THE HOLY BIBLE

<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

これでようやく開幕した気分

c0011327_241574.jpg

本当に長い道のりでした。
4月最終戦にてついに初勝利。
今シーズンがようやく開幕した気持ちです。
そこそこポゼッションはとれていましたが、後半にまさかの失点でかなり雲行きが怪しくなったものの、谷口を入れてから持ち直し、小野、谷口、そして中澤まで決めて逆転勝利となりました。
大黒は消えるシーンが多かったですが、パンゾー、谷口が良かったのに加え、俊輔のFKからの中澤ゴールにはたたみかける勢いが見えました。

c0011327_242253.jpg

このトリコ傘もいつ以来でしょうか。
あまりに長過ぎて忘れそうでした。
GWに入り、次はアウェイで浦和、そしてホームで札幌と続きます。
札幌だけがこれで未勝利となりましたが、このGWはどうなることかという感じですね。


c0011327_242944.jpg
明日から急遽帰省することにしました。
今日は新横浜での祝勝会も盛り上がりましたが、コンディションを整えて、札幌を満喫したいと思います。
しばらく前に買っていたTHE CHEMICAL BROTHERSのライブ盤ですが、まだDVDは観ていないものの、このビート、このテンションにとても上がる作品です。
ライブ感もしっかり出てますね。
明日これ聴きながら移動しましょうかね。
さ、アーセナルはストークに引き分けてしまいましたが、今日は久しぶりに安心して眠れそうです・・・
[PR]
by yo4san | 2012-04-29 02:14 | Comments(0)

MORRISSEYの余韻

c0011327_0535596.jpg
この数日のMORRISSEY騒ぎ(というより自分には祭り?)で、何となく気が抜けてしまったのか、体調もいまいちな感じが継続してしまいました。
いやこれは残業のせいと考えた方が妥当か・・・
とにかくあまりに素晴らしすぎたこの来日公演。やはり3回観るだけの価値があって、本当に感動の連続でした。
THE SMITHS、モリッシーのソロ、どちらでこようとも待ってましたという受け止め方だったのですが、そうはいっても川崎でこの「How Soon Is Now?」のイントロがきたときは、それはもう飛んでいました。
THE SMITHSの楽曲群ではやや異色な音作りですが、この3日分のセットリストから外れない、超重要曲なのは間違いないでしょうね。
なんとなく検索にひっかかるのか、Twitter経由なのか、たくさんの方が見ていただいたようで、こんなただただ興奮をそのまま書いた程度で申し訳ない気持ちにすらなりましたが、きっとあのライブを観たオーディエンスの総意だったと思いたいほどです。
ZEPPの初日は一番前にいたのでよくわかってませんでしたが、昨日はPAのゾーンから後ろは空けていたので、チッタがソールドアウトした分、入りがイマイチだったようなのが、なんとももったいないなぁという気持ちになりました。
ちなみに開演20分前あたりから始まる幕に投影された映像ですが、New York Dollsはいいとして、他に流れたのをメモ的に書いておきます。

Mighty Joe / SHOCKING BLUE
I'm Not Sayin' / NICO
Bubble Gum / BRIGITTE BARDOT
All Over The World / FRANCOISE HARDY
Never Turn Your Back On Mother Earth / SPARKS

他にもあったと思うのですが、もし参考になれば。
とにかくこれだけの余韻を残してくれたというのはやはり素晴らしかった。
[PR]
by yo4san | 2012-04-26 01:11 | Comments(0)

MORRISSEY @ ZEPP TOKYO 2012/04/24

c0011327_1204338.jpg

MORRISSEY見納めとなったZEPP二日目。
今日は直前に仕事のあまりに低レベルなトラブルにハマり、ライブ後に仕事に戻る事が決まっていて、その時点でかなり心が折れていましたが、なんとかギリギリに到着。
あまりの腹立たしさに我を失いそうな勢いでしたが、ライブの間だけはと気を取り直し。

今日は登場とともに「タスケテ!」と発したモリッシー。
最初から「How Soon Is Now?」です。
続く「Irish Blood, English Heart」はこの3日間で初なのでこれまた素晴らしい流れに。
「Scandinavia」がセットリストに入って、毎日観たとしても全く予想できない曲順で全部観るつもりで本当に正解だったと再確認しました。
途中のMCで、「東京では美しい神社やビルを観たけど、何より宝だと感じたのはタワーレコード」みたいなコメントがあり、個人的には笑いきれないネタでございました。

川崎のように「Please, Please, Please Let Me Get What I Want」でうっとり聴き惚れたかと思えば、今日のアンコールは「Still Ill」でした!
さすがにこれも川崎で聴いていたものの、最後というのがまた良かったし、最初と最後にTHE SMITHSの名曲というのも今日の特徴だったように思いました。

c0011327_1243461.jpg
あまりの素晴らしすぎる日々もこれで区切りとなりまして、恵比寿は今のところ行けないので、あとは余韻を楽しむことになりました。
その後の仕事さえなければ今日はこの記憶だけで最高でしたが、人生甘くないですね。
で、今日のスタートを感じさせるアルバムといえばということで、ソロでのライブ盤ですが、これにもTHE SMITHSの名曲群が入りまくった内容でしたが、ぜひこれに続くライブアルバムを今回のツアーから出してもらいたいほど、まだまだMORRISSEYが求められていると今回のツアーに足を運んだオーディエンス全員が感じているであろう、充実したパフォーマンスを見せつけられました。
お願いなので、またアルバム出しても出さなくても、10年なんて期間をあけずに来日希望です。


How Soon Is Now?
Irish Blood, English Heart
You Have Killed Me
Alma Matters
Black Cloud
One Day Goodbye Will Be Farewell
I Know It's Over
I'm Throwing My Arms Around Paris
Scandinavia
Meat Is Murder
To Give
You're The One For Me, Fatty
Let Me Kiss You
Ouija Board, Ouija Board
I Will See You In Far-Off Places
Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
Please, Please, Please Let Me Get What I Want
When Last I Spoke To Carol

-encore-
Still Ill
[PR]
by yo4san | 2012-04-25 01:43 | Comments(0)

MORRISSEY @ ZEPP TOKYO 2012/04/23

c0011327_22393583.jpg

今日も体調不良をおしてMORRISSEY2日目ということでZEPP TOKYOへ。
しかも整理番号が良かったので開場待ちという意気込みで。
これが功を奏して、上手側に最前列へ。
1時間待っていたのがやや疲労となりましたが、なぜかDAVID BOWIEが表紙のクロスビートを手にもって登場したモリッシー。
今日は川崎の「SEXY ZONE」だったバンドメンバーは、1名をのぞき海パン一丁の「サディスティックミカバンド」という紹介でした。
見た目明らかに笑えるのですが、めちゃくちゃ真剣にプレイするので、どうして良いのやらというパフォーマンスでしたが、さすが最前列。
何度もモリッシーが目の前に来るじゃないですか!
そして序盤で一度、アンコールで一度、調子に乗って合計2度も握手してしまいました!
これは一生の記念です。
今日は「マンチェスターなんて知らない、名古屋から来たんだ」みたいな事言ってましたが、これほどまでにオーディエンスと近いライブを連日やられると、その振る舞い全てを見逃すまいと頑張ってしまいますね。

セットリストは川崎から結構変わっていて、これは明日観ても変化が期待できそうです。
ただ今日は「When Last I Spoke To Carol」「Maladjusted」「Black Cloud」なんかが入っていたので、THE SMITHSの曲はちょっと減った印象。
川崎の「Still Ill」なんてヤバかったですものね・・・

c0011327_2251524.jpg
そんなこんなで大興奮の2日目も終わってしまいましたが、このアルバムからの選曲が多かった今日のパフォーマンス。
これが一番最新ということになるのですが、とっくにできていて、レーベルが決まらないことでリリースされない次作が早く聴きたいですよね。
この声、このアグレッシブさはUKでも希有なアーティストではないでしょうか。
やっぱり全部行くつもりで良かったなと確信しています。
さすがに恵比寿は行けなさそうですけど・・・

さて、体調も気になるので今日はさっさと休んで明日に備えようと思います。。


First Of The Gang To Die
When Last I Spoke To Carol
You Have Killed Me
You're The One For Me Fatty
Alma Matters
Maladjusted
Black Cloud
I'm Throwing My Arms Around Paris
Speedway
How Soon Is Now?
I Will See You In Far-Off Places
Ouija Board Ouija Board
People Are The Same Everywhere
Everyday Is Like Sunday
Meat Is Murder
To Give
Let Me Kiss You
Action Is My Middle Name
Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me

-encore-
One Day Goodbye Will Be Farewell
[PR]
by yo4san | 2012-04-23 23:12 | Comments(0)

MORRISSEY @ CLUB CITTA' 2012/04/21

c0011327_23563923.jpg

ついに来ました。
あまりに久しぶりのライブでここから3連続MORRISSEYの初回です。
川崎のチッタはいつ以来でしょうか。
最近はただでさえ仕事のストレスが尋常じゃない中、花粉症か風邪かもわからないような体調不良にも見舞われていますが、とにかくついに来ました。
次のアルバムができているという話ですが、レーベルが決まらずそれもリリースされずの状況でも、とにかく来たわけです。

NEW YORK DOLLSの映像など流れたあと、開演時間通り開始しまして、揃いのTシャツだったバンドメンバーと登場したモリッシー。
本当に圧巻でした。
あまりに素晴らしすぎました。
要所で挟まるTHE SMITHSの楽曲も本当に素晴らしい。
「How Soon Is Now?」のイントロが鳴った瞬間に飛んでしまいそうでした。
とにかく華麗、そして絶対的なヴォーカルですね。
何度もシャツを着替えながら、とてもオーディエンスとの距離が近いライブで、あまりに期待を上回るパフォーマンスでした。
次のZEPPでは整理番号が良いので前で張り付こうと思いますが、その前に体調回復させないといけませんね。
あまりに不甲斐ないサッカーもろもろはさておき、「Meat Is Murder」聴いて感動していた直後に、オリジン弁当の生姜焼きをいってしまったのはこの際気にしないことにしましょう。
「Let Me Kiss You」のあとの曲はカバーでしょうかね。
それにしても本当に良かったです。


You Have Killed Me
Alma Matters
You're The One For Me, Fatty
How Soon Is Now?
Ouija Board, Ouija Board
I Will See You In Far-Off Places
Last Night I Dreamt That Somebody Loved Me
I'm Throwing My Arms Around Paris
Action Is My Middle Name
Speedway
Meat Is Murder
Everyday Is Like Sunday
Still Ill
People Are The Same Everywhere
Let Me Kiss You
To Give
Please, Please, Please Let Me Get What I Want
First Of The Gang To Die

-encore-
One Day Goodbye Will Be Farewell
[PR]
by yo4san | 2012-04-22 00:10 | Comments(0)

あの感動は間違いなかった

c0011327_1992982.jpg
花見で賑やかな東京ですが、疲れやら飲み過ぎやらで動けない週末になりそうです。
仕事も残しているので、体調コントロールしながらなんとかこなさないといけません。
でも今日はやはり休養ということで音楽を楽しもうと。
ロンドン在住の友人に購入してもらったsuedeのライブDVD+CDが到着しました!
なぜか日本からはオンラインオーダーさせてくれず、問い合わせても全くレスなしというひどい対応でしたが、日本も下旬に発売みたいで。
とはいえ先行で楽しめたわけですが、本当に素晴らしいライブです。
昨年のサマソニの奇跡も記憶に新しい、あの感動をより深く呼び起こされます。
ブランクがあったと思えない素晴らしいサウンド。
いわゆる全盛期を作ったバンドメンバーもこれだけ良ければツアーもしたくなるし、新作にも着手してしまうわけです。
そして本当にサマソニでの感動はただの懐かしさではなく、素晴らしいライブだったことによるものだと確信させてくれるものです。
また観たいです。
このDVDもそうですが、suedeでのライブを。

それにしても今週もJリーグはしょっぱい結果になりました。
そんなこんなでまだ春!というほど浮かれきれない最近なんでしょうかね・・・
[PR]
by yo4san | 2012-04-07 19:18 | Comments(0)

春らしくなりました

c0011327_053486.jpg
爆弾低気圧にも負けず桜が咲いて春らしくなってきました。
今年もカートの命日が過ぎました。
これで19回目ということですが、そんなこともあって通勤はNIRVANAばかり聴いていました。
環境変化はそれほど大きくないものの、なんとなく違和感は毎日消えないままです。
でもNIRVANAはずっと変わらない音楽の良さを持ち続けているなと。
もっと心穏やかに、のんびりと音楽に時間を使いたいものです。
このジャケットのCDは最近タワレコで買ったものですが、これだけ音が悪いとおそらくブートなのでしょうが、なんだかんだいって、こうしたリリースが今でもあると結局ブートだろうが手を伸ばしてしまいます。
今週もあと一日。
なんとか終えて、週末くらいはゆっくりしたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2012-04-06 01:07 | Comments(0)

今作も参りました

c0011327_0151385.jpg
札幌から戻ってきたのが遥か昔に感じられるほど、そして気づけば4月になっていたくらいの慌ただしさにあって、この春は別れは少なめ、出会いが多めという感じがしています。
まぁ、自分自身に常に違和感を感じながらの毎日なので、出会いを楽しみにするというより疲れを感じるのもまた事実。
どうにかもうちょっとペースを落とせると良いのですが。
札幌での古い友人との再会は確実に刺激になったし、その歓迎には感動の連続でしたが、リフレッシュ効果の持続がかなり難しくなってます。

先週、輸入盤での先行リリースを発見したPAUL WELLERのニューアルバム。
最初からクラウト・ロックかと思うようなエレクトロニックサウンドで驚く、かなり実験的かつ勢いにあふれた、創造性を前面に出してきた仕上がりに驚かされます。
昔から彼のような年の重ね方を手本にしたい憧れの存在でもありますが、このモチベーションをどうやったら維持できるのでしょうかと質問してみたいものです。
ライブが観たいです。
来日希望です。
そして自分のモードチェンジも希望だな。。
[PR]
by yo4san | 2012-04-03 00:35 | Comments(0)

勝てません

c0011327_1750347.jpg

ホーム2戦目、また雨になった日産スタジアムでしたが、20周年記念マッチとしての鹿島戦。
ともにシーズン未勝利同士の対決ですが、限定ユニフォームのお披露目ともなったこの試合、キープはするもののシュートにならないマリノスに対し、きっちりシュートまではもっていく鹿島という印象で、まったく攻めきれないままスコアレスで終了。
未勝利継続で本当に勝てません。

c0011327_17504468.jpg

メンバーで代わったと言えば小椋が出れないくらいのものですが、こうまでも中盤の構成が良くならないのは、まだまだ戦術がフィットしないからということなんでしょうが、これだと木村和司を切ってまで踏み切った気合いが全く感じられません。
ドゥトラも加入という、複雑な気持ちになるニュースもありましたが、次節はナビスコ予選挟んで新潟ですかね。
奮起を期待することにします。

c0011327_17505145.jpg
こちらは今週リリースされたMADONNAのニューアルバム。
スーパーボウルでのハーフタイムショウでは、主役がライブかと思うような目立ちっぷりでしたが、アルバムのほうも旬のサウンドを最高のセンスで仕上げた完成度の高いポップアルバム。
この完成度にはそう勝てませんね、普通のポップミュージックでは。

コンサドーレも撃沈したし、アーセナルもQPR相手にまさかの敗戦。
どうもサッカーではダメダメの週末ですが、音楽は素晴らしい作品がたくさん出た週でもありましたので、気分切り替えることにしましょうか。
[PR]
by yo4san | 2012-04-01 17:59 | Comments(0)