THE HOLY BIBLE

沈むことの多かった一週間

c0011327_21221924.jpg
この一週間、かなり精神的にこたえたなと振り返ってみて思いました。
社会人なりたての頃にお世話になった方のあまりにも早すぎる訃報もそうでしたし、仕事でのいつまでも改善されないバタバタ感もそうでしたし、相変わらずながら自分のイメージとのギャップからくる違和感にも苛まれました。
そうはいっても、毎日時間は過ぎていくし、また次の一週間が始まるので、心穏やかに過ごすことを意識した週末でした。
土曜は映画「オブリビオン」を観ました。
トム・クルーズがSFでというだけで観たくなっていましたが、なかなか途中の展開が激しく、置いていかれそうになりましたが、面白い映画だったと思います。
途中音楽を聴くシーンでLED ZEPPELINの「Ramble On」が流れて、音楽というのはやはり時代を超えて普遍の要素があるよなぁと思いました。

リリースからちょっと経ちましたが、そもそもオフィシャルサイトで予約したのに国内盤のほうがかなり早いリリースでしかもUKから届いたのがなんと日本盤という。。非常に微妙な購入になったカール・ハイドのソロ作。
UNDERWORLDと違ってとてもヴォーカルが前に出ている、歌ものの印象が強い仕上がりです。
でもカール・ハイドならではの独特なサウンドイメージもうまくブレンドされているような、ソロならではという作品ではないでしょうか。
この週末はこれとDAFT PUNKがやけに心に染みました。
悩みがつきませんが、また明日から頑張ります。
とにかくオーストラリア戦には勝たないといけませんね。
[PR]
by yo4san | 2013-06-02 21:54 | Comments(0)
<< ついにホームで突破! 自ら変わるという選択 >>