THE HOLY BIBLE

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

FAITH NO MORE / ANTEMASQUE @ STUDIO COAST 2015/02/18

c0011327_1031577.jpg

ジェラルド・ウェイを先に決めていたので、これも発表時に驚きつつも初日を諦めたFAITH NO MORE。
まさかこうして再結成を観れる日が来るとは思っていませんでした。
前日情報を調べず向かった雨の新木場。
あの THE MARS VOLTAを解散させたセドリック&オマーのANTEMASQUEと対バンというのも良くできた企画で、オープニングアクトは開場中にということだったので、到着がギリギリというかANTEMASQUEのスタートに到着したので見ていませんが、入って驚くスペースの潰し方。。
あのSTUDIO COASTをかなり狭く使っていまして、下のフロアだけに制限し両サイドを切っていたので、チケットは売れてなかったようで。。
とはいえ、ANTEMASQUEは初見でしたが、激しさとポップさが面白いバランスというか、このバンド色を出そうという意図も感じられ、終盤はあのめくるめくサウンド世界もありと、なかなかでした。

c0011327_1032310.jpg

そしてFAITH NO MORE。
マイク・パットンがデカく見えましたが(苦笑)、やはりこのバンドの多様性は非常にユニークで、サウンド的にも曲のアプローチ的にもなんでもありだなと。
最初からいきなり新曲に感じましたが、来月リリースと言われている新曲も入り、あとから見ると前日からセットリストも大きく変わっていて、マイクも昨日も来たオーディエンス確認したりというシーンもあって、そうした配慮も良かったです。
アンコール最初には巻上公一氏がステージに上がり共演。
Twitterでジョン・ゾーンつながりだそうで、こうした交友の広さもいかにもなキャリアです。
対バンの宿命で、両方とももうちょい聞きたい時間配分なんですが、お得だったと思うことに。

c0011327_10325872.jpg
FAITH NO MOREだとこのアルバムだよな、やっぱりという感じなんですが、ライブでは本当にバラエティさを感じられて良かったし、こういうライブパフォーマンスが良いアクトはぜひ今後もお願いしたいと思います。
ライブ後の帰り道は雨も上がり、この日はとても仕事でぐったりした日でもありましたので、こうした充電なくは乗り越えられない一週間でした。。

今日はこれからHOSTESS CLUB WEEKENDERです。
ゆっくり行きたいものの、ロンドンでBSPのオープニングアクトで見ていたEAST INDIA YOUTHが最初なので、これはフルで行くしかないかと。。頑張って起きて準備となりました。苦笑



Cone Of Shame
Epic
Ricochet
Get Out
Last Cup of Sorrow
Evidence
Midlife Crisis
Everything's Ruined
The Gentle Art of Making Enemies
Easy(Commodores cover)
Cuckoo for Caca
King for a Day
Ashes to Ashes
Superhero

-encore-
Spirit
Pristina
[PR]
by yo4san | 2015-02-21 10:48 | Comments(0)

GERARD WAY @赤坂BLITZ 2015/02/17

c0011327_23484857.jpg

今週も仕事はどうも。。という感じが続きましたが、ライブだけは譲れないということでのジェラルド・ウェイ。
マイケミの解散は非常に残念でしたが、ソロでの活動開始というライブです。
弱い雨の中赤坂に向かいました。

c0011327_23485446.jpg
このジャケットはやはり。。と思うジェラルドの体型ではありますが、アルバム同様のポップな展開で、もうピンクの髪ではないのねと思ったりしつつ、貫禄あるステージパフォーマンスであっという間に進行していきました。
当たり前なんでしょうけど、マイケミの曲はプレイしませんが、メリーチェインの「Shakedriver」がカバーでプレイされて本編終了。
サプライズはこのあとでした。
アンコールで出てきたジェラルドが、マイケミ解散に触れ、マイケミのライブがなくなり寂しいのが弟のマイキーとステージに上がれないことといった話から、マイキーが登場。
まさかマイケミを?と、一瞬気になりましたが、新曲として「Don’t Try」がプレイされて終了しました。

マイケミなしは潔かったし、曲はいくらでも作れるというくらいの感触なのかなと思うほど、非常にポジティブなスタートに感じます。
どうせならマイキーは一緒にやればいいのにねと。


The Bureau
Action Cat
Zero Zero
Millions
Juarez
Drugstore Perfume
Television All the Time(Stop Leaving)
Piano(Jam)
Brother(Jam)
Get The Gang Together
How It's Going To Be
Maya The Psychic
No Shows
Shakedriver(The Jesus And Mary Chain Cover)

-encore-
Don’t Try
[PR]
by yo4san | 2015-02-21 00:02 | Comments(0)

MOTLEY CRUE @ さいたまスーパーアリーナ 2015/02/14

c0011327_22111321.jpg

前日職場でバレンタインデー前日ということでいろいろいただいて恐縮して終えた13日の金曜日から一夜明け、仕事疲れから身体のだるさは残っていましたが、バレンタインデー開催となったMOTLEY CRUEのファイナルツアー。
実際活動が止まっていたりヴォーカルがジョン・コラビだった期間もあったりなので純粋に継続したキャリアではないのでしょうが、これでもう二度とリユニオンしない契約までしてのツアーだけに、トミー・リーのドラムが回転するのもこれが見納めと思って行ってきました。
当日券はでながらも最終的にはソールドアウトしたようで、新しいファンがそう多いとは思えませんが、やはりエンターテインメントとしてはまだまだ十分なアクトなんだろうと思いました。
アリーナでしたが、スタンディングなしということで、やや昔ながら感のある運営でオーディエンスの年齢配慮なのかなと思ったり。

c0011327_22111914.jpg
撮影禁止なので撮れませんでしたが、ステージからセンターにあるサブステージまで伸びる照明のレールがあって、まさかこれドラムが動くには長すぎだし無駄に傾斜してるし無いよなと思いきや・・・そこはさすがこのバンド。
トミーのソロパートでは途中まで上昇を続けまた戻るという面白演出でした。。
なぜあんな中途半端なポジションで終わりにしたのかよくわかりませんが、前回来日は横に回転したドラムキットも、今回は回転は無く上にせり出ていく形で。
セットリストは往年の名曲ばかりなので、古いファンこそ楽しめる内容だったと思います。
とりわけこのバンドの超名作であるこのアルバムからは盛り上がる曲ばかりでした。
もう見れないと思うと寂しさも残りますが、ロックショウたるものこういうものみたいなポリシーを見せつけられました。
ニッキー・シックスはバンドやってて、トミーはスマパンでもドラムやったりしていますが、今後それぞれの活躍を祈りましょう。
ヴィンスだけ体型変化に勝てなかったのが最後の残念といえば残念かな。。苦笑

Saints of Los Angeles
Wild Side
Primal Scream
Same Ol' Situation (S.O.S.)
Looks That Kill
On With the Show
Too Fast for Love
Smokin' in the Boys' Room
Mutherfucker of the Year
Anarchy in the U.K.
T.N.T. (Terror 'N Tinseltown)
Dr. Feelgood
In the Beginning
Shout at the Devil
Don't Go Away Mad (Just Go Away)
Drum Solo
Guitar Solo
Live Wire
Too Young to Fall in Love
Girls, Girls, Girls
Kickstart My Heart

-encore-
Home Sweet Home
[PR]
by yo4san | 2015-02-15 22:28 | Comments(0)

BANKS @ LIQUIDROOM 2015/02/12

c0011327_23373640.jpg

今週は木曜にBANKSを見にリキッドルームへ。
サマソニで観れなかったアーティストで、デビューアルバムがなかなかのインパクトを持ってただけに、楽しみにしていたのですが、この日は仕事が本当に散々で、部下の後始末に奔走する合間に行ってきたという状況でした。
Key&Gとドラムの二人をバックに、黒い独特のカットのジャケットを着たジリアンが登場。
想像以上に声の音色が変化させられる自由度を感じました。
表現力が高く、声を使いこなしているというか。
見た目も良いアーティストだけにかなり暗めの照明がもうちょっと見たいと思わせるのか、ステージから目が離せません。笑
曲間に静かな会場を何度も気にしていましたが、それだけ聴き入ってた日本人特有のリアクションなので、そんなに心配しなくてもとは思いましたが、終盤は声援も大きくなり初の単独公演も盛り上がった1時間でした。

c0011327_2337414.jpg
ライブでもその歌唱力は見せつけることになりましたが、ここ最近印象に残る女性ヴォーカルが多いですね。
中でもこの作品は昨年リリースの中でも目立ったものだと思います。
もっと聴きたかったものの、まだデビューしてこれしかありませんから、それもやむなし。
ぜひ新作、そしてまた来てもらいたいアーティストになりました。
このあと渋谷のオフィスに戻って仕事となりましたが、こういう状況でもライブは確保できるだけ幸せなのか、もうちょっとなんとかしないといけないのか、悩ましい問題です。。


ALIBI
THIS IS WHAT IT FEELS LIKE
BRAIN
GODDESS
FUCK 'EM
CHANGE
FALL OVER / WARM WATER
AND I DROVE
BEDROOM WALL
DROWNING
WAITING GAME
BEGGIN FOR THREAD

-encore-
STICK
[PR]
by yo4san | 2015-02-14 23:48 | Comments(0)

ここからまた始まる

c0011327_20554451.jpg
この週末はなかなか身体が重いままの状態で、結果出かけることなく自宅で過ごすことにしました。
人を使うというつもりは無いまでも、自分では当たり前と思って生きてきた「自分のことは自分で決める」というのが、大企業にいるとそうでもないことを毎日目の当たりにするのも、まだ慣れない今日この頃。
もういい加減諦めたほうが自分が楽になるなとはわかっているのですが、なかなか割り切れないものです。
そういったストレスを自分から抱えたのがこの数年で、いろいろアプローチは変えてきたものの、これで良しとはならないから難しいものです。
ここ最近のリリースでは思い入れの強い、THE CHARLATANSのニューアルバム。
届いてすぐ聴こうと開封したらまず目に入る「This album is dedicated to Jon Brookes」というメッセージ。
ジョンの死後作られた最初のアルバムになるわけですが、ドラムはピート・サリスベリー、スティーブン・モリスなどが参加してとなっていますが、このバンドの特色とも言えるグルーヴ、ハモンドオルガン、サイケそんな要素がいかんなく詰め込まれ、とてもエモーショナルな作品になっていて、二度のメンバーの死を乗り越えてきたこのバンドのファンには特別な作品になるのではないでしょうか。
オフィシャルサイトで注文したことで、メンバーのサインが4人分入っていて、ラッキーではありましたが、なんとなく寂しくも思える、とても複雑な気持ちでこれを楽しんでいます。
来月には久しぶりの来日。
そう前作のツアーは病気によって入院から、社会復帰直後のリキッドでした。
あの時すでにジョンは手術からの療養という時期だったと思いますが、そうして今を迎え、自分はあれからどうだっただろうか、これからどうしていこうか、そんなことも考えながら週末を過ごしました。
来月の来日が楽しみです。
[PR]
by yo4san | 2015-02-08 21:14 | Comments(0)

2月に入りこれからのことで

c0011327_19302250.jpg
なにやら体調も相変わらずよくならないまま、それに引きずられてはいないつもりでも、どこか気分的にも上がらない状態が続いた一週間となり、結構楽しみだったはずのトリコロールフェスタも好天にも関わらず、身体が重く見送り、今日は引っ張りすぎた厄除けに川崎大師に行ってきましたが、基本的には引きこもりの週末はここ最近の傾向通りです。
最近は自分のここ数年のチャレンジを嫌でも振り返らずにはいられないし、なぜかこの半年、やたらと仕事では独立を勧められることが多い状況にも、どうにも向き合いきれずにいる無駄な慌ただしさと、折り合いがイマイチついていないストレスがこの状況を生んでいるんだとは思います。
もうちょっとゆったり時間を使えれば、もうちょっと音楽に時間を使えれば、そういうのが今必要な時だなと。
11月後半から12月の壮絶な体調不良時期よりはマシにはなってるので、ペースを作るところからですね。
6月のMANICSのタイミングで連日にはなりますが、FIELD DAYのチケットを確保し、RIDEあたりを見ることにしたり、BRITISH SEA POWERのライブを入れたりで、夏前のUKを楽しみににしていたところ、FUJI ROCKにはFOO FIGHTERSとMUSE出演の知らせが入り、そうしたところから予定を決められるのは良いなと思っています。
最近は予約しようと思っていながらうっかり忘れるミスが連発していて困っていますが、今月は前回丸ごとキャンセルになったHOSTESS CLUB WEEKENDERがあります。
BELLE & SEBASTIANはニューアルバムで驚きのディスコサウンド傾向を見せ、かなり意表を突かれたのですが、これも不思議とアリに聴こえるものでして、ライブが今から楽しみです。
TEMPLESも出るし、EAST INDIA YOUTHも出るし、いつも通り一人で行くこと以外は楽しみなイベントですね。
新木場だと合間の時間の使い方が一人だと苦労しますので、そこだけなんとかなればなと思うのですが、それもないものねだりですね。。
[PR]
by yo4san | 2015-02-01 19:59 | Comments(0)