THE HOLY BIBLE

DELPHIC @ SHIBUYA duo MUSIC EXCHANGE 2010/04/02

c0011327_0315474.jpg

今日は本当にずっと楽しみだったDELPHICの来日公演。
ハコが狭いDUOとはいえソールドアウトしたという事実でかなり期待していました。
到着してみると開場から30分は過ぎていたと思いますが、あまり人が入っていなくて、下手の最前列まで行って待機していました。
19時になるともうなかなかの混み合いで、15分ほど過ぎてから開始。
そして・・・本当に驚きました。
とにかくライブが素晴らしい。
サポートのドラムもかなり効いてましたが、正確なプレイをする感じよりはもっとラフにダイナミックなパフォーマンスでロックを強く感じる雰囲気なのですが、何よりも曲間にその展開力があり、テクノの方面でもうけるであろう流れを4曲単位で区切るような作りで、ぐいぐいビートで引っ張ります。
曲がつながるその間でも鳥肌が立つほどの迫力を見せます。
かなり高かった期待を完全に上回る、圧倒的ライブパフォーマンスでした。
間違いなく今年最高の新人で、これは相当はまります。
ライブCDでも出してもらえないですかね?


c0011327_03295.jpg
さすがにこれ1枚しか出してませんから、1時間くらいであっという間の終了でしたが、今後が本当に楽しみです。
ひとつひとつの曲のクオリティはもちろんのこと、あの流れをライブで作るイマジネーションは、あの場にいないと感じられません。
これは今後が楽しみなバンドですね。
ほぼ全曲プレイしたわけですが、もっともっと聴きたかった。
「Red Lights」への入り方、「Counterpoint」への展開など、見せ場がとても多かったですね。


Clarion Call
Doubt
This Momentary
Red Lights
Halcyon
Submission
Counterpoint

-encore-
Acolyte


c0011327_051476.jpg

そんな大満足なライブあとは、天候に不安があった毎年恒例の花見へ合流。
今年はちょっとした場所トラブルから千鳥ヶ淵での開催となりましたが、幸い雨も降らずで桜も楽しめて、久しぶりの方にも会えて、ちゃんと電車で帰れと、いろいろな意味で良かったです。
今朝はとんでもなく強風だった東京、それでも花見だけはちゃんとできた今週でした。
[PR]
by yo4san | 2010-04-03 00:49 | Comments(0)
<< いろいろと寒い 春といえば >>