THE HOLY BIBLE

<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

The Holy Bible 20th Anniversary

c0011327_14371751.jpg

ついに20周年となったMANICSの「THE HOLY BIBLE」リリースからの歳月。
事前に何かありそうなアナウンスがありながら、今のところラジオ出演以外は聞こえてきていないMANICSです。。
それはさておき、本当に20年にもなるのが信じられないほど、このアルバムのリリースは昨日の事のようであり、そこからバンドにも色々ありましたが、自分にも色々あった20年。(当たり前ですけど)
なんとなく日本のほうが盛り上がってたかもしれない当時、前2作のゴージャスかつややオーバープロデュースかとも思う音の作りから、重くソリッドで余計なものは全て削ぎ落としたような劇的な変化を遂げた3rd。
歌詞の面でも徹底的に政治的、文学的で怒り、苦しみが前面に出てきたリッチー色の強い、このバンドの究極形とも思える作品と言えると思います。
これを最後にリッチーは失踪してしまい、3人でUKでも国民的バンドとなって以降も、やはりこのアルバムのポジションは非常に特殊であり、常にその後も引き合いにだされる作品になりました。
今年のリリースまでも多くの素晴らしいアルバムが出ていますが、これはファンもバンドも認めるマスターピース。
当時はsuedeも「Dog Man Star」をリリースした時期ですが、小樽にいて本当に聴きまくったし、今になってもまだ色あせるどころかより自分の一部と思えるほど聴き込んでいるだけあり、20周年というのはファンとしても感慨深く、今もなお現役でいてくれることへ最大級の感謝を感じる出来事となります。
あの時、まさかその後に自分がバンドとライブ以外で、何度も会えるようなことが起こるなんて想像もできなかったし、こうして歳を重ねるとは夢にも思いませんでしたが、これほどの時間を共にできるものを見つけられて本当に幸せだし、こうした契機でまたより深く向き合える喜びを大切にしたいと思いました。
でもやっぱり期待してしまう何かしらのリリースと、ライブも合わせて・・・どうかこの想いが届きますように。。
[PR]
by yo4san | 2014-08-30 14:58 | Comments(0)

夏の終わり

c0011327_22584292.jpg

週末は我が家恒例の多摩川花火を屋上からというイベントがありました。
昨年はRSRに行ってたので残念ながら観れずでしたが、今年は川崎戦を見送り友人を招いての賑やかさ。
さすがに終わったあとの静けさはというのがありますが、そこからアーセナルはエバートンになんとか追いついての引き分けということで、今年の夏もイベント一区切りで、まだまだ暑いですが、なんとなく夏の終わりを感じさせる時期となりました。

c0011327_22584827.jpg
フジロックの振り返りの流れで去年のNINはやはり凄まじいライブだったというのを、映像観ながら思い起こしましたが、昨年本当に聴いたこのアルバム、やはり完成度が高いしトレント・レズナーの充実ぶりは特筆すべきものだったと思います。
今はSOUNDGARDENとツアー中というのも話題に事欠きませんが、こうして長いキャリアずっとクリエイティブであれることに本当に驚くばかりで、自分もそうありたいものだと思ったりもしました。

やっぱり環境変えるべき時かなと思いますね、色々と。
[PR]
by yo4san | 2014-08-25 23:19 | Comments(0)

SUMMER SONIC 2014 Tokyo Day2 2014/08/17

c0011327_015424.jpg

2日目は晴れでスタートとなりまして、基本的にメッセでと思っていましたので早い時間から入りました。
最初に観たのがマウンテンのTHE BAWDIESで、仕事以外で久しぶりでした。
景気付けには良い勢いのあるステージでした。

c0011327_02130.jpg

そのまま残って続いてのMaydayを観ました。
仕事理由で名前は良く知ってたのですが、台湾のスターというだけあってどういう感じか興味深かったのですが、マウンテンははっきり言ってがら空き。
ドリカム影響もあったと思うのですが、レインボーくらいでも良かったのではと。。

c0011327_02797.jpg

そこから移動してのDINOSAUR PILE-UP。
初来日ということもあってリーズ出身はどんな感じ?と思っていましたが、色々な意味でかなりNIRVANAを感じさせるバンドでした。
曲は悪くないと思いますので、これから楽しみにしたいバンドです。

c0011327_021446.jpg

で・・・終盤出てきたダイナソーズ。
これがよくLIPSとかでやるような風船と違って、そこそこデカいのですが、空気入れているだけだからか、すぐ落ちてきて忙しいったらない状況。
たまらずせっかく前にいたのに、後ろに下がってみる事にしたのですが、落ち着かない状況は続きました。。
序盤じゃなくて助かったという話です。
あんなの要らないバンドだと思うのですが、私だけでしょうか、そう感じたの。

c0011327_022495.jpg

そこからSONICに移動してのきゃりーぱみゅぱみゅ。
初めてちゃんと観ましたが、ライブ慣れしたものですね。
意外に楽しめて驚きました。
続けてこのMETRONOMYを。
アルバムはとてもポップですが、さらにライブならではのアゲアゲ感を加え楽しいバンドです。
揃いのコスチュームも面白いですね。

c0011327_023044.jpg

その後BEN WATT with BURNARD BUTLERでしっとりしてからの、THE HORRORSです。
ニューアルバムの曲を多めに、いつもながら後ろからのライティング中心なので前にいてもほとんど顔も見えない状態ですが(笑)、アルバム出すたびにたくましくなるというか、表現力を増してきていて、ライブもずいぶん上達したような。
ファリスのマイクボリュームがもうちょい大きくてもとは感じたのですが、ロンドンも楽しみにしたいと思います。

セットリスト追記します。

Chasing Shadows
In And Out Of Sight
Who Can Say
Scarlet Fields
Sea Within A Sea
Endless Blue
Falling Star
Mirror's Image
So Now You Know
Still Life
I See You

で・・・本当はQUEENかPIXESかというつもりだったのですが、ちょっとアクシデントに見舞われまして、ここで帰宅。
最後はあれとして、とても充実したサマソニになりました。
はじめはメンツがFUJI ROCKと比較してどうかと思いましたが、楽しめました。

これで夏フェスも今年は終了で、一区切りです。
アーセナルもマリノスも勝ったし、明日からまた頑張りますか。
コンサドーレ負けたけどね。。
[PR]
by yo4san | 2014-08-18 00:19 | Comments(0)

SUMMER SONIC 2014 Tokyo Day 1 2014/08/16

c0011327_23234069.jpg

サマソニ初日、前日の疲れもあったのでゆったり出発し、会場到着はLas Vegasが始まったころ。
この巨大オブジェ、ヘッドホンの間を通ると音楽が聞こえます。
よく作りましたね、例年よりいい感じです。
この横のカフェでまずは恒例キリンビール飲んでのスタートです。

c0011327_23235025.jpg

BABY METALを初めて観ました。
曲も知らなければ話題だけと思ってた勢いでしたが、驚いたことにバンドメンバーのパフォーマンスのレベルが非常に高く、これで盛り上がるのかというのがわかりました。
女の子3人のフロントも効果的な「良く出来たバンドだな」という印象を強くもちました。
最後まで観たかったのですが、続くWHITE LIESを前で観たくて途中で抜け出しました。

c0011327_23235733.jpg

そして3月以来となるWHITE LIES。
最初は全然人がいなくて心配でしたが、結果そこそこになってたはず。
ハリーがヒゲをそってすっきりしていました。

c0011327_23241375.jpg

ライブはいつも通り安定感のあるパフォーマンス。
丁寧な対応をするバンドですね、やっぱり。
またすぐ日本に来たいというようなことでしたが、作品も合わせてどんどんお願いしたいところです。

c0011327_23243387.jpg

雨が振り出し結構な状況になって向かったマリンスタジアム。
ロバート・プラントは最初スタンドで観ることに。

c0011327_23252227.jpg

こんな状態から始まったのですが、1曲目がいきなり「Babe, I'm Gonna Leave You」ではありませんか!!
これにすっかりノックアウトされましたが、さすがロバート。
しかしなぜこれだけ歌えてLED ZEPPELINやらない!とは思いつつ、晴れ間が見えてきたので、いてもたってもいられずフロアを降りることに。

c0011327_23254158.jpg

会場に入り直す時に見えた虹。
そしてまさかという話ですが・・・

c0011327_23255471.jpg

MCではやけに間もなくリリースの新作の宣伝ばかりだったロバートですが、その中の曲をプレイしたところまさかの虹の歌じゃないですか!
あまりにタイミングよかろうと思いましたが、もってる人間というのはやはり違いますね。
最後にこれまた驚いた「Whole Lotta Love」!!
なんてことでしょうか・・・

c0011327_2326152.jpg

そしてARCTIC MONKEYS。
圧巻のステージでした。
実際、しばらくの期間、このバンドの方向にはやや疑問だったし、新作「AM」が出るまでそれほどの感じでしたが、新作が良かったのと、このパフォーマンスで圧倒されました。
デビューしたての頃からは大きく飛躍した風格とプレイヤビリティで、トリにふさわしいライブでした。

セットリスト追記します。

Do I Wanna Know?
Snap Out of It
Arabella
Brianstorm
Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair
Dancing Shoes
Crying Lightning
Knee Socks
My Propeller
I Bet You Look Good on the Dancefloor
Library Pictures
Old Yellow Bricks
Fireside
No. 1 Party Anthem
Why'd You Only Call Me When You're High?
Fluorescent Adolescent
505

-encore-
One for the Road
I Wanna Be Yours
R U Mine?

c0011327_23262654.jpg

余韻もそのままにすぐさまメッセに戻り、ちょっとでも観たかったPHOENIX。
入るなりメルシーとお礼を言っててさすがフレンチと思ったのですが、前回来日はまさかのBLURと被るということでチケット買っても行けなかったので、ちょっとでも行けて正解でした。
盛り上げまくるライブやりますよねぇ。
ライティングが面白い演出でしたが、やはり全部ちゃんと観たかったですが・・・

こうして初日は終了としましたが、ライブも充実していましたが、いつもながらの「ぼっちサマソニ」も楽しみながらレポートしてということであっという間でした。
明日はやはりTHE HORRORSが最大注目ですが、ソニックステージ中心で楽しみたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2014-08-16 23:42 | Comments(0)

SONICMANIA @幕張メッセ 2014/08/15

c0011327_22583929.jpg

SONICMANIAは今年も昨年のTHE STONE ROSESやPET SHOP BOYSという布陣から、KASABIANとKRAFTWERKというなかなかのメンツで実はサマソニより楽しみでした。
世間は夏休みシーズンなので仕事はマイペースでやれたことも大きく、在宅仕事から早めの幕張入りでこれが結果的に色々良いリズムを作れました。

c0011327_22584695.jpg

まずはKRAFTWERKと言えばの3Dメガネ。
前回ツアー来日ではアルバムごとのジャケットデザインのパッケージが目を引きましたが、今回はこれ。
もちろん大事に頂きました。
数量限定という話でしたが、どこまで配布したのでしょうかね?
凄まじく混んでたので行き届いたのが疑問でした。

c0011327_22585399.jpg

続けて会場に入り、事前情報で得ていたKASABIANのスカルお面。
グラストンベリー用に作ったのと同じということでしたのでこちらもゲット。
たかがお面なんですが、このバンドらしさがあって良いなと。

c0011327_2259127.jpg

最初にKRAFTWERKなんてどうしたものかという順序で、オープニングナンバーは「The Robots」。
前回来日で3回も観ているのでさすがにとは思いましたが、結局観ると「お〜〜〜」と言ってしまう、この演出。
音だけでなくここまで洗練されたステージはどのアーティストにもできるものではないですねぇ。

c0011327_2259669.jpg

ラルフが日本語で「坂本龍一の早い回復を祈ります」と伝えたあと、その坂本龍一が訳したと言われている日本語バージョンの「Radioactivity」がスタート。
エネルギー問題はいろいろな考えがありますが、一環してるバンドだなと思わされる曲です。
ちょうど終戦記念日というのもあってさらにという感じですが。

c0011327_22591486.jpg

続けてみたサカナクション。
これもいつもSONICMANIAで観てるような気がします。笑
こうしてDJのように横並びで見せる演出はツアーと同じですが、SONICMANIAらしいセットリストでした。

c0011327_22592621.jpg

そしてのKASABIAN。
ニューアルバムは想いっきりハウスのテイストを入れていることもあって、ラッドなイメージから変化を見せた前作から、作風に非常に幅が出ました。
そしてバリエーション豊かなその展開もトムとサージのコンビネーションは相変わらず良くて、盛り上がりました。
ニューアルバムのカラーであるピンクの映像とライティングもとてもステージ映えしてました。
単独でやっぱりまた観たいバンドです。

仕事の疲れも出たのかこれで結構燃え尽きまして、MOGWAIは諦めホテルに戻りました。
あっという間でしたが充実してました。
[PR]
by yo4san | 2014-08-16 23:20 | Comments(0)

夏フェスもまだありますが

c0011327_23262611.jpg
フジロックからまだ1週間しか経っていないのかと思うほどの、日常生活への戻りっぷりで、疲れもいつも通りな感じになりました。
荷物整理でフジロックとRSRでしか使わないレインウェアやトレッキングシューズなど手入れだけして、また来年に備えることに。
サマソニを前にして、予習もしきれないままというのはフジロックと同じになりそうですが、週末くらいは少しでもたまったCDを消化しての繰り返しを。
土曜にゴジラを観に行こうとしてて、何気にあれこれ検索していたらTHE LIBERTINESのヨーロッパツアーの前に、ロンドンでアレクサンドラ・パレスのみ3日間追加されていることがわかり、もともとUK拠点と思っていたので、プレミアリーグと被らない初日、3日目を追加オーダー。
これでロンドンで2回、ブリュッセル、アムステルダムと経由してロンドンでのTHE HORRORSで完結が基本シナリオとして秋のツアー構築をすることにしました。
まだ本当に行けるのかも怪しいですが、仕事の環境も変わりそうなので、そんな時には行っておかないとと感じています。
まさか同じバンドのツアーをここまで追いかけるとはというのもありますが、このバンドはもういつ観れるかわからなくなりますし、日本にはそうそう来れないと思うので、やはり後悔しないようにとは思ってます。

ここ数年はこの時期、松田直樹の命日である明日前後はJリーグでマツのユニフォームで試合に望むわけですが、W杯影響による変則日程や、予定の入らない週末ほどアウェイが続いていることもあって、当面試合を観れずに過ごすことになってしまいました。
あれから丸3年、あっという間だよなとも思いますが、時間と健康を大切にしないといけませんね。
[PR]
by yo4san | 2014-08-03 23:43 | Comments(0)