THE HOLY BIBLE

IDLEWILD @ WOMB 2015/09/29

c0011327_1231122.jpg

この来日をどれほど待ったことかというIDLEWILD。
インディーに戻ってからもアルバムリリースはあって、彼らならではのサウンドは健在なのを感じていながらも、どうしてもなぜか来日は決まらずという期間があまりに長く、半ばもう観れないバンドになりかけていました。
初めから2Daysでセットリストを変えることまでアナウンスされていることから、きっと両方観に行くファンが多くなるだろうなという想定でした。

c0011327_12353253.jpg

登場してすぐのこのロディの笑顔で拍子抜けしたというか、気楽になったというか、やはりそこは音楽、楽しもうという雰囲気にしてくれたのでした。

c0011327_1237180.jpg

メンバーチェンジもありましたが、ライブではヴァイオリンや時にギターサポートもするハンナも加わってのパフォーマンス。
ロディは時折ステージ袖あたりまで下がりながらステージを見守るシーンもあったりしますが、デビュー当時のピリピリした感じは完全に変化し、落ち着いたムードとともに進行されます。
客も非常に控えめなロディの様子をしっかり記憶に刻もうというくらいに集中していましたが、とても和やかでした。

c0011327_12434118.jpg

ギターを使うのは日本で初めてという説明もありましたが、そりゃそもそも来日があまりに少ないわけですから、そうなんですが、時間も経ったのを感じさせました。

c0011327_1251588.jpg

初日のセットリストは新旧さまざまな楽曲展開のバランスでしたが、初期ファンも多くいたのがわかるのが、「A Film for the Future」から「Captain」への流れで、私には悶絶級の展開なんですが、そうしたファンも多くいた感じがしました。

c0011327_12514316.jpg
このデビューアルバムを待ってたころから、もうかれこれ十数年経過しているわけですが、音楽の強度はとても強く、よくグランジやパンクといった範囲で語られたデビュー時なんですが、このメロディセンスは本当に独特で、リフレインの使い方にしても、とてもキャッチーなソングライティングに驚いたものです。
翌日は違う楽曲が聞けると思うと、どうしても「I'm a Message」を聴きたくなるよなと思いながら帰宅。。と思いきや仕事に戻り、ほぼ徹夜となりましたという初日でした。


Collect Yourself
You Held the World in Your Arms
Little Discourage
Radium Girl
Live in a Hiding Place
Love Steals Us From Loneliness
Younger Than America
Come on Ghost
Roseability
Listen to What You've Got
Readers & Writers
I Understand It
(Use It) If You Can Use It
American English
A Film for the Future
Captain
El Capitan
Utopia

-encore-
When I Argue I See Shapes
A Modern Way of Letting Go
In Remote Part / Scottish Fiction
by yo4san | 2015-10-04 13:04 | Comments(0)
<< IDLEWILD @ WOMB... シルバーウィークの振り返り >>