人気ブログランキング |

THE HOLY BIBLE

HOSTESS CLUB WEEKENDER @ STUDIO COAST 2015/02/22

c0011327_0552114.jpg

HOSTESS CLUB WEEKENDER二日目。
前日からずいぶんと天気が怪しくなり、寒かった日曜日。
この日は結果全部見たかったということで前日よりさらに早い開始時刻に必死に起きて向かった新木場。
会場にはギリギリのタイミングでしたが、入場列がかなりの長さで結果入るまでに15分以上はかかったような。。
どうせチェックなんてないのですからリストバンドなんて無駄なような。。

c0011327_0552836.jpg

最初に見たPHILIP SELWAY。
RADIOHEADのドラムという肩書きは有効だと思うのですが、こうしてギターを持つフィルには不思議な感覚。
ソロではこうしたアコースティックギターの曲もあり、RADIOHEAD的なエレクトロ風な曲もありと幅広いサウンドです。そのあとREAL ESTATEを見たあたりでなんとなく体調が悪化。
やはり疲れが抜けないこの週末でした。

c0011327_0553581.jpg

一番前に戻りこの日一番目当てのTEMPLES。
観るだびに成長を続けるやはり期待しているだけある逸材です。
どんどんバンドのパフォーマンスのスケールが大きくなっているのがよくわかります。
はやく次の作品も聴きたい状況になってきました。
今後も期待は続きます。
セットリストはこの通り。

The Golden Throne
Sun Structures
A Question Isn't Answered
Colours to Life
Ankh
Move With the Season
Sand Dance
Keep in the Dark
Mesmerise
Shelter Song

Mesmeriseの後半の展開も本当にカッコよかったですね。
これで気分が持ち直したのか体調がやや回復。
サーストン・ムーアは後方から見ました。
キャッチーなサビがあるわけでもない曲なのに、ノイズをあれだけ駆使して惹きつけるサウンドは独特ですし、バンドメンバーも豪華でした。MBVのデビーも新作アルバム同様に参加でしたし。

c0011327_0554256.jpg

最後は昨年FUJI ROCKでも観たST.VINCENT。
基本的には同様の展開でしたが、よく構成されたステージパフォーマンスです。
見た目でも楽しめ、サウンドも変化に富んだアート的な進行です。
この多様さがこのイベントの魅力でもありますが、さすがに疲れたのも事実。
やっぱり通いで満足に座れもしないというのはどうにかしてほしいのと、フードは二日いると完全に飽きるので、もうちょっと和風メニュー希望です。
ライブは2日目の豪華さはなかなかでしたし、今後も定期的にやってもらいたいので、あえてお願いまで。

こちらST.VINCENTのセットリストです。

Rattlesnake
Digital Witness
Cruel
Marrow
Every Tear Disappears
Laughing With a Mouth of Blood
Jesus Saves, I Spend
Year of the Tiger
Actor Out of Work
Surgeon
Cheerleader
Prince Johnny
Bring Me Your Loves
Huey Newton
Regret
Birth in Reverse

-encore-
Chloe in the Afternoon
Your Lips Are Red
by yo4san | 2015-03-01 01:11 | Comments(0)
<< GRUFF RHHYS @ S... HOSTESS CLUB WE... >>