THE HOLY BIBLE

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

PAUL McCARTNEY @ 東京ドーム 2015/04/27

c0011327_083921.jpg

昨年残念だった国立最後になるはずだったポール・マッカートニー公演ですが、こうして再び来日し、元気なパフォーマンスが観れたことがまず最高でした。
場所は結局東京ドームになってしまいましたが、このアーティストに限っては音の悪さを忘れてしまうほどです。
開演が券面では18:30ということで、いつもライブに行くよりかなり慌てて出たわけですが、結果19時まわっての開演。

c0011327_08449.jpg

S席といってもこうして1塁側スタンドということでポールも豆粒でしたが、オープニングから「Magical Mystery Tour」ではないですか。。
今回の来日もこれでもかというほどの曲数、ビートルズソングとなるわけですが、それでもあっという間。
本当にもっとずっと聴いていたい信じられない空間でした。
とにかく曲がいつの時代か関係なく現役感があるし、本当に代わりのきかない存在というのがよくわかります。

c0011327_084914.jpg
ドーム最終日ではこのゲーム音楽になったシングルもプレイされまして、まだ曲もでそうだし、また来るといっていたのも、社交辞令ではなさそうだという感じすらありました。
本当に高齢で次はと心配になるわけですが、ぜひまた観たいと強く思います。
いつもながら値段にビビってドーム最終日だけにしましたが、全部観ても良かったな、やっぱり。。


Magical Mystery Tour (The Beatles song)
Save Us
Can't Buy Me Love (The Beatles song)
Listen to What the Man Said (Wings song)
Let Me Roll It (Wings song)
Paperback Writer (The Beatles song)
My Valentine
Nineteen Hundred and Eighty-Five (Wings song)
The Long and Winding Road (The Beatles song)
Maybe I'm Amazed
I've Just Seen a Face (The Beatles song)
We Can Work It Out (The Beatles song)
Another Day
Hope for the Future
And I Love Her (The Beatles song)
Blackbird (The Beatles song)
Here Today
New
Queenie Eye
Lady Madonna (The Beatles song)
All Together Now (The Beatles song)
Lovely Rita (The Beatles song)
Eleanor Rigby (The Beatles song)
Being for the Benefit of Mr. Kite! (The Beatles song)
Something (The Beatles song)
Ob-La-Di, Ob-La-Da (The Beatles song)
Band on the Run (Wings song)
Back in the U.S.S.R. (The Beatles song)
Let It Be (The Beatles song)
Live and Let Die (Wings song)
Hey Jude (The Beatles song)

-encore1-
Day Tripper (The Beatles song)
Hi, Hi, Hi (Wings song)
I Saw Her Standing There (The Beatles song)

-encore2-
Yesterday (The Beatles song)
Helter Skelter (The Beatles song)
Golden Slumbers (The Beatles song)
Carry That Weight (The Beatles song)
The End (The Beatles song)
[PR]
by yo4san | 2015-04-30 00:24 | Comments(0)

本当に待っていたキャプテンの復帰。

c0011327_22405874.jpg

続けて土曜の湘南戦。
ついに俊輔が今期リーグでは初めてのベンチ入りとなりました。
負けはしましたが、水曜のナビスコにも出場していたので、本当に高まる予感が、日産スタジアムを包んでいました。
この人がいないとやはりマリノスはとみんなが感じている待ち焦がれた復帰です。

c0011327_22411178.jpg

悟空が前節に続き登場。
よく見たら劇場版フリーザも再登場。
映画が公開なんですね、しかも鳥山明さん原作脚本で。

c0011327_22412172.jpg

序盤は俊輔もラフィーニャもなしの布陣。
アデミウソンは中盤のアタッカーになりワントップに伊藤翔。

c0011327_22413021.jpg

前半9分にアデミウソンがついにリーグ初得点。
もっと早くと思ってはいましたが、これできっかけになるのではと予感。
ただ湘南が比較的消極的な入りだったので良いタイミングに取れたなと。

c0011327_22413812.jpg

後半に伊藤翔に代わって今期リーグ初出場となるラフィーニャ投入。
このあと、富澤が兵藤と代わってフォーメーションが4-4-2となって苦労が始まりました。

c0011327_22414951.jpg

デフェンシブな富澤がセンターで、アデミウソンがトップに入ったことで、中盤の構成力が落ち、キープすらままならず、ラフィーニャとアデミウソンが棒立ちのシーンが続いたりと、ひどい時間帯があって、湘南に随分攻められながらもアデミウソンがこうして惜しいシュート。

c0011327_2242032.jpg

そしてその時が来たという俊輔がアデミウソンとの交代。
俊輔はFWポジションより自由に中盤を動くトップ下に近くいて、ここからまた活性化しました。

c0011327_2242830.jpg

俊輔がいるだけで何かが起こりそうな予感たくさん。
ボールロストが少ないことで、やはり起点となりやすいのです。
周囲の動きが変わる存在感というのは本当にすごい。

c0011327_22421714.jpg

今シーズン無得点だった学もなんどもチャンスを外しながら、ようやくゴール。
ここまで長かった。
決め続けさえすれば代表も十分あるので頑張ってもらいたい。

c0011327_22422655.jpg

そしてそのまま終わるかなと思ったロスタイム4分に入っての富澤がゴール。
思いがけず快勝でスタジアム大盛り上がりです。

c0011327_2242354.jpg

まだまだトップフォームには遠いながら、俊輔とラフィーニャの復帰は大きく、藤本は控えに甘んじているところからも、その代えはきかないキャプテンです。
今シーズンは短期ながら、そこまで悪いポジションにはなっていないので、これからのGW過密日程を勝ち続けてほしいです。

c0011327_22424885.jpg
しばらく前に出ていながらそういえば書いてなかったなと思ったIDLEWILDのニューアルバム。
メンバーチェンジもありながら、その作風はこのバンドが好きな人であれば間違いなく支持される仕上がりで、嬉しい帰還となりました。
来日も全然ないバンドなので、どうにか・・・と思うのですが、このバンドはデビューアルバム前にレディングフェスに出てたのが本当に印象的で、「Captain」というEPとタイトルトラックがとても鮮烈でした。ずっと応援しているバンドの一つですが、これからも期待できますね。

ここしばらく検討を続けていた引越しが概ね決まりそうな気配になり、決まったら決まったで住み慣れた二子玉から離れるのは寂しくもありますが、今は環境を変えることも必要だなと思い、そうした節目も自分で作るが良いかなと思っています。
慌ただしさはしばらく続きますが、GWをうまく利用し対処していこうと思います。
[PR]
by yo4san | 2015-04-26 23:05 | Comments(0)

PEACE @ SHIBUYA CLUB QUATTRO 2015/04/22

c0011327_2283482.jpg

最近週末しか更新できずで・・・
水曜に行ってきましたPEACEの単独です。
デビュー時にかなり鳴り物入りでしたし、サマソニ出たりもすでにしていて、1stの来日ではまだザッケローニ時代の日本代表戦と被って見れずというのもありましたが、2ndアルバムリリースに伴うツアーとして、どうキャリアを積んできたかが注目されるところ。
オープニングアクトのBLOSSOMSがなかなかカッコよくて、若さそのままの感じも好感もち、PEACEへと。

c0011327_2284062.jpg

序盤は1stの曲が続きましたが、驚くほどバンドのパフォーマンスに安定感が出ています。
数も相当こなしたんだろうなと思いますが、まとまりも出ているのが2ndの拡散につながった、プレイヤビリティの向上がわかりやすく感じられました。
途中マンチェスターシティの会話になったりしましたが、良いバンドが定期的に登場する土地柄です。笑

c0011327_228466.jpg
このアルバムは大きく幅を広げた意欲作というと、だいたいの場合無理やり試行錯誤で、結果的に1st最高みたいなこと言われやすいバンドも多いなか、しっかり地に足のついた拡散ぶりというか、表現力の向上が先にあるというのがライブパフォーマンスにも大きくつながっている理由と感じる作品です。
ここ最近は結構はまって回数も聴いていて珍しく予習としてもバッチリでよかったです。
こういう広がりは自作以降も楽しみになりますし、また観たいなと強く思わせるライブでした。
最後に、セットリストに書いたものの、目が悪くて見えないらしく、剥がして読み上げていた日本語でのメッセージにも、ファンへの温かい気持ちを感じましたね。



Follow Baby
Higher Than the Sun
Happy People
California Daze
Money
Gen Strange
1998 (Delicious) (Binary Finary cover)
Lost On Me
Perfect Skin
Float Forever
I'm a Girl
Lovesick
Wraith

-encore-
Bloodshake
Someday
World Pleasure
[PR]
by yo4san | 2015-04-26 22:22 | Comments(0)

NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS @ 日本武道館 2015/04/15

c0011327_21282284.jpg

更新遅れましたが、ノエルの武道館公演を。
チケットの発券が結構近くなってからだったので、ギリギリまで席配置が決まってなかったのではと思っていたのですが、ソールドアウトしたのを受け翌日も追加公演、そしてFUJI ROCKへの出演もアナウンスということになっていましたが、初日のほうを。
一緒に行った職場のメンバーと話をしていたら、確かにここ数年でのソロ来日は結構多くて、OASISでのペースを上回っていると。
私はあのデーモンとグレアム、ポール・ウェラーとの共演も見ていたのでさらにですが、アルバムも2枚目となり、規模も武道館とはさすがのノエルです。

c0011327_2128286.jpg

ニューアルバムの楽曲が多めだったセットリストなので、新鮮なはずも、パフォーマンスとしてはさすがの安定感で、ここまで馴染みがあると驚きというのとは違うライブだったりもします。
サビをオーディエンスに預ける「Don't Look Back In Anger」で、お約束の大合唱にはなるんですが、もっとノエルの声を聞きたいと思うのは私だけではないはず。
最後のほうはサビを歌っていたのでまぁ良しなんですが。。
アンコールで最後にプレイされたのは「The Masterplan」でした。
これはさすがに「おぉ」というリアクションでした。笑
「Digsy's Dinner」もかなり珍しいか、そういえば。。

c0011327_21283595.jpg
ソロでの2ndは完成度が高く、この人の必殺技連発という作りなので、OASISさえ追い求めなければ相変わらずソングライティングのセンスは圧倒的です。
そしてリアムが歌えばといった想像をさせるものもないくらいになってきたような。
FUJI ROCKでまたということでインターバルもあまりないのですが、楽しみに待ちましょう。



Do the Damage
(Stranded On) The Wrong Beach
Everybody's on the Run
Fade Away (Oasis cover)
In the Heat of the Moment
Lock All the Doors
Riverman
The Death of You and Me
You Know We Can't Go Back
Champagne Supernova (Oasis cover)
Ballad of the Mighty I
Dream On
The Dying of the Light
The Mexican
AKA... Broken Arrow
Digsy's Dinner (Oasis cover)
Don't Look Back in Anger (Oasis cover)

-encore-
If I Had a Gun...
AKA... What a Life!
The Masterplan (Oasis cover)


週末は引っ越し検討に使っていますが、なかなか探す時期が悪くまだまだかかりそうです。
焦らずいこうかと。
マリノスは残念な逆転負けでしたが、アーセナルは今年もFAカップはついにファイナルへ進出。
リーグも大詰め頑張ってもらいましょう。
[PR]
by yo4san | 2015-04-19 21:46 | Comments(0)

久しぶりにアクティブな週末

c0011327_0541111.jpg

開幕戦以来の日産スタジアム。
今年は序盤が三ツ沢続きだったので不思議な感じで久しぶりも新横浜です。
なぜか映画の宣伝スポンサーということで悟空とベジータが登場。。

c0011327_0542294.jpg

相変わらず俊輔不在のマリノスですが、前半はディフェンスを固めながらの、隙を見ては攻撃という展開はまずまずでした。
アデミウソンの突破からゴールに突進した兵藤は残念ながら決められず。
仙台GKはマリノスにいた六反です。。

c0011327_0543292.jpg

三門もこの位置からでしたが外れて残念と。
攻撃はしていたのですが、どうも淡白というかフィニッシュが弱いというか。

c0011327_0544172.jpg

後半入ってやられました。
ファビオのクリアが非常に中途半端で相手に当たりクロスをつなげられダイレクトボレーで失点。
こういう流れはなかなか断ち切れないもので、嫌な予感がしていました。
そこからFWに伊藤翔、矢島を入れ、勇蔵を下げての3バックへ。
かなり攻撃機会は作りましたが、それもなかなかと。。

c0011327_0545085.jpg

アディショナルタイムに入り諦めかけた時、ファビオのミドルが突き刺さりました。
まるで勝ったような大騒ぎです。

c0011327_0545913.jpg

結果ドローでしたが、俊輔不在で先制されても追いつき勝ち点を取れたというのは収穫かもしれません。
もうちょっと攻撃のバリエーションを作らないと厳しいですね。
藤本は結局ベンチのままというのも中盤の苦しさを表しています。

c0011327_055717.jpg
この土日は外出を多くし、映画「バードマン」もみてきました。
あまりにも素晴らしい作品に本当に感動というか驚嘆の内容でした。
今の自分とここまで近しい気持ちを感じさせる内容にも驚きました。
こういう作品が突如出てくるから止められないというものです。
そして引っ越し検討を開始してみたり、買い物行ったりとアクティブにしてみましたが、そういうのが必要な時期かなと思っています。
若さは取り戻せませんが、こちらは若さ全開のCIRCA WAVESのデビューアルバム。
昨年何度もみたバンドですし、曲はかなりポップかつキャッチーなので、すでに耳馴染みがあるのが凄いのですが、リヴァプール出身のこのバンド、最近ここまでポップに寄せたバンドもないだけに、今後に期待しています。

アーセナルはバーンリーに内容イマイチながら勝利しましたが、チェルシーもなかなかしぶとく、この時期にまだタイトルの可能性を残しているのが嬉しいので、ぜひFAカップはレディングに余裕で勝ってもらい、チェルシーとの直接対決がどうなるかですね。ジエゴ・コスタのいないうちにとはいいませんが。。
[PR]
by yo4san | 2015-04-13 01:07 | Comments(0)

代表戦でマイルが貯まるってイイね。

c0011327_18541797.jpg

こちらも更新遅れましたが、ついにハリルホジッチ就任後最初の関東開催となった日本代表戦となるウズベキスタン戦。
いつものキリンがスポンサーではなくJALだったチャレンジカップです。
そして国立が使えない今となっては埼玉か新横浜しかないと思っていたらの東京スタジアム。
こうしてサムライブルーにライティングされた会場へ、行きは近く感じましたので何よりと。

c0011327_18542620.jpg

相手がウズベキスタンだったので引いている相手をどう崩すかが課題となるかと思いきや、試合も落ち着かない序盤にスタメンに入った青山が豪快なミドルボレーで先制。
その後も守りようのないウズベキスタンは攻撃もイマイチ、ボールへのプレッシャーもイマイチで、正直弱かったという話なんですが、きっと時期がら怪我しないようにフィジカルコンタクトを控えたのではという推察です。
割とスペースを作れる展開だったので、安心して観ていられた試合でしたが、海外組のコンディションは岡崎の気迫あふれる利き足頭での活躍以外はそうでもなかったという感触。

c0011327_18543438.jpg

目立ったのは後半入ってからとなった宇佐美、そしてニュースにもかなり出ましたが、ロングで決めた柴崎岳だったと思います。
太田のクロスの精度も素晴らしい見せ場がありましたが、ウズベキスタンのプレッシャーは強くなかったので、あれが本気できているチームだとどうだったのだろうかと。
チーム全体として縦への突破は意識されていて、非常に攻撃姿勢が強く見えましたが、ディフェンスのラインは比較的深い位置で奪う下がり気味なポジションで、カウンターに入るにもかなり距離を作っていたのではという感覚。
CBは吉田ではなく、森重と藤春が良いのではと思っていますが、ミスしないよう慎重に対応することで、ちょっと入り込ませすぎたのではと。
CKの流れからの失点シーンがいまひとつ集中を欠いていましたが、全体的には良い勝利内容だったと思います。
宇佐美のコンディションの良さはなかなかだなとも思いましたし。
あとはマリノスの選手も入れるよう頑張ってくれと。。

c0011327_18543917.jpg
行きは良かった東京スタジアムでしたが、帰りはアクセスというか交通手段の少ない環境からかなり時間がかかったし大混雑だったのでストレスが溜まりましたが、試合は攻撃的で良かったので、気分よく帰れました。
そしてついに発売となったTHE PRODIGYのニューアルバムも超攻撃的でハマる作品でした。
もともとデジタルの手法を用いたパンクロックバンドと解釈している昨今、確実に期待に応える内容になっていると思います。
5月にUKツアーがあって行きたかったものですが、6月に行くのにさすがに。。ということで諦めましたが、夏にSONICMANIAでの来日はとても楽しみです。
今回もキースがヴォーカルの曲が走っていて、気合入れたい時にいいサウンドです。
こうしたアグレッションは自分の性格からは自然には出てこないので、音楽に求めてしまうのかもと思うところです。
今週末はアーセナルはリヴァプールに完勝、マリノスもどうにか柏に逆転勝ち、コンサドーレはドローでしたが、良い戦績になりまして、4月最初の週末で新年度スタートは好調に行きたいなと思いました。
[PR]
by yo4san | 2015-04-05 19:15 | Comments(0)

FALL OUT BOY @ STUDIO COAST 2015/03/30

c0011327_13202671.jpg

更新遅れましたが、PUNKSPRINGで来日していたFALL OUT BOYの単独行ってきました。
NEW POLITICSがオープニングアクトでしたが、オフィスを出るのが遅れて最後の一曲に到着の時間でした。
ソールドアウトしていたのはしってましたが、この時点でかなりの盛り上がりかつ、大混雑に新木場のフロアへ降りる階段は空けるせいでまさにすし詰めの状態でした。
辛うじてステージは見えるポジションにはいけましたが、毎回客の入りが良くなっているような。。

c0011327_13203912.jpg

ライブはもう最初から盛り上がりがすごくて、うっかりするとJ-POPバンドかと思うほどの観客のエンゲージメントの高さか、ノリが海外のロックバンドのライブじゃないような雰囲気。
しかもなんですが、このバンドは女性ファンがどんどん増加しているような感じで、歓声もあまり太くない。
いつからこんなアイドルっぽかったっけなと思ったものですが、結局のところ一緒に楽しんだもの勝ちみたいな。

c0011327_1320466.jpg
個人的考察ではこのバンドの周辺環境は、マイケミの解散の受け皿になってるのではというものなんですが、いわゆる当時からのエモといったくくりより、どんどん王道ロックに進む感じといい、キャッチーな作風がそういうウケを呼んでいるのであれば、終演後にMOTLEY CRUEの「Home Sweet Home」が場内に流れるのもエンターテインメントとして頷けるという感覚でした。
ニューアルバムもノリが重要だよな、やっぱりと思う作りだったりで、その遠慮ない感じが受け入れやすさになっているのかなと。
疲れの残る年度末にとても爽快な気分にさせてもらい、ぜひまた来てもらいたいなと思いました。苦笑



The Phoenix
I Slept with Someone in Fall Out Boy and All I Got Was This Stupid Song Written About Me
Irresistible
Thriller
A Little Less Sixteen Candles, a Little More "Touch Me"
Sugar, We're Goin Down
Alone Together
This Ain't a Scene, It's an Arms Race
The Kids Aren't Alright
Immortals
Dance, Dance
American Beauty/American Psycho
Grand Theft Autumn/Where Is Your Boy
Uma Thurman
I Don't Care
My Songs Know What You Did in the Dark (Light Em Up)
Centuries
Thnks fr th Mmrs
Saturday
[PR]
by yo4san | 2015-04-05 13:32 | Comments(0)