THE HOLY BIBLE

SUEDE @ Alexandra Palace , London 2013/03/30

c0011327_9462177.jpg

ついにロンドン最終となりましたsuede。
もとはといえば、Teenage Cancer Trustよりこちらを先に決めて今回のツアーとしました。
ラフトレードでのインストアは間に合わずチケットを入手できませんでしたが、アーセナルも直前にレディングに圧勝し、気合い十分Alexandra Palaceに向かいました。
開場40分前に到着したもののすでに長蛇の列。
そして運が悪いことに、チケットの会場受け取りが通常BOX OFFICEでというところ、開場からの受付しかもやたらと手際の悪いスタッフにのんびりやられ、あれよあれよと先に行かれまして、出遅れた入場でした。

c0011327_9473087.jpg

幸い物販やバーに目もくれずステージをめざし、オープニングアクト開始にはそこそこの位置につけました。
最初がTEMPLES。
髪型もそうですが、スター錦野よろしく袖に個性を感じるヴォーカルでしたが、曲はなかなかの印象でした。

c0011327_9491369.jpg

続いてがSPECTORS。
こちらはBOOWYかという佇まい(音楽ではありません)で、喋りが効いていましたが、ベースの音が非常に悪く、バランスの問題なのかどうなんだろうと。

c0011327_95062.jpg

21時を10分ほど過ぎて、BGMが大きくなりBLACK SABBATHの「Palanoid」になって、はじまるかと思いきやそのままSEX PISTOLSの「Bodies」へ。
そしてようやく来ました、御大の登場です。

c0011327_9503660.jpg

冒頭3曲はニューアルバムから。
いきなり会場も凄い盛り上がりでした。
ここのところのライブでの定番になっているジャケを背景にのっけからブレットも上げまくりでした。

c0011327_9512285.jpg

この写真撮ってるくらいに、後ろにいた兄ちゃんに「写真撮るの上手いね」と声かけられたのもそれなりにいなし、やはりリチャードの経年変化には残念な気持ちに。
ギターは良く弾けてるんですけどね。。

c0011327_9521269.jpg

ニューアルバムの楽曲が一段落し「Animal Nitrate」へ。
ここでまたドカーーンときました。
この演出やっぱりハマりますよね、このバンドには。
そしてブレットはずっと跳ねまくり、動きまくり。

c0011327_9525330.jpg

そして下に降りまくり。
何度となくこういうシーンがあって・・・

c0011327_9533268.jpg

やっぱり触ってしまったわけですが、幕張でブレットの汗を「聖水」と表現していた女の子を思い出した瞬間。
もう彼女にしてみれば、このシーンは神の降臨と同じでしょう。

c0011327_9543838.jpg

もう盛り上がり確実のお約束「Trash」へ。
ジャンプ大会という様相。

c0011327_9552163.jpg

これだけ近くで観れて全く以て本望でした。
まさにこのツアーのシメにふさわしいカタルシスです。

c0011327_956543.jpg

アンコールに入り、「Saturday Night」だったので、これで終わりかと思いきや、最後は「New Generation」でした。
もう立ちっぱなしで疲れも出ている頃が、そんなこと忘れてしまっておりました。

c0011327_9563117.jpg

かくして終了したのは23時ちょうど。
このロゴを見届けてから物販に走るも、プログラムはもうないと。
Tシャツもバカでかいサイズばかりで、諦めバスにのって退散しました。

写真中心にしたので書くタイミングを失いましたが、途中「Sleeping Pills」なんて、かなり珍しい曲もやってくれましたし、新曲も織り交ぜてもやっぱり全てでsuedeと感じるのが、「Bloodsprts」がいかにsuedeらしいアルバムとして完成したかを実感するものでした。
チャートアクション的には初週10位だったということですが、私が行ったCDショップのFOPPではDAVID BOWIEに次いで2位でしたし、ラフトレでもゴリ押しでしたから、十分なインパクトを残しているんだと思います。
思ったより客層も幅広く若者も多くいたので、これだけウケてるんだから、まだまだやってもらいたいですね。
ちなみにこのライブ、がっつりビデオシューティングしていましたので、これそのままリリースしてもらいたいですねぇ〜

ということで明日がイースターのUK。
これにて帰国するわけですが、今回も本当に素晴らしいライブや体験に満ちあふれていた充実した期間を過ごせました。
マイペースに過ごせたおかげで、色々自分のことも考えたりできましたし、何より音楽にこれだけじっくり向き合えたのは大切な時間になりました。
毎回ながら帰国が嫌で嫌で。。
でも日本に戻ってすぐPiLが来日なので、体調に気をつけることにします。

Barriers
Snowblind
It Starts And Ends With You
Animal Nitrate
Metal Mickey
We Are The Pigs
Sleeping Pills
Sometimes I Feel I'll Float Away
Hit Me
Filmstar
Killing Of A Flashboy
The Wild Ones
Pantomime Horse
The Drowners
Can't Get Enough
Everything Will Flow
For The Strangers
So Young
Trash
Beautiful Ones

-encore-
Sabotage
Saturday Night
New Generation
[PR]
by yo4san | 2013-03-31 10:22 | Comments(0)
<< ロンドン振り返り (カール・バ... FOALS @ Royal A... >>