THE HOLY BIBLE

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

言葉にできないほど複雑でした

c0011327_23374328.jpg

ちょっと用事が多くありまして札幌に帰省してきました。
ついでにというのもなんですが、ホーム最終戦だったコンサドーレの相手はマリノスという、今年2度目の苦悩するカードに。
試合前にドーム内でイベント参加の岡山選手たちと遭遇したり。

c0011327_23384162.jpg

手厳しいメッセージとともに、約2万の観客は降格決定後も熱く応援します。

c0011327_23392711.jpg

一方マリノスもはるばる横浜からこれだけかけつけていました。
まだかろうじてACLの可能性を残していたこともあって、最後まで盛り上がれるというのは、勝ちきれない試合が多かったところ、唯一の救いともいえます。
まぁあんなに引き分けてなければもうちょっと違うシーズンになりましたが。

c0011327_23405823.jpg

飯倉復帰のマリノスに対して、コンサドーレはなんとゴンがあまりに久しぶりのベンチ入り。
こうした縁も感じさせる意味のあるカードになりました。

c0011327_23421144.jpg

試合はマリノスが圧倒的なポゼッションで、コンサドーレはただただ守るだけの展開。
マリノスはフィニッシュこそイマイチでしたが、サイドでの数的優位を効果的に、ディフェンスの安定しないコンサドーレを手玉にとるような攻撃でした。

c0011327_2343328.jpg

学のゴールで先制し前半を終え、後半に入って短髪に驚かされたマルキーニョスは交代。
それでも学が2点を決め、ほぼ決まりまった展開。

c0011327_23451645.jpg

終了ロスタイム間際になり、ゴンが交代出場。
2010年8月以来というから、私が前回観た千葉での出場から、ほぼ出ていなかったわけですが、このタイミングでの復帰がなんとなく最後なんじゃないかなと寂しさすら感じさせた登場。
ボールが回った時、一度だけ古田にヘッドでつなぎましたが、時既に遅し。

c0011327_23472787.jpg

終了後のセレモニーでもこうしたメッセージが出続けるほど、サポーターにはストレスフルなシーズンだったし、今年のあまりの酷さに来年への不安も感じるわけです。
マリノスは今節の勝利、そして他チームの状況から、最終節は鳥栖に勝つのは前提として、浦和と名古屋がドロー、柏が引き分けもしくは負けで、得失点差で3位の可能性を残しました。
そう考えると前節の柏戦が悔やまれます。
せめてドローにできていれば全然可能性が違いましたから。

c0011327_23502751.jpg
そうした悲喜こもごもの今節を終え、最終節の日産スタジアムは見逃せなくなりました。
しっかり応援しにいきたいと思います。
帰省中は辛い事もあって、今回は楽しめるような事は限られましたが、その手前で驚きのGUNS N' ROSES来日公演の知らせ。
幸いチケットは確保し、あまりの高額にちょっと躊躇しましたが、ZEPPで観れるというのはまたとないチャンスでしょう。
そして実家では懐かしい音楽ばかり聴いていましたが、移動中はこのGUNSのライブアルバムなんかも聴いていました。
前回来日では3時間半のライブをやったりしましたが、今回はどうなることでしょうか。

過去を思い返すことで苦しい気持ちにばかりなった帰省でしたが、健康第一で明日に備えることにします。
[PR]
by yo4san | 2012-11-25 23:59 | Comments(0)

THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION @ LIQUIDROOM 2012/11/18

c0011327_22455245.jpg

実は昨夜チケットを発券するまで、まさか整理番号が10番とは思わず、せっかくならということで、早めの会場入りから最前列に陣取りました。
写真の通りちょうどジョンのマイクスタンドの正面あたりなのですが、リキッドだったのでめちゃくちゃ近い。
そしてこのバンド特有のフォーメーションなのでラッセルのドラムキットがかなり前にせり出てるのでさらに近い。
女王蜂のオープニングアクトが終わり(これがまた凄かった、色々な意味で)、ジュダやラッセルがステージにチェックに現れつつ、18:50くらいにラッセルのドラムからスタート。
それはもういつもながら壮絶なロックンロールショウです。
昨年のサマソニ以来となりますが、その間にニューアルバムも出て、エクスプロージョン全開です。
新曲が組み込まれながらも、このバンド特有のノンストップで次々曲が展開されるので、息をつく暇もありません。
「2 Kindsa Love」もサビにと思ったら曲が変わるし、「Sweat」から「Wail」でサビが来るぞ〜と思いきや「She Said」に。そんな肩すかしもありましたが、あっという間でした。
アンコールでの「Fuck Shit Up」からの「Bellbottoms」への展開も最高でした。

c0011327_22455733.jpg
大興奮で終わった今日のライブ。
終演後なんと楽屋に入れていただきまして、メンバーみなさんと挨拶できました。
ジョン、ジュダ、ラッセルと握手もできて感激です。
実は開場待ちしたことで、物販でアナログ買おうと思ってても時は遅く、残念ながら終演後では駄目でしたが、そんなことも吹き飛ぶ出来事になりました。
このニューアルバムは実はオフィシャルサイトでBOXセット購入しているのですが、まだ全く届きません。
MP3ファイルはダウンロードしているので曲は聴けているものの、早く到着しないものですかね。
通常盤は全部売ってるわけですから・・・
首を長くして待ってることにしますね。
[PR]
by yo4san | 2012-11-18 23:09 | Comments(0)

やっぱり素晴らしいですよ  2/3

c0011327_1142191.jpg
それにしても今日は仕事がタフな一日でした。
思い通りに事が運ばないストレスは長く続くと良いことなさそうです。
うまく気分転換しないといけませんね。
そんな中、誕生日が発売日となったGREEN DAYの3連続リリースの2作目。
前作は多くの曲を先にライブで聴いていたに加え、ストレート勝負の勢いで迫る作品だっただけに、今作のバラエティ豊富な感じと、当たり前ながら初めて聴く曲が多く、とても新鮮なイメージを与える内容でした。
ビリーがリハビリ施設に入った後だと、「Amy」のような曲は複雑な気分にもなりますが、これだけ多くの楽曲を短期間に用意するというのはおそらくハードなことなんだろうと想像してしまうのですが、これで発売日が前倒しされた次の作品も引き続き楽しみに待ちながら、聴きまくっておこうと思います。
それにしてもこれでまた歳を取りました。
予想外にさっそくお祝いメールをいただいたりで、恥ずかしくもあり、嬉しくもある日となりましたが、一年間経って「サンキュー」と言えるような充実した時間を過ごせればと思います。
さて、11/14ということでW杯予選のオマーン戦ですね。
ぜひ頑張ってもらいましょう。
[PR]
by yo4san | 2012-11-14 01:27 | Comments(0)

記念日でした

c0011327_23251448.jpg
今日は手術後、つまり生まれ変わって2年がたった記念日でした。
このブログでは一度だけ書いたことが、毎日多くの方に検索されるようになり、今も音楽以上にアクセスされる現状には驚きますが、こうして2年経って日々おくれていることに感謝する日です。
この土日、風邪が残っていて体調もイマイチだったので、自宅にて音楽の週末でした。
すでにオフィシャルサイトで限定BOXをオーダーしていたので、一瞬買うのを躊躇したMANICSの1stのリイシュー盤。
音の改善はもちろんのこと、最近のアルバムではデラックスエディションについていたDEMOトラックがDISC2に入ってレア映像のDVDもバンドル。
DVDは体調回復してからと思ってまだ観ていないのですが、デモトラックには「Stay Beautiful」ではサビあとの「Fxxx Off」フレーズも入ったファンには馴染みのバージョンもあって、その制作過程をかいま見れる面白さがあります。
ブックレットには当時の写真がたくさん入っていますが、このあたりはBOXセットのほうが豪華だと思うので、到着を楽しみに待ちたいと思います。
こうして20年を超えて聴くことになるなんて、このリリース当時思ってもみませんでしたが、今年のMANICS来日とメンバーとの会話が、振り返ってみても最高のニュースになるであろう貴重な体験をできたのも、生まれ変わって直後のSTUDIO COASTの楽屋までは想像できなかったのに、ロンドンを経由し、一生の記念になるであろう瞬間を多く経験できました。
辛い事もあれば、そんな奇跡のようなな事も起こりますね、こうして生きてると。
[PR]
by yo4san | 2012-11-11 23:42 | Comments(0)

HOOBASTANK @ SHIBUYA-AX 2012/11/09

c0011327_0315750.jpg

続きまして本日だったHOOBASTANK2日目。
今日は一日説教させられるわ、べつになんとも思わない程度の送別的なシーンがあったりと、やはり自分に嘘はつけないよなと再確認させられた一日。
やはりお礼というのは思ってもいないと言えないし、それは周囲にも汲み取ってもらえるものだなと。
そうして出際にまたばたつきまして、徒歩で向かったAXにはギリギリ到着。
しかもロッカー全て使用済みで4kg超えの私の重量バッグを持ったまま入場。
とはいえ割と前方に空きスペースをすぐに見つけられたので、ソールドアウトの混雑でしたが、快適に楽しめました。
昨夜最後にプレイされた「Just One」から始まり、昨日よりMC少なめな気がしましたが、セットリストは数曲の入れ替え程度ながら、前日よりはオーディエンスが激しかったのもあり、熱量がさらに増して伝わってきました。

c0011327_03233.jpg
ソニーミュージックがiTunesに曲を出しただけでニュースになった今週、HOOBASTANK2連続で締めくくったわけですが、このメジャーを離れてのリリースとなった本作はとても充実していて、ダイナミズムがそのままライブでもぶつけられる迫力を持った作品になっています。
ちょうどLAからの客人を対応していた週にLAバンドを東京で楽しむ妙ですが、やっぱり2日行っておいて正解でした。
そうちょいちょい観れるわけでもなければ、旬というのはいつ終わりがあるともわかりません。
その時、その瞬間を体感する、これはライブならではだし、行かなきゃわかりませんからね。

この週末から2回の誕生日を迎える1週間を、音楽で楽しめるだけ時間を作れると良いのですが。
体調もようやく回復してきたので、その辺りも気をつけようと思います。

Just One
Pieces
Out of Control
First Of Me
This Is Gonna Hurt
Running Away
I Don't Think I Love You
Incomplete
Can You Save Me?
The Letter
No Destination
No Win Situation
Slow Down
My Turn
The Reason

-encore-
Magnolia
All About You
Give It Back
Crawling In The Dark
[PR]
by yo4san | 2012-11-10 00:48 | Comments(0)

HOOBASTANK @ 赤坂BLITZ 2012/11/08

c0011327_0181447.jpg

まとめてアップとなりますが、悪いことは続くもので、職場でこいつはいつも出際に・・・と思わずにはいられない、とてもイライラする問題が勃発したせいで、とても不愉快な気分で到着した赤坂でHOOBASTANKの追加公演となった初日を。
ソールドアウトの翌日と比較するまでもなく、相当売れなかったと見えて会場はがら空き。
おかげで開演5分前到着だったのに、最前ブロックに余裕で入れたありさまで。。

でもライブは素晴らしかった。
夏にサマソニで観ていたので、単独は見合わせていましたが、やっぱりこのバンドのライブはとても気迫が伝わるし、バンドのパフォーマンスもとてもしまっているのが、経験に裏付けされたプロフェッショナルな姿勢からも感じられます。
ニューアルバムの曲も見事な馴染みっぷりで、旬は続いている感じですね。
アンコール入れて約80分程度だったと思いますが、最後の「Just One」でのシメも盛り上がりました。
仕事へのイライラもちょっとは解消されたかな・・・と思いたい感じで帰路につきました。

No Win Situation
My Turn
The Pressure
Running Away
I Don't Think I Love You
Can You Save Me?
Incomplete
Don't Tell Me
No Destination
All About You
This Is Gonna Hurt
Without A Fight
Crawling In The Dark
You Before Me

-encore-
Out Of Control
Slow Down
The Reason
Just One
[PR]
by yo4san | 2012-11-10 00:29 | Comments(0)

自宅にてツアー

c0011327_234559100.jpg

この週末は疲れもあったり、音楽に時間をあてたかったのもあり、ほぼ自宅でのんびり過ごしました。
先日購入していて未開封だったTHE BEATLESの「Magical Mystery Tour」のBlu-rayもようやく観れました。
とはいえ中身は知ってましたので、改めてという感じですが、確かに音も映像も良くて、あとは内容さえ・・・という話なんですが、ミュージックビデオだと思ってみれば、バンドで「I Am The Walrus」やってるシーンなんて、盛り上がれたりしますよね。
この映画よりもやはり音楽が良い、サントラが良いだったりしますが、他にもTHE BEATLESやジョンのソロ作を聴いて過ごしていると、やっぱり一度はリヴァプール行っとくべきかなと思ったり。
アーセナルはユナイテッドに完敗してしまいましたが、今シーズンはまだ見込みありということで、ロンドンついでにありかなと。

それにしても最近はとにかく仕事が状況も好転しないせいか、嫌で嫌で全く前向きになれませんが、こうはなりたくないなと思わせてくれる反面教師的な人間も多くいてくれることから、ただ逃避することだけはしないようにと、自分を律しつつという日々です。
ちょっと色々と考えたいことも多くあるので、月内に一度帰省しようかなと思っています。。
[PR]
by yo4san | 2012-11-05 00:01 | Comments(0)