THE HOLY BIBLE

FUJI ROCK FESTIVAL '13 Day 3 2013/07/28

c0011327_99212.jpg

最終日のFUJI ROCKもやはり雨が降ったり止んだりの繰り返しに。
前二日よりは注目新人が多くラインナップされたこともあって、のんびり観ようと思ってのスタートでした。
まずはグリーンでYO LA TENGO。
座ってビール片手にという環境で、時折雨が降りましたが、とても心地よい昼下がりになりました。
もっとプレイタイムを長くしたほうが面白いバンドだと思いますが。

c0011327_910583.jpg

急に暑くなってのDAUGHTER。
4AD期待の新人ということですが、これが思いのほか良くて、THE XX的なサウンドもヴォーカルが個性的で独自の世界観を表現しています。
最初は日差し非難で多くのオーディエンスが入ったレッドなのかと思いましたが、かなり盛り上がっていまして、初めて観ましたが印象に残ったバンドです。

c0011327_9111343.jpg

暑さにやられたのか、疲れもあったので一度ホテルに戻り休憩。
当初MUMFORD & SONSからと思っていたのですが、まさかの寝落ち。
仕方ないので体制立て直しではないですが、もとから楽しみだったVAMPIRE WEEKENDへ。
ホステスでも観ていましたが、大きなステージでも堂々としたパフォーマンス。
あっという間にダンスホールかというノリに変えてみせました。
新作3rdアルバムの曲は聴かせるタイプのものが多いのですが、うまく流れにもフィットしていますね。
より大物感が出たように感じます。

c0011327_9112642.jpg

ここから最終日最難題(という人も少なくなかったはず)のTHE CUREそしてTHE XXです。
ホワイトに移動しやすいよう、ステージと距離を置いて待機しました。
THE CUREのスタートは驚くほどのスモーク量。
ほとんどステージが見えないシーン連発。
最後までこの調子だったと思うので、どれだけの消費量だったのでしょうか。
そんな心配はどうでも良いですが、序盤からとても素晴らしいパフォーマンス連発。
音楽やっていなければマツコデラックスかという風貌のロバート・スミスですが、どれだけ太ってもあの声はそのままなので、とても楽しめます。
しかし・・・開始後30分程度して断腸の思いでステージを移動することに。

c0011327_9115060.jpg

ホワイトに移動してのTHE XXはかなり前のほうで観れたので、じっくり楽しめました。
映像では観ていましたが、ライヴは初めて。
ミニマルなサウンドにも、3人それぞれの役割が非常に明確かつ、存在感たっぷりで、ライティングとフロント二人の動きもシンクロさせているような演出が印象的でした。

c0011327_912327.jpg

ライトでステージに大きなXも登場。
あれだけ音を減らすと、ミスも目立つでしょうし、バンドとしてはそうとう大変な音楽だと思うのですが、本当に存在感たっぷりかつ、オリジナルな世界観ですね。

Try
HSAB
Crystalised
Reunion
Far Nearer
Sunset
Missing
Fiction
Night Time
Swept Away
Shelter
VCR
Islands
Chained
Infinity
Intro
Angels


c0011327_9121727.jpg

約1時間のTHE XXが終わり、急いでグリーンへ。
着くとともになんと終了。
とにかく最前ブロックまで向かったのですが、あまりの残念さにがっかりと思いきやアンコール開始!
しかもそこから約30分!
セットリストでは合計36曲3時間で、終了時刻はなんと24:30!
たくさん聴けて良かったのですが、きっと「いつ終わるんだよ!」的な感想持った人はいたことでしょう。

そのセットリストはこんな感じだったようです。
(途中大きく抜けましたので)

Plainsong
Pictures of You
Lullaby
High
The End of the World
Lovesong
Push
In Between Days
Just Like Heaven
From the Edge of the Deep Green Sea
Prayers for Rain
Sleep When I'm Dead
Play for Today
A Forest
Bananafishbones
The Walk
Mint Car
Friday I'm in Love
Doing the Unstuck
Trust
Want
Fascination Street
The Hungry Ghost
Wrong Number
One Hundred Years
Disintegration

-encore-
Dressing Up
The Lovecats
The Caterpillar
Close to Me
Hot Hot Hot!!!
Let's Go to Bed
Why Can't I Be You?
Boys Don't Cry
10:15 Saturday Night
Killing an Arab

c0011327_9123171.jpg

そうして雨がちだった今年のFUJI ROCKも終了としまして、明け方の卓球さんに行くか最後まで悩みましたが、もう疲れもありボロボロでしたので、これにておしまいということに。
天候は良くありませんでしたが、とても充実したライヴをたくさん観れてよかったです。
来年も来るかどうか・・・それはラインナップ観てからにしようかな。
[PR]
by yo4san | 2013-07-29 09:35 | Comments(0)
<< BJORK @ 日本科学未来館... FUJI ROCK FESTI... >>