THE HOLY BIBLE

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

FUJI ROCK FESTIVAL '13 Day 3 2013/07/28

c0011327_99212.jpg

最終日のFUJI ROCKもやはり雨が降ったり止んだりの繰り返しに。
前二日よりは注目新人が多くラインナップされたこともあって、のんびり観ようと思ってのスタートでした。
まずはグリーンでYO LA TENGO。
座ってビール片手にという環境で、時折雨が降りましたが、とても心地よい昼下がりになりました。
もっとプレイタイムを長くしたほうが面白いバンドだと思いますが。

c0011327_910583.jpg

急に暑くなってのDAUGHTER。
4AD期待の新人ということですが、これが思いのほか良くて、THE XX的なサウンドもヴォーカルが個性的で独自の世界観を表現しています。
最初は日差し非難で多くのオーディエンスが入ったレッドなのかと思いましたが、かなり盛り上がっていまして、初めて観ましたが印象に残ったバンドです。

c0011327_9111343.jpg

暑さにやられたのか、疲れもあったので一度ホテルに戻り休憩。
当初MUMFORD & SONSからと思っていたのですが、まさかの寝落ち。
仕方ないので体制立て直しではないですが、もとから楽しみだったVAMPIRE WEEKENDへ。
ホステスでも観ていましたが、大きなステージでも堂々としたパフォーマンス。
あっという間にダンスホールかというノリに変えてみせました。
新作3rdアルバムの曲は聴かせるタイプのものが多いのですが、うまく流れにもフィットしていますね。
より大物感が出たように感じます。

c0011327_9112642.jpg

ここから最終日最難題(という人も少なくなかったはず)のTHE CUREそしてTHE XXです。
ホワイトに移動しやすいよう、ステージと距離を置いて待機しました。
THE CUREのスタートは驚くほどのスモーク量。
ほとんどステージが見えないシーン連発。
最後までこの調子だったと思うので、どれだけの消費量だったのでしょうか。
そんな心配はどうでも良いですが、序盤からとても素晴らしいパフォーマンス連発。
音楽やっていなければマツコデラックスかという風貌のロバート・スミスですが、どれだけ太ってもあの声はそのままなので、とても楽しめます。
しかし・・・開始後30分程度して断腸の思いでステージを移動することに。

c0011327_9115060.jpg

ホワイトに移動してのTHE XXはかなり前のほうで観れたので、じっくり楽しめました。
映像では観ていましたが、ライヴは初めて。
ミニマルなサウンドにも、3人それぞれの役割が非常に明確かつ、存在感たっぷりで、ライティングとフロント二人の動きもシンクロさせているような演出が印象的でした。

c0011327_912327.jpg

ライトでステージに大きなXも登場。
あれだけ音を減らすと、ミスも目立つでしょうし、バンドとしてはそうとう大変な音楽だと思うのですが、本当に存在感たっぷりかつ、オリジナルな世界観ですね。

Try
HSAB
Crystalised
Reunion
Far Nearer
Sunset
Missing
Fiction
Night Time
Swept Away
Shelter
VCR
Islands
Chained
Infinity
Intro
Angels


c0011327_9121727.jpg

約1時間のTHE XXが終わり、急いでグリーンへ。
着くとともになんと終了。
とにかく最前ブロックまで向かったのですが、あまりの残念さにがっかりと思いきやアンコール開始!
しかもそこから約30分!
セットリストでは合計36曲3時間で、終了時刻はなんと24:30!
たくさん聴けて良かったのですが、きっと「いつ終わるんだよ!」的な感想持った人はいたことでしょう。

そのセットリストはこんな感じだったようです。
(途中大きく抜けましたので)

Plainsong
Pictures of You
Lullaby
High
The End of the World
Lovesong
Push
In Between Days
Just Like Heaven
From the Edge of the Deep Green Sea
Prayers for Rain
Sleep When I'm Dead
Play for Today
A Forest
Bananafishbones
The Walk
Mint Car
Friday I'm in Love
Doing the Unstuck
Trust
Want
Fascination Street
The Hungry Ghost
Wrong Number
One Hundred Years
Disintegration

-encore-
Dressing Up
The Lovecats
The Caterpillar
Close to Me
Hot Hot Hot!!!
Let's Go to Bed
Why Can't I Be You?
Boys Don't Cry
10:15 Saturday Night
Killing an Arab

c0011327_9123171.jpg

そうして雨がちだった今年のFUJI ROCKも終了としまして、明け方の卓球さんに行くか最後まで悩みましたが、もう疲れもありボロボロでしたので、これにておしまいということに。
天候は良くありませんでしたが、とても充実したライヴをたくさん観れてよかったです。
来年も来るかどうか・・・それはラインナップ観てからにしようかな。
[PR]
by yo4san | 2013-07-29 09:35 | Comments(0)

FUJI ROCK FESTIVAL '13 Day 2 2013/07/27

c0011327_1185760.jpg

二日目のFUJI ROCK。
前日のNINの興奮後、のんびり目のスタートでAIMEE MANNから。
LAMAとどっち観るか悩みましたが、LAMAはまだチャンス多いかなと思いまして。
のんびり座ってみていましたが、マグノリアの曲とかもプレイされ、ゆったり楽しみました。
ただ・・・この終わりからまた雨が。。

c0011327_1191086.jpg

奥田民生でさらに豪雨となり、たまらず格好を雨専用対策に替え、FOALSに滑り込み。
本当はTOM ODELLも観たかったのですが、さすがに凄い雨でして。
で、FOALSは3月にもロンドンで観ていますが、本当にいま乗ってる時期と感じる旬のバンドです。
CD聴くだけでは感じきれないビートの強さがライブではいかんなく発揮されます。
ヤンはステージ下に降りてきましたが、あの雨に驚きませんでしたかね・・・

c0011327_1192160.jpg

そしてUNDERWORLDではなくソロでの登場だったKARL HYDE。
ソロアルバムでは歌中心の作品なので、バンド構成でヴォーカルとして聴かせるパフォーマンスでしたが、独自のアレンジだった「Jumbo」などUNDERWORLDの曲も入りましたね。

c0011327_1193216.jpg

雨はすっかりおさまっての、ついに登場のBJORK。
私は彼女のライブは比較的多く観ている日本人ではありますが、今回の演出は過去のどれとも違う驚きの連発。
まずは凄い人数の女性コーラス隊。
10人以上はいましたが、素晴らしいハーモニーに加え、BJORKのステージアクションに呼応するようなダンサーとしても機能します。
特にビートが強い「Army Of Me」といった曲あたりではステージを広く使って盛り上げてくれました。
時折上から出てくる独特のオブジェも、BJORKのステージを邪魔せず機能していて、とにかくどれほど音が強く出ていようともBJORKの声こそ、ど真ん中で出てくるその存在感と、音楽の世界観と連動した演出が、その辺のアーティストとは比較になりません。
終了後の参加者の声では「Hyperballad」がLFOの「Freak」ミックスだったことに話題が集中したと思いますが、私は「One Day」のシンプルなアレンジも現在の彼女の音楽性が出ていてよかったし、過去のツアーでは比較的新しい曲中心の展開だったのが、新旧織り交ぜてのセットリストが私のようなSUGARCUBESからのファンにも感慨深い、圧倒的なパフォーマンスでした。
長時間雨に打たれて、気温も結構下がったことで、これでホテルに戻り、残念ながら卓球さんのプレイを観にいかずで終わってしまいましたが、BJORKはそれほど圧巻でしたよ。
31日の単独も行きますが、本当に楽しみです。

BJORKのセットリスト追記します。

Cosmogony
Hunter
Thunderbolt
Moon
Crystalline
Hollow
Hidden Place
Heirloom
One Day
Jóga
Pagan Poetry
Army of Me
Mutual Core
Hyperballad (mixed with "Freak" by LFO)
Pluto
Náttúra

-encore-
Óskasteinar
Declare Independence
[PR]
by yo4san | 2013-07-28 11:29 | Comments(0)

FUJI ROCK FESTIVAL '13 Day 1 2013/07/26

c0011327_10284820.jpg

更新がホテルのインターネット環境影響もあって、かなりタイムラグも出るのですが、我ながら驚くことに2年連続で苗場に来ました。
もともと環境的にハードなのはちょっと・・・というのと、結構な費用もかかるのでということもあって、よほど行きたいアーティストが出ないとそれも実現しないのですが、今年はNINとBJORKで決めた感じの参加でした。
昨年は関係者に聞いても奇跡の好天だったということですが、今年はあらかじめ天気が崩れる予報でしたので昨年以上に雨対策を念入りにしました。
金曜到着後、午後からすぐに会場入りして、CJ RAMONE、RON SEXSMITHと観て、一度ホテルに戻り軽く休憩。

c0011327_1029844.jpg

戻ってみたのがMY BLOODY VALENTINEへ。
TOKYO ROCKSの中止がここに滑り込んだ理由ではありますが、前回来日からそれほどおかずにこうして観れてラッキーです。
ただ、パフォーマンスのほうはさすがに単独の時のレベルよりはばらけていて、最後のお約束でもあるNoise Pitも尺の都合から2分程度でやや盛り上がりきれず。
あれは10分は超えないと、インパクトがねと、思った次第です。
で、終了後雨が強く降ってきたので、格好を変えるために一度ホテルに戻りました。
これができるから苗プリは助かりますよ。
BRAHMANではmbvとNINに挟まる違和感はもともとFUJI ROCKを大事に一本で決めてたからで、後から入ってきたのはmbvと、なんとも彼ららしい想いをぶつけ、憲法第9条もジョン・レノンのような素晴らしい思想を持つことへの誇りとして語られていました。

c0011327_10292220.jpg

移動してTAME IMPALA。
これがとても素晴らしかった!
サイケ色を持ちつつ、ビートが体を動かさせる独特の展開が、スクリーンに映される音に連動したビジュアライザーと合わさって、曲ごとにどんどん盛り上がりが加速しました。
あれは相当なインパクトでした。
初めて観ましたが、これはポテンシャル高いですね。
ただ、次のNINをできるだけ前でと思い、泣く泣く最後のほうを諦めグリーンに移動しました。。

c0011327_10294059.jpg

凄まじい雷雨の中、まさに休止前最後のサマソニの再来とも言える環境でのNINE INCH NAILS。
トレントが一人登場しスタートしながら、徐々にメンバーが合流し、移動するスクリーンによる照明だけでなく、陰影すらも演出に組み込む非常に斬新な演出がハンパなくカッコ良かった!!
最初から新曲連発でも、あまりにカッコ良いのでぐいぐい上がりまして、あっという間でした。
雨も雷も壮絶でしたが、それを忘れるハイレベルなパフォーマンスで、来てよかったと実感しましたよ。
ニューアルバムも相当期待できます。
また観たいなぁ、あのライブ。
「Sin」とかも聴きたかったけど。

NINのセットリストはこのようでした。

Copy of A
Sanctified
Came Back Haunted
1,000,000
March of the Pigs
Piggy
Reptile
Terrible Lie
Closer
Gave Up
Help Me I Am in Hell
Me, I'm Not
Find My Way
The Way Out Is Through
Wish
Survivalism
The Good Soldier
Only
The Hand That Feeds
Head Like a Hole
Hurt
[PR]
by yo4san | 2013-07-28 11:02 | Comments(0)

マリノスはユナイテッドに・・・

c0011327_184235.jpg

名古屋から帰り仕事後に向かった日産スタジアム。
凄まじい雷雨が弱まりながら試合開始時には穏やかな状況になりました。
ルーニーの去就は不明ながらRVPをついにユナイテッドのユニフォームで観ることに。
対するマリノスはPSMだというのに、この日専用のユニフォームを。
赤が入らない珍しい配色ですが、クラブライセンス制度の影響か毎年2パターンのユニフォーム発売はロイヤリティが試されるだけではなく、どうせならもっと遊びをきかせてもらってもねぇ。
ANAがスポンサーに復帰し左袖に入りました。
試合のほうは開始早々、ユナイテッドのゴール前クリアミスをマルキーニョスが押し込み先制。
前半かなりポゼッションはマリノスが抑える展開となり、ヨーロッパクラブはやっぱり湿度が敵なのかなと思ったところ。

c0011327_185328.jpg

RVP、やっぱりユナイテッドよりアーセナルのユニフォームこそ似合うと感じます。
ギグス、香川、ファーディナンド、ウェルベックなど、かなりベンチにいたので、実質1.5軍のような状態でボールも回らないユナイテッド。
RVPもその迫力がイマイチ発揮されず前半で交代。

c0011327_19045.jpg

追いつかれながらまた決める展開になったファビオのゴール。
マリノスは結構本気での攻めが決定機をものにしました。
俊輔が高熱だったとかで前半15分くらいで交代し、香川とのマッチアップは観ることがかなわず。
もっとFKシーンとかあると盛り上がったんですけどねぇ。
リーグに影響出ないよう、回復してくれることを祈ります。

c0011327_19861.jpg

後半途中から香川、ギグスが交代で入り前がかりになるも、攻めきれないユナイテッドでした。
終盤、藤田がキレイなゴールを決めてこれが決勝点に。
しかし、終了後まさかのマンオブザマッチに香川が選出。
本人が一番嫌だったと思いますが、そんなことにもなってしまうんですね。
宮市はPKでも決めましたからねぇ。。

c0011327_191470.jpg

そんなこんなでの過密日程も無事一段落し、アーセナル、ユナイテッド両チームのアジアツアーも観戦できました。
UK訪問頻度が上がっているせいか、あまりありがたみを感じないのもどうかと思いますが、とても充実した体験になりました。
名古屋訪問中に音源公開されたMANICSのリードシングルになる「Show Me The Wonder」。
その前に公開された楽曲より昔ながらの感触が強いロックで、次のアルバムがさらに予測不能ですが、楽器の生感が強い感じがしますかね。
最初Twitterでしきりとこのタイトルが使われていたのが、「Found That Soul」の歌詞である「Show Me Your Wonder」にかけてるのかと思いきや、アルバムのトラックリストからこれだったのかと。
9月リリースもこれでいよいよ現実味が出てきましたが、楽しみができましたね。

さて、明日も早起き頑張りますか・・・
[PR]
by yo4san | 2013-07-24 01:28 | Comments(0)

アーセナル来日

c0011327_034242.jpg

はるばる名古屋ツアーを決めてまで来たのは豊田スタジアムでの名古屋グランパスvsアーセナルのプレシーズンマッチを観るためでした。
FUJI ROCKの都合から浦和戦を観れないのではるばるここまで。
昨夜名古屋入りして手羽先食べて、今日は朝からグルメツアー経由でスタジアム入り。
まずはグランパスのOB戦に後半からピクシーが登場し鮮やかなダイレクトボレーとPKの2ゴール。
やっぱり持ってると思う人です。

c0011327_075855.jpg

ウォーミングアップ中のアーセナルのメンバー。
今回はカソルラとヴェルマーレンは参加していませんが、ちゃんと来ましたね、世界的にはどうか知りませんが、個人的にとても嬉しいメンバーです。
宮市がシーズンをどこのチームで始めるかはまだわかりませんが、アルテタとアップ中にも何やら話しをしていました。

c0011327_0103973.jpg

入場して衝撃の事実。
アーセナルのユニフォームがなんかおかしい。
そう、ジルーの胸元で「Fly Emirates」とあるはずのスポンサーロゴが、まさかの「エミレーツ航空」。しかも明朝体。。
せっかくの豪華メンバーも興ざめな一瞬でした。

c0011327_0132095.jpg

プレシーズンマッチとはいえ、しっかり戦うアーセナル。
前半はウィルシャー、ポドルスキーあたりはベンチからで宮市が先発。
もう完全にベテランのロシツキーのクロスからジルーがまずは先制ゴール。
ずいぶんあっさり決めました。

c0011327_016044.jpg

やっぱり違和感たっぷりのウォルコット。
胸のロゴさえ普通だったら・・・

c0011327_0182791.jpg

2点目はPKをアルテタが宮市に譲り無事ゴール。
アルテタも気が利きますね。

c0011327_021138.jpg

3点目はウォルコットが決めました。
バックスタンド最前列でホーム寄りだったので、ちょっと見切れてしまいましたが、今年もウォルコットには頑張ってもらわないと、センターフォワードが誰かは別にして得点力が落ちますからね。

c0011327_0232077.jpg

後半からポドルスキーと登場のウィルシャー。
今年は怪我なく良いシーズンをお願いしたいものです。
彼のプレースタイルがなんとなくセスクのような安定感が出てきたような風格を感じました。
それにしても残念な「エミレーツ航空」。。

c0011327_0264219.jpg

今日は終日センターバックに入っていたサニャ。
コシェルニーが出場せず、ジェンキンソンが右サイドだったのもありますが、シーズンではどうなりますやら。
ヴェルマーレンが怪我が続くようであれば、センターバックが必要ですよね、このオフシーズン中に。
それにしても胸の「エミレーツ航空」。。
最後に矢野がヘッドで1点返しましたが、1-3でアーセナル勝利。
気づけばOB戦は1-3で赤チームの勝ち。
2試合続けて同スコアゲームとなりました。

c0011327_0294698.jpg

明日は早朝に慌ただしく東京に帰りますが、暑くて大変ではありましたが、とても充実した名古屋滞在になりました。
無理してでも来て良かった!
まぁ、一人だとこうも効率よくは行けるわけもなく、すべて連れの名古屋出身の相棒のおかげではありますが、こんなに下調べひとつせず来て申し訳ない気にもなりました。
東京からだと、こうして色々なところに行くにもアクセスいいなと再確認しました。
もう長くない東京生活を今年はちゃんと活かしておこうと思います。

この名古屋に向かう新幹線の道中はFUJI ROCKの予習にBJORKのライブを聴いていました。
NYの昨年のライブが今年の来日公演に近いと思い、聴いていたのですが、やっぱり圧倒的な声と存在感です。
これだけオリジナルな表現力を持つアーティストはそういませんよね。
FUJIもそうですが、その後の単独もとても楽しみです。
体調崩さないよう注意しないといけませんね。
[PR]
by yo4san | 2013-07-23 00:36 | Comments(3)

苗場の予習

c0011327_1344690.jpg
連日暑い日が続き、仕事も慌ただしいとぐったりする週末なのですが、夏特有の体調不良とストレスはありつつも、今日はそこまで暑くならず、過ごしやすい一日でした。
明日から名古屋行ったり、翌週は苗場だったりで、その準備もあったので、まずは仕事でお世話になっているフォトグラファーの方の個展を観に目白へ行き、FUJI ROCK準備で昨年見送っていたレインウェアの追加購入をし、一度帰宅して、なでしこジャパンの試合を観てから、また映画観に行ってと、ずいぶん活動的な一日になりました。
暑くないだけでこれほどアクティブになれるものですかねぇ。
明日はアーセナルを観るために人生初の名古屋入り。
名古屋行きの準備と苗場行きの準備を平行してという状況ですが、FUJI ROCK予習ということで今回ついに復活のNINE INCH NAILSを楽しみに聴いています。
新曲もいかにもなトラックになっていますが、アルバムはどんな感じなんでしょうか。
始動早々に、次々メンバーが変わっているのがやや気になりますが、きっと凄いライブやってくれるでしょうね。
[PR]
by yo4san | 2013-07-21 01:47 | Comments(0)

価値ある一勝

c0011327_14513439.jpg

再開から大分にまさかのドロー、そしてC大阪に敗戦を挟んでのホームでの首位大宮戦。
正直中断前はここに首位決戦のイメージでしたが、それだけ落とせない一戦でした。
ズラタンなどスロベニアンズのいない大宮なのでと思っていましたが、前半はポゼッションで圧倒。
学のパスからマルキーニョスが合わせ先制。
これは良い展開と思っていましたが、それも俊輔が中盤をコントロールしていて、安定感あるキープ力がこの原動力になっていると感じます。

c0011327_14514425.jpg

前半さらに学のこの4人抜きからのゴールでさらにリードを広げハーフタイムへ。
後半はさすがに押し込まれるシーンが目立ち、ロスタイムに1点返されてしまいましたが、この勝利によって上位の勝ち点差はかなり縮まったのもあり、まずまずの結果でした。
大宮はこれで今シーズン2敗目とかですからね。
次節はアウェイで浦和戦がウィークデーにあって、ユナイテッド戦という流れですね。
浦和に勝てば一気に首位とも詰まってきますので、ぜひ勝ちきってもらいましょう。

c0011327_14515055.jpg
今週は仕事のストレスが酷くて、体調もかなり悪化、そして凄まじい暑さでさらにバテバテという、コンディションがきつい一週間でしたが、このKODALINEというバンド、聴くとすぐCOLDPLAYを連想させますが、とても仕上がりの美しいアルバムが素晴らしいです。
サマソニ来日があるようですが、ライブだとどうなんでしょうね。
[PR]
by yo4san | 2013-07-14 14:59 | Comments(0)

J1再開

c0011327_13546.jpg

W杯予選とコンフェデによる中断明けとなるJ1リーグ再開。
久しぶりの三ツ沢に行ってきました。
午前中、梅雨明けらしい東京はかなりの暑さでしたが、時期柄セールで服を買いにいってきて、一休みしてからの横浜。
風が結構強かったので、そこそこ涼しい時間帯になって助かりました。
今日はメインスタンドからの観戦でしたが、ポゼッションするもなかなか決定機を作れない展開。

c0011327_14779.jpg

ロングボールを放り込まれたと思ったら、松田に初ゴールを決められリードを許すことに。
後半早めの時間帯に追いつきましたが、そこからは俊輔のCKがもう何回あるのかというほどのセットプレー連続。
富澤を藤田と代えて前がかりになってから、チャンスもさらに増えました。

c0011327_141476.jpg

しかし再三のチャンスもモノにできず結果的に1-1のままドロー。
浦和が勝ちはしましたが、大宮がドローだったのが唯一の救い。
まさかの最下位大分にドローとは・・・
次のホームは日産スタジアムでの大宮戦です。
なんとかこれはものにしてもらいたいですね。

c0011327_142148.jpg
今週も仕事がハードで、まともに帰りにタワレコによることもできずという一週間でした。
金曜にようやく滑り込んでNEW ORDERのライブ盤を買いました。
昨年のサマソニは本当に楽しかったのが記憶に新しいわけですが、前に出ているロンドンのほうがサマソニのセットに近く、ライブとしてはやはりちょっと短い。
でもこのCDはNEW ORDERでありながらJOY DIVISIONの楽曲がかなり多いので、これもまた記録として良い作品なのではと思いました。
それにしてもタフな一週間でした。
メンタルも体調も。
やっぱりキツいですね、暑い時期だとなおさら。
毎日色々と悩むことばかりです。
[PR]
by yo4san | 2013-07-07 01:15 | Comments(0)