THE HOLY BIBLE

一区切り

c0011327_0252814.jpg
年度末ということもあって、人も動けば組織も動くタイミングです。
こうした区切りは毎年のことですが、明日から始まる新年度というのも心機一転迎えるには必要なことなのかもしれません。
桜がそろそろ満開な東京もこれでようやく春という気候になりそうです。
半年前からず〜っとダウンロード&アナログで出ているASHのシングル26枚中、折り返しとなる半分の13枚目(アルファベットM)まで出ました。
その半分で一区切りということで、来週コンピレーションCDが出るとか。
「結局出すのかよ!」と思いつつ、アナログのジャケットそれぞれもいいし、なによりやはりシングルを出し続けるという売り方はこのバンドに最適な方法だったのかもしれないと思わせる、1曲ごとの圧倒的な完成度。
音の統一感は全くありませんが、ソングライティングの素晴らしさは変わりませんね。
来月久しぶりの来日であっと言う間にソールドアウトしたようですが、観れるのがとても楽しみです。
ジャケ写はその全てのリリースの1発目とというか「0曲目」となったフリー楽曲でロゴはターンRです。
これだけはサブスクリプション対象ではなく別途アナログのみ有料販売となったものですが、ボーナストラックも含め出ているものはどれもいいです。
このうちライブではどの程度プレイされるんでしょうね。
CDのほうもオマケつきでなかなかいい感じのようなので、来週の発売(ライブ後というのがまた・・・)も楽しみにしています。
[PR]
by yo4san | 2010-04-01 00:34 | Comments(0)
<< 春といえば 癒しを求めて >>