THE HOLY BIBLE

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

FUJI ROCK FESTIVAL '15 Day 3 2015/07/26

c0011327_22561387.jpg

FUJI ROCK最終日も快晴でした。
日焼けのダメージが余韻でありましたが、暑い日となると体力勝負になりまして、もともとTHE BOHICASを観ようと思っていたのですが、ホテルで27時間テレビとかみながらゴロゴロしているといつの間にか寝落ちしていまして、起きてすぐ向かったらJOHNNY MARRのタイミングでした。。

c0011327_2258395.jpg

振り返りとしてはTHE SMITHSの曲が多くあって、これだけでも悶絶なのですが、THE ELECTRONICの曲もということでグッときたファンが多いのではと思います。
ジョニーのヴォーカルでのTHE SMITHSに全然違和感なく、モリッシーが歌えばなぁという気持ちには不思議となりませんでしたねぇ。
近くにいた年配ファンはそれはもう盛り上がりっぱなしでした。

セットリストは、

The Right Thing Right
Stop Me If You Think You've Heard This One Before (The Smiths song)
Easy Money
Back in the Box
New Town Velocity
Generate! Generate!
Bigmouth Strikes Again (The Smiths song)
Spiral Cities
There Is a Light That Never Goes Out (The Smiths song)
Getting Away with It (Electronic song)
I Feel You (Depeche Mode cover)
How Soon Is Now? (The Smiths song)


c0011327_22581782.jpg

そのままグリーンでこれも超久しぶりに椎名林檎。
「罪と罰」なんてあまりに懐かしい名曲を序盤から聴けて「お〜」っと唸りましたし、サッカーW杯ソング「NIPPON」のシーンでギターを鳴らすのもさまになっています。
基本序盤はかわいめな演出、このギターを境に大人めな演出でして、衣装の早替えがあって次の写真のように。

c0011327_22582983.jpg

かなり大胆な露出ですが、キャラが確立していて、本当にはまってますね。
いろいろ理由もあってなかなか観るチャンスが限られていて、夜中業界関係者の方と飲んでいた時に、RSRの1回めにピアノ語り弾きしたよねという話題で盛り上がりました。

セットリストは、

丸の内サディスティック
静かなる逆襲
罪と罰
迷彩
走れゎナンバー
神様、仏様
幸先坂
NIPPON
青春の瞬き
能動的三分間
長く短い祭
密偵物語
殺し屋危機一髪
カリソメ乙女

c0011327_22583967.jpg

そして個人的にクライマックスだったRIDE。
ロンドンで買ったTシャツでの前方ブロックでしたが、ロンドンよりステージは遠くなった分、正面からみれるポジションにしました。

c0011327_22585148.jpg

アンディのTシャツがかなり難易度高めなデザインでしたが、このツインヴォーカルがハーモニーとして引き込まれます。
キラキラしたサウンドも本当に感動です。

c0011327_2259363.jpg

シューゲイザーだからという言い方していた若者がいましたが、最期のmbv的にいうノイズピットは音圧勝負よりも音数の多さでしょうか。
まばゆい時間が終わっていきました。。


Leave Them All Behind
Like a Daydream
Polar Bear
Seagull
Sennen
Chelsea Girl
Chrome Waves
Black Nite Crash
OX4
Time of Her Time
Dreams Burn Down
Taste
Vapour Trail
Drive Blind

c0011327_22591343.jpg

ちょっと予定変更があって一度ホテルに戻ってとんぼ返りでのノエル。
ただひたすら黙々と歩きなんとか間に合わせましてできるだけ前の方に。
さすがに前2日間ほど混んでなかったように思いますが、ツアーファイナルだったらしくOASISソングのオンパレードでした。

c0011327_22592591.jpg

やはり「Whatever」が日本人にはグッとくるという意図で入れてきたみたいですが、次なる作品も安定感あるんだろうなと期待する感じでしょうね。
初日FFのデイヴ・グロールがノエルに「Dave said Hi」と言えという練習までさせられた件で、ノエルから「デイヴ・グロールって誰だ?日本人か?」というこれまたいかにもな返しもありました。笑

セットリストは、

Everybody's on the Run
Lock All the Doors
In the Heat of the Moment
Fade Away (Oasis cover)
Riverman
The Death of You and Me
You Know We Can't Go Back
Champagne Supernova (Oasis cover)
Dream On
Talk Tonight (Oasis cover)
Whatever (Oasis cover)
The Mexican
If I Had a Gun...
Digsy's Dinner (Oasis cover)
Half the World Away (Oasis cover)
The Masterplan (Oasis cover)
AKA... What a Life!
Don't Look Back in Anger (Oasis cover)

c0011327_2259368.jpg

そこからいつもなら帰ってたところですが、電撃ネットワークを観て、そのまま女王蜂を観ました。
以前JSBXの前座で観たことありましたが、音楽はずいぶん変化したように感じまして、ポップ路線に行ってるんですかね。
そこから実は岩盤で職場の後輩に遭遇したり、関係者の方達と3時まで裏で飲んだりで、最終日が一番長時間楽しみましたが、今年のフジロック、雨も降らずに、無事終了となりました。
今日は午前に帰宅して午後から仕事だったのでハードではありましたが、充実したフジロックとなりました。
来年もメンツ次第ではありますが、チャンスがあればぜひと思っています。
[PR]
by yo4san | 2015-07-27 23:22 | Comments(0)

FUJI ROCK FESTIVAL '15 Day 2 2015/07/25

c0011327_8261966.jpg

FUJI ROCK二日目。
前日の日焼けも結構なダメージでしたが、朝から晴れていまして、さらに昼間に躊躇してしまい、会場入りはゲスの極み乙女。からの安全策をとりました。
レッドマーキーは相当な混雑で入りきれずちょっと外から聴いて、そこそこ知ってる曲を聴けたのでホワイトへ移動。
TWENTY ONE PILOTSがまだやってたのですが、こちらもかなり混んでて驚いただけでは終わらず、ヴォーカルが車両のルーフに乗って歌っているではありませんか!
音楽は非常に幅広だと思うのですが、ノーマークで驚いたアーティストでした。
入れ替わりで最前列に入り、ついに復活のSUPER FURRY ANIMALSです。
グリフのソロは何度も間に見ているし会ったりもしていましたが、やはりSFAで再開となると盛り上がってしまいます。
真夏にニットキャップで驚くグリフですが、白いつなぎで登場のバンドメンバー。

c0011327_8263037.jpg

このマスクというと、なんとなく「The Man Don't Give A Fuck」の時かなとか思うのですが、最初の「
Slow Life」から被り始め、得意の「拍手」でファンの期待に応えるオープニング。

c0011327_8264255.jpg

そして歌えないと思いきやマイクを当てたのはここでしたという。笑

c0011327_8265498.jpg

ピート・ファウラーのデザインギターで序盤。

c0011327_827758.jpg

どういうわけかスナック菓子を食べる曲中。

c0011327_8272086.jpg

このバンドがいつも楽しそうで良いなと思うのがこういう瞬間。
演出手法は違いますが、THE FLAMING LIPSもこうした楽しもう感覚があって、それがファンに届くとおもいます。
自分も一緒にギター持ってやりたくなるシーンです。

c0011327_8274052.jpg

「The Man Don't Give A Fuck」が始まり、もう終わりかと寂しくなりながら、割とあっさりステージからはけまして、キアンだけステージに残りアウトロへと入ったのですが、それで終わるわけもなく、こうして衣装替えして再登場。

c0011327_828099.jpg

あっという間だったのですが、アルバムも作ってまた来て欲しいですね、こういうバンドはぜひ。。

セットリストは、

Slow Life
(Drawing) Rings Around The World
Hello Sunshine
Pan Ddaw'r Wawr
Run! Christian, Run!
Juxtapozed With U
Something 4 the Weekend
Golden Retriever
Receptacle For The Respectable
Ice Hockey Hair
The Man Don't Give a Fuck

c0011327_8281459.jpg

グリーンに移動して始まったdedmau5へ。
ずっと晴れてて夜空はこんな感じです。
MUSEを考えるとMONDAYS行くと前行けないなと断念しそのままグリーンに。

c0011327_8284251.jpg

そして超混雑の中スタートしたMUSE。
周囲はアメリカ人軍団、タイ人、中国人、オーストラリア人の凄まじい外国トークに囲まれていて、日本にいるのを忘れる場所でしたが、序盤から熱く飛ばすセットリストでした。

c0011327_8285643.jpg

盛り上がり方が尋常じゃなく、散々周りと身体がぶつかりながらで、あちこち痛みを抱えながらのマシュー。苦笑
近くをキープするためには耐えながらと・・・
「Plug In Baby」の時は日焼けの痛みも合わさり腕がおかしくなるのではと覚悟したくらいで。。

c0011327_82984.jpg

クリスは身体がビルドアップされた印象でしたが、ドムも一緒にどうにか寄りでと撮った限界写真。

c0011327_8292144.jpg

今回ステージセットとしてはロボットも出ないし、映像のみのシンプルなものでしたが、新作もそうですがシンプルにバンドらしさを出すだけで十分なスケール感。たしか「Mercy」の時だと思うのですが、紙吹雪の大盤振る舞いをその前に放出されたバルーンとともに。

c0011327_8294091.jpg

クリスのハーモニカでこれはの流れで「Knights of Cydonia」の予感。

c0011327_8295436.jpg

途中周囲は疲れたのか最初ほどの勢いがないオーディエンスでしたが、際後にまたあげてきました。

c0011327_830685.jpg

フェスでの来日も良いのですが、単独でもみたいですね、ダイバーシティみたいな小さなハコじゃなくても良いので。。笑

c0011327_8304271.jpg

終演後スクリーンに映し出された映像。
Perfumeで知られた「爆音姐さん」PAエンジニアの佐々ふみさんが亡くなったことへの追悼ということですね。

相変わらず圧倒的、壮大なスケールでもうセットリストも、今後新しい曲入れるなら何外すという感じになってきています。
でもあのダイバーシティの時を思えば、驚かせ方もまだまだあるし、作風にも注目していきたいですね。

Psycho
Supermassive Black Hole
The Handler
Plug In Baby
Dead Inside
Uprising
Interlude
Hysteria
Munich Jam
Citizen Erased
Apocalypse Please
Starlight
Time Is Running Out
Reapers

-encore-
Madness
Mercy
Knights of Cydonia
[PR]
by yo4san | 2015-07-26 08:56 | Comments(0)

FUJI ROCK FESTIVAL '15 Day 1 2015/07/24

c0011327_11261089.jpg

もともと週末は雷雨予報だった今年のFUJI ROCK。
今年からシャトルバスが有料500円におやっと思いつつ、あまり待たずに乗れてラッキー。
苗場到着は11時半くらいになりましたが、かろうじて降っていないという感じでのスタートでした。

c0011327_11262364.jpg

リストバンドの列でやはりそこそこロスしまして、グリーンステージに着いた時はすでにTHE VACCINESが始まった直後くらいのタイミングでした。
するっと前方に行けましたので、そこそこ近くで見れたのですが、最近リリースのアルバムもなかなかでしたが、見た目のせいもあるのか比較的地味な印象なのが不思議。
でよくステージを見ると中央に今までなかった花道になるせり出しが。
少しずつ変化もある感じがしました。

c0011327_11281183.jpg

そこから食事したり、すっかり晴れて日差しも強く日焼けしてしまいというのもあり、一度ホテルに戻って休憩してワンオクをチラ見してから向かったレッドマーキーでのASH。
ロンドンでの最高の体験も先月の話かと思うほどですが、キラキラした楽曲群非常に良かったです。
前にいたので汗だくになって見ておりました。
どれも良かったのですが、「Burn Baby Burn」は今回もグッときました。
ロンドンではありがとうと感謝しつつ楽しめました。

セットリストは、

Jack Names The Planet
A Life Less Ordinary
Go! Fight! Win!
Goldfinger
Free
Kung Fu
Cocoon
Oh Yeah
Orpheus
Machinery
Shining Light
Let's Ride
Girl from Mars
Burn Baby Burn


c0011327_11283583.jpg

そこからグリーンのMOTORHEADをチラ見して向かったホワイトでのROYAL BLOOD。
FFをフルで前に行ってみるためには全部は諦める必要のあったスケジュールでしたが、前で見て正解でした。
これで2回目のライブですが、本当にパワフルだし、ロックの可能性を感じさせるこのたった二人という編成。
終盤というか結果最後の曲「Out of the Black」だけ諦めた格好になりましたが、グリーンに泣く泣く戻りました。

Come On Over
You Can Be So Cruel
Figure It Out
Better Strangers
Blood Hands
Little Monster
Ten Tonne Skeleton
Loose Change
Out of the Black

c0011327_1129186.jpg

さすがにかなりの混み方だったので、前方とはいえ、コンクリートゾーンに入るのがせいぜいでしたが、FOO FIGHTERS。
前回ツアーキャンセル(これが未だに不思議。いろいろ背景を聞いたせいもありますが)もあって、アルバムが2枚あってのインターバルだった来日でしたので、ファンも熱い熱い。
このスクリーン下がっている時からまぁ待ちきれない感が全開でした。

c0011327_11293596.jpg

そしてギター音に引き続きデイヴのシャウトが決まってお披露目された噂の骨折ツアー用シート。
想像以上に作り込みがされており、右足のギプスもかなりごつい仕上がりでさすがデイヴの根性を感じた瞬間。

c0011327_113011.jpg

テイラーがなぜかソニーのハッピを着て登場でしたが、パットもしかり、SONIC HIGHWAYで予習してきていただけに思い入れも高まる序盤でした。
「Something From Nothing」も良かった。

c0011327_11304274.jpg

途中かなり大きく時間を取り紹介された骨折物語。
スウェーデンでのステージ落下シーンを2回も映し、その後の足首を固定してやりきった写真や、Twitterに投稿され話題になったレントゲン写真から手術後のベッドでの写真、そしてボルト固定されたレントゲン写真などあますところなく披露されました。
その中でこの骨折ツアー用のシートのできるまでとして、デイヴ手書きのデザイン画も披露。
ちょっと画力なのかデザイン力なのかアレな感じはしましたが、ネタの構成として抜群です。

c0011327_11311745.jpg

結果こうなったというデザインへ落ち着きそれを短期間に仕上げたスタッフもなかなかですね。
キャンセルが続くと巨額なダメージもあったでしょうから、そりゃ必死にもなるでしょうけど、ただじゃ転ばない感じがしました。笑

c0011327_11314944.jpg

時には松葉杖でステージ前方に向かいこうしてアコースティックなセットも入れていましたが、当日予定されたリストからは3曲外したようで、MCがとにかく多かった、長かった。笑
それもライブの良さでもありますので、良い記念と捉えています。

c0011327_11321913.jpg

終盤披露されたギプス奏法。
これができるのは今だけでしょうから超貴重な体験です。

c0011327_11324293.jpg

終盤登場したMAN WITH A MISSIONの狼。
誰が誰だか見てわからないのでそんな表現ですみません。
Smells Like Teen Spiritをカバーもしていますのでそんなつながりでしょうか。
デイヴがシートで前後にしか動けない代わりに前方で盛り上げました。笑

セットリストは結果、

Everlong
Monkey Wrench
Learn to Fly
Something From Nothing
The Pretender
Big Me
Congregation
Cold Day in the Sun
My Hero
Times Like These
Under Pressure (Queen & David Bowie cover)
All My Life
Outside
Breakout
Best of You

ということでかなり少ない印象。
メンバー紹介ではネイトの時にQUEENの「Another One Bite The Dust」をテイラーのヴォーカルでプレイされたりもしていますが、とにかくMCの挟み込みがこうなったのかと。笑
でもとても盛り上がったし、自らの骨折すらもネタにするデイヴとバンドのコンディションの良さも本当に楽しめましたし、グッときたライブでありました。
日焼けダメージが結構でしたが、結果雨にはあたることもなく、ロンドンで完全に不発だった雨具準備も今回まで延長でしょうか。
いつも来るまで不安やら面倒やらいろいろ感じる苗場ですが、初日しっかり楽しめました。
[PR]
by yo4san | 2015-07-25 11:58 | Comments(0)

3連休中の予習

c0011327_0211631.jpg
3連休ではありましたが、気持ちの面であまり行動的になれず、会員になってずっと放置だったローストホースにようやく行けましたが、それ以外は自宅にて音楽聴いて過ごすということにしました。
週末はフジロックなのでその予習ということで、骨折によってどうなるかと一時は心配しましたが、ツアー復帰しているデイヴ・グロール率いるFOO FIGHTERSのアルバム作成と連動したドキュメンタリー作品を観ました。
一都市、一曲というレコーディングは知っててアルバム聴いていましたが、正直これほどまでにアメリカの音楽のルーツとともに成立していたプロジェクトとは思ってませんでした。
ロック中心に私はTHE BEATLES以外は70年代以降という歴史の追い方の基準も引き戻されるし、UK中心のところ、別な角度での歴史とかなり深く向かい合った作品であることに本当に驚きました。
すごい数のインタビューによって構成されていますが、その全てがデイヴによるもので、この人はどれほどの存在になってきたのかという意味でも圧巻の内容です。
例年苗プリに泊まりながらも、面倒だ、大変だと文句言いつつ行ってるフジロックではありますが、あまりに久しぶりなFFをちゃんと目撃したいと思いました。
ROYAL BLOODをどこまで観るかという問題はあるのですが。。
さ、明日から数日ですが、がんばりましょう。
[PR]
by yo4san | 2015-07-21 00:31 | Comments(0)

ここしばらくのまとめ

c0011327_1312151.jpg
前回からかなり間があきましたが、それなりにいろいろありまして、仕事も忙しければ、Jリーグも2ndステージが始まったものの、マリノスは俊輔復帰も出足つまづき、週末はアベンジャーズ、ターミネーターと映画見てというのを経て、気づけば来週はフジロックということになってしまいました。
暑い毎日が続いているので、例年通りぐったりしますが、来客が多かったここ最近から、仕事は残しながらも穏やかに過ごす3連休になりそうです。
思い通りにいかないどころか、どうなってるのかということもあっての数週間でしたが、気持ちを切り替えて今までの流れを切らないようにと思っています。
順番的にはフジロック出演の作品からとは思いながら、最近気に入ったのはWOLF ALICEのデビューアルバムでしょうか。
サマソニ出演ということですが、今年はハプニングなく無事に夏を乗り切りたいと思います。
[PR]
by yo4san | 2015-07-19 01:42 | Comments(0)