ライブは初めてということで久しぶりのCLUB QUATTROへ。
いつも通りステージ下手側の柱が異常に邪魔臭いのも致し方ないのですが、オープニングアクトだったWEEKENDが登場したとき、肝心のヴォーカルが全く見えず。
かなりポストパンク的なサウンドがツボだったのですが、終盤移動してヴォーカル手前に観て、初めて聴いたバンドだったので今度CDも聴いてみようかなと思いました。

c0011327_13354176.jpg
で、PAINSのほうなのですが、想像以上にシューゲイザー風というのは事実で、ライブかつこの2ndだとなおそう感じるのかという感想でしたが、ギターが結構前に出ているライブなんですね。
そこで通常レベルがどの程度かわかりませんが、ヴォーカルがやはり声量と安定感が不足しているので、ヴォーカルを楽しむ聞き方にはなりませんが、ギターポップとして雰囲気を楽しむには良いバンドかもしれません。
会場がかなり混雑していて、ステージが良く見えないことが多かったものの、週末の安心感とともに、連日のライブのしめもこれでできました。


This Love Is Fucking Right
Belong
Higher Than The Stars
The Tenure Itch
Heart In Your Heartbreak
Say No To Love Falling Over
Come Saturday
Young Adult Friction
A Teenage In Love
Heaven’s Gonna Happen Now
The Pains Of Being Pure At Heart

-encore-
Contender
My Terrible Friend
Everything With You
Strange
[PR]
by yo4san | 2012-02-19 13:46 | Comments(0)

JUDAS PRIEST @ ZEPP TOKYO 2012/02/16

c0011327_1841881.jpg

続きまして木曜はなんとなく誰にも「今日は何観るんですか?」と聴かれて、ちょっと恥ずかしくて言えなかったのが不思議なJUDAS PRIEST。
メタルというだけでなんとなく縁遠くなり、高校、大学時代にそのテクニックが気になってかなり聴いていたわりに、今の今までライブは行かずじまいで、これが最後のツアーということでしかもZEPPなら近くで観れると思い、突如思い立ち職場仲間と行ってきました。

やはり普段観るようなライブとは圧倒的に客層が違い、怖いほど野太い男の声が地響きのような会場で、拍手というより咆哮のいつもとは全く違う感じの世界。
でもそこはメタルゴッドだからこその盛り上がりなのでしょうか。
ロブが想像以上にデブになっていたのがややショックではありましたが、マニアックな楽曲が続いたように感じた序盤から、アルバムのアートワークで説明が入るのはなかなか面白い演出でしたが、曲ごとに引っ込み微妙にコスチュームチェンジするその面白さ。
全部シルバーで光るスタッドがついたような、いかにもなものですが、ローブ被って出てきたときは雰囲気ありましたし、アンコールでもバイク乗って出てきましたし、ある意味お約束の宝庫でそれもまた良しでした。
ツアー直前でKK・ダウニングが脱退したらしく、リッチー・フォークナーなるイケメンのギターがサポートに入っていて、ツインリードでは無かったのがただ一つ心残りですが。

c0011327_18411390.jpg
このタイトルトラックは大学の時かなり好きでしたので、どうかなと思ってましたが、ドラムソロからの流れで出ました。
そしてツーバスのバンドってあまり関わりが無かったですが、最初その激しさに最後までもつか不安になりながら(なら行くなよと言われそうですが)、終盤まで一気に聴いてしまいました。
気づけば2時間半はやったと思うのですが、そうした長いライブも最近には珍しいというか・・・
それにしても年齢はそりゃ上がっていますが、あれだけのパフォーマンスするんですから、寂しい気にもなりますね。
行っておいて良かったです。


Rapid Fire
Metal Gods
Heading For The Highway
Judas Rising
Starbreaker
Victim Of Changes
Never Satisfied
Diamonds And Rust[Joan Baez cover]
Prophecy
Night Crawler
Turbo Lover
Beyond The Realm Of Death
The Sentinel
Blood Red Skies
The Green Manalishi(With the Two Pronged Crown)[Fleetwood Mac cover]
Breaking The Law
Painkiller

-encore1-
The Hellion~Electric Eye
Hell Bent For Leather

-encore2-
You've Got Another Thing Comin'

-encore3-
Living After Midnight
[PR]
by yo4san | 2012-02-18 18:54 | Comments(0)

THE VACCINES / HOWLER @ LIQUIDROOM 2012/02/15

c0011327_18271496.jpg

更新がすっかり遅れましたが、忙しさと慌ただしさに負けてまとめていきます。
まず連日のHOWLERがオープニングアクトになったTHE VACCINESで恵比寿に。
HOWLERは前日同様に荒削りながら十分なポテンシャルを発揮。
今年一番気になるバンドです。
この日はオープニングアクトとはいえ、最初からかなり混んでいて、注目度の高さも感じました。
前日よりはさすがに曲も少なめの時間でしたが、連日観ても良いですね。

そしてTHE VACCINESは初めて観たのですが、昨年デビューではかなり印象に残るアルバムでしたので、昨年末のロンドンで購入したライブアルバムも予習していましたが、非常に安定したプレイで、良いメロディもちゃんと楽しめましたし、一枚しかアルバム出していないとは思えない盛り上がりでした。
新曲も織り交ぜながら、サマソニ出演も最後に言ってしまってましたが、再来日が期待されます。

c0011327_18272065.jpg
THE VACCINESについてたった一つだけ惜しいと思うこと。
それはヴォーカルのジャスティンのルックスですかね・・・
他のメンバーもなかなかのイケメン揃いだし、こうして素晴らしいデビューアルバムも出して、ライブもそれを楽しむに良いパフォーマンスで、あとはな・・・と感じずにはいられない見た目。
ちょっと痩せるだけでもずいぶん違うと思うんですけどね。
まぁ音楽に直接関係ないことではありますが、それくらいこのアルバムも含め楽しめるバンドであることは間違いありません。
次作は相当ハードル上がると思いますが、期待したいですね。
[PR]
by yo4san | 2012-02-18 18:36 | Comments(0)

HOWLER @ ASTRO HALL 2012/02/14

c0011327_8194772.jpg

バタバタしてて更新遅れましたが、昨日HOWLER観てきました。
久しぶりのASTRO HALLでしたが、仕事を抜け出しギリギリついたつもりががら空き。
決して有名ではないのでしょうが、個人的今年最高(早すぎますけど)の新人だと思ってるので、ちょっと残念ではありましたが、遅れてついても前方で観れました。
開演時刻から20分近く過ぎてスタートしても20時には終了という、超コンパクトなライブでしたが、荒削りながらギターロックの楽しさが詰まった良いライブでした。
ヴォーカルのジョーダンは19歳どうこうはさておき、色気ある感じのたたずまいが良いし、なんとなくTHE STROKES風な見た目も効果的に機能しそうです。

c0011327_8195488.jpg

終演後サインもらいましたが、このアルバムは今年リリースのものでも本当に良く聴いてます。
定期的にこうして登場するギターロックの優良バンドは印象に残りやすいですが、こんな作品すらも売れにくい昨今なのでしょうか。
このバンドにはぜひ成功してもらいたいと思っています。
今日もTHE VACCINESとの対バンでライブがありますが、このコンビで回ったUKツアー観たかったなぁ。
今日観ますけどね・・・
今週は連日ライブ続きになるので、仕事との調整がかなり大変ですが、楽しみに行きます。


America
Beach Sluts
For All Concern
Too Much Blood
Wailing (Making Out)
This One's Different
Pythagorean Fearem
Told You Once
Back To The Grave
Back Of Your Neck

-encore-
Black Lagoon
[PR]
by yo4san | 2012-02-15 08:27 | Comments(0)

やっぱり早すぎる

c0011327_23224225.jpg
木曜日だったでしょうか。
以前仕事で大変お世話になった方の訃報が入り、ショックを受けました。
私より若くして、あまりに早すぎる出来事にとても残念な思いでした。
今日はその通夜に参列しまして、久しぶりの方にもお目にかかりましたが、もっと違う理由で会いたかったものです。
故人のご冥福をお祈りするとともに、やはり生きているものとして、これからの時間を大切にしなければと改めて思いました。

来月の来日に向けてプロモーションが加速しているFOO FIGHTERSですが、ドキュメンタリー映画がずいぶん前にリリースされていまして、今日帰り道この話になったのですが、NIRVANAの終焉からFOO FIGHTERSとしての浮き沈みが、ここまで出していいのかと思うほどそのままに、当事者自らのコメントで振り返られる構成は、ファンとして知られざる人間関係や出来事を歴史を振り返りながら感じられます。
とても生々しい、サラリーマン同様に感じる社会生活での関係性まで自分のことのように思えるほどですが、一見うまくいってるように見えても、どういった苦労があるかなんて、やはり知らない人間にはわからないものなんだなとか、人の死というのは本当に全ての記憶を超えて刻み付けられるものなんだろうなとか思ったりします。

とても切ない週末になりましたが、こうしてこれからの日々も感謝とともに過ごしていきたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2012-02-12 23:43 | Comments(0)

detroit7 @ 新宿 RED CLOTH 2012/01/29

c0011327_234245.jpg

またライブからちょっとあいてしまいましたが、先週末コタジの脱退が決まっているdetroit7を観てきました。
新宿の初めて行った小さいハコでしたが、やはりコタジ脱退のニュースもあって、いつもとはちょっと違うライブでした。
頭にコタジ一人で登場してベースからスタート。
345さんのオーダーもあって、いつもよりもベースの音がさらに大きくなっていました。
みんながコタジ脱退を寂しく思いながらも残り少ないライブを目一杯楽しんでいました。
今月25日の横須賀が最後になるコタジですが、その日は海外出張帰りで間に合わない可能性が高いです。
残念すぎますが、観ておけて良かったです。

c0011327_234912.jpg

これがコタジ在籍時の最後のリリースになったアナログでのシングル。
私は5000円バージョンだったので、昨年のワンマンのオフィシャルブート付きでしたが、今回もいい音出してるんですよね。
もっと売れてもらいたいし、もっと成功してもらいたいですね。

さてさて、今年になって全く勝てないアーセナル、今日はさすがに大きくリードしての後半です。
ここのところ相変わらずメンタルコンディションが回復せず、苦しい日々ではありますが、週末はとにかくマイペースが重要ですね。


COLDHEAT
WHY?
SHOT MT RIGHT TEMPLE
おわりははじまり
LIFE
DISCOCATUS
HERE I AM
Raise High
I KNOW I DON'T KNOW

-encore-
IN THE SUNSHINE
[PR]
by yo4san | 2012-02-04 23:13 | Comments(0)