THE HOLY BIBLE

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

仙台遠征へ

c0011327_2395351.jpg

今シーズンへの気合いは並みではないということで仙台まで来ました。
はやぶさに乗ると仙台に2時間もかからず着いてしまって驚きましたが、まずはということでユアスタに向かいました。
専用スタジアムらしい雰囲気の良さに好感をもちました。
牛タンで有名な利久がスタジアム内にもあるということで、マリノスサポで行列していました。
幸い品切れ前に牛タン焼と牛タンまんじゅう食べまして試合のほうに。

c0011327_2310461.jpg

マリノスはいつも通り、非常にゆったりとした球回しで、ペースを作りはしますが、マルキーニョスも学もいないことで、どうにも攻撃にアクセントが出せず、決定機を作りきれない試合になってしまいました。
俊輔の存在感は素晴らしかったものの、やはり前線の迫力が欠けました。
結果スコアレスドローで終わり、広島が勝ったことでまた勝ち点2差に。
やっぱり広島戦がシーズンの天王山になるのでしょうか。

c0011327_23101039.jpg
その後、会社の同期と合流して、松島を観光し、石巻に行ってきました。
情報として知ってはいましたが、やはり現地を見るのとそうでないのでは、全く違うことがわかりました。
そして復興というのがこれからどうなることなのか、そういった事を考えさせられました。
松島で立ち寄ったオイスターバーで震災時のことを色々聞かせてもらいましたが、言葉にしきれない感覚を現地で体感しました。
あらかじめTHA BLUE HERBのツアーDVDで見ていた石巻ですが、簡単に頑張れとは言えないなと。
帰りに塩釜で寿司を食べて仙台に戻りましたが、とても内容の濃い仙台遠征となりました。
実は行きの新幹線で、11月の埼玉でのライブのチケットを確保していたのですが、これでまたTHA BLUE HERBと向き合う時間をより強いものにできるような気がしています。
[PR]
by yo4san | 2013-09-28 23:24 | Comments(0)

首位×2

c0011327_1754546.jpg

やや遅れての更新ですが、この週末振り返りまで。
土曜、Jリーグも佳境に入り、B'zが日産スタジアムでライブやってたせいなのかしりませんが、酷いピッチコンディションだった三ツ沢での試合となった清水戦。
序盤に俊輔がドリブル突破から、相手DFがころんだタイミングで決めたというシュートからゴール。
今シーズン俊輔の活躍無しにはここまでこなかったわけですが、Jリーグでシーズンでキャリア最高とならぶ9ゴール。これは間違いなくキャリアハイが見えてきた状況です。

c0011327_1755632.jpg

後半からはさすがに押し込まれるシーンもあって、何度か危ないタイミングでもDF陣がよくこらえ、見事1-0での勝利となり、ドローで終わった浦和との差を広げ、リードを広げ首位を安定させてきました。
次節はアウェイで仙台戦ですが、こうなったらということで行ってくることにします。
次のホームは前回4ゴールくらって、もうさすがにキツくなってるナビスコカップの準決勝2戦目ということで柏戦になりますが、俊輔曰く「5点取ります」ということでしたので、奇跡が起こるか観たほうが良さそうですね。

c0011327_176237.jpg
昨夜アーセナルはストークに対し3-1で勝利し今節でリーグ首位に。
ホーム初戦となったエジルもそうでしたが、ラムジーの充実度は素晴らしいし、今シーズンはチームとしての仕上がりも良いのでぜひともタイトルを期待してしまいます。
ただ、やっぱりDFは心許ないので、1月のマーケットで狙って欲しいですけど。

結局3連休といえど、土曜のJリーグ以外は外出もせず、自宅で休養。
こんな週末ばかりではありますが、自分のペースも大切かなと。
その分音楽も聴けますので、最近MANICSとともに安心して聴けるPLACEBOを。
このレベルまでくると、音で驚きを期待するよりも、繊細な世界観をどう再現してくれるかというほうがファンの期待に応える方向だし、まず満足な仕上がりで安心しました。
おそらく国内盤がリリース予定無しの状態と感じますが、こんな素晴らしい作品聴くチャンスが減ってもったいないと思うのは従来ファンだからなんでしょうか。。

さて、あまりに引きこもりもなんなので、これから映画行ってくることにします。
仕事もしなきゃいけないのですが、どうも夜までやる気になれそうにもないので。
ようやく外は涼しい季節になってきて、BOSEのQC3で移動中も音楽が快適で嬉しいですし。
[PR]
by yo4san | 2013-09-23 17:23 | Comments(0)

苦しい時こそ

c0011327_16275575.jpg
ここ最近の書き込みを振り返ってみても、本当に仕事がうまくいかないシーズンなのを痛感しますが、よくもまぁこうも働けども報われない感じが続くものだと。
一番のストレスは明らかに期待通りに動かない周囲にあるのですが、できないものをいくら言ってもダメだろうしとも思い、そういったやるせなさが余計に負担になるんだろうなと。
でも、苦しい時期こそというタイミングにいつもやってくるMANICSのニューアルバム。
活動休止明けの作風としては驚くほど穏やかに、情感あふれるアコースティックな仕上がりに。
先行リリースされていた楽曲の延長で美しい楽曲が並ぶ印象です。
今週このアルバムにどれほど癒されたことか。
日本への愛情もたっぷりな内容に本当に感動したものです。
DX盤には最近恒例のデモに加えO2ライブのトラックもいくつか収録。
これだけはもう小出しにしないで、フルライブで作品出してもらいたい。。
あの場のあの感動、そして休止へ向かう寂しさ、そんな複雑な気持ち全てがあった場所でもあります。
国内盤はさらにボーナストラックということなので、今回も全仕様制覇の予定でお待ちしています。
さて、前節もなんとか首位キープのマリノス、今日はちゃんと勝ちましょうか。。
[PR]
by yo4san | 2013-09-21 16:35 | Comments(0)

WIRE13 @ 横浜アリーナ 2013/09/14

c0011327_145519100.jpg

今年はマリノスの試合後に向かうことになったWIRE。
攻めきれずドローという結果後でしたが、急げばKEN ISHIIに間に合うというタイミングでした。
日産スタジアムから横浜アリーナと、新横浜2大イベント会場をハシゴで到着。

c0011327_14552783.jpg

幸いまだKEN ISHIIはやっている時間で到着後まもなく「Extra」がプレイされたではありませんか!!
キックの音がかなり重く強調されたサウンドバランスも気持ちよく、やっぱりWIREのスケールはクラブがどんどん消滅する昨今貴重なイベントになっています。
その後、WESTBAMの合間に今年お世話になりっぱなしの事務局の皆さんと挨拶をしにバックステージへ。
ドイツビール飲みつつ、仕事の確認も挟みつつ、談笑してから戻り、バッキバキのテクノサウンドだったWESTBAMから職場の同僚と合流。

c0011327_1455493.jpg

そして迎えたGiorgio Moroder!!
このセットリスト凄まじくないですか?
なんとドナ・サマーにネバーエンディングストーリーって、もうタイムスリップした感じすらある懐かしいサウンド。
この時間帯、とてもBPMが遅いせいもあって、かつMCも入る和やかなムードがWIRE史上初といってよい、ほっこりした瞬間でした。
DAFT PUNKもプレイされ、これは良い経験となったアーティストでした。
もう観るチャンスもそう無いと思うのでラッキーでした。

c0011327_1455563.jpg
卓球さんはいつも通り期待を裏切らず、RSRでもプレイされた「Funky Town」なんかもとても楽しかったし、疲れのせいもありここでピークを迎えていました。。
その後休憩し、LEN FAKI、JOSH WINKで今年のWIREを終わりました。
年々フロア滞在時間が短くなっているのは仕方ないとして、これからも続けてもらいたいですね。
戻ってこいと今回も言われたわけですが、それはちょっとな・・・・
このコンピレーション、Giorgio Moroderはさすがに未収録ですが、このイベントを思い返すにはその時の出来事と一緒に記憶できるメモリアルアイテムにもなっています。
これでついに15周年。
東京きてからほぼこれには参加していますが、長くなりましたね。

台風通過で天候が非常に不安定なこの週末、WIREは無事終えられて、これでついに夏のイベントも終了。
あっという間に日々過ぎていくのを痛感させられます。
[PR]
by yo4san | 2013-09-16 15:08 | Comments(0)

この先どうなりますやら

c0011327_0312314.jpg

昨日は実質2軍だったガーナ戦へ。
最近DFの失点が云々という話題になりやすい日本代表ですが、そんな2軍にミスから失点するという残念な展開。
どうにもチグハグだった前半から、後半に入り足が止まりだしたタイミングから畳み掛けたものの、やっぱりトライした3-4-3での3バックにした途端に大きくバランスを崩し差し込まれるという流れ。
どう考えても今のDFラインではあのフォーメーションはやりきれないし、ラインを上げ続けたいなら人選からの話だろうと想いを強めました。
あの守備では本大会も相当押し込まれるだろうなと思わずにはいられませんね。
逆転勝ちもすっきりしない試合でした。

c0011327_0312938.jpg
気づけば相当久しぶりになったBABYSHAMBLESがアルバムリリースしまして、そういうことはやっぱりリバは期間限定だったのかと残念に思いつつも、このソングライティングセンスはやはりピートならでは。
過去のアルバムより非常によく作り込まれた印象で、リバさえ気にしなければ十分楽しめる作品になっています。
もうそう簡単には日本には来れないだろうし、やっぱり観に行くことも考えないといけないかなと。
しっかし、最近の気分の荒れようといったら、酷いものです。
もっと穏やかに日々過ごせないものかと思ってはいるのですが、こんなストレスなかなかね・・・(涙)
[PR]
by yo4san | 2013-09-12 01:26 | Comments(0)

復活するだけある

c0011327_18332518.jpg
先週は仕事のはかどらなさに何度も心が折れそうになりました。
自分でやれば早いのに、何をこうもできないものかというストレスが一向に解消されず。
そんな中、このアルバムが本当に支えになったとすら思う、NINの復活アルバム。
頭3曲がFUJI ROCKでプレイされていましたが、期待通りの素晴らしいアルバムになっていると感じます。
トレントが一度活動休止して、ライブ復帰を決めるほどのことだけはあります。
想像以上にポップな楽曲が多く、ギター色の薄い仕上がりですが、ライブだとああなるわけですよね。
長いインターバルに映画サントラや別バンドやったりなので、期待される作りと、やりたい音楽と、そうしたイメージでありながら新たなチャレンジも要求される、そう評価されるには困難な環境など気にもしないと思える圧倒的な完成度です。
ちょうど自分でもついに重い腰を上げるかどうかと思っていた時期だったり、もうやり方を変えようかと決意したタイミングでもあるので、そんなタイミングに最高の作品リリースでした。

ナビスコカップの不出来はさておき、今日は天気も悪いので自宅で音楽、映画、読書の一日にしています。
こうした時間がとにかく嬉しい。
[PR]
by yo4san | 2013-09-08 18:42 | Comments(0)

やるべきこと

c0011327_2355534.jpg
先週は仕事もはかどらず、イライラを抑えるのに必死な一週間でした。
この数ヶ月、自分でやればもっとどうにでもなるものを、なぜにこうもできない人間にやらせないといけないのかと疑問との格闘ばかりでした。
どうしたってできない人はいて、それを理由にできることを見過ごすのが、果たしてこの世の中のためなのかと、そればかりを考え続けているわけです。
自分のやるべきこと、期待される(というよりやれる人間がいない)こと、本当の意味で期待されること、そういうのがとてもアンバランスですね。
まだ当面この状況が続くというのは、やはり健康に良くないので、どこのタイミングで決着をつけるか、それがいますべきことかなと思っています。
今日は映画「マン・オブ・スティール」を観てきました。
スーパーマン映画史上、とてつもなくスピード感のある、迫力ある展開だったように思います。
あれにバットマンが絡むとどうなるんでしょうかね。。とてもスーパーマンとは戦えないのではと思いますが。
映画でも自分のあり方に悩むクラークの姿が描かれますが、いつか奇跡を起こせるものなんでしょうか。
奇跡とはいわずとも、やるべきことをやるが良いのでしょうね。

FRANZ FERDINANDのニューアルバムは前作から大きくポップよりに振った作りに感じる作品。
ある意味ファンに期待される路線と感じる、バンドらしさも出ている印象です。
さすがに驚くという作りではないので、ライブでどうなるかと思えば、限定版のほうに入っているスタジオライブのディスクがとても興味深い内容です。
今のバンドのコンディションがそれぞれのアレンジからも伝わってきますし、来月の来日に期待できるなと思いました。
あ〜もう9月ですね。
時間というのは本当にあっという間です。
[PR]
by yo4san | 2013-09-01 23:17 | Comments(0)