THE HOLY BIBLE

ロンドン振り返り(4) Arsenal vs West Ham United @ Emirates Stadium 2010/10/30

c0011327_19165361.jpg

その日は深夜ホテル戻りだったので、昼の試合にはあまりゆっくり寝れもせずという状況でしたが、とにかくあとはフットボールを楽しむのみとなった週末。
ロンドンといえばこれは欠かせないアーセナルのリーグ戦です。
対戦相手は最下位にいたウエスト・ハムなので、まぁボコボコにしてやるわいという気分で向かったエミレーツ・スタジアムは到着時は快晴でした。

c0011327_1917132.jpg

エミレーツでの観戦はこれで2度目ですが、場内にはこうしてアンリの記憶も刻まれています。
今もこうしてアーセナルの英雄ですが、思えば前回観に来た時がアンリのラストイヤーでした。
アンリがあまりにも凄すぎて、それ以降のFWはタイプも違いますが、ここまでの偉業というのは難しいですね。

c0011327_191795.jpg

結局メインスタンドのアッパーになってしまったことで、結構上から見下ろす感じになりました。
ピッチが相変わらず美しい、本当にキレイなスタジアムです。
このおかげで一気に経営も好転したような話ですが、セスクのユニフォーム着て試合に臨みました。

c0011327_19171697.jpg

ロシツキー、ウォルコット、ベントナー、エブエ、ジュルー、ベラとこれがみんなサブなんですから、まぁ凄い布陣です。
とにかくセスクは完全回復ではないものの、スタメンに戻り、2節前のレッドで出れなかったウィルシャー、ファン・ペルシー、ヴェルマーレン、ラムジーと、怪我で離脱も多いなか、今年は非常に健闘していると思います。
まぁ最下位相手ですから、余裕と思ってました、この時点では。

c0011327_19172178.jpg

結果良ければ全て良しとしたいところですが、放送を見た方はご存じの通り、凄まじくポゼッションをキープしたものの、結局最後を決めきれない非常に歯がゆい試合展開に終始。
スタンドからは何十回も「Wake Up !! Arsenal!!」と怒号に近い声援が飛んでいました。
もう諦めかけそうな終盤、それまでミス連発で厳しかったデニウソンに代わってようやく出たウォルコットがサイドを駆け上がり、ベントナーも入ってようやくクリシのクロスに飛び込んだソング。
この試合ソングは終始良いプレーを見せましたが、最後にやってくれました。
会場はもう爆発せんが勢いで大盛り上がり。
やっとの思いで決めてくれました。
で、ソング、クリシーが倒れ込んだところにセスク、ナスリ(彼も非常にアグレッシブで良かった!)と同じく前線に詰めていたベントナーが近寄る向こうで、どう考えても滑り込むのが遠すぎたサニャ。
こうした試合でも勝ちきることはリーグを制する上で非常に重要ですね。

c0011327_19202710.jpg
ロンドンから帰る当日だった11/1に現地発売となったSUEDEのベスト盤、ヒースローのHMVで買ったのですが、ただでさえ安いのにこの円高でもう破格といっていい値段です。
音がリマスターによってバーナード時代の曲ほどクリアで鮮明な音に変貌しています。
選曲はブレットによって行われたようですが、バーナードもリマスターに関わり、そしてこの2枚組は選曲もかなり良いですので、かなりオススメ。
観たいですよね、SUEDEを再び。
12月にロンドンでライブがありますが、ぜひ日本にも・・・
[PR]
by yo4san | 2010-11-03 19:40 | Comments(0)
<< ロンドン振り返り(5) Bol... ロンドン振り返り(3) DEL... >>