THE HOLY BIBLE

不甲斐ないにもほどがある

c0011327_19491545.jpg

今日は昨年J2をぶっちぎり優勝し昇格してきたセレッソとの試合。
前節での負傷と代表戦の状況もあってか、中村俊輔はリザーブとなりました。

c0011327_19492638.jpg

前半、そこそこキープは続けるもバイタルエリアでの迫力に欠け、3バックということもあってかサイドを何度も崩してはチャンスは作れるも、決定力がありません。
この代表戦を観ているかのような展開にもイライラした内容でしたが、前半終了直前にマルチネスが勇蔵にあてにいき、一発レッドで退場になり、後半は押し込めると期待しました。
でもガチガチに引かれた後半、全然シュートまでいけません。
バスティアニーニでは突破力が無く、斉藤は経験不足が明らかで、交代したこの2名では打開できないまま終盤へ。

c0011327_19494723.jpg

残り10分となって俊輔が交代し入ったものの、このゴール正面からのフリーキックも壁に当たり、残念ながら決定機にはならず。

c0011327_19495820.jpg

後半ずっと1人多かったにもかかわらずのスコアレスドロー。
俊輔がいなければ本当に去年と変わらない決定力。
でも今日明らかだったのは千真の消極的なプレイ。
FWは得点するためにいます。得点はシュートしないと取れません。迷っていてはシュートをできません。
コンディションが悪かったのかもしれませんが、次節は本当に奮起を期待します。


c0011327_1950844.jpg
こうして内容が悪い試合後は本当にがっかりな状態になってしまいます。
自分の不調と重ね合わせてしまいます。
代表戦での勇蔵への評価はかなり不当で、あれだけ全体低調で怪我を抱えて急遽入った勇蔵に責任を押しつけるのもどうなんだと感じましたが、今日もディフェンスラインは安定し守備面では問題ありませんでした。
岡ちゃんも頼むよ・・・という感じで、私は応援することしかできません。
こうした状況も不甲斐ないものです。

今日出発前まではこのマドンナのツアーDVDを観ていました。
結局来日はかないませんでしたが、本当に圧倒的。
凄まじいパフォーマンスと完成度です。
迷いもなく、信頼、愛情といったものが全て努力によって完成に向かわせている、自信にあふれたツアーだったようです。
これ観て気合い入って向かったんですけどね・・・
ただ、これで終わりでもありません。
この苦境を脱して流れが変わるのを期待して、今は待つことですね。
ここ1ヶ月以上、睡眠不足からかなり不健康になってしまっているので、今週末は穏やかに過ごすよう心がけようと思います。
[PR]
by yo4san | 2010-04-10 20:13 | Comments(0)
<< これからに期待 PAVEMENT @ STUD... >>