THE HOLY BIBLE

<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

年末の振り返り

c0011327_17444987.jpg

帰省しての数日、仕事の連絡が絶えずあるのにうんざりしながらも、古くからの付き合いに嬉しさを感じています。
まもなく2013年も終わりますが、音楽については本当に素晴らしい体験の連続でした。
年初からMUSEは来日して目の前で観れるわ、3月のロンドンではデーモン、グレアム、ノエル、ポールという豪華布陣のコラボだけではなく、PRIMAL SCREAM、PALMA VIOETS、グリフや、FOALS、そしてsuedeという充実したツアーを達成。結果的に3回も来日したマイブラや、連日柵に張り付き観ていたPiLも素晴らしかった。
今年も勢力的に行った夏フェスでも素晴らしいシーンの連続だったし、BJORKの来日、ポール・マッカートニー、最近でもATOMS FOR PEACEなど素晴らしいライブをこれでもかというほど体験できました。
マリノスは最後に失速したものの、おかげで我ながら出不精なはずが日本国内を結構回ることにもなって、色々なものを観て、食べて、充実していたと思います。
大きな課題はやはり仕事で、どうにも八方ふさがりなこの感覚を来年は大きく環境を変えてでも改善したいと思っています。

例年最後によく聴いた作品を書いていますが、今年はせっかく買っても聴く時間が本当に限られ、未開封で放置になっているものが多いので、これも残念な状況なのですが、その中でも聴いたものということで。

NINE INCH NAILS / HESITATION MARKS
SUEDE / BLOODSPORTS
PALMA VIOLETS / 180
PRIMAL SCREAM / MORE LIGHT
PAUL McCARTNEY / NEW
THE STRYPES / SNAPSHOT
DAVID BOWIE / THE NEXT DAY
DAFT PUNK / RANDOM ACCESS MEMORIES
ARCADE FIRE / REFLEKTOR
JAKE BUGG / SHANGRI LA
ATOMS FOR PEACE / AMOK
FOALS / HOLY FIRE
PEACE / IN LOVE
THE 1975 / THE 1975
PET SHOP BOYS / ELECTRIC

他にもBABYSHAMBLESやTHE STROKES、JAMES BLAKE、VAMPIRE WEEKEND、THE FLAMING LIPS、KINGS OF LEON、PHOENIXなど挙げるときりがないくらいですね。
リイシューではNIRVANAの「IN UTERO」が決定的でしたが、結果まだ開けてもいないTHE CLASHの「SOUND SYSTEM」が大本命だったのかなと。

来年は元旦に天皇杯からスタートになる2014年。
BLURやSTONESといった大物に加え、4月はロンドンでのMANICSを決めているので、引き続き充実した一年を過ごせるように、そして健康でいられるよう注意したいと思います。
[PR]
by yo4san | 2013-12-31 18:11 | Comments(0)

『sHOWs』 meets 『BLAFMA』 @ clubasia 2013/12/27

c0011327_2315678.jpg

今年の最後を締めくくるライブが仕事納め後のTHA BLUE HERBとなりました。
最初はそれなりの時間に一度帰宅して着替えてからと思っていたのですが、仕事のトラブルを引きずり、送別会になだれ込み、そのまま・・・というコンディション的にはかなりハードなオールナイト開始。
clubasiaっていつ以来だろうかということでOPENの23:30に到着。

c0011327_232382.jpg

てっきりTHA BLUE HERBが先なのかと思って行ったら、BRAHMANが1:00スタートとか。
15分くらいは開場も含め遅れていましたが、クラブで孤独に待つのもタフでしたが、酔った流れだったのでまだ良かったのでしょうか。
BRAHMANは凄まじい激しさはステージだけでなく、オーディエンスもということでサーフィン連発はちょっと危険でしたが、サイドで回避しつつ観ていました。
終盤のこのあとのTOSHI-LOWのMCがとても印象的。
「もっとちゃんと宣伝やれば、もっとデカいハコでできる黄金カード」まさにそうです。
あまりに濃い組み合わせでした。
BOSSのマネの「あなたに、あなたに、あなたに・・・」という件はBOSSをしても「ヤバかった」というほど面白かったですが、お互いへのリスペクトを象徴したシーンでした。

c0011327_2321063.jpg

そしてもう3時半を回ってからのTHA BLUE HERB。
今年をしめるにはあまりにも眠い状態で迎えたラストでしたが、O.N.Oのライブも良くてなんとかなりました。。
先月も埼玉で観ましたが、やはりBOSSの言葉は突き刺さります。
印象的だったのが「BOSSと自分で名乗っておきながら、先頭を行っているか不安だった。様々なアーティストとの出会いから刺激を受けて、それが励みになった。」という話は自分にも言えることだよなと。
本当に今年はそういう出会いを失っていたし、それこそがあまりのモチベーション低下でもありました。
年末年始もくだらないレベルの仕事に拘束されるものの、考える時間は多く作れるので、有意義に過ごしたいと思います。
TOSHI-LOWのマネの話をしたあと、ああいうのやってみたかったというステージダイブ。
こうして歌いながらとはいきませんでしたが、本当に大盛況のまま終了となりました。

c0011327_2323124.jpg
さすがに終了時すでに5時をまわり、かな〜り疲れきって朝の電車で帰宅となりましたが、まさか昼に仕事の電話で起こされるとはどこまでも・・・という日になりました。
TOSHI-LOWがライブ中に絶対観ておいてと言っていたこのTHA BLUE HERBのDVD「Prayers」。
東北を回るツアードキュメンタリーは本当に色々なことを伝えてくれます。
今年はこのあとマリノス応援で仙台に行く機会に恵まれたので、石巻も行けました。
そしてこの映像の光景も目にして、衝撃も受けました。
やはり行くと感じる、行くとわかることは多くて、今年はサッカー理由で国内を多く回ったのは自分にはとても貴重な経験にもなりました。

色々不安定なことが多くありましたが、私を支えてくれた方々に感謝とともに、今年のライブはこれにて終了。
年明け1月は何と言ってもBLUR来日ですが、武道館のチケットを発券してみたら、残念な2階席でした。。
仕方ないね。。
[PR]
by yo4san | 2013-12-28 23:23 | Comments(0)

今年の夏のハイライトを振り返り

c0011327_1648885.jpg
我ながら驚くほど体調不良を引っ張ったままの週末になり、だましだまし仕事をしながらの2日間も、久しぶりの友人宅訪問でちょっと気分転換ができました。
今日もその延長の3連休最終日になっていますが、ようやくフルで観れたMUSEのライブ盤。
ローマの映像はスタジアムセットということで今年夏のサマソニと似たスーテジングを確認できますが、ちょいちょいカットされるせいかロボットの登場は無し。どうせそういうことならアリーナセットでのピラミッドをフル収録でもと思うのですが、オフィシャルでリリースされて良かったということにしましょう。
やはりこのバンドはデカいスケールが合うバンドでもあり、こうした迫力も十分感じられます。
アメリカでのアリーナクラスでの映像も一部ボーナス収録されていますが、ついにアメリカでも売れた感じが明らかですね。
このバンドはどの国とか関係ない次元に突入したのが、ついにきた感じがよく分かります。
でもなぁ、やっぱりフルサイズのライブを観たいですね、せっかくリリースするんだから。。。
[PR]
by yo4san | 2013-12-23 16:59 | Comments(0)

今年の忘れられないライブのひとつ

c0011327_233765.jpg
本当に体調不良が堪えた1週間でした。
もう何年ぶりか忘れてしまうほど久しくなかった体調不良で仕事を休み、だましだましで復帰するのが悪くはたらき、回復しきれもせず、仕事もたまりと悪循環とはこういうのだろうなと。
マリノスの2位終了が堪えたとは思いたくないですが、アーセナルもどんどん調子を落とすここ数試合です。
例年、ただ年末という理由と別に忙しくなる定番時期なんですが、相も変わらず昔の仕事は評価される一方、今の内容たるやさんざんなものです。
こうも長期間復帰を期待されるだけのことはあるんだと思いますが、なかなかそう簡単に割り切れないものです。
体調が色々な意味で不安要素なのですが、来年はこうしたことが改善に進むような年にしたいですね。

今年印象に残っているライブは多くあるなか、これは特別な意味があったBOOM BOOM SATELLITESの5月の武道館公演。
川島さんの脳腫瘍からの復帰という、壮絶な苦労があっただろう当事者になれたこのライブがそのままパッケージリリースされています。
何が驚いたって、この脳腫瘍との闘病はこれで3回目という事実。
よくそんな状況でも、こうして歩みを止めない生き方には本当に敬意を表するしかありません。
映像で改めて観て、最後の最後に「ひとつだけ言わせてください。BOOM BOOM SATELLITESでした。」というコメントが突き刺さりますね。
来年クラブサイズでのツアーも発表されており、なんとしても観に行こうと思いました。

この週末、映画「ゼロ・グラビティ」を観てきました。
これは本当に驚きの映像の連発、そして全く気が抜けない展開に圧巻の内容です。
今年たくさん映画観ていますが、これは印象に残る作品になりましたね〜

さて、明日からまた頑張りますか。
[PR]
by yo4san | 2013-12-15 23:15 | Comments(0)

まさかの結果でシーズン終了

c0011327_19876.jpg

今年こそはという想いで向かった等々力。
ウォーミングアップくらいの時間についてしまったため立ち見というこになってしまいましたが、なんとしても今年は優勝を体験したかったのです。

c0011327_191577.jpg

勝てば自力優勝できる唯一の存在でしたが、今日の試合は展開が非常に重かった。
俊輔はいつもほどのキレがなく、後半に入り珍しくボールロストした結果に受けたカウンターで失点。
そこそこチャンスは作れましたが、たった1点があまりに遠く、今シーズン初の連敗をこの最後でやってしまいました。

c0011327_192422.jpg

前節に続き落胆だけでなく、今シーズンが2位で終了したという事実。
今年はいけると信じて、それはもう熱く応援してきた一年でしたが、あまりに悔しい幕引きでした。
はっきり言って来年はフルシーズンやれるメンバーかもわからないし、今年で十分おじさん軍団と言われたチームの高齢化は松田がいた頃より進んでいて、課題の多いシーズンオフになると思います。

c0011327_193310.jpg

最後は号泣していた俊輔の、今シーズンにかける想いが伝わり、しばらく等々力を後にできませんでした。
これで終わってしまいました。
まだ気持ちが整理できませんが、来年はこれほど観戦に来れなくなると思うと、それもまた残念な気持ちに追い討ちになり。

c0011327_194058.jpg
天皇杯で優勝という切り替えは、正月こちらにいないことから、やや遠い世界に感じてしまうシーズン終了。
ぽっかり穴があいたような気持ちですが、今週も仕事の進捗が悪くて、明日は部下の後始末に仕事で終わるような気もしています。
何か大きな変化が自分には必要と強く思っているわけですが、マリノスは来シーズンどうなるでしょうか。
若手の投入が避けられない事情も出るでしょうし、そこにスター登場を期待せずにはいられません。

昨年デビューしてあっという間にスターになったJAKE BUGGが、もう2ndアルバムをリリース。
今回はアコースティックではなく、ロックよりのサウンドになりました。
プロデュースがリック・ルービンというのがまたそのステップアップを感じさせますが、やっぱり才能ありましたね。
ライブでは聴いていた楽曲がこうして改めてリリースされると、このアルバムの制作過程における自らの経験が反映されているからこそのものなんだろうなと。

それにしても悔しい夜です。
俊輔をはじめとする選手はもっとなんだと思いますが、この気持ちがいつか報われることを祈ります。
[PR]
by yo4san | 2013-12-08 01:24 | Comments(0)

決められず翌週持ち越し

c0011327_23211062.jpg

それはもう凄まじい意気込みでした。
何せ勝てば9年ぶりのリーグタイトルとなるホーム最終戦。
観客は今シーズンのリーグ最高となる6万2千超。
代表戦より混んでるんじゃないかという日産スタジアムでしたが、ウォーミングアップからビッグフラッグが出され、入場時はこの気迫です。
この時点でもう優勝を思って感動し始めていたくらいでした。

c0011327_23252858.jpg

とにかくいつもと雰囲気の違うスタジアムでしたが、もしドローでも他試合次第という有利な状態でこのシーズン終盤まできたというのは、本当に素晴らしい安定感で一戦一戦を闘った証であって、このベストメンバーで組んだスタメンも、シーズン終わりに怪我など立て続けに起こり、それぞれは限界を超えてというコンディションだったと思います。

c0011327_23253935.jpg

前半はいつも通りのゆったりした球回しで、ポゼッションを高め、チャンスメイクもできていました。
このまま後半行けると確信していたのですが。。。。

CKのセットプレーを決められ先制を許し、その後前がかりに勢いをあげ攻め続けましたが、一瞬の隙をつかれ、っロスタイムにさらに失点。
まさかの2失点負けです。
これでホーム2連敗という残念な結果で最終戦を終えました。

c0011327_23254654.jpg

浦和が負けたので、これで広島と争うことになったリーグタイトル。
最終節は等々力で川崎となるわけですが、セレモニーもさすがにこの試合を落としたこともあって、どうも気分が上がらない幕引きとなってしまいました。
ぜひ、来週末こそ決めましょう。
ACLはこれで確定しましたが、とにかく今年はリーグタイトルです。

c0011327_23255218.png
風邪に苦しんだ一週間を終え、Jリーグはこんなことでと、音楽以外はイマイチ嬉しくないことが続きましたが、アーセナルは安定した戦いぶりで勝利し首位独走。
来週終わるまでどうも落ち着きませんが、ついに12月というこの時期。
そういえばこのブログ初めたのが最後にタイトルとった2004年の12月。
思えば長い歳月でした。
そんな中、U2が映画用に提供した楽曲がアナウンスされていたこの「Ordinary Love」がU2.comサブスクライバー向けにフリーダウンロード提供された週末でした。
ボノの歌声は本当に繊細に表情を作り、心に刺さる曲になっていますが、新作が春と噂されるだけに、またツアーのアナウンスを楽しみに待ちたいと思っています。
あ、そういえばもう一つ良いことありました。
BLURの日本公演で追加となっていたZEPP DIVER CITYのチケット取れました。
あ。。。やっぱり音楽の事ばかりでした。
iPhoneを買い替えたので、明日からまた気分一新頑張りたいですね。
早く体調回復させないと。
[PR]
by yo4san | 2013-12-01 23:42 | Comments(0)