THE HOLY BIBLE

ロンドン振り返り(2) MANIC STREET PREACHERS @ 02 ACADEMY BRIXTON 2010/10/28〜29 のはずが…

c0011327_22271359.jpg

翌日はこの旅のメインイベントのMANICSのライブを前に朝からTATEに行って、アート鑑賞しロンドンでもAI WEI WEIとは不思議な縁がありつつも、万全の状態で望むべく一度ホテルへ帰りました。
そしてよしブリクストンに向かうぞという移動中、ふと思い出したようにTwitterを見たら、「Our deepest apologies-james is feeling truly awful- hope you understand really really sorry love msp xx」とのポストが…
まさか!と衝撃が走りHP見たら、ジェームスの体調不良により1月へ延期と発表直後ではありませんか!
もうこの時点で気絶しそうな状態でしたが、病は気からというのは恐ろしいもので、一気に疲れが出て急に風邪なのか体調が悪化。
とはいえチケットが会場受け取りだったので、そのままブリクストンへ向かいましたところ、この閑散とした状況。
BOX OFFICEもクローズのままで受け取ることすらできず。
同じようにお客さんが次々来ては「Oh,No...」的なリアクションでしたが、こうして準備できていての延期は、相当直前まで様子をみた結果なんでしょうね。

c0011327_22272051.jpg

ドアに貼ってあった紙がこれで、近くにいたおっさん(私もですけど)が「ハロウィンのプレゼントがニューイヤーになっちゃったな〜」なんて言ってたのですが、私はそれどころではありません。
少なくともここ数ヶ月はこれだけを生き甲斐に、こうしてはるばるやってきて…とあまりの落胆レベルの差も自分を追い込む結果に自然と涙を流したのは久しぶりでした。
当日にこうなったのはいつぞや札幌でのTHE STONE ROSES以来、MANICSにおいてはこれで観ようとしたNANO-MUGEN2日連続の2回連続キャンセル(ではないですが私には同義)となってしまいました。
ここ1年間のあまりの不運ぶりに、もう呪いすら感じる絶望感でしたが、これで終わってはとも思ったのも事実。
Twitterにその時の変遷が見返しても伺えるのが使い分けの方法ってこうだよなと今さら振り返りまで。

c0011327_22272918.jpg

このままホテルに帰ってはよからぬ発想で悶々とすることが予想されたため、クラブに行くかどうしようか考え、選んだのがQUEENが楽曲を提供している「We Will Rock You」というミュージカル。
急いでトッテナム・コート・ロードまで行き、BOX OFFICEで聞いたらチケットまだちょっとあるということで、滑り込みで鑑賞。
こちらは予備知識なく行ったのですが、何せ楽曲は全て歌詞もメロディもすり込まれている名曲ばかり。
フレディの声が最初だけかかる以外はもちろん役者が歌うので、なんとなく不思議なんですが、上手い人ばかり(当たり前だけど)なので、安心して楽しめます。
ストーリーはここで書きたくなるような奥深さは無いですが、QUEENが好きなら楽しめます。
そしてあのギター弾いてた人はブライアンのプレイをよくも見事にコピーしています。
バンドメンバーが最後に出てきた時、想像以上におっさんばかりで笑えましたが、GREEN DAYのミュージカルもきっとそういう感覚なんだろうなと感じたり。

こうして当初のメインイベントは儚く散っていきました。
1月どうするか、今月の手術後の状況等を考慮し、12月に判断ということで決意しました。
Twitterでかなりご心配をおかけしたようで、励ましをいただいた方、ありがとうございます。
こうしてちゃんと帰ってきましたので。
[PR]
by yo4san | 2010-11-02 22:47 | Comments(0)
<< ロンドン振り返り(3) DEL... ロンドン振り返り(1) TWI... >>