THE HOLY BIBLE

NOTHING BUT THIEVES @ duo MUSIC EXCHANGE 2016/01/18

c0011327_17213897.jpg

ここ数ヶ月ずっとそんな感じではあるのですが、仕事の慌ただしさがかなり負担になっていて、平日のライブがかなり苦労するわけですが、この日だけはそこそこ仕事も進み、トラブルもなくである程度余裕を持って向えたNOTHING BUT THIEVES。
duo Music Exchangeも久しぶりな感じでしたが、相変わらず非常にみずらい柱の邪魔さ。
せっかく音楽をただ聞くわけでもないライブなのでステージの見通しくらいハコとしてはどうにかしてもらいたいですね。。
構造上どうにもならないんでしょうし、クラブ利用が多いのかもしれませんし、昨今のハコなし2016年問題もあるのかもですが。。
と文句ばかり書いても仕方ないのですが、サマソニではマウンテンという新人でアルバムすらリリース前で、ちょっと対応としてもやりすぎだし、そこまでか?と思ってはいたバンドでしたが、アルバムリリースもあって、さぁ今回が真価を見極めのチャンスと思っていました。

c0011327_17214470.jpg

小さいハコなのでサマソニとのギャップはありましたが、印象としては全体かなりまとまっていたし、このバンドらしさというのはよく伝わったし、アルバムリリース後ということもあって、楽曲も磨かれた感じがしました。
どうしてもヴォーカルがファルセット多様ということもあり、MUSE連想はオープニングアクトもやっているらしいので引きずるイメージなんですが、楽曲としてはよくマッチしていたし、短期間ながらライブも多くこなしてきているはずで、そのあたりの成長も感じられるパフォーマンス向上でした。
見た目も悪くないし、技術もありそうだけどなぁみたいなそれまでの自分の感覚は完全に更新され、今後を楽しみにできるバンドとなったように思います。

c0011327_17215061.jpg
やはりアルバムが出て、その傾向と対策ができたのも大きかったのか、ようやくイメージだけ大物みたいなところから、このバンドらしさというのをつかめてきました。
MUSEを引き合いに出されるとスケール感という意味では違うタイプに感じるし、楽曲がポップかというとそうではないので、世界観としてのオリジナリティが今後どこまで出せてくるかがバンドの力量になるのかなと。
ライブ後はMUSEというより、THE COOPER TEMPLE CLAUSEに近いかなと思ったのですが、ヴォーカルも含め技術面ではかなりの可能性を感じます。
ソングライティングが今後のポイントでしょうね、やはり。
忙しさからあまり聴きこんでもいなかったのですが、重要なファーストアルバムになったように思います。



Excuse Me
Itch
Hostage
Honey Whiskey
Graveyard Whistling
Drawing Pins
If I Get High
Painkiller
Trip Switch
Wake Up Call

-encore-
Lover, Please Stay
Hanging
Ban All the Music
[PR]
by yo4san | 2016-01-23 17:38 | Comments(0)
<< 圧倒的な世界観 JAMIE XX @ 赤坂BL... >>